webstation plus

 14歳でカナダの名門5大学に合格した大川翔くん。

 彼は9歳でカナダ政府から「ギフティッド(天才児)」と認定されるほどの才能の持ち主ですが、やる気ときっかけさえあれば誰でも自分のようになれると言います。

 では、私たち親は子どもにどのようなきっかけを与えれば良いのでしょうか。

 翔くんのお母さんがその方法を解説した本『9歳までに地頭を鍛える!37の秘訣』を参考に考えてみましょう。

 1. まずは絵本の読み聞かせ

 多くの子育て本にも書かれているように、絵本の読み聞かせには子どもの脳と心を育む効果があります。

 米国小児学会の報告でも、幼い子どもに定期的に本を読み聞かせることは、

  1. 脳の発達に最適なパターンを刺激する
  2. 子どもの発達における重要な時期に親子関係を強化する
  3. 生涯にわたる言語・識字・社会的情緒スキルを構築する

 といった効果があると結論づけています。

 他にも、じっと座る訓練になったり、文字を覚えるのに役立ったりと良いことづくめ。そのため、まずは絵本の読み聞かせから始めてみてはどうでしょうか。

 ちなみに、どのような絵本を読み聞かせればいいかと言うと、「良いと思った絵本は手当たり次第に何でも読む!」です。

 以下のエントリで本書でおすすめされていた絵本を紹介していますので、参考にしてください。

 2. アナログゲームで脳を活性化!?

 将棋やトランプ、オセロといったアナログゲームは、自分で考えて行動を起こしたり、工夫が必要だったり、記憶力が求められたりと、頭を使う機会が増えますよね。

 しかも、学校の勉強とは違い、苦労することなく、楽しみながら学べるので、意識せずに脳を鍛えることができます。

 翔くん親子も、週末や休日などのちょっとした時間を使って親子でゲームをしていたのだとか。具体的なゲームはこちら。

将棋

トランプ

花札

モノポリー

オセロ

Four In A Line

麻雀

チェス

トリンカ

アルゴ

数独

妙妙板

宮本算数教室パズル

カルタ

百人一首

 私の家でも実践中です。

 3. 勉強もゲーム化する

 先ほども紹介したように、ゲームには苦労することなく、楽しみながら学べる効果があります。それなら、「勉強もゲーム化してしまえ!」と翔くん親子はゲーム化して勝負していたそうです。

 具体的には、

・計算バトル:時間内にどれだけ正確に計算できるかを競う
・ことわざバトル:ことわざを交互に言っていき、言えなくなった方が負け

 これなら歴史上の人物や漢字などにも応用できそうですね。では、翔くん親子が実際に使っていた教材を紹介します。

計算と一行問題集

Z会の通信教育「受験コース」

「すぐる学習会」のウェブサイト

公文のことわざカード

ちびまるこちゃんのことわざ教室

まんがで学習 ことわざ事典

四谷大塚とZ会受験コースの教材

例解学習ことわざ辞典

 最後に

 翔くん親子の実践内容を振り返ってみると、親子一緒に楽しみながら学んでいることがわかります。子どもだけでなく、親自身も学ぶことが大切なんですね。

 より詳しい子育て法が知りたい方は、ぜひ本書を読んでみてください。

 関連記事

2017年12月に6歳の息子と4歳の娘に読み聞かせた絵本15冊

 先月から始めた絵本の読み聞かせの記録。その第2弾です。  読み聞かせた絵本15冊 『くろくんとちいさいしろくん』  仲間とはぐれてしまった小さいしろくん。しろくんの仲間を探しにくろくんたちが奮闘します。しかし …

息子が5回目の誕生日を迎えた日に思うこと/教育とは共育かも

 今日は息子の5回目の誕生日。というわけで、以前にも行ったことがあるお店『タンタシオン・ダンジュ』さんでお祝いをしました。ここのお店はパンが美味しくて最高です。今日は念願のワッフルが食べられたので大満足!!  で、せっか …

子どもの将来の年収は母親の愛情で決まる!?子どもを伸ばす子育て法

 最近のある研究によると、母親との温かい関係が、子どもの将来の年収の高さと関連していることがわかったそうです。  その研究とは、ハーバード大学に在籍していた286名の男性を対象に、卒業後も毎年健康診断と心理テストを行うこ …

わがままではなく伸び伸び育てる/尾木ママ流「叱らない子育て」

 「叱らない子育て」と聞くと、「子どもを甘やかせてしまうのでは?」と懸念する人も多いでしょう。私もそのひとりでした。だって、子どもが悪いことをしても叱らずに好き放題させていたら、子どもはワガママに育ってしまいますよね。 …

子どもの「言われたことしかできない」性格を変える4つのステップ

 私たち親が指示を出さないと何もできない子どもに育っていませんか。たとえば、 決めた時間を越えてもゲームがやめられない いい成績が取れないと親や先生に八つ当たりをする 問題が起きるとすぐに目標に向かって挑戦するのを諦めて …

「6歳までの子育て」でいちばん大切なこと

 「0~6歳までの子育て」でいちばん大切なことは何だと思いますか?  『子育ての教科書』には、「親自身が安定した気持ちで、一貫した愛情を子どもに注ぎ続けること」だと書かれています。  親自身がいつも「ラブ」&「ハッピー」 …

なぜ、高額課金をしてしまうのか/子どもにお金の教育をしよう

 未成年者によるオンラインゲームへの高額課金が社会問題になっています。私の子どもたちは、幼稚園児と未就学児なのでまだ心配しなくてもいいのですが、小学校・中学校・高校へと進学するにつれて気にしなくてはいけない話題になるので …

「勉強できない子ども」を「伸びる子」に変えるたったひとつの方法

 それは、「叱ること」でも、「ほめること」でも、「教えること」でもない。結論からいえば「認めること」だ。ではなぜ、「叱る」「ほめる」「教える」よりも「認める」ことが子どもの成長を促すのだろうか。  「叱る」「ほ …

子どもが小学一年生になる不安への対処法

 小学一年生という年頃は、ちょうど幼児期から学童期への移り変わりの時期だそうです。  幼児期は私たち親が何でもお世話をして、遊びやお出かけも、どこへ行くのも一緒でしたが、学童期になると「友だちを連れて来た」「自分でやる」 …

2020年以降は大学入試が変わる!?主体性を伸ばす子育て法

 2020年になるとセンター試験が廃止され、新たに「大学希望者学力評価テスト」が導入されるそうです。  これによって大きく変わるのは、「偏差値」よりも「主体性」が評価されるところ。自分で課題を見つけ、その課題を解決する力 …