webstation plus

 14歳でカナダの名門5大学に合格した大川翔くん。

 彼は9歳でカナダ政府から「ギフティッド(天才児)」と認定されるほどの才能の持ち主ですが、やる気ときっかけさえあれば誰でも自分のようになれると言います。

 では、私たち親は子どもにどのようなきっかけを与えれば良いのでしょうか。

 翔くんのお母さんがその方法を解説した本『9歳までに地頭を鍛える!37の秘訣』を参考に考えてみましょう。

 1. まずは絵本の読み聞かせ

 多くの子育て本にも書かれているように、絵本の読み聞かせには子どもの脳と心を育む効果があります。

 米国小児学会の報告でも、幼い子どもに定期的に本を読み聞かせることは、

  1. 脳の発達に最適なパターンを刺激する
  2. 子どもの発達における重要な時期に親子関係を強化する
  3. 生涯にわたる言語・識字・社会的情緒スキルを構築する

 といった効果があると結論づけています。

 他にも、じっと座る訓練になったり、文字を覚えるのに役立ったりと良いことづくめ。そのため、まずは絵本の読み聞かせから始めてみてはどうでしょうか。

 ちなみに、どのような絵本を読み聞かせればいいかと言うと、「良いと思った絵本は手当たり次第に何でも読む!」です。

 以下のエントリで本書でおすすめされていた絵本を紹介していますので、参考にしてください。

 2. アナログゲームで脳を活性化!?

 将棋やトランプ、オセロといったアナログゲームは、自分で考えて行動を起こしたり、工夫が必要だったり、記憶力が求められたりと、頭を使う機会が増えますよね。

 しかも、学校の勉強とは違い、苦労することなく、楽しみながら学べるので、意識せずに脳を鍛えることができます。

 翔くん親子も、週末や休日などのちょっとした時間を使って親子でゲームをしていたのだとか。具体的なゲームはこちら。

将棋

トランプ

花札

モノポリー

オセロ

Four In A Line

麻雀

チェス

トリンカ

アルゴ

数独

妙妙板

宮本算数教室パズル

カルタ

百人一首

 私の家でも実践中です。

 3. 勉強もゲーム化する

 先ほども紹介したように、ゲームには苦労することなく、楽しみながら学べる効果があります。それなら、「勉強もゲーム化してしまえ!」と翔くん親子はゲーム化して勝負していたそうです。

 具体的には、

・計算バトル:時間内にどれだけ正確に計算できるかを競う
・ことわざバトル:ことわざを交互に言っていき、言えなくなった方が負け

 これなら歴史上の人物や漢字などにも応用できそうですね。では、翔くん親子が実際に使っていた教材を紹介します。

計算と一行問題集

Z会の通信教育「受験コース」

「すぐる学習会」のウェブサイト

公文のことわざカード

ちびまるこちゃんのことわざ教室

まんがで学習 ことわざ事典

四谷大塚とZ会受験コースの教材

例解学習ことわざ辞典

 最後に

 翔くん親子の実践内容を振り返ってみると、親子一緒に楽しみながら学んでいることがわかります。子どもだけでなく、親自身も学ぶことが大切なんですね。

 より詳しい子育て法が知りたい方は、ぜひ本書を読んでみてください。

 関連記事

2020年以降は大学入試が変わる!?主体性を伸ばす子育て法

 2020年になるとセンター試験が廃止され、新たに「大学希望者学力評価テスト」が導入されるそうです。  これによって大きく変わるのは、「偏差値」よりも「主体性」が評価されるところ。自分で課題を見つけ、その課題を解決する力 …

基礎学力は絵本の読み聞かせで決まる!?おすすめの絵本79冊

 14歳でカナダの名門5大学に合格した大川翔くん。翔くんのお母さんは、彼が乳幼児の頃から絵本の読み聞かせを始めたそうです。  そうして大きくなった翔くんは、9歳のときにカナダ政府から「ギフティッド(天才児)」と認定される …

子育てのイライラを解消するたったひとつの方法

 子育てをしていると、子どもに対してイライラすることありますよね。 「使わないオモチャは片付けなさい!」 「マンガばかり読んでないで勉強しなさい!」 「言うことを聞きなさい!」  なんて怒りたくなることばかり。ある自治体 …

「6歳までの子育て」でいちばん大切なこと

 「0~6歳までの子育て」でいちばん大切なことは何だと思いますか?  『子育ての教科書』には、「親自身が安定した気持ちで、一貫した愛情を子どもに注ぎ続けること」だと書かれています。  親自身がいつも「ラブ」&「ハッピー」 …

子どもの能力は無限大!?小学生からの天才の育て方

 子どもの「能力」を制限していませんか?  私は「そんなことは絶対にしていない!」と思っていましたが、本『今すぐ実践!小学生からの天才の育て方』を読んで反省することになりました。子どもは私が想像している以上に成長していけ …

「イクメン」って、もう一人の母親になることじゃないですよね?

 最近、「イクメン」という言葉が一般的になったせいか、私にも「イクメンになったほうがいいんじゃない?」と言ってくる人がいます。そういう人には、こう返すようにしているんですよね。 「私はもうすでにイクメンですから!残念!! …

2017年11月に6歳の息子と4歳の娘に読み聞かせた絵本15冊

 子どもが生まれてすぐに始めた絵本の読み聞かせ。  これまで多くの絵本を読み聞かせてきましたが、記録として残してこなかったので、今月から残すことにしました。そうすれば、今よりももっと読み聞かせが楽しくなるはず!?  今回 …

小島よしお流「夢がない子どもに夢を持たせる方法」

(※『キッズのココロわしづかみ術』表紙より)  最近、子どもが夢を持ちづらくなっているように思いませんか。  私のまわりにいる子どもたちも、幼稚園から小学校に上がった途端、「学校に行くのが嫌だ」「勉強なんて大嫌い」「別に …

【京都のおでかけスポット】子どもとゴーカートに乗れる公園『大宮交通公園』

 今日は「こどもの日」ということで、子どもたちが大好きな大宮交通公園に朝からお弁当持参で行ってきました。  GW中だったので大勢の人でにぎわっていましたが、混雑していても行って良かったと思える場所です。というわけでご紹介 …

「勉強できない子ども」を「伸びる子」に変えるたったひとつの方法

 それは、「叱ること」でも、「ほめること」でも、「教えること」でもない。結論からいえば「認めること」だ。ではなぜ、「叱る」「ほめる」「教える」よりも「認める」ことが子どもの成長を促すのだろうか。  「叱る」「ほ …