webstation plus

sunglasses_02

 それは、服装やメイクを変えることだ。

 アメリカの心理学者フィリップ・ジンバルドの実験によると、「服装」が人格にまで影響を及ぼすことがわかった。彼は新聞で公募した24名を無作為に「囚人役」と「看守役」にわけ、囚人役には警察の取調べを受けさせたあと、囚人服を着せ監獄に入れた。一方の看守役には制服を着せ、警棒を与えて、囚人を監督するように促した。すると――、どちらも指示されたわけでもないのに、本物らしく振舞うようになったのである。囚人は卑屈な態度をとり、看守は命令口調になったのだ。

 この実験から、服装は人格にまで影響を及ぼすことがわかるが、ではなぜ、服装が人格にまで影響を及ぼすのだろうか。それは、服装によって言葉遣いや行動が変わり、思考が変わるからだ。

 もちろん、服装以外にも人格に影響を及ぼすものはある。たとえば、メイク。役者が舞台に出る前に念入りにメイクをするのは、メイクによって自分以外の人格になきりれるからだ。

 他にも、サングラスをかけたり、男性ならひげを生やすのもひとつ。サングラスには、相手に威圧感を与える働きがあり、「この人には見えている以上の何かがあるのでは」と思わせることができる。ヒゲにも威圧感を与える働きがあり、「自分を実際より上に見せること」ができるのだ。

 このように、私たちは外見によって自信をもつことができる。憧れの芸能人やスポーツ選手とおなじものを身につけるだけで気持ちが高まるのもそのひとつだろう。しかし、外見による自信はあくまでも一時的なもの。ある程度の自信がつけば、その自信からは卒業し、本当の自信をつけたほうがいい。

 では、本当の自信をつけるにはどうすればいいのか。最近の研究によれば、「行動と失敗」を繰り返すことで自信がつけられるという。具体的には、まず行動する。すると、当然失敗する。それでもめげずに行動する。さらに失敗を繰りかえす――。こうした小さな失敗を繰りかえすことで、失敗への抗体がつき、大きなリスクを前にしても「まぁ、たいしたことないだろう」と平然としていられるようになるのだという。これが、本当の自信だ。

 さて、私たちの内面は外見からの影響を強く受けている。服装やメイクを変えれば思考が変わり、自信がつくのもそのためだ。とはいえ、その自信はあくまでも一時的なもの。本当の自信は、行動することによってのみ身につけられる。

 だから――。まずは外見を変えることで行動できる自信をつけよう。そして、その自信で行動するクセをつけていこう。そうすれば、本当の自信を手に入れることができるはずだ。

 関連記事

結婚運がない人がやってしまいがちな3つの勘違い

 先日、知り合いのおじさんから、こんな話を聞きました。  「最近、娘が結婚したんやけど、ほとんど旦那の言うことに従ってるみたいやねん。自分の意見と旦那の意見が一致しないときもあるやろ?そのときは、旦那の意見を自分の意見と …

愛とは互いに見つめ合うことではない/夫婦円満の秘訣

 愛とは相手に変わることを要求せず、相手をありのままに受け入れることだ。 (ディエゴ・ファブリ)  とはいえ、私たちはパートナーに変わることを求めてしまう。「なぜ、そんなキツイことを言うの?」「なぜ、こんなことをするの? …

メンタルが強い人なら誰もが知っている3つの事実

 「もっとメンタルを強くしたい!」と思ったことありませんか?  他人からの批判を必要以上に怖れたり、そのせいで行動できなくなったり、行動できなかったことを後悔したり…。  そんなメンタルの弱い方にオススメなのが、百田尚樹 …

自分のために「怒らない人」になろう/『怒らない技術』

 ある日、船を下りて波止場を歩いていた松下幸之助氏は、いきなり大男にぶつかられて海に落ちてしまった。このとき一緒にいた秘書が、「社長、大丈夫ですか。私が文句を言ってきますよ」といったところ、幸之助氏は「ああ、夏でよかった …

「英語が話せない…」と悩んでいる方へ

 英語でプレゼンできますか?  私はできません。先日も英語でプレゼンをする機会があったのですが、「英語が話せない」という理由で断り、先輩に代わっていただきました。  もちろん、このままではダメですよね。先輩にも迷惑がかか …

「人は騙せても自分は騙せない」というのは嘘/『限りなく黒に近いグレーな心理術』

 「恐怖管理理論」をご存知だろうか。人は恐怖や不安を感じると、無意識に安心できて楽しいものを求めてしまう――という心理学の理論である。たとえば、中学生が殺害されたニュースを見たあとに、高級車や高級腕時計のCMをみると、多 …

悩みの原因は自分にあった!?問題解決のヒント34

 何かに悩んだり、苦しんだりしていませんか?  私は悩んでいました。仕事がうまくいかない、時間が足りない、もっとお金が欲しい…などなど。  このような悩みや苦しみの原因は、信じているものが間違っているからだとしたら――。 …

説得力を高める3つの要素/『ツカむ!話術』

 なぜ、アメリカ人は「自己主張」がうまくできるのだろう。自分の発言に説得力をもたせ、相手に聞く耳をもってもらえる。人の心を惹きつけ、動かしていける――。なぜ、そんな話術を身につけているのだろうか。  結論からいえば、子ど …

他人から評価されないのは「語彙力不足」が原因!?

(※『語彙力がないまま社会人になってしまった人へ』表紙より)  「他人よりも頑張っているのに評価されない!」と思ったことありませんか?  斬新なアイデアを上司に説明してもなぜか反応が悪い、交渉の場でプレゼンをしてもうまく …

毒親に育てられた子どもに起こる弊害とその対処法

 「毒親」という言葉が流行っていますよね。ここで言う「毒親」とは、子どもに対してネガティブな行動パターンを執拗に繰り返し、それによって子どもの人生を支配する親のことです。  もちろん、「そんな行動はとっていない!」と反論 …