webstation plus

sunglasses_02

 自信をもって日々を過ごしていますか?

 私はどちからと言うと自信をもって生きていますが、昔はそうではありませんでした。人目を気にして、嫌われないように行動していたんですよね。

 しかし、あることをすると一瞬で自信を持つことができました。その方法とは…。

 服装やメイクを変えるだけで言葉遣いや行動が変わる

 服装やメイクを変えることです。

 アメリカの心理学者フィリップ・ジンバルドの実験でも、「服装」が人格にまで影響を及ぼすことが明らかになっています。

 ジンバルドは、新聞で公募した24名を無作為に「囚人役」と「看守役」にわけ、「囚人役」には警察の取り調べを受けさせたあと、囚人服を着せて監獄に入れました。

 一方の「看守役」には警察の制服を着せ、警棒を与えて、囚人を監督するように促しました。すると…。

 どちらも指示されたわけでもないのに、本物らしく振舞うようになったんですよね。囚人役は卑屈な態度をとり、看守役は命令口調になりました。

 この実験から、服装は人格にまで影響を及ぼすことがわかりますが、ではなぜ、服装が人格にまで影響を及ぼすのかと言うと…。

 言葉遣いや行動が変われば思考が変わる

 言葉遣いや行動が変わり、思考が変わるからです。

 もちろん、服装以外にも言葉遣いや行動を変える手段はいろいろあります。

 たとえば、メイクもその一つ。役者が舞台に出る前に念入りにメイクするのは、メイクによって自分以外の人格になり切れるからです。

 他にも、サングラスをかけるのも一つの方法です。サングラスには、相手に威圧感を与える効果があり、「この人には見えている以上の何かが見えているのでは?」と思わせることができます。

 髭を生やすのもそうです。髭には威圧感を与える効果があり、「自分を実際よりも上に見せる」ことができます。

 このように外見を変えることで、言葉や行動が変わり、結果として思考が変わるので、一瞬で自信を持つことができるわけですが…。

 本当の自信は「行動」と「失敗」の繰り返しで身に付く

 実は、外見による自信はあくまでも一時的なものです。本当の自信は「行動」と「失敗」を繰り返すことでしか手に入らないんですよね。

 最近の研究でも、このことが明らかになっています。新しい行動を起こすと、必ず失敗しますよね。それでもめげずに行動を起こして、さらに失敗を繰り返すと…。

 失敗に対して免疫がつきます。大きなリスクを前にしても、「まぁ、大したことないだろう」と挑戦できるようになるんですよね。

 これこそが、本当の自信です。

 とはいえ、はじめから本当の自信を手に入れるのはハードルが高いですよね。そこで、まずは外見を変えて一時的な自信を手に入れましょう。

 ただし、この一時的な自信に満足するのではなく、このエネルギーを使って「行動」と「失敗」を繰り返し、本当の自信を手に入れるのです。

 そうすれば、困難に直面しても自信をもって挑戦していくことができますよ。

 関連記事

「表現力」の本質はシンプル/天才的なアーティストたちが大切にしてきたもの

 芸術でも、音楽でも、絵本でも、驚くような作品に出会うことがありますよね。  そんなとき、多くの人は人生が変わるほどの衝撃を受けますが、一方で作品そのものは、とてもシンプルであることが多いように思います。  なぜなら、シ …

他人に勝つことよりも自分に負けないことが大切な理由

(※『道誉なり』表紙より)  私たちが住む世界には、権力やお金、名誉などをかけた闘いが星の数ほどあります。  身近なところで言えば、会社での出世争いや住んでいる場所での格付け争い、あるいはSNS上での知名度争いなどがそう …

よくわからない体調不良は「首こり」が原因!?

 原因がよくわからない体調不良に悩まされていませんか。  私は悩まされていました。頭がぼんやりしたり、疲れやすかったり、お昼を過ぎると急激に眠たくなったり。  実はこのような体調不良は「首こり」に原因があるそうです。もっ …

誰にでもできる仕事は断ろう!?AI社会を生き抜くためにコモディティから抜け出す方法

 誰にでもできる仕事ばかりしていませんか?  私は似たような仕事を繰り返すのが嫌なので、これまで2回ほど転職していますが、そのおかげもあって他の人にはマネできないような仕事に挑戦させてもらえています。  しかし、誰にでも …

「自分らしく生きたい」と思っているなら絶対に鍛えておきたい能力

 「自分らしく生きたい」と思っても、まわりに振り回されてばかり…なんてことありませんか。  実は、その要因のひとつに「直観力」が鍛えられていないことが挙げられます。  私たちは「お昼ご飯」から「結婚相手」に至るまで、さま …

人生100年時代を生き抜くための学習戦略

 100歳まで生きるのが当たり前の時代になると言われていますよね。そんな時代を生き抜くには、新しい知識や技術を学び続ける必要があります。  とはいえ、闇雲に学んでも疲れるだけ。どういう戦略で学んでいきましょうか。 &nb …

仕事ができない人ができる人になる方法/無駄な仕事は「やったフリ」で乗り切ろう!?

 仕事の成果を出していますか?  実は、多くの人は毎日忙しそうに仕事をしていますが、ほとんど成果が出ていません。まわりからも頑張りを認められているのに、非難されているわけでもないのに、成果を出せていないんですよね。  そ …

ノリがいい人になりたいのなら勉強するな

(※『勉強の哲学 来たるべきバカのために』表紙より)  勉強していますか?  私は趣味で数学やテクノロジー系の本を読んでいますが、実は勉強すると失うものがあるそうです。  それがノリの良さ。  勉強しなければ、周りに合わ …

「自分の時間を大切にしている人」が絶対にしないこと

 それはバカと付き合うことです。ここで言うバカとは学力の話ではなく、思考停止に陥って、会話をしても何も得られるものがない人のことです。  そんなバカと付き合っている暇があるなら、やりたいことに時間を割いた方がいいですよね …

ムダを省けば時間が増える/『必要なものがスグに!とり出せる整理術! 』

 私たちはよく「時間がない」といって嘆いている。遊ぶ時間がない、本を読む暇がない、仕事をする時間が足りない…。しかし、このように時間が足りないのは、実は「片づけ」をしていないことに原因があるかもしれない。  アメリカのビ …