webstation plus

 あなたにとって大切なものは何ですか?

 お金や車、学歴や地位、家族などいろいろあると思います。なかでも私が大切にしているのは自由です。

 たとえば、他人を自分の思い通りに動かそうとする人がいますよね。行きたくもない場所に無理やり連れて行こうとしたり、騙したり脅したりして自分の考えを押しつけてくる人がいます。

 私のまわりにもいますが、私はそういう人とは徹底的に戦います。なぜなら、そうしないと自分がなくなるから。反対に自由を尊重してくれる人とは、今後も仲良く付き合っていきたいと思っています。

 小野寺史宜さんの小説『ひと』を読んで、改めて自分が大切にしているものを見つめ直すことができました。

 世の中には良い人もいれば悪い人もいる

 当たり前のことですが、世の中には良い人もいれば悪い人もいます。

 物語の主人公・柏木聖輔は、20歳で両親を亡くし、大学を中退。一人でこれからどう生きていこうか悩んでいました。

 そんなときに偶然出会ったのが、総菜屋の店主です。総菜屋の店主は聖輔が見知らぬおばさんにコロッケを譲った姿をみて、声をかけてくれました。

 このとき、聖輔は久しぶりに人と会話らしい会話をしたんですよね。そしてハムカツを安くしてくれた店主の優しさに心を動かされ、この店でアルバイトをすることにしました。

 こうして両親を失った悲しみから少し立ち直った聖輔でしたが、総菜屋の人たちのように優しい人たちばかりではありませんでした。聖輔の叔父は母が亡くなったことを利用して50万円だまし取ろうとします。

 それだけでなく…。

 誰と付き合うかで人生は大きく変わる

 島根から東京に出てきて、再びお金をせびろうとするんですよね。気の弱い聖輔はお金を渡してしまったので…、叔父は何度もお金をせびりにやってきました。

 このときに助けてくれたのが、同じ総菜屋で働く先輩でした。先輩がバシッと言ってくれたおかげで、それ以降、叔父は来なくなります。

 このように人生は誰と付き合うかで大きく変わります。たとえ自分一人では立ち向かえなくても、周りの人たちの助けがあれば前に進めます。

 偶然再会した高校時代の同級生・青葉も人生の岐路に立っていました。彼女は元彼との関係をどうするか悩んでいたのです。

 なぜなら、彼は悪気なく自己中心的に振る舞える人物だったからです。彼は慶応に通う大学生で、見た目も悪くありませんでしたが、道を人に譲らなかったり、目の前に老人が立っていても優先座席に堂々と座っていられる性格でした。

 そんな人と付き合っていると、心が削られていきますよね。だからこそ…、

 何よりも大切なのは「ひと」

大切なのはものじゃない。形がない何かでもない。人だ。人に代わりはいない。道は譲る。ベースも譲る。店のあれこれも譲る。でも青葉は譲らない。譲りたくない。

 そう思える人と出会えるかどうかで人生は大きく変わるように思います。

 あなたは、お金よりも、地位よりも、名誉よりも大切に思える人に出会えていますか?

 関連記事

悩みにどう向き合う?畠中恵『おまけのこ』は優しさと哀しさに満ち溢れた小説

(※『おまけのこ』表紙より)  畠中恵さんの小説『おまけのこ』。  しゃばけシリーズ第4弾の本作は、若だんなや幼馴染の栄吉、お雛ちゃんたちが自分の悩みにゆるく向き合う時代小説です。  読めば彼らの優しさと哀しさに心動かさ …

小川糸『ツバキ文具店』は手紙のあたたかさに気づかせてくれる物語

 手紙を書いてますか?  私は手紙を書いた記憶が思い出せないくらい手紙を書いていません。字が下手なのも要因のひとつですが、それ以上に多くのことがメールで済ませられるので必要性を感じられないんですよね。  しかし、小川糸さ …

秋吉理香子『ジゼル』感想/バレエの世界は嫉妬と愛憎が渦巻いている

 仕事で、嫉妬したり、愛情を注いだり、憎しんだりしていますか?  私はどちらかと言えば感情を大きく動かしながら仕事と向き合っていますが、秋吉理香子さんの小説『ジゼル』を読んでバレエダンサーたちの情熱に衝撃を受けました。 …

読書が好きじゃなくても本が読みたくなる小説

(※『ビブリア古書堂の事件手帖―栞子さんと奇妙な客人たち』表紙より)  読書していますか?  私は最近、ビジネス書や数学関連の本ばかり読んでいたので、小説から少し離れ気味でしたが、『ビブリア古書堂の事件手帖―栞子さんと奇 …

普通って何?村田沙耶香『コンビニ人間』は自分らしく生きる女性を描いた小説

(※『コンビニ人間』表紙より)  2016年に芥川賞を受賞した小説『コンビニ人間』。  普通とは何か?自分らしく生きるとはどういうことか?など、いろいろ考えさせられる物語です。あまりの面白さに一気読みしてしまうこと間違い …

有川浩『図書館内乱』/身近な人ほど人間関係は難しい

 人間関係って難しいですよね。  親子や兄弟、夫婦や親友など身近な人ほどお互いの意見を尊重する必要があります。そうしないと、すぐに破綻するからです。  それにも関わらず、身近な人ほど「こう考えているはずだ」と相手の気持ち …

犯人は鉄壁!?東野圭吾『聖女の救済』は聖女が隠し持つ決意に驚愕する小説

(※『聖女の救済』表紙より)  東野圭吾さんの小説『聖女の救済』。  子どもができないという理由で離婚を告げられた女性が完全犯罪を成し遂げようとする物語です。読めば聖女の胸に秘められた決意に驚愕すること間違いなし!?   …

病弱でも強くなれる!?畠中恵『しゃばけ』は妖怪が活躍するミステリー小説

(※『しゃばけ』表紙より)  10年ほど前に買った畠中恵さんの小説『しゃばけ』。  久しぶりに読みましたが、病弱なのに難題に立ち向かう若だんなの姿に感動しました。読めば自分も頑張ろうと思えること間違いなし!?  今回は『 …

『土佐堀川』は自分の悩みがちっぽけに思える小説

(※『土佐堀川』表紙より)  古川智映子さんの小説『土佐堀川』。  NHK連続テレビ小説「あさが来た」の原作で、広岡浅子さんの生涯を描いた物語です。読めば自分の悩みがちっぽけに思えること間違いなし!?  今回は、『土佐堀 …

今村夏子『星の子』は新興宗教にハマった家族を描いた物語

 宗教は自分には関係のないものだと思っていませんか?  私はそう思っていましたが、今村夏子さんの小説『星の子』を読んで少し考えが変わりました。なぜなら、宗教は私たちの生活に密接に関わっていることに気づいたからです。  あ …