webstation plus

 あなたにとって大切なものは何ですか?お金や車、学歴や地位、家族などいろいろあると思います。なかでも私が大切にしているのは自由です。

 たとえば、他人を自分の思い通りに動かそうとする人がいますよね。行きたくもない場所に無理やり連れて行こうとしたり、騙したり脅したりしてまで自分の考えを押しつけてくる人がいます。

 私のまわりにもいますが、私はそういう人とは徹底的に戦います。なぜなら、そうしないと自分がなくなるから。反対に自由を尊重してくれる人とは、今後も仲良く付き合っていきたいと思っています。

 小野寺史宜さんの小説『ひと』を読んで、改めて自分が大切にしているものが何か見つめ直すことができました。

 良い人もいれば悪い人もいる

 当たり前のことですが、世の中には良い人もいれば悪い人もいます。

 物語の主人公・柏木聖輔は、20歳で両親を亡くし、大学を中退。一人でこれからどう生きていこうか悩んでいました。

 そんなときに偶然出会ったのが、総菜屋の店主です。彼は聖輔が見知らぬおばさんにコロッケを譲った姿をみて、声をかけてきました。

 このとき、聖輔は久しぶりに人と会話らしい会話をしたんですよね。そしてハムカツを安くしてくれた店主の優しさに心を動かされ、この店でアルバイトをすることにしました。

 こうして両親を失った悲しみから少し立ち直った聖輔でしたが、総菜屋の人たちのように優しい人たちばかりではありませんでした。聖輔の叔父は母が亡くなったことを利用して50万円だまし取ろうとします。

 それだけでなく…。

 誰と付き合うかで人生は大きく変わる

 島根から東京に出てきて、さらにお金をせびろうとするんですよね。気の弱い聖輔はお金を渡してしまったので…、叔父は再びお金をせびりにやってきました。

 このときに助けてくれたのが、同じ総菜屋で働く先輩でした。先輩がバシッと言ってくれたおかげで、それ以降、叔父は来なくなります。

 このように人生は誰と付き合うかで大きく変わります。たとえ自分一人では立ち向かうことができなくても、周りの人たちの助けがあれば前に進めるからです。

 偶然再会した高校時代の同級生・青葉も人生の岐路に立っていました。彼女は元彼との関係をどうするか悩んでいたのです。

 なぜなら、彼は悪気なく自己中心的に振る舞える人物だったからです。彼は慶応に通う大学生で、見た目も悪くありませんでしたが、道を人に譲らなかったり、目の前に老人が立っていても優先座席に堂々と座っていられる性格でした。

 そんな人と付き合っていると、心が削られていきますよね。だからこそ…、

 何よりも大切なのは「ひと」

大切なのはものじゃない。形がない何かでもない。人だ。人に代わりはいない。道は譲る。ベースも譲る。店のあれこれも譲る。でも青葉は譲らない。譲りたくない。

 そう思える人と出会えるかどうかで人生は大きく変わるように思います。

 あなたは、お金よりも、地位よりも、名誉よりも大切に思える人に出会っていますか?

 関連記事

リスクを取れば一発逆転できるかも/伊坂幸太郎『キャプテンサンダーボルト』感想

 一発逆転したいと思ったことありませんか。  私は、仕事が予定通りに進まなかったときに思います。特に最近は一発逆転したいことばかり…。  では、どうすれば一発逆転できるのでしょうか。  リスクを取るしかない   …

読書が好きじゃなくても本が読みたくなる小説ーpart8

(※『ビブリア古書堂の事件手帖 ~扉子と不思議な客人たち~』表紙より)  読書していますか?  『ビブリア古書堂の事件手帖』シリーズ8冊目は栞子さんと大輔が結婚した後の世界が描かれている番外編。  これまで登場してきた人 …

異なるジャンルの短編がゆるくつながる小説/伊坂幸太郎『ジャイロスコープ』感想

 伊坂作品の特徴といえば、至るところに散りばめられた伏線がすべて回収されていくところですよね。  これは短編でも長編でも同じです。複数の物語がゆるやかにつながっていき、読了後には必ず驚きとスッキリ感が味わえます。  もち …

人とのつながりが元気の源!?柚木麻子『ランチのアッコちゃん』感想

(※『ランチのアッコちゃん』表紙より)  人とのつながりを大切にしていますか。  仕事や勉強、家事育児など私たちは忙しくなると、どうしても自分の世界に閉じこもりがちですが、それでは元気がなくなる一方です。  むしろ忙しい …

適量を知ることが自分らしく生きる秘訣/柚木麻子『BUTTER』感想

 首都圏連続不審死事件をご存知ですか。多くの男性を虜にして多額の経済的援助を引き出すことに成功した女性・木嶋早苗さんが犯した殺人事件です。  しかし、彼女は若くもなく、美しくもなく、スリムな体型でもありませんでした。そん …

終わりがある方が面白いのはなぜ?畠中恵『ちんぷんかん』感想

(※『ちんぷんかん』表紙より)  畠中恵さんの小説『ちんぷんかん』。  しゃばけシリーズ第6弾の本作は、兄・松之助の縁談が決まったり、幼馴染・栄吉の弟子入りが決まったりと、若だんなに様々な別れが訪れる物語です。  なかで …

なぜ一流の人たちは異業種の仕事でもすぐに成果を出せるのか?/東野圭吾『マスカレード・ナイト』感想

(※『マスカレード・ナイト』表紙より)  一流と呼ばれる人たちは、異業種の仕事でもすぐにできるようになりますよね。  たとえば、ホリエモン。ITという得意分野を活かしながら、食やエンタメ、ロケット事業などにも参入していま …

読書が好きじゃなくても本が読みたくなる小説ーpart5

(※『ビブリア古書堂の事件手帖 (5) ~栞子さんと繋がりの時』表紙より)  読書していますか?  『ビブリア古書堂の事件手帖』シリーズも今回で5冊目。栞子さんと大輔の関係にも進展があり、ますます目が離せなくなっています …

人の心も科学!?東野圭吾『ガリレオの苦悩』は心に響く言葉が満載の小説

(※『ガリレオの苦悩』表紙より)  東野圭吾さんの小説『ガリレオの苦悩』。  今作から新たに加わった女性刑事・内海薫の登場により物語の幅が広がったミステリー小説です。読めば湯川准教授の言葉が心に響くこと間違いなし!?   …

想像以上の成果を出してる?/知念実希人『祈りのカルテ』感想

(※『祈りのカルテ』表紙より)  仕事で想像以上の成果を出していますか。  私は残念ながら想像を下回る成果しか出せていません。なぜなら、計画通りの行動しかしていないからです。  新しいことに挑戦するとき、リスクはつきもの …