webstation plus

 あなたにとって大切なものは何ですか?お金や車、学歴や地位、家族などいろいろあると思います。なかでも私が大切にしているのは自由です。

 たとえば、他人を自分の思い通りに動かそうとする人がいますよね。行きたくもない場所に無理やり連れて行こうとしたり、騙したり脅したりしてまで自分の考えを押しつけてくる人がいます。

 私のまわりにもいますが、私はそういう人とは徹底的に戦います。なぜなら、そうしないと自分がなくなるから。反対に自由を尊重してくれる人とは、今後も仲良く付き合っていきたいと思っています。

 小野寺史宜さんの小説『ひと』を読んで、改めて自分が大切にしているものが何か見つめ直すことができました。

 良い人もいれば悪い人もいる

 当たり前のことですが、世の中には良い人もいれば悪い人もいます。

 物語の主人公・柏木聖輔は、20歳で両親を亡くし、大学を中退。一人でこれからどう生きていこうか悩んでいました。

 そんなときに偶然出会ったのが、総菜屋の店主です。彼は聖輔が見知らぬおばさんにコロッケを譲った姿をみて、声をかけてきました。

 このとき、聖輔は久しぶりに人と会話らしい会話をしたんですよね。そしてハムカツを安くしてくれた店主の優しさに心を動かされ、この店でアルバイトをすることにしました。

 こうして両親を失った悲しみから少し立ち直った聖輔でしたが、総菜屋の人たちのように優しい人たちばかりではありませんでした。聖輔の叔父は母が亡くなったことを利用して50万円だまし取ろうとします。

 それだけでなく…。

 誰と付き合うかで人生は大きく変わる

 島根から東京に出てきて、さらにお金をせびろうとするんですよね。気の弱い聖輔はお金を渡してしまったので…、叔父は再びお金をせびりにやってきました。

 このときに助けてくれたのが、同じ総菜屋で働く先輩でした。先輩がバシッと言ってくれたおかげで、それ以降、叔父は来なくなります。

 このように人生は誰と付き合うかで大きく変わります。たとえ自分一人では立ち向かうことができなくても、周りの人たちの助けがあれば前に進めるからです。

 偶然再会した高校時代の同級生・青葉も人生の岐路に立っていました。彼女は元彼との関係をどうするか悩んでいたのです。

 なぜなら、彼は悪気なく自己中心的に振る舞える人物だったからです。彼は慶応に通う大学生で、見た目も悪くありませんでしたが、道を人に譲らなかったり、目の前に老人が立っていても優先座席に堂々と座っていられる性格でした。

 そんな人と付き合っていると、心が削られていきますよね。だからこそ…、

 何よりも大切なのは「ひと」

大切なのはものじゃない。形がない何かでもない。人だ。人に代わりはいない。道は譲る。ベースも譲る。店のあれこれも譲る。でも青葉は譲らない。譲りたくない。

 そう思える人と出会えるかどうかで人生は大きく変わるように思います。

 あなたは、お金よりも、地位よりも、名誉よりも大切に思える人に出会っていますか?

 関連記事

今の生き方でどれくらい生きるつもり?/伊坂幸太郎『終末のフール』感想

 伊坂幸太郎さんの小説には死をテーマにした物語がいくつかあります。中でも私が好きな小説が『死神の精度』と『終末のフール』。  実はこの二つ。死に対するアプローチが違っているんですよね。どこが違うかと言うと…。 &nbsp …

無駄なことでも誰かの役に立つかもしれない/伊坂幸太郎『フィッシュストーリー』感想

 無駄なことはやめようと思っていませんか。  もちろん、本当に無駄なことはやめた方がいいですが、無駄に思えても一生懸命にやったことは、めぐりめぐって誰かの役に立つかもしれません。  そんな想いにさせてくれた小説が伊坂幸太 …

百田尚樹『風の中のマリア』感想/人間に与えられた特権を使わないのはもったいない

 人間に与えられた特権を活用していますか?  実は私たち人間には、他の生物にはない特権が与えられています。それにも関わらず、その特権を使わずに他の生物と同じように生きている人が多いんですよね。  百田尚樹さんの小説『風の …

伊坂幸太郎『サブマリン』/やられたことをやり返してはダメなのか?

 少年法って本当に必要なの?って思うことありますよね。  たとえば、最近ニュースになったいじめで自殺に追い込んだ人たち。彼らは裁判で5000万円の支払いを命じられると控訴すると言い出しました。  そんな話を聞くたびに、人 …

他人の考えに縛られる必要はない/伊坂幸太郎『重力ピエロ』感想

 強姦魔に犯されて生まれてきた子・春が、遺伝子のつながりと家族との絆の間で揺れ動く物語。それが伊坂幸太郎さんの小説『重力ピエロ』です。  とにかく暗い物語ですが、ラストですべてが救われたような気分になれるんですよね。その …

有川浩『別冊図書館戦争2』感想/性格が悪い人ほど正々堂々と勝負しない

 仕事でも、恋愛でも、趣味の世界でも正々堂々と勝負しない人っていますよね。  他人の成果を横取りしたり、ありもしない悪口やデマを流したり、負けそうになると強引に力でねじ伏せようとしたりと容赦ありません。  では、このよう …

有川浩『図書館革命』感想/革命は一人ひとりの自覚から始まる

 気がつけば新しい法律が決まっていることってありますよね。  司法試験の制度が変わったり、保育料が無償化されたり、消費税が上がったりと、私たちの生活に直結する内容が、いつの間にか決まっていることがあります。  もちろん、 …

死ぬのと仕事辞めるのと難しいのはどっち?

(※『ちょっと今から仕事やめてくる』表紙より)  仕事頑張っていますか?  私も出来るだけ頑張っていますが、頑張りすぎて追い詰められ、自殺をする人が後を絶ちません。  もちろん、自殺をするまで頑張る必要はありません。逃げ …

東野圭吾『探偵ガリレオ』は科学的な視点で事件を解決するミステリー小説

(※『探偵ガリレオ』表紙より)  東野圭吾さんの小説『探偵ガリレオ』。  警視庁捜査一課の草薙俊平が、帝都大学理工学部の准教授・湯川学とともに科学的な視点で事件を解決していくミステリー小説です。読めば、湯川准教授に挑戦し …

人の話を鵜呑みにするな/伊坂幸太郎『夜の国のクーパー』感想

 戦争に敗れたとある国の物語。それが伊坂幸太郎さんの小説『夜の国のクーパー』です。  相変わらず謎の生物や個性的なキャラクターが登場しますが、視野を広く持たないと簡単に人に騙されることがわかる物語なんですよね。何度も驚か …