平凡でも東大生に育てられる!?東大生を育てる親がやっている3つの習慣

子育て

 東大生と聞くと遺伝的な「賢さ」を受け継いだ子だけがなれるイメージがありますよね。

 しかし実際は、天才的な頭脳を武器に東大に受かる子は全体の3%程度で、残りの97%は伸びしろを最大限に生かすことに成功した子だそうです。

 もしかして、私の子どもたちにもチャンスがあるってこと?




スポンサーリンク

 東大生を育てる親がやっている3つの習慣

1. 競争する習慣をつける

 競争するのが苦手な人っていますよね。私もそうだったんですが、負けること、失敗することをダメなことだと思っていました。

 しかし、負けを次の勝利へとつなげる経験を積んだ子だけが、伸びしろを最大限に生かせるんですよね。「負けても戦略次第で勝てる」「失敗してもそれで終わりではない」と考え、行動しつづけるからです。

 だからこそ、負けても失敗しても後押しをしてあげること。そうすれば、負けても勝ちたいという思いが湧き上がり、本を読んだり、誰かに聞いたりしながら勝つ方法を考えるようになります。

 もし競争するのを嫌がっているな…と感じたら、私たち親の行動を見直しましょう。

2. 「苦手」よりも「得意」を伸ばす

 私たち日本人は、得意なことよりも、苦手を克服しようと頑張りますよね。それは学校教育が平均的で、それなりになんでも出来る子どもに育てようとしているからです。しかし、苦手の克服は本当にツライ。

 英語を勉強しろと言われるのがツライ私のように、国語が苦手な子に国語の勉強ばかりさせれば、勉強が嫌いになって当然です。

 だからこそ、得意ないことを少しでも伸ばすサポートをしてあげること。今できることよりも少し難しい問題に挑戦させたり、まだ学校では習っていないことを教えたりすれば、子どもの自信につながります。

 自信ができれば、放っておいても苦手な教科も勉強するようになりますよ。

3. 出来たことに目を向ける

 子どもがテストで60点を取ったとき、どう思いますか。

 「60点しか取れなかったのか!」と思ったのなら要注意。出来たことではなく、出来なかったことに目を向けているからです。

 60点取れたと考える子は、出来ることを増やそうと頑張りますが、出来なかったことに目を向ける子は、親に怒られたくないとか、人からバカにされたくないといったマイナスを減らそうと頑張ります。

 その結果、ともに次のテストで70点取れたとしても、前者の子は自信がつきますが、後者の子はまだ30点も出来なかったと考え、自信につながりません。

 だからこそ、まずは親自身が出来たことに目を向けること。この習慣が、子どもの得意なことをつくり、失敗しても挑戦してみようという意欲を育みます。

スポンサーリンク

 最後に

 子どもの伸びしろを最大限に生かすには、出来たことに目を向け、得意なことをもっと得意だと思えるようにサポートし、競争を後押ししてあげること。それができれば子どもの東大合格も夢じゃない…かもしれません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました