webstation plus

 東大生と聞くと遺伝的な「賢さ」を受け継いだ子だけがなれるイメージがありますよね。

 しかし実際は、天才的な頭脳を武器に東大に受かる子は全体の3%程度で、残りの97%は伸びしろを最大限に生かすことに成功した子だそうです。

 もしかして、私の子どもたちにもチャンスがあるってこと?

 東大生を育てる親がやっている3つの習慣

1. 競争する習慣をつける

 競争するのが苦手な人っていますよね。私もそうだったんですが、負けること、失敗することをダメなことだと思っていました。

 しかし、負けを次の勝利へとつなげる経験を積んだ子だけが、伸びしろを最大限に生かせるんですよね。「負けても戦略次第で勝てる」「失敗してもそれで終わりではない」と考え、行動しつづけるからです。

 だからこそ、負けても失敗しても後押しをしてあげること。そうすれば、負けても勝ちたいという思いが湧き上がり、本を読んだり、誰かに聞いたりしながら勝つ方法を考えるようになります。

 もし競争するのを嫌がっているな…と感じたら、私たち親の行動を見直しましょう。

2. 「苦手」よりも「得意」を伸ばす

 私たち日本人は、得意なことよりも、苦手を克服しようと頑張りますよね。それは学校教育が平均的で、それなりになんでも出来る子どもに育てようとしているからです。しかし、苦手の克服は本当にツライ。

 英語を勉強しろと言われるのがツライ私のように、国語が苦手な子に国語の勉強ばかりさせれば、勉強が嫌いになって当然です。

 だからこそ、得意ないことを少しでも伸ばすサポートをしてあげること。今できることよりも少し難しい問題に挑戦させたり、まだ学校では習っていないことを教えたりすれば、子どもの自信につながります。

 自信ができれば、放っておいても苦手な教科も勉強するようになりますよ。

3. 出来たことに目を向ける

 子どもがテストで60点を取ったとき、どう思いますか。

 「60点しか取れなかったのか!」と思ったのなら要注意。出来たことではなく、出来なかったことに目を向けているからです。

 60点取れたと考える子は、出来ることを増やそうと頑張りますが、出来なかったことに目を向ける子は、親に怒られたくないとか、人からバカにされたくないといったマイナスを減らそうと頑張ります。

 その結果、ともに次のテストで70点取れたとしても、前者の子は自信がつきますが、後者の子はまだ30点も出来なかったと考え、自信につながりません。

 だからこそ、まずは親自身が出来たことに目を向けること。この習慣が、子どもの得意なことをつくり、失敗しても挑戦してみようという意欲を育みます。

 最後に

 子どもの伸びしろを最大限に生かすには、出来たことに目を向け、得意なことをもっと得意だと思えるようにサポートし、競争を後押ししてあげること。それができれば子どもの東大合格も夢じゃない…かもしれません。

 関連記事

「よい子」ではなく「問題児」に育てよう!?個性を伸ばす子育て法

 子どもをおりこうさんに育てようとしていませんか。  親や先生の言うことを何でも聞いて、素直で、優しい。そんな子どもに育てようと必死になっていませんか。  もし、そうだとしたら、子どもの個性が死んでしまうもしれません。な …

2017年11月に6歳の息子と4歳の娘に読み聞かせた絵本15冊

 子どもが生まれてすぐに始めた絵本の読み聞かせ。  これまで多くの絵本を読み聞かせてきましたが、記録として残してこなかったので、今月から残すことにしました。そうすれば、今よりももっと読み聞かせが楽しくなるはず!?  今回 …

「6歳までの子育て」でいちばん大切なこと

 「0~6歳までの子育て」でいちばん大切なことは何だと思いますか?  『子育ての教科書』には、「親自身が安定した気持ちで、一貫した愛情を子どもに注ぎ続けること」だと書かれています。  親自身がいつも「ラブ」&「ハッピー」 …

子どもが小学一年生になる不安への対処法

 小学一年生という年頃は、ちょうど幼児期から学童期への移り変わりの時期だそうです。  幼児期は私たち親が何でもお世話をして、遊びやお出かけも、どこへ行くのも一緒でしたが、学童期になると「友だちを連れて来た」「自分でやる」 …

キッカケがあれば子どもは伸びる!?地頭を鍛える3つの方法

 14歳でカナダの名門5大学に合格した大川翔くん。  彼は9歳でカナダ政府から「ギフティッド(天才児)」と認定されるほどの才能の持ち主ですが、やる気ときっかけさえあれば誰でも自分のようになれると言います。  では、私たち …

学校任せではダメ!?家庭学習で絶対に身につけさせたいこと

 私たち日本人は、「自分で考える」よりも「誰かが決めた答えに従う」ことが多いですよね。  たとえば、学校や塾もそうです。与えられる問題はたったひとつしか正解がないものばかりで、その答えにたどり着く方法を学びます。  読書 …

子どもの成長を妨げていない?/子離れできない毒親の特徴

 今から一年ほど前。テレビで「世界卓球2015」が放送されていました。私はこの放送をみて、心が震えたことを今でも思い出します。14歳の伊藤美誠、15歳の平野美宇が世界の競合相手に堂々と闘っていたからです。これほどの「若さ …

基礎学力は絵本の読み聞かせで決まる!?おすすめの絵本79冊

 14歳でカナダの名門5大学に合格した大川翔くん。翔くんのお母さんは、彼が乳幼児の頃から絵本の読み聞かせを始めたそうです。  そうして大きくなった翔くんは、9歳のときにカナダ政府から「ギフティッド(天才児)」と認定される …

2017年12月に6歳の息子と4歳の娘に読み聞かせた絵本15冊

 先月から始めた絵本の読み聞かせの記録。その第2弾です。  読み聞かせた絵本15冊 『くろくんとちいさいしろくん』  仲間とはぐれてしまった小さいしろくん。しろくんの仲間を探しにくろくんたちが奮闘します。しかし …

これで勉強が出来る子に育つ!?小学校最初の3年間で本当にさせたい「勉強」

(※『小学校最初の3年間で本当にさせたい「勉強」』表紙より)  子どもに「勉強しなさい!」と言っていませんか。  しかし、小学校最初の3年間は学校の勉強よりも学んでおきたいことがあります。それを学んでおけば、中学生や高校 …