毒親の対処法はこれ!苦しい親子関係から抜け出す方法

コミュニケーション

 親子関係って難しいですよね。

 特に年老いた両親は、自分が育った社会環境や家庭環境で物事を判断しているので、今の時代と全くあっていません。

 それにも関わらず、まるで自分が正しいかのように手出し・口出ししてくるので…。子どもにとっては、百害あって一利なしです。

 では、どうすれば苦しい親子関係から抜け出せるのでしょうか。




スポンサーリンク

 子供は親よりも劣っていると思うのが苦しい親子関係の原因

 以下のエントリでも紹介しましたが、日常生活で体験するさまざまな悩みは、親子関係や家族関係に起因しています。

 たとえば、今の若い人たちは誰も「親に従って生きるべきだ」なんて思っていませんよね。しかし、多くの親は自分が育った環境を基準にそうすべきだと思っています。

 たしかに、昔は社会全体の流れが緩やかで、また上下関係もはっきりしていたので、親に黙って従っていても成立していました。

 それだけ精神的に未熟で、支配・被支配の関係が常識的になっていたのですが、今ではその関係が成り立たなくなりました。社会の変化が激しく、いつ立場が逆転してもおかしくないからです。

 実際、サラリーマンとして働く親よりも、ブログやYouTubeで大金を稼いでいる子供もいます。

 それにも関わらず、「親に従うべきだ!」「親のほうが正しいに決まっている!」なんて発言をするのは恥ずかしいですよね。

 実はこの親の思い込みこそが苦しい親子関係の原因です。多くの親は子どもに問題があると思っていますが、そのほとんどは親自身の問題です。

 とはいえ、親にだけ問題があるわけではありません。子供にだって問題があります。それは…。

スポンサーリンク

 自己中心ではなく他者中心で生きているのが間違い

 自分の気持ちや欲求、意思を基準に行動していないことです。

 たとえば、親からご飯を食べに行こうと誘われたとき、「楽しくないから別に行きたくない」って思うことありますよね。

 結婚したら尚更そうなりますが、他者中心で生きていると、「行ってあげたほうがいいかな」「断るのはよくないかな」なんて考え、ついつい行ってしまいます。

 しかし、もともと行きたいとは思っていないので、少しでも嫌なことがあると「来てあげたのに!」というネガティブな気持ちが湧き上がってきて、争いになるんですよね。

 そもそも、自分の行動に自信があれば、親の言うことに従う必要はありません。断ればいいだけです。

 しかし、自分に自信がないので、親に認めて欲しいとか、世間一般の価値観を持ち出してきて、「行くべきかな」なんて親の思いを優先してしまうわけです。

 それでケンカになるくらいなら行かない方がマシですよね。だからこそ…。

スポンサーリンク

 「してあげたい」ではなく「したい」を判断基準にしよう

 苦しい親子関係から抜け出したいのなら、「してあげたい」ではなく「したい」を判断基準にしましょう。「してあげたい」では、我慢することになり、不満が残るからです。

 人とのコミュニケーションで最も大切なことは、お互いの自由を認めることです。

 その結果、親の願いが叶わなかったり、可哀想な思いをすることになっても、そうした自由を認める方が、親自身の心を救う場合も少なくありません。

 なぜなら、痛い目にあってはじめて気づくことがあるからです。子どもを下に見ていたり、支配しようとしていたり、あるいは頼っていることに気づかないまま、コミュニケーションを取り続ける方が悲しいですよね。

 だからこそ、もし他者中心で生きているようなら、今すぐ自分中心に変えましょう。親よりも自分を大切にしましょう。

 そうすることが互いの人生を豊かにする第一歩なのですから。

コメント

タイトルとURLをコピーしました