webstation plus

good_luck_01

 仕事やプライベートで、「どん底だ!」と思ったことありませんか?

 私はあります。つい先日も仕事が思うように進まず、上司から叱られたときに、どん底だと思っていました。しかし、私が思うどん底なんて大したことがないんですよね。

 なぜなら、本当のどん底とは、リストラされたり、ご飯が食べられなかったり、借金まみれで夢や希望がもてないといった状態を指しているからです。

 しかし、驚くべきことに本当のどん底から這い上がって、お金持ちや有名人になった人たちがいます。

 では、なぜ彼らはどん底から這い上がれたのでしょうか。具体的なエピソードを交えながら、考えていきましょう。

 やりたいことを貫いたから

 ミッキーマウスやプーさんなどの人気キャラクターを生み出したウォールト・ディズニーもどん底から這い上がったひとり。

 ディズニーは、第一次世界大戦が起きると、負傷兵の治療や輸送をする衛生兵として従軍しました。それでも絵を描きたいと考えた彼は、多くの同僚が遊びに出かける休日も、ひとり残って黙々と絵を描いていたそうです。

 そうして戦争が終わった後、ディズニーは念願の絵を描く仕事につきましたが、これがどん底生活の始まりでした。

 最初は新聞社から漫画を描く仕事を請け負ったディズニー。しかし、あまりにも酷い生活をしていたようで、見かねた兄から広告デザイン会社を紹介されます。ところが、「想像力も発想力もない」という理由で契約を打ち切られました。

 その後も、ディズニーの人生はどん底が続きます。会社を立ち上げても倒産の繰り返し。それでも彼は、「世界中の人たちを笑顔にしたい」という想いで行動し続けました。その後のディズニーの活躍は、みなさんもご存知のとおりです。

 私たちはやりたいことがあっても壁が立ちはだかると、どうしても他の道を探してしまいがちですが、壁を乗り越えるまで行動し続けることが大切なんですね。

 目の前にある仕事に真剣に取り組んだから

 では、やりたいことがない人はどうすればいいのでしょうか。

 東進ハイスクールの看板講師であり、タレントとしても大活躍中の林修先生は、目の前にある仕事に真剣に取り組むことで、どん底から這い上がったそうです。

 林先生は大学を卒業後、日本長期信用銀行に就職するも、「この銀行は長くもたないだろう」と考え、半年で退社。後に、林先生の予想通り長銀は破綻します。先を見る目があったのでしょうね。

 ところが、その後の林先生はどん底生活。何度か起業するもことごとく失敗し、借金を背負いました。そうして出会ったのが予備校講師のアルバイト。ここから林先生の快進撃が始まります。

 しかし、当時の林先生にとって予備校講師はやりたくない仕事だったとか。それでも、真剣に仕事と向き合ったからこそ、どん底から這い上がれたのです。

 私たちはどうしても、仕事に優劣をつけてしまいがちですが、どのような仕事であれ全力で取り組めば、チャンスがつかめるのですね。

 自分を信じて行動し続けたから

 OKWaveという日本最大級のQ&Aサイトを立ち上げた兼元謙任さんをご存知でしょうか?ホームレスから社長にまで這い上がった人物です。

 兼元さんは、デザインの仕事をしながら学生時代の仲間たちと集まり、ユニバーサルデザインを手がけていました。これがキッカケでアメリカのパソコン会社でデザインの仕事をするチャンスを得ます。

 しかし、兼元さんの仲間たちはアメリカ行きに不信感を抱いていました。今の仕事を辞めてまでやることなの?と考えていたんですね。

 その結果、渡米の話はなかったことに。さらに、このタイミングで妻から離婚を言い渡されます。なんとか離婚は思いとどまってもらったそうですが、兼元さんは仕事も仲間も妻も失いました。

 その後の兼元さんは東京でホームレス生活。廃棄処分のお弁当を分けてもらうなどしてなんとか食いつなぎ、公衆トイレでパソコンの電源を取得し、デザインの仕事をしていたそうです。

 そうしてデザインの仕事をしているうちにQ&Aサイトの必要性を感じ、自ら立ち上げることを決意。周りの人たちからは賛同を得られませんでしたが、それでも兼元さんは自分を信じて挑戦することにしました。その結果、見事、どん底から這い上がることができたのです。

 私たちは、問題が起こると「もうダメだ…」とすぐに諦めてしまいがちですが、兼元さんのように自分を信じて行動し続けることが大切なんですね。

 最後に

 今回紹介した3人のエピソードを通して、「やりたいこと」であれ、「やりたくないこと」であれ、「自分を信じて行動し続ければ、どん底から這い上がれる」ことがわかりました。

 私は打たれ弱く、すぐに自分を信じられなくなる、行動できなくなる人間なので、もっと自分を信じられるように、他人の目を気にしないで行動できるように変わっていきたいと思います。他人に嫌われないように努力しても、嫌われるときは嫌われてしまいますからね。

 私と同じように、すぐに「どん底だ…」と思う方は、今回紹介した3人のエピソードを参考にしてみてはどうでしょうか。

 関連記事

35歳から始まる「第二の人生」を楽しむためのチェックリスト5つ

 35歳という年齢は、第二の人生のスタート地点だといわれています。  たとえば、仕事。「転職35歳限界説」が巷でささやかれているように、35歳を過ぎると転職のハードルが高くなり、よほどスゴイ専門性があるか、あるいはマネジ …

「何のために働くの?」――会社のため?自分のため?

(※『言える化 ー「ガリガリ君」の赤城乳業が躍進する秘密』表紙より)  仕事に夢中になっているときは考えませんが、仕事がひと段落したときなどの「ふとした瞬間」に、「何のために働いているんだろう」と考えることがあります。 …

10年後に仕事がある人、ない人

 本『10年後、君に仕事はあるのか?』の著者・藤原和博さんは、2020年代には、今よりも求人が半減すると予測されています。  その理由は次の2点。 ロボットとAIの活躍によって仕事が激減する 東京オリンピックの後は景気が …

お金よりも「つながり」を大切に/『残酷な世界で生き延びるたったひとつの方法』

 「努力すれば幸せになれるのか」――これが本書のテーマである。そして、その答えは「No!」。なぜか。  結論からいえば、私たちの能力の大半は遺伝によって決まっているからだ。走るのが得意じゃない人が、どれだけ走る練習をした …

「必要とされる人」になろう/『ローマ法王に米を食べさせた男』

 この世界には3種類の人間が存在する。それは、「いてはいけない人」、「いてもいなくてもいい人」、そして「いなくてはならない人」だ。  できることなら、「いなくてはならない人」「必要とされる人」になりたい――と、誰もがそう …

コモディティから抜け出し、社会に認められる力をつけよう/『断る力』

 企業の人員整理がとまらない。今でも多くの企業が社員を「リストラ部屋」に追い込んでいる。「リストラ部屋」とは、リストラ対象者を集め、社内失業状態にし、退職に追い込むことを目的とした部署だ。あのソニーですら「リストラ部屋」 …

ビジネス書を100冊読んでも99%の人が成功者になれない

 私たちは、なぜ読書をするのでしょうか。  「自己投資になるから」「想像力がつくから」「センスが磨かれるから」「本質を見抜く力が養えるから」「日本語力が上がるから」「教養が身につくから」「面白いから」「現実逃避になるから …

「不労所得」という名の花見酒には毒がある

 落語にこんな話がある。酒屋の番頭からお酒を借りて商売をしようとした二人の幼馴染がいた。花見シーズンだったので、花見の場所に行きさえすれば必ずお酒が売れると二人は考えていたのである。酒飲みは、酒がなくなるとすぐに飲みたく …

アイデアが浮かばないのは「ぼんやり」不足が原因!?

 「仕事でミスをした」「集中力が続かない」「アイデアが浮かばない」…。  このような悲しい状況に陥ったとき、どうしていますか?「もっと頑張らないと!」と自分を追い込んでいませんか?  もし、そうだとしたら、少しだけ立ち止 …

なぜ、優秀な社員が「追い出し部屋」に追い込まれるのか

 『切り捨てSONY』を読み終えるまでは、「リストラ部屋(追い出し部屋)に追いやられた人=仕事ができない人」だと思っていました。  しかし、そうではない人たちも大勢いるんですよね。すなわち、優秀な人たちも「リストラ部屋」 …