盗人にもモラルがあった!?池波正太郎『鬼平犯科帳(1)』は正義と悪がごちゃ混ぜになった小説

おすすめ小説

(※『決定版 鬼平犯科帳(1)』表紙より)

 池波正太郎さんの小説『鬼平犯科帳(1)』。

 大きくみると鬼平が悪者を退治するという構成の物語ですが、盗人にもモラルがある者やそうでない者がおり、盗人同士でも闘いを繰り広げるなど、正義と悪がごっちゃ混ぜになった小説です。

 読めば正義と悪をあわせ持つ鬼平の魅力にハマること間違いなし!?

 今回は、『鬼平犯科帳(1)』のあらすじとおすすめポイントを紹介します。




スポンサーリンク

 『鬼平犯科帳(1)』のあらすじ(『唖の十蔵』)

 火付盗賊改方の役目についている小野十蔵。

 火付盗賊改方とは、町奉行とは別の特別警察のようなもので、江戸市中の犯罪を取り締まるだけでなく、自由に他国に飛んでいき犯人を捕まえることができる役目です。

 そんな仕事をしていた十蔵は、「野槌の弥平」と呼ばれる凶悪無残の盗賊に探りを入れていました。

 しかし、手先の一人が小間物屋を営んでいることを知った十蔵が乗り込むと、すでに妻のおふじに殺されていました。浮気をしたり、お腹の子を蹴ったりするその男に、我慢の限界が来て殺してしまったのです。

 そんなおふじを可哀想に思った十蔵は彼女を世話するようになりました。しかし、それが原因で「野槌の弥平」から脅されることに。

 一体、十蔵はどうするのか!?

スポンサーリンク

 『鬼平犯科帳(1)』のおすすめポイント

1. 正義と悪がごちゃ混ぜになった短編集

 『鬼平犯科帳(1)』は、正義と悪がごちゃ混ぜになった全8章で構成されている短編集です。正義と悪がきっちり色分けされていないので、読んでいて面白いんですよね。

 なかでもおすすめなのは、『唖の十蔵』『本所・桜屋敷』『血頭の丹兵衛』。

 それぞれ簡単に紹介していきます。

『唖の十蔵』

 鬼平こと長谷川平蔵が初登場の物語。詳しい内容は「あらすじ」を確認ください。

『本所・桜屋敷』

 前回取り逃がした「小川や梅吉」らしき男を見たという密告が平蔵のもとに。早速、市中見回りに出かけたところ、若い頃に道場で共に剣術を学んだ岸井左之助と再会します。

 左之助は平蔵と同じく40歳を過ぎていましたが、剣術師範の孫娘・おふさに恋をしていました。そのせいで今でも妻や子どもがいません。

 しかし、当のおふさは、旦那と死に別れ、盗賊と男女関係を持つまでに落ちぶれていました。そのことを知った左之助は…。

 左之助の純愛に感動する物語です。

『血頭の丹兵衛』

 以前捕まえた粂八が平蔵に敬愛の念を込めて声をかけてきました。

 粂八は、両親の顔も知らず、売り飛ばされて生きてきた盗人。盗賊夫婦の子に生まれて、孤児になった見ず知らずの赤子を事もなげに養女にした平蔵に尊敬の念を抱いていたのです。

 それを知った平蔵は彼を密偵として使うことを考えます。そんなとき、彼に打ってつけの仕事が見つかりました。粂八の元親分「血頭の丹兵衛」を名乗る盗人が、残虐な盗みを働いていたのです。

 粂八は、「血頭の丹兵衛」を名乗る偽物を捕まえると息巻きますが…。

 最後に切なくなる物語です。

2. 義理人情にあつい盗賊たちがいた!?

 先ほど紹介した粂八のように、盗賊と言えども義理人情にあつい人物が大勢いました。

 彼ら真の盗賊が考えるモラルは、

一、盗まれて難儀するものへは、手を出さぬこと。
一、つとめをするとき、人を殺傷せぬこと。
一、女をてごめにせぬこと。

 の三か条で、これから外れた、どこにでも転がっているような泥棒を「あさましい」と思っていたのです。

 しかし、平蔵が生きる時代になると、「あさましい」泥棒が増えてしまいました。

 そこで、「真の盗賊」vs「あさましい泥棒」の闘いが起こります。

 「鬼平」vs「盗賊」以外にも見どころがある物語です。

3. 正義も悪も受け入れる鬼の平蔵

 一方の平蔵も、正義だけを掲げて生きるような人物ではありませんでした。粂八のような盗人でも、見所があると仲間に引き入れます。

 また、平蔵自身も若い頃はヤンチャをしていました。躰で稼ぐ女の金をうばい、いいように飲み食いし、配下の無頼どもにわけあたえ、そのくせ、その女が他の男に腕に抱かれるとすさまじいばかりの妬みを燃やして殴ったり蹴ったり…。

 そんな正義と悪を併せもつ平蔵だからこそ、正義と悪を飲み込みような裁きができるんですよね。

 読んでいて胸が熱くなる物語です。

スポンサーリンク

 最後に

 池波正太郎さんの小説『鬼平犯科帳(1)』。読めば正義と悪をあわせ持つ鬼平の魅力にハマること間違いなし!?

 気になった方は、ぜひ読んでみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました