webstation plus

(※『決定版 鬼平犯科帳(1)』表紙より)


 池波正太郎さんの小説『鬼平犯科帳(1)』。

 大きくみると鬼平が悪者を退治するという構成の物語ですが、盗人にもモラルがある者やそうでない者がおり、盗人同士でも闘いを繰り広げるなど、正義と悪がごっちゃ混ぜになった小説です。

 読めば正義と悪をあわせ持つ鬼平の魅力にハマること間違いなし!?

 今回は、『鬼平犯科帳(1)』のあらすじとおすすめポイントを紹介します。

 『鬼平犯科帳(1)』のあらすじ(『唖の十蔵』)

 火付盗賊改方の役目についている小野十蔵。

 火付盗賊改方とは、町奉行とは別の特別警察のようなもので、江戸市中の犯罪を取り締まるだけでなく、自由に他国に飛んでいき犯人を捕まえることができる役目です。

 そんな仕事をしていた十蔵は、「野槌の弥平」と呼ばれる凶悪無残の盗賊に探りを入れていました。

 しかし、手先の一人が小間物屋を営んでいることを知った十蔵が乗り込むと、すでに妻のおふじに殺されていました。浮気をしたり、お腹の子を蹴ったりするその男に、我慢の限界が来て殺してしまったのです。

 そんなおふじを可哀想に思った十蔵は彼女を世話するようになりました。しかし、それが原因で「野槌の弥平」から脅されることに。

 一体、十蔵はどうするのか!?

 『鬼平犯科帳(1)』のおすすめポイント

1. 正義と悪がごちゃ混ぜになった短編集

 『鬼平犯科帳(1)』は、正義と悪がごちゃ混ぜになった全8章で構成されている短編集です。正義と悪がきっちり色分けされていないので、読んでいて面白いんですよね。

 なかでもおすすめなのは、『唖の十蔵』『本所・桜屋敷』『血頭の丹兵衛』。

 それぞれ簡単に紹介していきます。

『唖の十蔵』

 鬼平こと長谷川平蔵が初登場の物語。詳しい内容は「あらすじ」を確認ください。

『本所・桜屋敷』

 前回取り逃がした「小川や梅吉」らしき男を見たという密告が平蔵のもとに。早速、市中見回りに出かけたところ、若い頃に道場で共に剣術を学んだ岸井左之助と再会します。

 左之助は平蔵と同じく40歳を過ぎていましたが、剣術師範の孫娘・おふさに恋をしていました。そのせいで今でも妻や子どもがいません。

 しかし、当のおふさは、旦那と死に別れ、盗賊と男女関係を持つまでに落ちぶれていました。そのことを知った左之助は…。

 左之助の純愛に感動する物語です。

『血頭の丹兵衛』

 以前捕まえた粂八が平蔵に敬愛の念を込めて声をかけてきました。

 粂八は、両親の顔も知らず、売り飛ばされて生きてきた盗人。盗賊夫婦の子に生まれて、孤児になった見ず知らずの赤子を事もなげに養女にした平蔵に尊敬の念を抱いていたのです。

 それを知った平蔵は彼を密偵として使うことを考えます。そんなとき、彼に打ってつけの仕事が見つかりました。粂八の元親分「血頭の丹兵衛」を名乗る盗人が、残虐な盗みを働いていたのです。

 粂八は、「血頭の丹兵衛」を名乗る偽物を捕まえると息巻きますが…。

 最後に切なくなる物語です。

2. 義理人情にあつい盗賊たちがいた!?

 先ほど紹介した粂八のように、盗賊と言えども義理人情にあつい人物が大勢いました。

 彼ら真の盗賊が考えるモラルは、

一、盗まれて難儀するものへは、手を出さぬこと。
一、つとめをするとき、人を殺傷せぬこと。
一、女をてごめにせぬこと。

 の三か条で、これから外れた、どこにでも転がっているような泥棒を「あさましい」と思っていたのです。

 しかし、平蔵が生きる時代になると、「あさましい」泥棒が増えてしまいました。

 そこで、「真の盗賊」vs「あさましい泥棒」の闘いが起こります。

 「鬼平」vs「盗賊」以外にも見どころがある物語です。

3. 正義も悪も受け入れる鬼の平蔵

 一方の平蔵も、正義だけを掲げて生きるような人物ではありませんでした。粂八のような盗人でも、見所があると仲間に引き入れます。

 また、平蔵自身も若い頃はヤンチャをしていました。躰で稼ぐ女の金をうばい、いいように飲み食いし、配下の無頼どもにわけあたえ、そのくせ、その女が他の男に腕に抱かれるとすさまじいばかりの妬みを燃やして殴ったり蹴ったり…。

 そんな正義と悪を併せもつ平蔵だからこそ、正義と悪を飲み込みような裁きができるんですよね。

 読んでいて胸が熱くなる物語です。

 最後に

 池波正太郎さんの小説『鬼平犯科帳(1)』。読めば正義と悪をあわせ持つ鬼平の魅力にハマること間違いなし!?

 気になった方は、ぜひ読んでみてください。

 関連記事

浅田次郎『天切り松 闇がたり1』感想/効率を上げるのは自殺行為!?

 昔の自慢話をする人って嫌ですよね。  私も大嫌いですが、「昔はすごかったんだぞ!」と語りかけてくる物語があります。それが浅田次郎さんの小説『天切り松 闇がたり1』。  大正時代の悪党どもに「天切り松」と呼ばれる老人が昔 …

伊坂幸太郎『ラッシュライフ』はパズルのピースをはめるような快感が味わえる小説

 パズルはお好きですか。  私は子どもの頃からパズルが大好きで、1000ピースとか2000ピースのパズルをよくしていました。しかし、最近は仕事が忙しくてなかなかできないんですよね。  ところが、まるでパズルのピースをはめ …

他人の考えに縛られる必要はない/伊坂幸太郎『重力ピエロ』感想

 強姦魔に犯されて生まれてきた子・春が、遺伝子のつながりと家族との絆の間で揺れ動く物語。それが伊坂幸太郎さんの小説『重力ピエロ』です。  とにかく暗い物語ですが、ラストですべてが救われたような気分になれるんですよね。その …

法律なんてクソ食らえ/東野圭吾『沈黙のパレード』感想

 沈黙を続ける殺人犯を証拠不十分で無罪にした草薙たち警察が、その犯人を殺した関係者を追い詰める物語。それが東野圭吾さんの小説『沈黙のパレード』です。  久しぶりのガリレオシリーズとあって期待を裏切らない面白さでしたが、そ …

病弱でも強くなれる!?畠中恵『しゃばけ』は妖怪が活躍するミステリー小説

(※『しゃばけ』表紙より)  10年ほど前に買った畠中恵さんの小説『しゃばけ』。  久しぶりに読みましたが、病弱なのに難題に立ち向かう若だんなの姿に感動しました。読めば自分も頑張ろうと思えること間違いなし!?  今回は『 …

自分の弱さに嫌気がさしたときに読んで欲しい小説/西加奈子『おまじない』

(※『おまじない』表紙より)  自分の弱さが嫌になることありませんか?  私はよくあります。上司に「休ませてください」と直接言いづらくて、メールで連絡したり、プレゼンの前日に緊張して眠れなかったり、スマホのゲームに夢中に …

百田尚樹『フォルトゥナの瞳』感想/「自分さえ良ければいい」では世界は悪くなっていく

 自分さえ良ければいいと思っていませんか?  自分だけ幸せになれれば、他人は不幸になっても構わない…。そんなふうに考えて生きている人も多いでしょう。  しかし、百田尚樹さんの小説『フォルトゥナの瞳』を読めば少しは考えが変 …

人に騙されるのが好きな人が多すぎる/伊坂幸太郎『SOSの猿』感想

 ツイッターを見ていると、ある有名人の発言を徹底的に擁護している人たちがいます。明らかに差別的な発言をしているのに、誰かを傷つけているのに、擁護する人たちがいます。  なぜなら、彼らはその有名人に騙されたいと願っているか …

終わりがある方が面白いのはなぜ?畠中恵『ちんぷんかん』感想

(※『ちんぷんかん』表紙より)  畠中恵さんの小説『ちんぷんかん』。  しゃばけシリーズ第6弾の本作は、兄・松之助の縁談が決まったり、幼馴染・栄吉の弟子入りが決まったりと、若だんなに様々な別れが訪れる物語です。  なかで …

有川浩『シアター!2』感想/悪意ある批判には作品を殺す力がある

 本を読んでいると、たまに自分の好みとあわない物語に出会うことがあります。  そんなとき、私は出来るだけ批判めいた内容を書かないように気をつけていますが、それでも相手を傷つけてしまうことがあるんですよね。  もちろん、悪 …