webstation plus

(※『決定版 鬼平犯科帳(1)』表紙より)


 池波正太郎さんの小説『鬼平犯科帳(1)』。

 大きくみると鬼平が悪者を退治するという構成の物語ですが、盗人にもモラルがある者やそうでない者がおり、盗人同士でも闘いを繰り広げるなど、正義と悪がごっちゃ混ぜになった小説です。

 読めば正義と悪をあわせ持つ鬼平の魅力にハマること間違いなし!?

 今回は、『鬼平犯科帳(1)』のあらすじとおすすめポイントを紹介します。

 『鬼平犯科帳(1)』のあらすじ(『唖の十蔵』)

 火付盗賊改方の役目についている小野十蔵。

 火付盗賊改方とは、町奉行とは別の特別警察のようなもので、江戸市中の犯罪を取り締まるだけでなく、自由に他国に飛んでいき犯人を捕まえることができる役目です。

 そんな仕事をしていた十蔵は、「野槌の弥平」と呼ばれる凶悪無残の盗賊に探りを入れていました。

 しかし、手先の一人が小間物屋を営んでいることを知った十蔵が乗り込むと、すでに妻のおふじに殺されていました。浮気をしたり、お腹の子を蹴ったりするその男に、我慢の限界が来て殺してしまったのです。

 そんなおふじを可哀想に思った十蔵は彼女を世話するようになりました。しかし、それが原因で「野槌の弥平」から脅されることに。

 一体、十蔵はどうするのか!?

 『鬼平犯科帳(1)』のおすすめポイント

1. 正義と悪がごちゃ混ぜになった短編集

 『鬼平犯科帳(1)』は、正義と悪がごちゃ混ぜになった全8章で構成されている短編集です。正義と悪がきっちり色分けされていないので、読んでいて面白いんですよね。

 なかでもおすすめなのは、『唖の十蔵』『本所・桜屋敷』『血頭の丹兵衛』。

 それぞれ簡単に紹介していきます。

『唖の十蔵』

 鬼平こと長谷川平蔵が初登場の物語。詳しい内容は「あらすじ」を確認ください。

『本所・桜屋敷』

 前回取り逃がした「小川や梅吉」らしき男を見たという密告が平蔵のもとに。早速、市中見回りに出かけたところ、若い頃に道場で共に剣術を学んだ岸井左之助と再会します。

 左之助は平蔵と同じく40歳を過ぎていましたが、剣術師範の孫娘・おふさに恋をしていました。そのせいで今でも妻や子どもがいません。

 しかし、当のおふさは、旦那と死に別れ、盗賊と男女関係を持つまでに落ちぶれていました。そのことを知った左之助は…。

 左之助の純愛に感動する物語です。

『血頭の丹兵衛』

 以前捕まえた粂八が平蔵に敬愛の念を込めて声をかけてきました。

 粂八は、両親の顔も知らず、売り飛ばされて生きてきた盗人。盗賊夫婦の子に生まれて、孤児になった見ず知らずの赤子を事もなげに養女にした平蔵に尊敬の念を抱いていたのです。

 それを知った平蔵は彼を密偵として使うことを考えます。そんなとき、彼に打ってつけの仕事が見つかりました。粂八の元親分「血頭の丹兵衛」を名乗る盗人が、残虐な盗みを働いていたのです。

 粂八は、「血頭の丹兵衛」を名乗る偽物を捕まえると息巻きますが…。

 最後に切なくなる物語です。

2. 義理人情にあつい盗賊たちがいた!?

 先ほど紹介した粂八のように、盗賊と言えども義理人情にあつい人物が大勢いました。

 彼ら真の盗賊が考えるモラルは、

一、盗まれて難儀するものへは、手を出さぬこと。
一、つとめをするとき、人を殺傷せぬこと。
一、女をてごめにせぬこと。

 の三か条で、これから外れた、どこにでも転がっているような泥棒を「あさましい」と思っていたのです。

 しかし、平蔵が生きる時代になると、「あさましい」泥棒が増えてしまいました。

 そこで、「真の盗賊」vs「あさましい泥棒」の闘いが起こります。

 「鬼平」vs「盗賊」以外にも見どころがある物語です。

3. 正義も悪も受け入れる鬼の平蔵

 一方の平蔵も、正義だけを掲げて生きるような人物ではありませんでした。粂八のような盗人でも、見所があると仲間に引き入れます。

 また、平蔵自身も若い頃はヤンチャをしていました。躰で稼ぐ女の金をうばい、いいように飲み食いし、配下の無頼どもにわけあたえ、そのくせ、その女が他の男に腕に抱かれるとすさまじいばかりの妬みを燃やして殴ったり蹴ったり…。

 そんな正義と悪を併せもつ平蔵だからこそ、正義と悪を飲み込みような裁きができるんですよね。

 読んでいて胸が熱くなる物語です。

 最後に

 池波正太郎さんの小説『鬼平犯科帳(1)』。読めば正義と悪をあわせ持つ鬼平の魅力にハマること間違いなし!?

 気になった方は、ぜひ読んでみてください。

 関連記事

どんなことでも逆転できる!?阿部和重&伊坂幸太郎『キャプテンサンダーボルト』は一発逆転の物語

(※『キャプテンサンダーボルト 上』表紙より)  一発逆転したいと思ったことありませんか。  私は、仕事が予定通りに進まなかったときに思っています。特に最近は一発逆転したいことばかり…。  阿部和重さんと伊坂幸太郎さんの …

終わりがある方が面白いのはなぜ?畠中恵『ちんぷんかん』感想

(※『ちんぷんかん』表紙より)  畠中恵さんの小説『ちんぷんかん』。  しゃばけシリーズ第6弾の本作は、兄・松之助の縁談が決まったり、幼馴染・栄吉の弟子入りが決まったりと、若だんなに様々な別れが訪れる物語です。  なかで …

誰もが宗教に関わっている!?今村夏子『星の子』は新興宗教にハマった家族を描いた小説

(※『星の子』表紙より)  宗教は自分には関係のないものだと思っていませんか。  私は思っていました。洗脳された人が、怪しいものを買ったり、変な行動を取ったりするものだと思っていました。  しかし、今村夏子さんの小説『星 …

子どもに愛情を注ごうとする親ほど毒親になる!?/山口恵以子『毒母ですが、なにか』感想

(※『毒母ですが、なにか』表紙より)  少し前に毒親という言葉が流行りましたよね。以前、このブログでも紹介しましたが、毒親に育てられると子どもは確実に不幸になります。  ところが、毒親と呼ばれる人たちは、実は子どもに愛情 …

『のぼうの城』はリーダーシップとは何かを教えてくれる小説

(※『のぼうの城 上』表紙より)  和田竜さんの小説『のぼうの城』。  約二万の大軍を率いる石田三成と五百の軍勢を率いる成田長親(なりた ながちか)の戦を描いた物語です。読めば「リーダーシップとはこういうことだったのか! …

田舎暮らしは大変!?重松清『みんなのうた』は家族の温かさに感動する小説

(※『みんなのうた』表紙より)  田舎に帰ってますか。  私はもともと都会と呼ばれる場所で育ったので田舎はありませんが、重松清さんの小説『みんなのうた』を読んで田舎で育った人たちの苦労が少しだけわかりました。  読めば、 …

悩みにどう向き合う?畠中恵『おまけのこ』は優しさと哀しさに満ち溢れた小説

(※『おまけのこ』表紙より)  畠中恵さんの小説『おまけのこ』。  しゃばけシリーズ第4弾の本作は、若だんなや幼馴染の栄吉、お雛ちゃんたちが自分の悩みにゆるく向き合う時代小説です。  読めば彼らの優しさと哀しさに心動かさ …

普通って何?村田沙耶香『コンビニ人間』は自分らしく生きる女性を描いた小説

(※『コンビニ人間』表紙より)  2016年に芥川賞を受賞した小説『コンビニ人間』。  普通とは何か?自分らしく生きるとはどういうことか?など、いろいろ考えさせられる物語です。あまりの面白さに一気読みしてしまうこと間違い …

お金を稼いで幸せになる方法

(※『億男』表紙より)  お金があれば幸せになれると思っていませんか。  しかし、どれだけお金があっても幸せになれるとは限りません。家庭が崩壊してしまった億万長者や牢屋に入ることになった成金たちのニュースを見ていると、ま …

こだわりを持って生きている?小川洋子『人質の朗読会』は不思議なのに心に残る小説

(※『人質の朗読会』表紙より)  小川洋子さんの小説『人質の朗読会』。  地球の裏側にある村で反政府ゲリラの人質になった8名は、暇つぶしに朗読を始めますが、いつの間にか自分の過去と向き合い、真剣に朗読しあうようになりまし …