webstation plus

 国内での累計発行部数が3億5000万部を突破している漫画『ONE PIECE』。これほど人気で、しかも面白い漫画は他にはありません。

 今回はそんな『ONE PIECE』からおすすめの泣けるエピソードを厳選して紹介していきます。

 1. 東の海/オレンジの町編(1-3巻)

 道化のバギーに占領されたオレンジの町にやって来たルフィとゾロ。しかし、ルフィは海賊専門の泥棒ナミに騙されバギーに捕まってしまいます。ゾロはルフィを助けられるのか!?

(※『ONE PIECE 2』より)


 というゾロのセリフがカッコいいエピソード。最後の町長とルフィのやりとりが泣けます。

 2. 東の海/バラティエ編(5-8巻)

 ウソップを仲間にしたルフィたちは、航海には欠かせないコックを仲間にするために海上レストラン・バラティエに。そこで副料理長を務めるサンジと出会い、仲間に引き込もうとしますが…。

(※『ONE PIECE 6』より)


 と、またまたゾロがカッコよすぎるエピソード。料理長・ゼフとサンジのやり取りも泣けます。

 3. 東の海/アーロンパーク編(8-11巻)

 クリーク海賊団との戦闘中に行方をくらませたナミを追いかけてココヤシ村にやって来たルフィ達。この村では魚人の海賊アーロンが村人たちを支配していました。ナミもアーロン海賊団の一員だと言うのですが…。

(※『ONE PIECE 9』より)


 このエピソードでワンピースにどっぷりハマった人も多いのでないでしょうか。何回読んでも泣けます。

 4. アラバスタ/ドラム島編(15-17巻)

 高熱にうなされるナミを救うためにドラム島に立ち寄ったルフィ達。しかし、ドラム島にはほとんど医者がいませんでした。なぜなら国王・ワポルが医者を追放したから。ルフィ達はナミを助けられるのか!?

(※『ONE PIECE 16』より)


 チョッパーが仲間になるエピソード。Dr.ヒルルクの話が泣けます。

 5. アラバスタ/アラバスタ編(15-17巻)

 王女ビビを連れてアラバスタにたどり着いたルフィ達。ここでは王下七武海のひとり・クロコダイルが国の乗っ取りを画策していました。国王軍と反乱軍が闘いを繰り広げるなか、次々と襲ってくる強敵たち。ルフィはアラバスタを救えるのか!?

 オカマ道を貫くボンクレーなど個性的な敵も登場。ビビとの別れのシーンで泣いてしまうこと間違いなし!?

(※『ONE PIECE 23』より)


 6. ウォーターセブン/エニエス・ロビー編(39-46巻)

 政府の諜報機関・CP9に拘束されたロビン。彼女を救うために世界政府に乗り込んだルフィ達は動物系の能力者達と戦闘を繰り広げることに。ルフィはロビンを救えるのか!?

 ロビンの重すぎる過去が明らかになり、泣けること間違いなしのエピソード。読み始めたら最後まで止まらくなります。

(※『ONE PIECE 41』より)


 7. 頂上戦争/マリンフォード編(56-61巻)

 海軍に捕まり処刑されることになったルフィの兄・エース。彼を助けに監獄・インベルタウンに乗り込んだルフィは、投獄されている海賊たちを引き連れてエースの元へ。ルフィはエースを助けられるのか!?

 エースとルフィのやり取りが泣けるエピソード。ルフィの過去も明らかになるので、絶対に読んでおきたいお話です。

(※『ONE PIECE 59』より)


 8. 新世界/ドレスローザ編(70-80巻)

 王下七武海のひとり・ドフラミンゴが支配する国ドレスローザにやって来たルフィ達。ここでは多くの国民がオモチャにされ、奴隷として働かされていました。トラファルガー・ローと同盟を組んだルフィはドフラミンゴに勝てるのか!?

 トラファルガー・ローの過去が明らかになるエピソード。麦わら海賊団以外のエピソードも泣けます。

(※『ONE PIECE 77』より)


 9. 新世界/ホールケーキアイランド編(82-巻)

 四皇”ビッグ・マム”に連れていかれたサンジ。彼は勘当された父親から政略結婚を強制されます。結婚が成立すれば、サンジは麦わら海賊団ではいられません。ルフィはサンジを連れ戻せるのか!?

 サンジの過去が明らかになるエピソード。現在進行中のエピソードですが泣けるシーンが多すぎます。

(※『ONE PIECE 84』より)


 最後に

 次回の更新が待ち遠しい『ONE PIECE』。普段はコミックスで読んでいるのですが、久しぶりにジャンプを買おうか悩んでしまいました。

 とにかく、面白いだけでなく泣ける漫画です。気になった方はこの機会にぜひ読んでみてください。

 関連記事

『火星に住むつもりかい?』は魔女狩りの怖さを軽快なタッチで描いた小説

(※『火星に住むつもりかい?』表紙より)  伊坂幸太郎さんの小説『火星に住むつもりかい?』。  タイトルの気軽さとは裏腹にかなりダークな物語です。テーマも「魔女狩りが再び起こったら?」なので重いのですが、登場人物たちの気 …

子どもには自由を与えよう/原田マハ『奇跡の人』

 『奇跡の人』をご存知だろうか。私は彼女の人生を絵本で知った。映画で観た記憶もある。彼女の名前はヘレン・ケラー。サリバン先生と共に「三重苦――目が見えない、耳が聞こえない、口が利けないという障害」を克服した文字どおり奇跡 …

【随時更新】絶対に読んで欲しい名探偵コナンのおすすめ事件まとめ

(※『名探偵コナン1巻』より)  1994年から連載されている漫画『名探偵コナン』。1ヶ月ほどかかりましたが1巻から93巻まで読みました。本当に面白い漫画です。  そこで今回は、全287話の中からぜひ読んで欲しいおすすめ …

モテる女性に共通している特徴とは?/池井戸潤『不祥事』

 小説やドラマを観ていると、「本当に素敵な人だなぁ…」と心から惚れてしまう人に出会うことがあります。  たとえば、ドラマ『トリック』に出演されていた仲間由紀恵さん。本当にキレイな方なのに面白い。もちろん、ドラマの設定上「 …

正しい一発逆転のやり方/阿部和重・伊坂幸太郎『キャプテンサンダーボルト』

 「こんなはずじゃなかった…」と、大人になった自分に幻滅している人たちも多いだろう。私もそのひとりだ。子どもの頃に思い描いていた「大人になった自分」は、もっと夢や希望で溢れていた。憧れの職業につき、大きな家に住み、奥さん …

経済格差を失くす方法を教えてくれる小説『フォルトゥナの瞳』

 世界中で経済格差が広がっています。  たとえば、アメリカのある地域では、数年前からバスの最終時刻が20時になりました。スーパーや会社などは20時を過ぎても営業しているので、もっと遅くまでバスを利用したいと思っている人た …

『ラッシュライフ』は5つの物語がリレーのように繋がっていく小説

(※『ラッシュライフ』表紙より)  伊坂幸太郎さんの小説『ラッシュライフ』。5つの物語が交差して、まるでリレーのように繋がっていく作品です。  ある人にとっては不可思議な出来事でも、他の人にとっては当然の出来事で、不可思 …

今の日本人には「武士道」が足りない/浅田次郎『黒書院の六兵衛』

 私たち日本人は「武士道」を失ってしまったのかもしれない。武士道とは、簡単にいえば「臆病者」「卑怯者」ではない生き方を貫くことだ。しかし、今の私たちは、たとえ「臆病者」「卑怯者」と罵られても、お金を生み出し、有名になりさ …

「対等な関係」ってどんな関係?/伊坂幸太郎『チルドレン』感想

 伊坂幸太郎さんの小説『チルドレン』は、家裁調査員という聞きなれない職業を目指す学生時代と、その職業に就いてからの出来事を描いた物語です。『サブマリン』という続編が出ているので、復習の意味もこめて再読したのですが、本当に …

就活も恋愛も選ばれなければ始まらない/水野敬也『大金星』

 「有名企業に就職しても安心できない時代に突入した」という人たちが増えている。かつて日本が誇っていた「終身雇用制度」が終わりを迎え、いまや有名企業に就職したからといって一生安泰とはいえなくなったからだ。実際、シャープや東 …