webstation plus

 国内での累計発行部数が3億5000万部を突破している漫画『ONE PIECE』。これほど人気で、しかも面白い漫画は他にはありません。

 今回はそんな『ONE PIECE』からおすすめの泣けるエピソードを厳選して紹介していきます。

 1. 東の海/オレンジの町編(1-3巻)

 道化のバギーに占領されたオレンジの町にやって来たルフィとゾロ。しかし、ルフィは海賊専門の泥棒ナミに騙されバギーに捕まってしまいます。ゾロはルフィを助けられるのか!?

(※『ONE PIECE 2』より)


 というゾロのセリフがカッコいいエピソード。最後の町長とルフィのやりとりが泣けます。

 2. 東の海/バラティエ編(5-8巻)

 ウソップを仲間にしたルフィたちは、航海には欠かせないコックを仲間にするために海上レストラン・バラティエに。そこで副料理長を務めるサンジと出会い、仲間に引き込もうとしますが…。

(※『ONE PIECE 6』より)


 と、またまたゾロがカッコよすぎるエピソード。料理長・ゼフとサンジのやり取りも泣けます。

 3. 東の海/アーロンパーク編(8-11巻)

 クリーク海賊団との戦闘中に行方をくらませたナミを追いかけてココヤシ村にやって来たルフィ達。この村では魚人の海賊アーロンが村人たちを支配していました。ナミもアーロン海賊団の一員だと言うのですが…。

(※『ONE PIECE 9』より)


 このエピソードでワンピースにどっぷりハマった人も多いのでないでしょうか。何回読んでも泣けます。

 4. アラバスタ/ドラム島編(15-17巻)

 高熱にうなされるナミを救うためにドラム島に立ち寄ったルフィ達。しかし、ドラム島にはほとんど医者がいませんでした。なぜなら国王・ワポルが医者を追放したから。ルフィ達はナミを助けられるのか!?

(※『ONE PIECE 16』より)


 チョッパーが仲間になるエピソード。Dr.ヒルルクの話が泣けます。

 5. アラバスタ/アラバスタ編(15-17巻)

 王女ビビを連れてアラバスタにたどり着いたルフィ達。ここでは王下七武海のひとり・クロコダイルが国の乗っ取りを画策していました。国王軍と反乱軍が闘いを繰り広げるなか、次々と襲ってくる強敵たち。ルフィはアラバスタを救えるのか!?

 オカマ道を貫くボンクレーなど個性的な敵も登場。ビビとの別れのシーンで泣いてしまうこと間違いなし!?

(※『ONE PIECE 23』より)


 6. ウォーターセブン/エニエス・ロビー編(39-46巻)

 政府の諜報機関・CP9に拘束されたロビン。彼女を救うために世界政府に乗り込んだルフィ達は動物系の能力者達と戦闘を繰り広げることに。ルフィはロビンを救えるのか!?

 ロビンの重すぎる過去が明らかになり、泣けること間違いなしのエピソード。読み始めたら最後まで止まらくなります。

(※『ONE PIECE 41』より)


 7. 頂上戦争/マリンフォード編(56-61巻)

 海軍に捕まり処刑されることになったルフィの兄・エース。彼を助けに監獄・インベルタウンに乗り込んだルフィは、投獄されている海賊たちを引き連れてエースの元へ。ルフィはエースを助けられるのか!?

 エースとルフィのやり取りが泣けるエピソード。ルフィの過去も明らかになるので、絶対に読んでおきたいお話です。

(※『ONE PIECE 59』より)


 8. 新世界/ドレスローザ編(70-80巻)

 王下七武海のひとり・ドフラミンゴが支配する国ドレスローザにやって来たルフィ達。ここでは多くの国民がオモチャにされ、奴隷として働かされていました。トラファルガー・ローと同盟を組んだルフィはドフラミンゴに勝てるのか!?

 トラファルガー・ローの過去が明らかになるエピソード。麦わら海賊団以外のエピソードも泣けます。

(※『ONE PIECE 77』より)


 9. 新世界/ホールケーキアイランド編(82-巻)

 四皇”ビッグ・マム”に連れていかれたサンジ。彼は勘当された父親から政略結婚を強制されます。結婚が成立すれば、サンジは麦わら海賊団ではいられません。ルフィはサンジを連れ戻せるのか!?

 サンジの過去が明らかになるエピソード。現在進行中のエピソードですが泣けるシーンが多すぎます。

(※『ONE PIECE 84』より)


 最後に

 次回の更新が待ち遠しい『ONE PIECE』。普段はコミックスで読んでいるのですが、久しぶりにジャンプを買おうか悩んでしまいました。

 とにかく、面白いだけでなく泣ける漫画です。気になった方はこの機会にぜひ読んでみてください。

 関連記事

子供にも読ませたい!東大生&京大生が選んだ『スゴイ本』ベスト30

 2017年10月9日放送の「Qさま!!」で発表された「東大生&京大生が選んだ『スゴイ本』ベスト30」。  私は国語の教科書でしか読んだことがない本ばかりでしたが、「この機会に改めて読んでみよう!」&「子どもたちにも読ん …

「ロボットに奪われない仕事」をしよう/池井戸潤『銀行総務特命』

 グーグルの創業者であり、現CEOのラリー・ペイジは、人口知能の急激な発達によって、現在私たちが担当している仕事のほとんどはロボットがやることになるという。加えて次のように断言している。  「近い将来、10人中9人は、今 …

『双亡亭壊すべし』は怖い物語が苦手でも読みたくなるホラー漫画

(※『双亡亭壊すべし 1』表紙より)  子供の頃、夏休みになると夏の風物詩である怪談話を夢中になって聞いていました。怖くて逃げ出したくなるのに――。そんな懐かしい記憶が蘇る漫画が『双亡亭壊すべし』。  『うしおととら』や …

自分を客観的に見ることの大切さを教えてくれる漫画『デスノート』

 自分を客観的に評価できていますか?  ある有名な実験によると、多くの人が自分を客観的に評価できていないことがわかっています。その実験とは、「あなたはクルマの運転が他人よりも上手いと思いますか?」という質問に対して、約8 …

アメトーーク!「読書芸人」第2弾!おすすめ本まとめ

 2015年6月18日放送の「アメトーーク!」は「本屋で読書芸人」。ピース・又吉さん、オードリー・若林さん、オアシズ・光浦さん、市川紗椰さんが、紀伊國屋で気になるおすすめ本を紹介されていました。  以前のエントリで紹介し …

「好きなこと」をするには犠牲が伴う/東野圭吾『眠りの森』

 好きなことをするには、ある程度の「犠牲」がつきまとう。収入が減ったり、プライベートな時間が確保できなかったり、あるいは結婚や恋愛ができなかったり。それでも、「どうしてもやりたい!」と思える何かがあるのは、とても幸せなこ …

『3月のライオン』は悩みに立ち向かう主人公たちに心動かされる漫画

(※『3月のライオン 1』表紙より)  ヤングアニマルで連載中の漫画『3月のライオン』。将棋を舞台に、自分の課題に真正面から取り組む登場人物たちに心動かされること間違いなしの漫画です。  今回は『3月のライオン』のあらす …

『コンビニ人間』は自分らしく生きる女性を描いた小説

(※『コンビニ人間』表紙より)  2016年に芥川龍之介賞を受賞した小説『コンビニ人間』。  普通とは何か?自分らしく生きるとはどういうことか?など、いろいろ考えさせられる物語ですが、堅苦しさはなく、スラスラ読める小説で …

『食堂のおばちゃん』は今すぐ食堂に通いたくなる心温まる小説

(※『食堂のおばちゃん』表紙より)  食堂に勤めた経験がある著者・山口恵以子さんが描いた本作品。読めば心が温まるだけでなく、今すぐ食堂で美味しいご飯が食べたくなること間違いなしの小説です。  今回は小説『食堂のおばちゃん …

『いぬやしき』は強大な力を手に入れたらどうする?がテーマの漫画

(※『いぬやしき(1)』表紙より)  つい先日までイブニングで連載されていた漫画『いぬやしき』。ある日突然、強大な力を手に入れたらどうする?がテーマの漫画です。  今回は『いぬやしき』のあらすじと感想を紹介します。 &n …