webstation plus

 嘘をついてまで守りたい名誉やプライドはありますか?

 残念ながら私にはありませんが、東野圭吾さんの小説『嘘をもうひとつだけ』に登場する人たちは違いました。

 大切なものを守るために人生をかけた嘘をつくんですよね。

 15年前までプリマとして活躍していた女性の物語

 では、あらすじから。

 寺西美代子は15年前までプリマドンナとして第一線で活躍していました。そして今でも、弓削バレエ団の事務局長としてバレエに関わっていましたが…。

 彼女の同僚である早川弘子が自宅マンションの敷地内にある植え込みの中で倒れているのを発見されます。バルコニーから落ちたのです。

 加賀はすぐに自殺ではなく他殺だと見抜きました。

 部屋の鍵が空けっぱなしだったことと、亡くなる少し前に翌朝の早朝に放送予定だったバレエ番組を録画予約していたからです。

 また、弘子は近々バレエ教室を始めようとしていたのですが、そのための資金一千万円が何者かによって銀行に振り込まれていることがわかります。

 加賀は弘子と同じマンションに住んでいた美代子が犯人だと確信しますが、彼女を追い詰めることができませんでした。決定的な証拠がなかったからです。

 そこで加賀がとった作戦は…。

 大切なものを守るために人生をかけた嘘をつく人たちの物語

 この続きは実際に本書を読んでもらうとして、東野圭吾さんの小説『嘘をもうひとつだけ』に登場する人たちは、大切なものを守るために人生をかけた嘘をつくんですよね。

 妻が殺され、1歳になる息子が行方不明になった男も、娘を器械体操の選手に育てるためにすべてを犠牲にしてきた女性も、

 一週間前に交通事故で夫を亡くした未亡人も、様々な事業のプロデュースを請け負う仕事をしている加賀の友人も、誰もが人生をかけた大きな嘘をつきました。

 そんな彼らの姿を見ていると、そうまでして守りたいものがあるのが羨ましく思えてくるんですよね。

 残念ながら、彼らに訪れる結末はとても悲しいものでしたが…。

 短編ミステリーが楽しめる小説

 というわけで、東野圭吾さんの小説『嘘をもうひとつだけ』は、名誉やプライドを守るために嘘をつく人たちの悲しい末路が描かれる物語です。

 それだけでなく、短編ミステリーとしても、加賀恭一郎シリーズの続編としても楽しめる物語なので…。

 気になった方は、ぜひ読んでみてください。

 関連記事

森見登美彦『熱帯』感想/小説には魔法をかける力がある

 小説を読んでいますか?  私は社会人になってから小説を読むようになりましたが、今ではカバンの中に何冊も入れて持ち歩かないと不安になるほどハマっています。  では、なぜそれほどハマったのかというと、小説には魔法をかける力 …

原田マハ『小説 星守る犬』感想/夫婦円満の秘訣とは?

愛とは相手に変わることを要求せず、相手をありのままに受け入れることだ。  とは、イタリアの劇作家、ディエゴ・ファブリの言葉ですが、私たちはどうしても相手に変わることを求めてしまいますよね。 「なぜ、そんなキツイことを言う …

水野敬也『大金星』感想/就活も恋愛も選ばれなければ始まらない

 数年前から「有名企業に就職しても安心できない時代に突入した」と言われるようになりました。かつて日本が誇っていた「年功序列」「終身雇用制度」が終わりを迎えたからです。  実際、東芝やNEC、ソニーといった大企業でさえリス …

読書は優雅なもの!?東野圭吾『素敵な日本人』は意外性にあふれたミステリー小説

(※『素敵な日本人』表紙より)  短編はお好きですか。  私は小説に驚きや感動、励ましのようなものを求めているので、物語の世界観にどっぷり浸れて、イッキ読みできる長編を好んでいました。  今もその思いは変わりませんが、東 …

伊坂幸太郎『ゴールデンスランバー』感想/人間の最大の武器は信頼と習慣

 どれだけの人に信頼されて生きていますか?  私は、家族には信頼されていると思いますが、それ以外の人たちにはどのように思われているかわかりません。結構、いい加減なところがあるからです。  そのため、伊坂幸太郎さんの小説『 …

今村夏子『むらさきのスカートの女』感想/自分の目を通して見たものが全てではない

 自分の目を通して見たものや感じたことが全てだと思っていませんか?  もちろん、誰にでもそういうところはありますが、それが行き過ぎると、今村夏子さんの小説『むらさきのスカートの女』の主人公のようになってしまいます。  あ …

畠中恵『ぬしさまへ』は若だんなの大人になりたい想いに感動する小説

(※『ぬしさまへ』表紙より)  畠中恵さんの小説『ぬしさまへ』。  『しゃばけ』シリーズ第2弾の本作は、病弱で両親や妖怪たちから甘やかされて育った若だんなが大人になりたいと強く願う物語です。読めば自分も頑張ろうと思えるこ …

瀬尾まいこ『幸福な食卓』は家族とは困ったときに甘えられる関係だとわかる物語

 困ったときに家族に甘えられますか?  私は妻や子供たちが困ったときに相談したり、不満をぶつけられるように振る舞っているつもりですが…。  瀬尾まいこさんの小説『幸福な食卓』を読んで、困ったときに甘えられる関係こそが家族 …

伊坂幸太郎『オー!ファーザー』は父親の役割について考えさせられる物語

 結婚して子どもが生まれると「やるべきこと」が驚くほど増えますよね。  仕事をするのは当然として、子どもと遊んだり、勉強を教えたり、買い物に行ったり…と、子どもと共に行動する日々が続きます。  しかし、ときどき、これで本 …

東野圭吾『眠りの森』感想/好きなことを仕事にするのは本当に幸せなことなの?

 好きなことを仕事にしていますか?  私はどちらかと言えば好きなことを仕事にしていますが、東野圭吾さんの小説『眠りの森』を読んで、好きなことを仕事にするのは本当に幸せなことなのかな?と疑問をもつようになりました。  収入 …