webstation plus

 嘘をついてまで守りたい名誉やプライドはありますか?

 残念ながら私にはありませんが、東野圭吾さんの小説『嘘をもうひとつだけ』に登場する人たちは違いました。

 大切なものを守るために人生をかけた嘘をつくんですよね。

 15年前までプリマとして活躍していた女性の物語

 では、あらすじから。

 寺西美代子は15年前までプリマドンナとして第一線で活躍していました。そして今でも、弓削バレエ団の事務局長としてバレエに関わっていましたが…。

 彼女の同僚である早川弘子が自宅マンションの敷地内にある植え込みの中で倒れているのを発見されます。バルコニーから落ちたのです。

 加賀はすぐに自殺ではなく他殺だと見抜きました。

 部屋の鍵が空けっぱなしだったことと、亡くなる少し前に翌朝の早朝に放送予定だったバレエ番組を録画予約していたからです。

 また、弘子は近々バレエ教室を始めようとしていたのですが、そのための資金一千万円が何者かによって銀行に振り込まれていることがわかります。

 加賀は弘子と同じマンションに住んでいた美代子が犯人だと確信しますが、彼女を追い詰めることができませんでした。決定的な証拠がなかったからです。

 そこで加賀がとった作戦は…。

 大切なものを守るために人生をかけた嘘をつく人たちの物語

 この続きは実際に本書を読んでもらうとして、東野圭吾さんの小説『嘘をもうひとつだけ』に登場する人たちは、大切なものを守るために人生をかけた嘘をつくんですよね。

 妻が殺され、1歳になる息子が行方不明になった男も、娘を器械体操の選手に育てるためにすべてを犠牲にしてきた女性も、

 一週間前に交通事故で夫を亡くした未亡人も、様々な事業のプロデュースを請け負う仕事をしている加賀の友人も、誰もが人生をかけた大きな嘘をつきました。

 そんな彼らの姿を見ていると、そうまでして守りたいものがあるのが羨ましく思えてくるんですよね。

 残念ながら、彼らに訪れる結末はとても悲しいものでしたが…。

 短編ミステリーが楽しめる小説

 というわけで、東野圭吾さんの小説『嘘をもうひとつだけ』は、名誉やプライドを守るために嘘をつく人たちの悲しい末路が描かれる物語です。

 それだけでなく、短編ミステリーとしても、加賀恭一郎シリーズの続編としても楽しめる物語なので…。

 気になった方は、ぜひ読んでみてください。

おすすめのまとめ記事はこちら

 関連記事

『土佐堀川』は自分の悩みがちっぽけに思える小説

(※『土佐堀川』表紙より)  古川智映子さんの小説『土佐堀川』。  NHK連続テレビ小説「あさが来た」の原作で、広岡浅子さんの生涯を描いた物語です。読めば自分の悩みがちっぽけに思えること間違いなし!?  今回は、『土佐堀 …

瀬尾まいこ『幸福な食卓』は家族とは困ったときに甘えられる関係だとわかる物語

 困ったときに家族に甘えられますか?  私は妻や子供たちが困ったときに相談したり、不満をぶつけられるように振る舞っているつもりですが…。  瀬尾まいこさんの小説『幸福な食卓』を読んで、困ったときに甘えられる関係こそが家族 …

東野圭吾『ラプラスの魔女』感想/「存在意義がない人」などこの世に存在しない

 自分の視点で他人を評価していませんか?  たとえば、「あの人は役に立つ人だ」とか、「あの人には何を任せてもダメだ」なんて評価しがちですが…。実はこの世界には「存在意義がない人」なんて誰もいません。  そんな当たり前のこ …

三上延『ビブリア古書堂の事件手帖7』感想/リスクをとれば道は開ける!?

 リスクをとっていますか?  私は安定を好む性格なので、あまりリスクをとっていませんが、三上延さんの小説『ビブリア古書堂の事件手帖7』を読んで、リスクをとれば道が開けることがわかりました。  逆に言えば、リスクをとらない …

和田竜『のぼうの城』感想/リーダーシップとはすべてを仕切ることではない

 リーダーシップを発揮していますか?  私はリーダーシップと聞くと、軍隊の指揮官が思い浮かぶので、従えている人たちに指示を出すイメージを持っていましたが、和田竜さんの小説『のぼうの城』を読んで、そのイメージが覆されました …

東野圭吾『容疑者Xの献身』は他人の不幸の上に幸せは築けないことがわかる物語

 自分さえ良ければいいと思っていませんか?  もちろん、誰にでもそういう部分はありますが、東野圭吾さんの小説『容疑者Xの献身』を読んで、他人の不幸の上に自分の幸せは絶対に築けないことがわかりました。  それだけでなく、相 …

知念実希人『ひとつむぎの手』感想/誰のために仕事をしていますか?

 誰のために仕事をしていますか?  私は自分と家族のために仕事をしていますが、私のように考えて仕事をしている人は多いと思います。  しかし、知念実希人さんの小説『ひとつむぎの手』の主人公は違いました。自分のためと言いなが …

東野圭吾『禁断の魔術』感想/科学よりも大切にすべきものがある!?

 科学を何よりも重要なものだと思っていませんか?  私はエンジニアとして仕事をしているので、科学的な根拠がないことをあまり信じていませんが…。  言い換えると、科学的な根拠が何よりも重要だと考えていましたが、東野圭吾さん …

自分らしさなんて追い求めるものじゃない

(※『地球星人』表紙より)  自分らしく生きていますか?  私は自分らしく生きていると思っていましたが、村田沙耶香さんの小説『地球星人』を読んで「自分らしさとは何なんだろう」と考えるようになりました。  というよりも、む …

下村敦史『生還者』感想/ゴシップに踊らされるのは時間のムダ

 ゴシップに踊らされていませんか。  先日、コカイン疑惑で芸能界から引退した成宮寛貴さんが、芸能界に復帰するというフェイクニュースが飛び交いました。  この報道に多くの人が反応していましたが、私たちの人生にそれほど影響あ …