東野圭吾『嘘をもうひとつだけ』は名誉やプライドを守るために人生をかけて嘘をつく人たちの物語

おすすめ小説

 嘘をついてまで守りたい名誉やプライドはありますか?

 残念ながら私にはありませんが、東野圭吾さんの小説『嘘をもうひとつだけ』に登場する人たちは違いました。

 大切なものを守るために人生をかけた嘘をつくんですよね。




スポンサーリンク

 15年前までプリマとして活躍していた女性の物語

 では、あらすじから。

 寺西美代子は15年前までプリマドンナとして第一線で活躍していました。そして今でも、弓削バレエ団の事務局長としてバレエに関わっていましたが…。

 彼女の同僚である早川弘子が自宅マンションの敷地内にある植え込みの中で倒れているのを発見されます。バルコニーから落ちたのです。

 加賀はすぐに自殺ではなく他殺だと見抜きました。

 部屋の鍵が空けっぱなしだったことと、亡くなる少し前に翌朝の早朝に放送予定だったバレエ番組を録画予約していたからです。

 また、弘子は近々バレエ教室を始めようとしていたのですが、そのための資金一千万円が何者かによって銀行に振り込まれていることがわかります。

 加賀は弘子と同じマンションに住んでいた美代子が犯人だと確信しますが、彼女を追い詰めることができませんでした。決定的な証拠がなかったからです。

 そこで加賀がとった作戦は…。

スポンサーリンク

 大切なものを守るために人生をかけた嘘をつく人たちの物語

 この続きは実際に本書を読んでもらうとして、東野圭吾さんの小説『嘘をもうひとつだけ』に登場する人たちは、大切なものを守るために人生をかけた嘘をつくんですよね。

 妻が殺され、1歳になる息子が行方不明になった男も、娘を器械体操の選手に育てるためにすべてを犠牲にしてきた女性も、

 一週間前に交通事故で夫を亡くした未亡人も、様々な事業のプロデュースを請け負う仕事をしている加賀の友人も、誰もが人生をかけた大きな嘘をつきました。

 そんな彼らの姿を見ていると、そうまでして守りたいものがあるのが羨ましく思えてくるんですよね。

 残念ながら、彼らに訪れる結末はとても悲しいものでしたが…。

スポンサーリンク

 短編ミステリーが楽しめる小説

 というわけで、東野圭吾さんの小説『嘘をもうひとつだけ』は、名誉やプライドを守るために嘘をつく人たちの悲しい末路が描かれる物語です。

 それだけでなく、短編ミステリーとしても、加賀恭一郎シリーズの続編としても楽しめる物語なので…。

 気になった方は、ぜひ読んでみてください。

おすすめのまとめ記事はこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました