webstation plus

 誰のために仕事をしていますか。

 私は自分と家族のために仕事をしていますが、知念実希人さんの小説『ひとつむぎの手』の主人公・平良祐介は違いました。

 自分のためと言いながらも、何よりも患者のために仕事をするんですよね。そんな祐介の行動に本当の仕事とは何か考えさせられる物語です。

 誰もが自分のために仕事をしている

 祐介は心臓外科医になるために大学病院で過酷な勤務に耐えていましたが、他の多くの医師たちは患者のためではなく、自分のために仕事をしていました。

 他の医局と患者の奪い合いをしたり、心臓外科医になるために同僚の足を引っ張ったり、後輩に雑務ばかりやらせたりと自分のことしか考えていません。

 だからこそ、患者のためを思って働く祐介に多くの雑用がふりかかってきたのですが、それは心臓外科医にとって、手術以外のこと――患者の心のケアなどは雑用でしかなかったからです。

 ところが、そんな祐介にチャンスが訪れます。研修医3人のうち2人を入局させることができれば、希望する関連病院へ出向させてくれると言うのです。しかし…。

 本当の仕事とは何か?

 研修医たちも自分のことしか考えていませんでした。

 牧はアカデミックなことにしか興味がなく、郷野は手術の腕だけに目が向き、宇佐野は亡くなった妹と患者を重ねて見ています。

 そんな彼らは、クソ真面目な祐介をバカにしていましたが、祐介と共に行動するようになって、尊敬するようになっていくんですよね。

 なぜなら、祐介は、患者のためにアカデミックな知識や手術の腕を磨き、さらに患者の気持ちに寄り添う努力をしていたからです。

 祐介にとっては当たり前の行動でしたが、彼の姿を通して、本当の仕事とは、出世するためでも、自分のためでもなく、患者のためにするものだと気づかされます。

 その結果、彼ら三人は心臓外科医を目指す決意をしますが…。

 希望が叶うことが幸せとは限らない

 祐介は望んでいる出向先に行くことができませんでした。理由は実際に読んで確かめて欲しいのですが、それが祐介にとっての幸せにつながっていきます。

 知念実希人さんの小説『ひとつむぎの手』は、人のために仕事をすれば、いつか自分にとっての幸せにつながっていく…。そう思える物語でした。

 関連記事

考えろ考えろマクガイバー、考えなきゃ騙されるぞ/伊坂幸太郎『魔王』感想

 考える力がないと強い言葉を使う人たちに騙されてしまう。そんなテーマを描いた小説が伊坂幸太郎さんの『魔王』です。  最後まで読み切ってもストーリーはよくわかりませんが、登場人物たちのセリフに、いろいろ考えさせられる物語な …

読書が好きじゃなくても本が読みたくなる小説ーpart3

(※『ビブリア古書堂の事件手帖3 ~栞子さんと消えない絆~』表紙より)  読書していますか?  私は『ビブリア古書堂の事件手帖―栞子さんと奇妙な客人たち』を読んでから、他の本を放り出して『ビブリア古書堂の事件手帖』シリー …

臆病は伝染する。そして勇気も伝染する/伊坂幸太郎『PK』感想

 タイムパラドックスを描いた小説。それが伊坂幸太郎さんの『PK』です。  この小説は3つの短編で構成されているのですが、タイムパラドックスを念頭に置いて順番を並び替えると、まるで一つの長編のような物語が出来上がるんですよ …

サイコパスと闘えるのはサイコパスだけ?/伊坂幸太郎『死神の浮力』感想

 サイコパスっていますよね。彼らは良心を持たないので、好き放題に振舞っています。  たとえば、多くの人を殺したにも関わらず少年法に守られて今も平然と暮らしている殺人鬼。彼は成人してからも被害者家族を侮辱するような本を出し …

厳しい現実に立ち向かうには哲学とユーモアが必要/伊坂幸太郎『アヒルと鴨のコインロッカー』感想

 アパートに引っ越してきた大学生が隣の住人から「一緒に本屋を襲わないか?」と誘われて始まる物語。そんな意味不明な幕開けをする小説が伊坂幸太郎さんの『アヒルと鴨のコインロッカー』です。  物語全体もかなり現実離れしています …

問題を解決していく面白さが味わえる小説/東野圭吾『魔力の胎動』感想

(※『魔力の胎動』表紙より)  発売前から楽しみにしていた小説『魔力の胎動』。  ようやく読み終わりましたが、想像以上に面白かったです。すでに前作『ラプラスの魔女』を読み返すほどに。  今回は東野圭吾さんの小説『魔女の胎 …

人に騙されるのが好きな人が多すぎる/伊坂幸太郎『SOSの猿』感想

 ツイッターを見ていると、ある有名人の発言を徹底的に擁護している人たちがいます。明らかに差別的な発言をしているのに、誰かを傷つけているのに、擁護する人たちがいます。  なぜなら、彼らはその有名人に騙されたいと願っているか …

愛情が足りない!?西加奈子『i(アイ)』は人の気持ちに寄り添いたくなる小説

(※『i(アイ)』表紙より)  人の気持ちに寄り添っていますか。  私は歳をとるにつれて、自分のことばかり考えるようになりました。東日本大震災の報道を見ても、どこか他人事です。  そんな私に人の気持ちに寄り添う大切さを思 …

ゴシップ記事は読まないに限る/伊坂幸太郎『陽気なギャングは三つ数えろ』感想

 陽気なギャングシリーズもついに3作目。今回のギャングたちは銀行強盗をすることなく、三流記者に脅され、追い詰められていきます。  ほんと読んでいてムカつく物語ですが、現実にも『陽気なギャングは三つ数えろ』に出てくるような …

いじめをする人間にはアイデアがない/伊坂幸太郎『ガソリン生活』感想

 最近、いじめの話題が多いですよね。もちろん、いじめをしている人間が100%悪いのですが、それだけでなく彼らには決定的に足りない能力があります。  それはアイデアを生み出す力。楽しい遊びを生み出す力がないので、いじめをし …