webstation plus

 誰のために仕事をしていますか。

 私は自分と家族のために仕事をしていますが、知念実希人さんの小説『ひとつむぎの手』の主人公・平良祐介は違いました。

 自分のためと言いながらも、何よりも患者のために仕事をするんですよね。そんな祐介の行動に本当の仕事とは何か考えさせられる物語です。

 誰もが自分のために仕事をしている

 祐介は心臓外科医になるために大学病院で過酷な勤務に耐えていましたが、他の多くの医師たちは患者のためではなく、自分のために仕事をしていました。

 他の医局と患者の奪い合いをしたり、心臓外科医になるために同僚の足を引っ張ったり、後輩に雑務ばかりやらせたりと自分のことしか考えていません。

 だからこそ、患者のためを思って働く祐介に多くの雑用がふりかかってきたのですが、それは心臓外科医にとって、手術以外のこと――患者の心のケアなどは雑用でしかなかったからです。

 ところが、そんな祐介にチャンスが訪れます。研修医3人のうち2人を入局させることができれば、希望する関連病院へ出向させてくれると言うのです。しかし…。

 本当の仕事とは何か?

 研修医たちも自分のことしか考えていませんでした。

 牧はアカデミックなことにしか興味がなく、郷野は手術の腕だけに目が向き、宇佐野は亡くなった妹と患者を重ねて見ています。

 そんな彼らは、クソ真面目な祐介をバカにしていましたが、祐介と共に行動するようになって、尊敬するようになっていくんですよね。

 なぜなら、祐介は、患者のためにアカデミックな知識や手術の腕を磨き、さらに患者の気持ちに寄り添う努力をしていたからです。

 祐介にとっては当たり前の行動でしたが、彼の姿を通して、本当の仕事とは、出世するためでも、自分のためでもなく、患者のためにするものだと気づかされます。

 その結果、彼ら三人は心臓外科医を目指す決意をしますが…。

 希望が叶うことが幸せとは限らない

 祐介は望んでいる出向先に行くことができませんでした。理由は実際に読んで確かめて欲しいのですが、それが祐介にとっての幸せにつながっていきます。

 知念実希人さんの小説『ひとつむぎの手』は、人のために仕事をすれば、いつか自分にとっての幸せにつながっていく…。そう思える物語でした。

 関連記事

適量を知ることが自分らしく生きる秘訣/柚木麻子『BUTTER』感想

 首都圏連続不審死事件をご存知ですか。多くの男性を虜にして多額の経済的援助を引き出すことに成功した女性・木嶋早苗さんが犯した殺人事件です。  しかし、彼女は若くもなく、美しくもなく、スリムな体型でもありませんでした。そん …

畠中恵『ぬしさまへ』は若だんなの大人になりたい想いに感動する小説

(※『ぬしさまへ』表紙より)  畠中恵さんの小説『ぬしさまへ』。  『しゃばけ』シリーズ第2弾の本作は、病弱で両親や妖怪たちから甘やかされて育った若だんなが大人になりたいと強く願う物語です。読めば自分も頑張ろうと思えるこ …

離婚はイヤ!?滝口悠生『茄子の輝き』は妻を大切にしようと思える小説

(※『茄子の輝き』表紙より)  滝口悠生さんの小説『茄子の輝き』。  数年前に妻と離婚した男性があれこれ過去を振り返る物語です。読めば「妻を大切にしよう!」と思うこと間違いなし!?  今回は『茄子の輝き』のあらすじとおす …

理不尽な目にあってもいつか救われる/伊坂幸太郎『首折り男のための協奏曲』感想

 生きていると理不尽な出来事に遭遇することってありますよね。そんなとき、どうすることも出来なくて落ち込んでしまいがちですが、しばらく耐えれば救われるかもと思える物語があります。  それが伊坂幸太郎さんの小説『首折り男のた …

パズルのピースをはめるような快感が味わえる小説/伊坂幸太郎『ラッシュライフ』感想

 パズルはお好きですか。  私は子どもの頃からパズルが大好きで、1000ピースとか2000ピースのパズルをよくしていました。しかし、最近は仕事が忙しくてなかなかできないんですよね。  ところが、まるでパズルのピースをはめ …

あらすじでは伝えきれない魅力がある小説/伊坂幸太郎『陽気なギャングが地球を回す』感想

 小説を読んでいますか?  小説と一言でいっても、さまざまなタイプがありますが、ありきたりな設定で、伝えたいテーマも弱く、読み終わった後も、ぼんやりとしかあらすじが思い出せないのに、面白かったという印象が強く残る物語があ …

終わりがある方が面白いのはなぜ?畠中恵『ちんぷんかん』感想

(※『ちんぷんかん』表紙より)  畠中恵さんの小説『ちんぷんかん』。  しゃばけシリーズ第6弾の本作は、兄・松之助の縁談が決まったり、幼馴染・栄吉の弟子入りが決まったりと、若だんなに様々な別れが訪れる物語です。  なかで …

無駄なことでも誰かの役に立つかもしれない/伊坂幸太郎『フィッシュストーリー』感想

 無駄なことはやめようと思っていませんか。  もちろん、本当に無駄なことはやめた方がいいですが、無駄に思えても一生懸命にやったことは、めぐりめぐって誰かの役に立つかもしれません。  そんな想いにさせてくれた小説が伊坂幸太 …

仕事に人生をかけてる?塩田武士『騙し絵の牙』は大泉洋をあてがきした小説

(※『騙し絵の牙』表紙より)  仕事に人生をかけてますか?  私はかけていません。仕事の悩みは星の数ほどありますが、どれも「叱られたくない!」というネガティブな感情からスタートしています。  「成し遂げたいことがある」な …

やられたことをやり返してはダメなのか?/伊坂幸太郎『サブマリン』感想

 少年法って本当に必要なの?って思うことありますよね。  たとえば、最近ニュースになったいじめで自殺に追い込んだ人たち。彼らは裁判で5000万円の支払いを命じられると控訴すると言い出しました。  そんな話を聞くたびに、人 …