webstation plus

 誰のために仕事をしていますか?

 私は自分と家族のために仕事をしていますが、私のように考えて仕事をしている人は多いと思います。

 しかし、知念実希人さんの小説『ひとつむぎの手』の主人公は違いました。自分のためと言いながらも患者のために仕事に励むんですよね。なぜなら…。

 多くの医者が自分のために仕事をしている

 物語の主人公は、大学病院で働く平良祐介。彼は、自分の夢である心臓外科医になるために過酷な勤務に耐えていました。

 とはいえ、過酷な勤務になっていたのは患者のために行動していたからです。彼は、患者の病状が悪化した時のことを考えて、夜も大学病院で寝泊まりしていましたが、同僚の多くは家に帰っていました。

 それだけでなく、他の医局と患者の奪い合いをしたり、同僚の足を引っ張たり、やりたくない雑務を後輩に押し付けたりと、本当に自分のことしか考えていません。

 だからこそ、患者のためを思って働く祐介に多くの雑用が降りかかってきたのですが…。

 祐介はその雑用を自ら引き受けていました。ある医者のように、患者に寄り添う心臓外科医になりたいと思っていたからです。

 しかし、心臓外科医にとって手術以外は雑用です。患者の心のケアなど必要ありません。

 つまり、祐介はただの雑用係で、心臓外科医への道は用意されていませんでした。

 ところが、そんな祐介にチャンスが訪れます。新たにやってくる研修医3人のうち2人を入局させることができれば、希望する関連病院へ出向させてやると言われるんですよね。

 祐介は、このチャンスをものにしようと張り切りますが…。

 本当の仕事とは何か?

 研修医たちも自分のことしか考えていませんでした。

 牧はアカデミックなことにしか興味がなく、学術的な裏付けがない行動、たとえば手術や患者との関わりに興味がありません。

 郷野は手術の腕を磨くことだけに目がむき、誰にでもできそうな手術をバカにしていました。

 宇佐野は他の二人に比べて真面目に働いていましたが、患者と亡くなった妹を重ねあわせ、患者やその家族の意見よりも、自分の意志を押し通そうとします。

 そんな彼らは、雑用ばかりやらされている祐介を見下していましたが、祐介とともに行動するようになって、徐々に彼を尊敬するようになっていきました。

 なぜなら、祐介は患者のためにアカデミックな知識を身に着け、手術の腕を磨き、患者の気持ちに寄り添う努力をしていたからです。

 また、本当の仕事とは、出世するためでも、自分のためでもなく、患者のためにするものだと気づくんですよね。

 だからこそ、研修医たちは祐介のようになりたいと願って心臓外科医を目指す決意をしますが…。

 希望が叶うことが幸せとは限らない

 祐介は望んでいた出向先に行くことができませんでした。研修医全員を入局させたのにです。

 その理由は、実際に本書を読んでもらうとして、知念実希人さんの小説『ひとつむぎの手』は、何のために仕事をするのか?を考えさせられるだけでなく、人のために行動すれば、いずれは自分の幸せにつながっていくのかも…と思える物語です。

 気になった方は、ぜひ読んでみてください。

 関連記事

伊坂幸太郎『夜の国のクーパー』は人の話を鵜呑みにすると簡単に騙されてしまうことがわかる物語

 人の話を鵜呑みにしていませんか?  私は疑り深い性格なので、あまり人の話を鵜呑みにしませんが、伊坂幸太郎さんの小説『夜の国のクーパー』を読んで、人の話を鵜呑みにすると簡単に騙されてしまうことがわかりました。  視野を広 …

若だんなに勇気づけられる!?畠中恵『うそうそ』は他人を犠牲にしても利益を得ようとする人たちを描いた小説

(※『うそうそ』表紙より)  畠中恵さんの小説『うそうそ』。  しゃばけシリーズ第5弾の本作は、相変わらず病弱な若だんなが箱根で誘拐事件、天狗の襲撃、止まらない地震などの厄介ごとに巻き込まれる物語です。  読めば、若だん …

伊坂幸太郎『キャプテンサンダーボルト』はリスクを取れば一発逆転できるかもと思える物語

 「一発逆転したい!」って思ったことありませんか。  私は仕事やプライベートで思うような結果が出なかったときに一発逆転したいって思いますが、伊坂幸太郎さんと阿部和重の共著『キャプテンサンダーボルト』を読んで、一発逆転する …

米澤穂信『愚者のエンドロール』は才能が発揮できる役割を担うことが大切だとわかる物語

 才能が発揮できる仕事をしていますか?  私は残念ながら才能が発揮できる仕事をしていませんが、米澤穂信さんの小説『愚者のエンドロール』を読んで、才能が発揮できる役割を担うことが大切さだとよくわかりました。  どれだけ努力 …

小川糸『ツバキ文具店』は手紙のあたたかさに気づかせてくれる物語

 手紙を書いてますか?  私は手紙を書いた記憶が思い出せないくらい手紙を書いていません。字が下手なのも要因のひとつですが、それ以上に多くのことがメールで済ませられるので必要性を感じないんですよね。  しかし、小川糸さんの …

三上延『ビブリア古書堂の事件手帖3』は身内の問題ほど面倒な問題はないことがわかる物語

 身内と上手くいってますか?  私はあまり上手くいってませんが、それは自分たちのやりたいことを、こちらの都合なんてお構いなしに押し付けてくるからです。  三上延さんの小説『ビブリア古書堂の事件手帖3』のヒロインである栞子 …

原田マハ『本日は、お日柄もよく』は言葉の力を信じたくなる物語

 言葉には世界を変える力があります。  たとえば、2008年のアメリカ合衆国大統領選挙で、バラク・オバマが民主党の候補者に選ばれたのは、言葉の力を使ったからでした。  当時、次の大統領候補として最も呼び声が高かったのは、 …

伊坂幸太郎『バイバイ、ブラックバード』は出会いも別れもすべてが愛おしく思える物語

 人とのつながりを大切にしていますか。  私は大切にしているつもりでしたが、よくよく考えてみると、仲のいい人たちとの関係をおざなりにしているように思えてきました。  伊坂幸太郎さんの小説『バイバイ、ブラックバード』を読ん …

青柳碧人『むかしむかしあるところに、死体がありました。』は昔話を探偵ものに仕立て上げたミステリー小説

 昔話はお好きですか?  私は教訓めいた物語があまり好きではないので、それほど好きではありませんが…。  青柳碧人さんの小説『むかしむかしあるところに、死体がありました。』は、昔話から教訓を取っ払って探偵ものに仕立て上げ …

東野圭吾『真夏の方程式』感想/たとえ解決できなくても人生をかけて悩むことに価値がある!?

 解決できない問題で悩むのは時間のムダだと思っていませんか?  私はそう思っていましたが、東野圭吾さんの小説『真夏の方程式』を読んで考えが変わりました。  たとえ解決できない問題だとしても、問題によっては人生をかけて悩み …