webstation plus

(※『おもかげ』表紙より)


 浅田次郎さんの小説『おもかげ』。

 定年を迎えたサラリーマン・竹脇正一が、送別会の帰りに倒れ、病院内で不思議な体験を繰り返す物語です。

 読めば、彼の生き様や家族の温かさに心揺さぶられること間違いなし!?

 今回は『おもかげ』のあらすじとおすすめポイントを紹介します。

 『おもかげ』のあらすじ

 商社マンとして定年まで働き続けた竹脇正一。彼は送別会の帰り道に地下鉄で倒れ、病院に運ばれました。

 彼の容態は厳しく、助かる見込みはありません。そんな彼に多くの見舞客が訪れ、彼との思い出を語ります。

 一方、意識を取り戻した竹脇は、不思議な体験をします。身体から抜け出し、マダム・ネージュと名乗る年上の女性と食事に出かけることになったのです。

 その後も、入江静、榊原勝男、峰子…と不思議な体験を繰り返します。

 この謎が解き明かされたとき、心揺さぶられること間違いなしの物語です。

 『おもかげ』のおすすめポイント

1. 視点を変えながら竹脇正一の人生が浮き彫りになっていく

 『おもかげ』は、浅田次郎さんお得意の語り手を変えながら物語を紡いでいく構成の小説です。

 会社の同僚で、現在は社長の堀田憲雄の視点から物語が語られはじめ、妻、幼なじみ、竹脇正一、義理の息子、看護師…と視点を変えながら、少しずつ竹脇正一という人物が浮き彫りになっていきます。

 また、看護師や同じ病室に入院している老人など、物語の本筋に関係がない人物も語り始めるのですが、最後にすべてが繋がるので、スッキリするんですよね。

 視点の切り口が絶妙なので、ページをめくる手が止まらなくなる小説です。

2. 物語最大の謎は臨死体験を共に過ごす女性!?

 竹脇正一は、危篤状態で、意識が戻った後もベッドの上からまったく動けませんでした。指ひとつ動かせない状況です。

 しかし、マダム・ネージュと名乗る女性と出会ったことをキッカケに、食事に出かけたり、銭湯に行ったり、地下鉄に乗ったり出来るようになりました。

 もちろん身体はベッドに横たわったままなので、死神がやって来たのか?と疑っていた竹脇でしたが、自分にとって望ましいことばかり起こるので、この不思議体験を楽しむようになりました。

 とはいえ、竹脇正一の不思議体験に現れるのは、歳上の見知らぬ女性ばかり。一体、彼女たちは何者なのか!?

 この物語最大の謎に惹き込まれること間違いなし!?

3. 最後には感動が!?

 竹脇正一の生き様を知り、マダム・ネージュの正体がわかったとき、私は涙がとまりませんでした。浅田次郎さんの温かさが心にしみたからです。

 家族の温かさに心揺さぶられる物語です。

 最後に

 浅田次郎さんの小説『おもかげ』。読めば、竹脇の生き様や家族の温かさに心揺さぶること間違いなし!?

 気になった方は、ぜひ読んでみてください。

 こちらのエントリでも紹介しています。

 関連記事

なぜ因果は巡るのか?柚月裕子『盤上の向日葵』感想

(※『盤上の向日葵』表紙より)  最近、将棋をテーマにした物語が増えていますよね。  柚月裕子さんの小説『盤上の向日葵』もそのひとつですが、物語のメインはあくまでも人間ドラマ。人物描写が秀逸なミステリー小説です。  なか …

自分らしく生きるとは?柚木麻子『BUTTER』は首都圏連続不審死事件をテーマにした小説

(※『BUTTER』表紙より)  柚木麻子さんの小説『BUTTER』。  首都圏連続不審死事件をテーマに、なぜ木嶋早苗(作品内では梶井真奈子として登場)に多くの人たちが注目したのかを、その背景と共に描いた小説です。  読 …

何度も挫折しそうになった小説/湊かなえ『未来』感想

(※『未来』表紙より)  湊かなえさんの小説『未来』。 『告白』から10年。湊ワールドの集大成!  と帯にも書かれていたので期待して読んだのですが、途中で何度も挫折しかけました。  今回はその理由について書いてみたいと思 …

ちょっと切ない物語!?米澤穂信『氷菓』は高校が舞台の青春ミステリー小説

(※『氷菓』表紙より)  米澤穂信さんの小説『氷菓』。  高校に入学したばかりの4人が古典部に入部し、日常のちょっとした謎を解いていく青春ミステリー小説です。読めば、少し切ない気持ちになること間違いなし!?  今回は『氷 …

好きなことを仕事にするのは本当に幸せなのか?東野圭吾『眠りの森』感想

(※『眠りの森』表紙より)  人生を捧げてもいいと思えるほどの「好きなこと」がありますか。  収入が減っても、プライベートな時間がなくなっても、結婚や恋愛が出来なくても、やりたいと思えること。  そんな何かを持っている人 …

終わりがある方が面白いのはなぜ?畠中恵『ちんぷんかん』感想

(※『ちんぷんかん』表紙より)  畠中恵さんの小説『ちんぷんかん』。  しゃばけシリーズ第6弾の本作は、兄・松之助の縁談が決まったり、幼馴染・栄吉の弟子入りが決まったりと、若だんなに様々な別れが訪れる物語です。  なかで …

春ちゃんが結婚!?畠中恵『ねこのばば』は魅力あるキャラクターが多数登場する時代小説

(※『ねこのばば』表紙より)  畠中恵さんの小説『ねこのばば』。  しゃばけシリーズ第3弾の本作は、魅力あるキャラクターが多数登場する時代小説です。ついに若だんなの幼馴染・春ちゃんが結婚する!?  今回は『ねこのばば』の …

本気で家族のことを想ってる?/伊坂幸太郎『AX アックス』感想

(※『AX アックス』表紙より)  家族のことを本気で想っていますか。  私は家族のことを本気で想っていると自負していたのですが、伊坂幸太郎さんの小説『AX アックス』を読んで少し考えが変わりました。家族思いの殺し屋に衝 …

若だんなに勇気づけられる!?畠中恵『うそうそ』は他人を犠牲にしても利益を得ようとする人たちを描いた小説

(※『うそうそ』表紙より)  畠中恵さんの小説『うそうそ』。  しゃばけシリーズ第5弾の本作は、相変わらず病弱な若だんなが箱根で誘拐事件、天狗の襲撃、止まらない地震などの厄介ごとに巻き込まれる物語です。  読めば、若だん …

悩むことに価値がある!?東野圭吾『真夏の方程式』は感動間違いなしの小説

(※『真夏の方程式』表紙より)  東野圭吾さんの小説『真夏の方程式』。  仕事で玻璃ヶ浦(はりがうら)にやってきた湯川准教授が小学五年生の恭平と出会い、思わぬ事件に巻き込まれる物語です。読めば感動すること間違いなし!? …