webstation plus

 人から愛されていますか?

 私はどちらかといえば愛されていると思いますが、もし、家族からあまり好かれていない、友人も少ない、自分のことをわかってくれる人が誰もいないと感じているようなら、今すぐ生き方を変えた方がいいかもしれません。

 浅田次郎さんの小説『おもかげ』を読めば、「人から愛されるような生き方をしていこう」と心から思えますよ。

 人から愛されているかどうかは死ぬ直前に明らかになる

 物語の主人公は、商社マンとして定年まで働き続けた竹脇正一。彼は定年を迎えた日の送別会の帰り道に地下鉄で倒れ、病院に運ばれました。

 容態は厳しく、助かる見込みはありません。そんな彼に多くの見舞客が訪れ、彼との思い出を語ります。

 会社の同僚で、現在は社長の堀田憲雄は、社宅住まいだった頃の彼との思い出を語り、幼馴染の永山徹は、施設暮らしだった頃の思い出を、義理の息子である大野武志はグレて少年院に入った自分を何も言わずに受け入れてくれた思い出を…というように、誰もが正一とのポジティブな思い出を語るんですよね。

 なぜなら、誰もが正一に「もっと長生きしてほしい」と思っていたからです。死の直前にそう思ってもらえるのは本当に愛されているからですよね。

 これほどまでに多くの人に愛されていた正一ですが、実は…。

 誰からも愛されない苦しい時代があった

 誰からも愛されない苦しい時期がありました。

 その時期とは幼い頃で、彼は両親の顔も知らず、捨てられた事情も知らず、赤ん坊の頃から養護施設(孤児院)で育ちます。友人はいましたが、両親がいない寂しさは隠しきれませんでした。

 しかし、彼は寂しさを振り切るかのように持ち前の能力を発揮してエリート街道を邁進します。高校を卒業後、奨学金をもらいながら国立大学に進学し、一流企業に就職。妻の節子と結婚して幸せな家庭を築きました。

 そんな正一が定年を迎え、その日に突然倒れて病院に搬送されるわけですが、死を直前にありえない事態に遭遇します。指一本も動かせない状況にも関わらず、身体から抜け出し、マダム・ネージュと名乗る年上の女性と食事に出かけるようになるんですよね。

 実は、ここに浅田次郎さんらしい泣けるポイントが隠されています。苦労時代のご褒美として死の直前に驚くようなプレゼントを用意していたのです。

 詳しくは本編を読んでもらうとして、正一は苦しい時代があったにも関わらず、人にはそのことを語りませんでした。妻にさえもです。そんな彼だからこそ…。

 愛される人とは「誰よりも人を愛する人」のこと

 多くの人に愛されたのです。正一は、人から愛されなかったことを言い訳にしませんでした。むしろ、人を愛することに注力します。

 だからこそ、妻や娘、義理の息子や幼馴染、同期の社長などから愛されたんですよね。

 反対に、人から愛されることに注力する人は、自分のことばかり考えているので愛してもらえません。

 なんだか矛盾しているようにも思えますが、人から愛されたいと願うなら、まずは自分から人を愛する必要があります。そんなコミュニケーションの機微に気づかせてくれる物語でした。

 ◆

 浅田次郎さんの小説『おもかげ』。読めば「心揺さぶられること間違いなし!」の物語なので、気になった方はぜひ読んでみてください。

 主人公の竹脇正一のように、「人から愛されるような生き方をしていこう」と心から思えますよ。

 関連記事

米澤穂信『愚者のエンドロール』は才能が発揮できる役割を担うことが大切だとわかる物語

 才能が発揮できる仕事をしていますか?  私は残念ながら才能が発揮できる仕事をしていませんが、米澤穂信さんの小説『愚者のエンドロール』を読んで、才能が発揮できる役割を担うことが大切さだとよくわかりました。  どれだけ努力 …

百田尚樹『夏の騎士』は一人では無理でも友達となら勇気が出せるかもと思える物語

 勇気をもって生きていますか?  私はできるだけ勇気を出そうとしていますが、勉強や仕事、家事・育児など、やるべきことの多さに逃げ出したくなることがあります。  しかし、百田尚樹さんの小説『夏の騎士』を読んで、目の前のやる …

伊坂幸太郎『アヒルと鴨のコインロッカー』は厳しい現実に立ち向かうには哲学とユーモアが必要だと思える物語

 哲学とユーモアを持って生きていますか?  私は自分なりの哲学を持って生きていますが、もっと深めていきたいと思って読書に励んでいます。ユーモアはお笑い好きなので少しは身についていると思うのですが…。  伊坂幸太郎さんの小 …

砥上裕將『線は、僕を描く』感想/芸術とは命を表現するもの

 自分の命と向き合っていますか?  私はこのブログで自分の考えを表現しているつもりですが、砥上裕將さんの小説『線は、僕を描く』を読んで芸術の奥深さに衝撃を受けました。  人の心を動かすには、技術よりも自分の命を表現する力 …

東野圭吾『ラプラスの魔女』感想/「存在意義がない人」などこの世に存在しない

 自分の視点で他人を評価していませんか?  たとえば、「あの人は役に立つ人だ」とか、「あの人には何を任せてもダメだ」なんて評価しがちですが…。実はこの世界には「存在意義がない人」なんて誰もいません。  そんな当たり前のこ …

有川浩『図書館革命』感想/革命は一人ひとりの自覚から始まる

 気がつけば新しい法律が決まっていることってありますよね。  司法試験の制度が変わったり、保育料が無償化されたり、消費税が上がったりと、私たちの生活に直結する内容が、いつの間にか決まっていることがあります。  もちろん、 …

有川浩『シアター!2』感想/悪意ある批判には作品を殺す力がある

 本を読んでいると、たまに自分の好みとあわない物語に出会うことがあります。  そんなとき、私は出来るだけ批判めいた内容を書かないように気をつけていますが、それでも相手を傷つけてしまうことがあるんですよね。  もちろん、悪 …

伊坂幸太郎『陽気なギャングの日常と襲撃』はコメディとしても楽しめるサスペンス小説

 サスペンスはお好きですか?  私はサスペンスと聞くとシリアスなイメージを思い浮かべますが、伊坂幸太郎さんの小説『陽気なギャングの日常と襲撃』はシリアスとはかけ離れていました。  前作同様に、シリアスなシーンでもギャング …

東野圭吾『赤い指』は家族の問題から目をそらし続けると悲惨な末路が待っていることがわかる物語

 家族の問題に向き合っていますか?  私は真正面から向き合ってきたので、結婚してしばらくはツライ日々が続きましたが、その問題を乗り越えたおかげで、今では楽しい毎日を過ごしています。  しかし、東野圭吾さんの小説『赤い指』 …

東野圭吾『麒麟の翼』感想/人は反省しないと同じ過ちを繰り返す

 何か問題が起きたとき、反省していますか?  私は真面目な性格なので反省しすぎるところがありますが、東野圭吾さんの小説『麒麟の翼』を読んで、反省しないと同じ過ちを繰り返すことに気づきました。  それだけでなく、いつか取り …