webstation plus

 人から愛されていますか?

 私はどちらかといえば愛されていると思いますが、もし、家族からあまり好かれていない、友人も少ない、自分のことをわかってくれる人が誰もいないと感じているようなら、今すぐ生き方を変えた方がいいかもしれません。

 浅田次郎さんの小説『おもかげ』を読めば、「人から愛されるような生き方をしていこう」と心から思えますよ。

 人から愛されているかどうかは死ぬ直前に明らかになる

 物語の主人公は、商社マンとして定年まで働き続けた竹脇正一。彼は定年を迎えた日の送別会の帰り道に地下鉄で倒れ、病院に運ばれました。

 容態は厳しく、助かる見込みはありません。そんな彼に多くの見舞客が訪れ、彼との思い出を語ります。

 会社の同僚で、現在は社長の堀田憲雄は、社宅住まいだった頃の彼との思い出を語り、幼馴染の永山徹は、施設暮らしだった頃の思い出を、義理の息子である大野武志はグレて少年院に入った自分を何も言わずに受け入れてくれた思い出を…というように、誰もが正一とのポジティブな思い出を語るんですよね。

 なぜなら、誰もが正一に「もっと長生きしてほしい」と思っていたからです。死の直前にそう思ってもらえるのは本当に愛されているからですよね。

 これほどまでに多くの人に愛されていた正一ですが、実は…。

 誰からも愛されない苦しい時代があった

 誰からも愛されない苦しい時期がありました。

 その時期とは幼い頃で、彼は両親の顔も知らず、捨てられた事情も知らず、赤ん坊の頃から養護施設(孤児院)で育ちます。友人はいましたが、両親がいない寂しさは隠しきれませんでした。

 しかし、彼は寂しさを振り切るかのように持ち前の能力を発揮してエリート街道を邁進します。高校を卒業後、奨学金をもらいながら国立大学に進学し、一流企業に就職。妻の節子と結婚して幸せな家庭を築きました。

 そんな正一が定年を迎え、その日に突然倒れて病院に搬送されるわけですが、死を直前にありえない事態に遭遇します。指一本も動かせない状況にも関わらず、身体から抜け出し、マダム・ネージュと名乗る年上の女性と食事に出かけるようになるんですよね。

 実は、ここに浅田次郎さんらしい泣けるポイントが隠されています。苦労時代のご褒美として死の直前に驚くようなプレゼントを用意していたのです。

 詳しくは本編を読んでもらうとして、正一は苦しい時代があったにも関わらず、人にはそのことを語りませんでした。妻にさえもです。そんな彼だからこそ…。

 愛される人とは「誰よりも人を愛する人」のこと

 多くの人に愛されたのです。正一は、人から愛されなかったことを言い訳にしませんでした。むしろ、人を愛することに注力します。

 だからこそ、妻や娘、義理の息子や幼馴染、同期の社長などから愛されたんですよね。

 反対に、人から愛されることに注力する人は、自分のことばかり考えているので愛してもらえません。

 なんだか矛盾しているようにも思えますが、人から愛されたいと願うなら、まずは自分から人を愛する必要があります。そんなコミュニケーションの機微に気づかせてくれる物語でした。

 ◆

 浅田次郎さんの小説『おもかげ』。読めば「心揺さぶられること間違いなし!」の物語なので、気になった方はぜひ読んでみてください。

 主人公の竹脇正一のように、「人から愛されるような生き方をしていこう」と心から思えますよ。

 関連記事

下村敦史『生還者』感想/ゴシップに踊らされるのは時間のムダ

 ゴシップに踊らされていませんか。  先日、コカイン疑惑で芸能界から引退した成宮寛貴さんが、芸能界に復帰するというフェイクニュースが飛び交いました。  この報道に多くの人が反応していましたが、私たちの人生にそれほど影響あ …

読書が好きじゃなくても本が読みたくなる小説ーpart7

(※『ビブリア古書堂の事件手帖7 ~栞子さんと果てない舞台~』表紙より)  読書していますか?  『ビブリア古書堂の事件手帖』シリーズもついに7巻目。とうとう完結です。  栞子さんの母が家を出て行った理由が明らかになり、 …

死ぬのと仕事辞めるのと難しいのはどっち?

(※『ちょっと今から仕事やめてくる』表紙より)  仕事頑張っていますか?  私も出来るだけ頑張っていますが、頑張りすぎて追い詰められ、自殺をする人が後を絶ちません。  もちろん、自殺をするまで頑張る必要はありません。逃げ …

悩むことに価値がある!?東野圭吾『真夏の方程式』は感動間違いなしの小説

(※『真夏の方程式』表紙より)  東野圭吾さんの小説『真夏の方程式』。  仕事で玻璃ヶ浦(はりがうら)にやってきた湯川准教授が小学五年生の恭平と出会い、思わぬ事件に巻き込まれる物語です。読めば感動すること間違いなし!? …

水野敬也『大金星』感想/就活も恋愛も選ばれなければ始まらない

 数年前から「有名企業に就職しても安心できない時代に突入した」と言われるようになりました。かつて日本が誇っていた「年功序列」「終身雇用制度」が終わりを迎えたからです。  実際、東芝やNEC、ソニーといった大企業でさえリス …

伊坂幸太郎『シーソーモンスター』/対立はなくならない…ではどうする?

 なぜか出会った瞬間にイヤな気持ちになる人っていますよね。何がイヤなのかはわからないけれど、とにかく気分がムカムカしてくる人がいます。  そんな人がいる限り「対立」はなくなりませんが、ではどうすれば互いにとって良い関係が …

人に嫌われない生き方も悪くないかもしれない/伊坂幸太郎『あるキング』感想

 天才野球少年に次々と無理難題が押し寄せてくる物語。それが伊坂幸太郎さんの小説『あるキング』です。  最後まで何を伝えたいのかよくわからない物語でしたが、なんとなく感じ取れたのは、人に嫌われない生き方も悪くないかもしれな …

読書は優雅なもの!?東野圭吾『素敵な日本人』は意外性にあふれたミステリー小説

(※『素敵な日本人』表紙より)  短編はお好きですか。  私は小説に驚きや感動、励ましのようなものを求めているので、物語の世界観にどっぷり浸れて、イッキ読みできる長編を好んでいました。  今もその思いは変わりませんが、東 …

犯人は誰!?米澤穂信『愚者のエンドロール』は探偵がいないミステリー小説

(※『愚者のエンドロール』表紙より)  米澤穂信さんの小説『愚者のエンドロール』。  前作『氷菓』に続く古典部シリーズ第2弾の本作は、2年F組の先輩たちが自主制作したミステリー映画の謎に迫る物語です。読めば驚きの結末が! …

『みかづき』は塾教育の歴史が楽しみながら学べる小説

(※『みかづき』表紙より)  森絵都さんの小説『みかづき』。  小学校の用務員として働く大島吾郎が、新たに塾を立ち上げようと考える赤坂千秋と出会い、塾講師として、経営者として奮闘する物語です。読めば塾教育の歴史が楽しみな …