webstation plus

(※『おもかげ』表紙より)


 浅田次郎さんの小説『おもかげ』。

 定年を迎えたサラリーマン・竹脇正一が、送別会の帰りに倒れ、病院内で不思議な体験を繰り返す物語です。

 読めば、彼の生き様や家族の温かさに心揺さぶられること間違いなし!?

 今回は『おもかげ』のあらすじとおすすめポイントを紹介します。

 『おもかげ』のあらすじ

 商社マンとして定年まで働き続けた竹脇正一。彼は送別会の帰り道に地下鉄で倒れ、病院に運ばれました。

 彼の容態は厳しく、助かる見込みはありません。そんな彼に多くの見舞客が訪れ、彼との思い出を語ります。

 一方、意識を取り戻した竹脇は、不思議な体験をします。身体から抜け出し、マダム・ネージュと名乗る年上の女性と食事に出かけることになったのです。

 その後も、入江静、榊原勝男、峰子…と不思議な体験を繰り返します。

 この謎が解き明かされたとき、心揺さぶられること間違いなしの物語です。

 『おもかげ』のおすすめポイント

1. 視点を変えながら竹脇正一の人生が浮き彫りになっていく

 『おもかげ』は、浅田次郎さんお得意の語り手を変えながら物語を紡いでいく構成の小説です。

 会社の同僚で、現在は社長の堀田憲雄の視点から物語が語られはじめ、妻、幼なじみ、竹脇正一、義理の息子、看護師…と視点を変えながら、少しずつ竹脇正一という人物が浮き彫りになっていきます。

 また、看護師や同じ病室に入院している老人など、物語の本筋に関係がない人物も語り始めるのですが、最後にすべてが繋がるので、スッキリするんですよね。

 視点の切り口が絶妙なので、ページをめくる手が止まらなくなる小説です。

2. 物語最大の謎は臨死体験を共に過ごす女性!?

 竹脇正一は、危篤状態で、意識が戻った後もベッドの上からまったく動けませんでした。指ひとつ動かせない状況です。

 しかし、マダム・ネージュと名乗る女性と出会ったことをキッカケに、食事に出かけたり、銭湯に行ったり、地下鉄に乗ったり出来るようになりました。

 もちろん身体はベッドに横たわったままなので、死神がやって来たのか?と疑っていた竹脇でしたが、自分にとって望ましいことばかり起こるので、この不思議体験を楽しむようになりました。

 とはいえ、竹脇正一の不思議体験に現れるのは、歳上の見知らぬ女性ばかり。一体、彼女たちは何者なのか!?

 この物語最大の謎に惹き込まれること間違いなし!?

3. 最後には感動が!?

 竹脇正一の生き様を知り、マダム・ネージュの正体がわかったとき、私は涙がとまりませんでした。浅田次郎さんの温かさが心にしみたからです。

 家族の温かさに心揺さぶられる物語です。

 最後に

 浅田次郎さんの小説『おもかげ』。読めば、竹脇の生き様や家族の温かさに心揺さぶること間違いなし!?

 気になった方は、ぜひ読んでみてください。

 こちらのエントリでも紹介しています。

 関連記事

何度も挫折しそうになった小説/湊かなえ『未来』感想

(※『未来』表紙より)  湊かなえさんの小説『未来』。 『告白』から10年。湊ワールドの集大成!  と帯にも書かれていたので期待して読んだのですが、途中で何度も挫折しかけました。  今回はその理由について書いてみたいと思 …

読書が好きじゃなくても本が読みたくなる小説ーpart5

(※『ビブリア古書堂の事件手帖 (5) ~栞子さんと繋がりの時』表紙より)  読書していますか?  『ビブリア古書堂の事件手帖』シリーズも今回で5冊目。栞子さんと大輔の関係にも進展があり、ますます目が離せなくなっています …

『小太郎の左腕』は出世の代償は高くつくことを教えてくれる小説

(※『小太郎の左腕』表紙より)  和田竜さんの小説『小太郎の左腕』。  山奥でひっそりと暮らす小太郎が、戸田家の名将・林半右衛門(はやし はんえもん)によって戦場に連れ出され、圧倒的な力を発揮する物語です。読めば、出世の …

読書は優雅なもの!?東野圭吾『素敵な日本人』は意外性にあふれたミステリー小説

(※『素敵な日本人』表紙より)  短編はお好きですか。  私は小説に驚きや感動、励ましのようなものを求めているので、物語の世界観にどっぷり浸れて、イッキ読みできる長編を好んでいました。  今もその思いは変わりませんが、東 …

『のぼうの城』はリーダーシップとは何かを教えてくれる小説

(※『のぼうの城 上』表紙より)  和田竜さんの小説『のぼうの城』。  約二万の大軍を率いる石田三成と五百の軍勢を率いる成田長親(なりた ながちか)の戦を描いた物語です。読めば「リーダーシップとはこういうことだったのか! …

読書が好きじゃなくても本が読みたくなる小説

(※『ビブリア古書堂の事件手帖―栞子さんと奇妙な客人たち』表紙より)  読書していますか?  私は最近、ビジネス書や数学関連の本ばかり読んでいたので、小説から少し離れ気味でしたが、『ビブリア古書堂の事件手帖―栞子さんと奇 …

なぜ私たちはアナログな人間関係を求めるのか?/ビートたけし『アナログ』感想

(※『アナログ』表紙より)  メールやLINE、SNSでどれだけやりとりをしても、なぜだか寂しい…。そんなことありませんか。  それは私たちがアナログな世界で生きているからです。多くのものがデジタル化されるほど、私たちは …

他人に勝つことよりも自分に負けないことが大切な理由

(※『道誉なり』表紙より)  私たちが住む世界には、権力やお金、名誉などをかけた闘いが星の数ほどあります。  身近なところで言えば、会社での出世争いや住んでいる場所での格付け争い、あるいはSNS上での知名度争いなどがそう …

問題を解決していく面白さが味わえる小説/東野圭吾『魔力の胎動』感想

(※『魔力の胎動』表紙より)  発売前から楽しみにしていた小説『魔力の胎動』。  ようやく読み終わりましたが、想像以上に面白かったです。すでに前作『ラプラスの魔女』を読み返すほどに。  今回は東野圭吾さんの小説『魔女の胎 …

正反対な二人だからこそ面白い!?/東野圭吾『マスカレード・ホテル』

(※『マスカレード・ホテル』表紙より)  自分とは正反対の人って嫌ですよね。  几帳面な人が片付けが出来ない人にイライラするように、頭の回転が速い人が遅い人をバカだと思うように、自己中心的な人が優しい人を優柔不断と決めつ …