浅田次郎『おもかげ』感想/愛される人と愛されない人のちがい

おすすめ小説

 人から愛されていますか?

 私はどちらかといえば愛されていると思いますが、もし、家族からあまり好かれていない、友人も少ない、自分のことをわかってくれる人が誰もいないと感じているようなら、今すぐ生き方を変えた方がいいかもしれません。

 浅田次郎さんの小説『おもかげ』を読めば、「人から愛されるような生き方をしていこう」と心から思えますよ。




スポンサーリンク

 人から愛されているかどうかは死ぬ直前に明らかになる

 物語の主人公は、商社マンとして定年まで働き続けた竹脇正一。彼は定年を迎えた日の送別会の帰り道に地下鉄で倒れ、病院に運ばれました。

 容態は厳しく、助かる見込みはありません。そんな彼に多くの見舞客が訪れ、彼との思い出を語ります。

 会社の同僚で、現在は社長の堀田憲雄は、社宅住まいだった頃の彼との思い出を語り、幼馴染の永山徹は、施設暮らしだった頃の思い出を、義理の息子である大野武志はグレて少年院に入った自分を何も言わずに受け入れてくれた思い出を…というように、誰もが正一とのポジティブな思い出を語るんですよね。

 なぜなら、誰もが正一に「もっと長生きしてほしい」と思っていたからです。死の直前にそう思ってもらえるのは本当に愛されているからですよね。

 これほどまでに多くの人に愛されていた正一ですが、実は…。

スポンサーリンク

 誰からも愛されない苦しい時代があった

 誰からも愛されない苦しい時期がありました。

 その時期とは幼い頃で、彼は両親の顔も知らず、捨てられた事情も知らず、赤ん坊の頃から養護施設(孤児院)で育ちます。友人はいましたが、両親がいない寂しさは隠しきれませんでした。

 しかし、彼は寂しさを振り切るかのように持ち前の能力を発揮してエリート街道を邁進します。高校を卒業後、奨学金をもらいながら国立大学に進学し、一流企業に就職。妻の節子と結婚して幸せな家庭を築きました。

 そんな正一が定年を迎え、その日に突然倒れて病院に搬送されるわけですが、死を直前にありえない事態に遭遇します。指一本も動かせない状況にも関わらず、身体から抜け出し、マダム・ネージュと名乗る年上の女性と食事に出かけるようになるんですよね。

 実は、ここに浅田次郎さんらしい泣けるポイントが隠されています。苦労時代のご褒美として死の直前に驚くようなプレゼントを用意していたのです。

 詳しくは本編を読んでもらうとして、正一は苦しい時代があったにも関わらず、人にはそのことを語りませんでした。妻にさえもです。そんな彼だからこそ…。

スポンサーリンク

 愛される人とは「誰よりも人を愛する人」のこと

 多くの人に愛されたのです。正一は、人から愛されなかったことを言い訳にしませんでした。むしろ、人を愛することに注力します。

 だからこそ、妻や娘、義理の息子や幼馴染、同期の社長などから愛されたんですよね。

 反対に、人から愛されることに注力する人は、自分のことばかり考えているので愛してもらえません。

 なんだか矛盾しているようにも思えますが、人から愛されたいと願うなら、まずは自分から人を愛する必要があります。そんなコミュニケーションの機微に気づかせてくれる物語でした。

 ◆

 浅田次郎さんの小説『おもかげ』。読めば「心揺さぶられること間違いなし!」の物語なので、気になった方はぜひ読んでみてください。

 主人公の竹脇正一のように、「人から愛されるような生き方をしていこう」と心から思えますよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました