webstation plus

(※『おもかげ』表紙より)


 浅田次郎さんの小説『おもかげ』。

 定年を迎えたサラリーマン・竹脇正一が、送別会の帰りに倒れ、病院内で不思議な体験を繰り返す物語です。

 読めば、彼の生き様や家族の温かさに心揺さぶられること間違いなし!?

 今回は『おもかげ』のあらすじとおすすめポイントを紹介します。

 『おもかげ』のあらすじ

 商社マンとして定年まで働き続けた竹脇正一。彼は送別会の帰り道に地下鉄で倒れ、病院に運ばれました。

 彼の容態は厳しく、助かる見込みはありません。そんな彼に多くの見舞客が訪れ、彼との思い出を語ります。

 一方、意識を取り戻した竹脇は、不思議な体験をします。身体から抜け出し、マダム・ネージュと名乗る年上の女性と食事に出かけることになったのです。

 その後も、入江静、榊原勝男、峰子…と不思議な体験を繰り返します。

 この謎が解き明かされたとき、心揺さぶられること間違いなしの物語です。

 『おもかげ』のおすすめポイント

1. 視点を変えながら竹脇正一の人生が浮き彫りになっていく

 『おもかげ』は、浅田次郎さんお得意の語り手を変えながら物語を紡いでいく構成の小説です。

 会社の同僚で、現在は社長の堀田憲雄の視点から物語が語られはじめ、妻、幼なじみ、竹脇正一、義理の息子、看護師…と視点を変えながら、少しずつ竹脇正一という人物が浮き彫りになっていきます。

 また、看護師や同じ病室に入院している老人など、物語の本筋に関係がない人物も語り始めるのですが、最後にすべてが繋がるので、スッキリするんですよね。

 視点の切り口が絶妙なので、ページをめくる手が止まらなくなる小説です。

2. 物語最大の謎は臨死体験を共に過ごす女性!?

 竹脇正一は、危篤状態で、意識が戻った後もベッドの上からまったく動けませんでした。指ひとつ動かせない状況です。

 しかし、マダム・ネージュと名乗る女性と出会ったことをキッカケに、食事に出かけたり、銭湯に行ったり、地下鉄に乗ったり出来るようになりました。

 もちろん身体はベッドに横たわったままなので、死神がやって来たのか?と疑っていた竹脇でしたが、自分にとって望ましいことばかり起こるので、この不思議体験を楽しむようになりました。

 とはいえ、竹脇正一の不思議体験に現れるのは、歳上の見知らぬ女性ばかり。一体、彼女たちは何者なのか!?

 この物語最大の謎に惹き込まれること間違いなし!?

3. 最後には感動が!?

 竹脇正一の生き様を知り、マダム・ネージュの正体がわかったとき、私は涙がとまりませんでした。浅田次郎さんの温かさが心にしみたからです。

 家族の温かさに心揺さぶられる物語です。

 最後に

 浅田次郎さんの小説『おもかげ』。読めば、竹脇の生き様や家族の温かさに心揺さぶること間違いなし!?

 気になった方は、ぜひ読んでみてください。

 こちらのエントリでも紹介しています。

 関連記事

『みかづき』は塾教育の歴史が楽しみながら学べる小説

(※『みかづき』表紙より)  森絵都さんの小説『みかづき』。  小学校の用務員として働く大島吾郎が、新たに塾を立ち上げようと考える赤坂千秋と出会い、塾講師として、経営者として奮闘する物語です。読めば塾教育の歴史が楽しみな …

盗人にもモラルがあった!?池波正太郎『鬼平犯科帳(1)』は正義と悪がごちゃ混ぜになった小説

(※『決定版 鬼平犯科帳(1)』表紙より)  池波正太郎さんの小説『鬼平犯科帳(1)』。  大きくみると鬼平が悪者を退治するという構成の物語ですが、盗人にもモラルがある者やそうでない者がおり、盗人同士でも闘いを繰り広げる …

お金を稼いで幸せになる方法

(※『億男』表紙より)  お金があれば幸せになれると思っていませんか。  しかし、どれだけお金があっても幸せになれるとは限りません。家庭が崩壊してしまった億万長者や牢屋に入ることになった成金たちのニュースを見ていると、ま …

読書が好きじゃなくても本が読みたくなる小説ーpart4

(※『ビブリア古書堂の事件手帖4 ~栞子さんと二つの顔~』表紙より)  読書していますか?  今、私は『ビブリア古書堂の事件手帖』シリーズにハマりにハマっています。続きが気になって朝5時に起きて読むほどに――。  ではな …

読書が好きじゃなくても本が読みたくなる小説

(※『ビブリア古書堂の事件手帖―栞子さんと奇妙な客人たち』表紙より)  読書していますか?  私は最近、ビジネス書や数学関連の本ばかり読んでいたので、小説から少し離れ気味でしたが、『ビブリア古書堂の事件手帖―栞子さんと奇 …

伊坂幸太郎『死神の精度』/殺人にも意味を求めるのが人間らしさ

(※『死神の精度』表紙より)  私たち人間特有の能力って何だかわかりますか。  それは意味を求めることです。なぜ仕事や勉強をするのか、なぜ結婚をするのか、あるいは、なぜこの子は生まれてきたのかなど、様々なことに意味を求め …

正反対な二人だからこそ面白い!?/東野圭吾『マスカレード・ホテル』

(※『マスカレード・ホテル』表紙より)  自分とは正反対の人って嫌ですよね。  几帳面な人が片付けが出来ない人にイライラするように、頭の回転が速い人が遅い人をバカだと思うように、自己中心的な人が優しい人を優柔不断と決めつ …

毎日が勝負!?池井戸潤『ルーズヴェルト・ゲーム』は会社と野球部の逆転劇を描いた小説

(※『ルーズヴェルト・ゲーム』表紙より)  毎日、闘っていますか。  私は闘っていません。会社に行って「今」という時間をやり過ごしているように思います。目の前の仕事に追われて、流されている感じ。  しかし、池井戸潤さんの …

誰もが宗教に関わっている!?今村夏子『星の子』は新興宗教にハマった家族を描いた小説

(※『星の子』表紙より)  宗教は自分には関係のないものだと思っていませんか。  私は思っていました。洗脳された人が、怪しいものを買ったり、変な行動を取ったりするものだと思っていました。  しかし、今村夏子さんの小説『星 …

心に闇がある人ほど光を演出する!?/東野圭吾『マスカレード・イブ』

(※『マスカレード・イブ』表紙より)  誰もが自己顕示欲を持っていますよね。出世したかったり、モテたかったり、贅沢な暮らしをしたかったりと、人と比べてスゴイと思われるような生活に憧れています。  しかし、その欲求の裏側に …