webstation plus

(※『おもかげ』表紙より)


 浅田次郎さんの小説『おもかげ』。

 定年を迎えたサラリーマン・竹脇正一が、送別会の帰りに倒れ、病院内で不思議な体験を繰り返す物語です。

 読めば、彼の生き様や家族の温かさに心揺さぶられること間違いなし!?

 今回は『おもかげ』のあらすじとおすすめポイントを紹介します。

 『おもかげ』のあらすじ

 商社マンとして定年まで働き続けた竹脇正一。彼は送別会の帰り道に地下鉄で倒れ、病院に運ばれました。

 彼の容態は厳しく、助かる見込みはありません。そんな彼に多くの見舞客が訪れ、彼との思い出を語ります。

 一方、意識を取り戻した竹脇は、不思議な体験をします。身体から抜け出し、マダム・ネージュと名乗る年上の女性と食事に出かけることになったのです。

 その後も、入江静、榊原勝男、峰子…と不思議な体験を繰り返します。

 この謎が解き明かされたとき、心揺さぶられること間違いなしの物語です。

 『おもかげ』のおすすめポイント

1. 視点を変えながら竹脇正一の人生が浮き彫りになっていく

 『おもかげ』は、浅田次郎さんお得意の語り手を変えながら物語を紡いでいく構成の小説です。

 会社の同僚で、現在は社長の堀田憲雄の視点から物語が語られはじめ、妻、幼なじみ、竹脇正一、義理の息子、看護師…と視点を変えながら、少しずつ竹脇正一という人物が浮き彫りになっていきます。

 また、看護師や同じ病室に入院している老人など、物語の本筋に関係がない人物も語り始めるのですが、最後にすべてが繋がるので、スッキリするんですよね。

 視点の切り口が絶妙なので、ページをめくる手が止まらなくなる小説です。

2. 物語最大の謎は臨死体験を共に過ごす女性!?

 竹脇正一は、危篤状態で、意識が戻った後もベッドの上からまったく動けませんでした。指ひとつ動かせない状況です。

 しかし、マダム・ネージュと名乗る女性と出会ったことをキッカケに、食事に出かけたり、銭湯に行ったり、地下鉄に乗ったり出来るようになりました。

 もちろん身体はベッドに横たわったままなので、死神がやって来たのか?と疑っていた竹脇でしたが、自分にとって望ましいことばかり起こるので、この不思議体験を楽しむようになりました。

 とはいえ、竹脇正一の不思議体験に現れるのは、歳上の見知らぬ女性ばかり。一体、彼女たちは何者なのか!?

 この物語最大の謎に惹き込まれること間違いなし!?

3. 最後には感動が!?

 竹脇正一の生き様を知り、マダム・ネージュの正体がわかったとき、私は涙がとまりませんでした。浅田次郎さんの温かさが心にしみたからです。

 家族の温かさに心揺さぶられる物語です。

 最後に

 浅田次郎さんの小説『おもかげ』。読めば、竹脇の生き様や家族の温かさに心揺さぶること間違いなし!?

 気になった方は、ぜひ読んでみてください。

 こちらのエントリでも紹介しています。

 関連記事

盗人にもモラルがあった!?池波正太郎『鬼平犯科帳(1)』は正義と悪がごちゃ混ぜになった小説

(※『決定版 鬼平犯科帳(1)』表紙より)  池波正太郎さんの小説『鬼平犯科帳(1)』。  大きくみると鬼平が悪者を退治するという構成の物語ですが、盗人にもモラルがある者やそうでない者がおり、盗人同士でも闘いを繰り広げる …

伊坂幸太郎『ジャイロスコープ』はこれまでの伊坂作品とはひと味違う短編小説

(※『ジャイロスコープ』表紙より)  伊坂作品の特徴といえば、至るところに散りばめられた伏線がすべて回収されていくところですよね。  これは短編でも長編でも同じです。読了後には必ずスッキリ感が味わえます。  しかし、『ジ …

こだわりを持って生きている?小川洋子『人質の朗読会』は不思議なのに心に残る小説

(※『人質の朗読会』表紙より)  小川洋子さんの小説『人質の朗読会』。  地球の裏側にある村で反政府ゲリラの人質になった8名は、暇つぶしに朗読を始めますが、いつの間にか自分の過去と向き合い、真剣に朗読しあうようになりまし …

『死神の精度』は暗くて重いテーマを明るく描いた小説

(※『死神の精度』表紙より)  伊坂幸太郎さんの小説『死神の精度』。  「死」をテーマにした物語なので暗くて重い雰囲気になると思っていましたが、読めば明るく楽しい気分になれること間違いなしの小説です。  今回は『死神の精 …

悩むことに価値がある!?東野圭吾『真夏の方程式』は感動間違いなしの小説

(※『真夏の方程式』表紙より)  東野圭吾さんの小説『真夏の方程式』。  仕事で玻璃ヶ浦(はりがうら)にやってきた湯川准教授が小学五年生の恭平と出会い、思わぬ事件に巻き込まれる物語です。読めば感動すること間違いなし!? …

『みかづき』は塾教育の歴史が楽しみながら学べる小説

(※『みかづき』表紙より)  森絵都さんの小説『みかづき』。  小学校の用務員として働く大島吾郎が、新たに塾を立ち上げようと考える赤坂千秋と出会い、塾講師として、経営者として奮闘する物語です。読めば塾教育の歴史が楽しみな …

田舎暮らしは大変!?重松清『みんなのうた』は家族の温かさに感動する小説

(※『みんなのうた』表紙より)  田舎に帰ってますか。  私はもともと都会と呼ばれる場所で育ったので田舎はありませんが、重松清さんの小説『みんなのうた』を読んで田舎で育った人たちの苦労が少しだけわかりました。  読めば、 …

犯人は誰!?米澤穂信『愚者のエンドロール』は探偵がいないミステリー小説

(※『愚者のエンドロール』表紙より)  米澤穂信さんの小説『愚者のエンドロール』。  前作『氷菓』に続く古典部シリーズ第2弾の本作は、2年F組の先輩たちが自主制作したミステリー映画の謎に迫る物語です。読めば驚きの結末が! …

『小太郎の左腕』は出世の代償は高くつくことを教えてくれる小説

(※『小太郎の左腕』表紙より)  和田竜さんの小説『小太郎の左腕』。  山奥でひっそりと暮らす小太郎が、戸田家の名将・林半右衛門(はやし はんえもん)によって戦場に連れ出され、圧倒的な力を発揮する物語です。読めば、出世の …

モラトリアムから抜け出せてる?東野圭吾『卒業』感想

(※『卒業』表紙より)  モラトリアムから抜け出せていますか。  もし、「友人と過ごす時間がいちばん楽しい」と感じているようなら、子どもから大人に移行する橋渡し期間(=モラトリアム)から抜け出せていない証拠。今すぐ考え方 …