webstation plus

 今日は「こどもの日」ということで、子どもたちが大好きな大宮交通公園に朝からお弁当持参で行ってきました。

 GW中だったので大勢の人でにぎわっていましたが、混雑していても行って良かったと思える場所です。というわけでご紹介。

 大宮交通公園の目玉「ゴーカート」

 交通公園というだけあって、子どもたちが楽しみながら交通ルールを覚えられるように作られた公園です。そのため、園内には信号があったり、ゴーカートが走っていたり、三輪車乗り場があったりと多くの乗り物がありました。

 なかでも、一番人気なのがゴーカート。ゴーカートに乗って園内をグルっと一周できます。乗車時間はだいたい5分くらいでしょうか。想像していたよりも長く乗れました。

 小学三年生から中学三年生は1人乗り。小学二年生以下は大人と2人乗りです。私の子どもたちは二人とも幼稚園児なので、私と妻がそれぞれ子どもを乗せて運転しました。子どもが小学三年生になるまでは大人も楽しめます。

 ちなみに、2人乗りは1回250円、3回乗れる回数券が600円で売っています。

 「高くて長いすべり台」&「迷路遊びができるジャングルジム」

 普通の公園よりも高くて長いすべり台。想像以上に勢いがあるので、大人である私が滑ってもちょっとだけ恐怖を感じました。慣れてくると楽しいんですけどね。

 すべり台の裏側には土管のような空洞があって中で遊べたり、ロッククライミングのようになっていて頂上まで登れたりします。上の子はロッククライミングに夢中になっていました。

 もう一つ子どもたちがお気に入りだったのが迷路遊びができる巨大ジャングルジム。私が立っている場所をゴールと決めて迷路を楽しんでいました。追いかけっこするのも面白いです。

 小学生くらいになると上の方まで登っていけるので、また違う楽しみ方ができそうです。

 ゆっくりできるスペース「電車図書館」

 交通公園の中にはゆっくりできるスペースがいくつか設けられており、そのひとつが電車図書館です。昔京都を走っていた市電が置かれており、中に入れるようになっています。絵本や漫画が置かれているのでゆっくり過ごすことができました。

 他にも園内のあちこちにベンチが設置されていたり、芝生の原っぱがあったりと、ゆっくり過ごせるところが満載です。レジャーシートを広げてお弁当を食べることもできます。

 大宮交通公園へのアクセス

 地下鉄「四条駅」または阪急「大宮駅」より市バス46系統に乗って「大宮交通公園前」で下車。1本で行けます。ただし、混雑するバスなので覚悟しておいてください。

 大宮交通公園の営業時間&定休日

 営業時間は、09:00~16:30。定休日は毎週火曜(祝日と重なった場合は翌日)と12月29日~翌年1月3日です。

 ちなみに、ゴーカートに乗れるのは、09:00~12:00、13:00~16:00の間。また、木曜、土曜、日曜及び祝日と、春休み期間(3/25~4/7)、夏休み期間(7/21~8/31)のみの運行なので、ゴーカート目的で行かれる方は気を付けてください。

 最後に

 今回紹介した以外にも、「足踏みゴーカート」や「タイヤの跳び箱」、「うんてい」や「平均台」「鉄棒」などの遊具が盛りだくさん。さらに、バトミントンやフリスビーなどで遊べるスペースもたくさんあります。

 私の子どもたちも楽しすぎたのか、「帰りたくない!」と泣き喚くほど。また近々行きたいと思う公園です。休日にでも訪れてみてはどうでしょうか。

 関連記事

なぜ、高額課金をしてしまうのか/子どもにお金の教育をしよう

 未成年者によるオンラインゲームへの高額課金が社会問題になっています。私の子どもたちは、幼稚園児と未就学児なのでまだ心配しなくてもいいのですが、小学校・中学校・高校へと進学するにつれて気にしなくてはいけない話題になるので …

人付き合いが苦手では生きていけない/逆境に強い子になる育て方

 私の子どもたちを「逆境に強い子に育てたい!」と思って読んだ本なのですが、「子ども」というよりも「まずは自分が」へこたれない親になる必要がある――と痛感させられた本でした。  内閣府の統計(2010年)によると、70万人 …

叱るのはムダ!?子どもを叱り続ける人が知らない5つの原則

 「子どもを叱ってはいけない」と頭ではわかっていても、叱りたくなることありますよね。 「勉強しなさい!」 「片付けなさい!」 「さっさと行動しなさい!」  なんて叱りたくなることばかり。しかし、怒ったり叱ったりしたところ …

基礎学力は絵本の読み聞かせで決まる!?おすすめの絵本79冊

 14歳でカナダの名門5大学に合格した大川翔くん。翔くんのお母さんは、彼が乳幼児の頃から絵本の読み聞かせを始めたそうです。  そうして大きくなった翔くんは、9歳のときにカナダ政府から「ギフティッド(天才児)」と認定される …

『ぐりとぐら』の作者・中川李枝子さんおすすめの絵本20冊

 『ぐりとぐら』や『いやいやえん』の作者である中川李枝子さんは保育園で子どもたちと一緒に多くの絵本を読まれてきたそうです。  そんな中川さんおすすめの絵本が本『子どもはみんな問題児。』に載っていました。私も子どもたちと一 …

小島よしお流「夢がない子どもに夢を持たせる方法」

(※『キッズのココロわしづかみ術』表紙より)  最近、子どもが夢を持ちづらくなっているように思いませんか。  私のまわりにいる子どもたちも、幼稚園から小学校に上がった途端、「学校に行くのが嫌だ」「勉強なんて大嫌い」「別に …

2020年以降は大学入試が変わる!?主体性を伸ばす子育て法

 2020年になるとセンター試験が廃止され、新たに「大学希望者学力評価テスト」が導入されるそうです。  これによって大きく変わるのは、「偏差値」よりも「主体性」が評価されるところ。自分で課題を見つけ、その課題を解決する力 …

学校任せではダメ!?家庭学習で絶対に身につけさせたいこと

 私たち日本人は、「自分で考える」よりも「誰かが決めた答えに従う」ことが多いですよね。  たとえば、学校や塾もそうです。与えられる問題はたったひとつしか正解がないものばかりで、その答えにたどり着く方法を学びます。  読書 …

息子が5回目の誕生日を迎えた日に思うこと/教育とは共育かも

 今日は息子の5回目の誕生日。というわけで、以前にも行ったことがあるお店『タンタシオン・ダンジュ』さんでお祝いをしました。ここのお店はパンが美味しくて最高です。今日は念願のワッフルが食べられたので大満足!!  で、せっか …

自分で考える子どもに育てる5つのルール

 子どもを叱っていませんか。 「勉強しなさい!」 「片付けなさい!」 「さっさと行動しなさい!」  などなど。しかし、以前のエントリでも紹介しましたが、子どもを叱るメリットはほとんどありません。むしろデメリットだらけ。 …