webstation plus

(※『おまけのこ』表紙より)


 畠中恵さんの小説『おまけのこ』。

 しゃばけシリーズ第4弾の本作は、若だんなや幼馴染の栄吉、お雛ちゃんたちが自分の悩みにゆるく向き合う時代小説です。

 読めば彼らの優しさと哀しさに心動かされること間違いなし!?

 今回は『おまけのこ』のあらすじとおすすめポイントを紹介します。

 『おまけのこ』のあらすじ(『おまけのこ』)

 火事になると全財産が一瞬で消えてしまう…。

 子どもにそんな心配をさせたくない天城屋の主人は、長崎屋に珊瑚玉を注文しました。その大粒の玉を櫛につけて、火事になっても持って逃げられるようにしたかったのです。

 しかし、珊瑚玉を櫛職人の八介に渡したところ、八介は殴られ、珊瑚玉はどこかに消えてしまいました。

 容疑者は小間物屋の直次、髪結いのおてい、三沢屋の手代・磯吉の3人。

 珊瑚玉を欲しがっていた小鬼・鳴家が大活躍する!?

 『おまけのこ』のおすすめポイント

1. 優しさと哀しさに満ち溢れた短編集

 『おまけのこ』は全5章で構成された短編集です。これまでの作品に比べて、登場人物たちの優しさや哀しみが丁寧に描かれているので、心に響くんですよね。

 なかでもおすすめなのが、『こわい』『畳紙』『ありんすこく』。

 それぞれ簡単に紹介します。

『こわい』

 病弱な一太郎が幼馴染の栄吉と喧嘩!?

 栄吉の作った菓子があまりにも不味く、吐き出してしまったのが原因でした。

 若だんなは、栄吉と仲直りをしたいと思いますが、これまで喧嘩をしたことがないので、その方法がわかりません。

 そこに現れたのが、孤者異(こわい)と呼ばれる妖。彼は職人の腕が上がる薬を持っていると言います。

 若だんなはその薬を手に入れて栄吉と仲直りしようとしますが…。

 栄吉の決断と孤者異の哀しみに心揺さぶられる物語です。

『畳紙』

 前作『ねこのばば』に登場したお雛ちゃんが再登場。

 彼女は、心優しく賢い女性でしたが、誰もが驚くほどの厚化粧をしていました。早くに両親を亡くし、厳しい祖父母に育てられた彼女は、化粧を濃くすることで祖父母から自分を守っていたのです。

 しかし、婚約者もいるのに、このまま化粧をしていいのか気になるようになりました。そこで若だんなに相談しようとしたところ…。

 屏風のぞきが大活躍する物語です。

『ありんすこく』

 若だんなが吉原の禿を足抜けさせる!?

 父親の藤兵衛と吉原に行った若だんなは、そこで出会ったかえでという禿を足抜けさせると約束しました。彼女は心臓が弱く長く生きられなかったからです。

 しかし、足抜け当日。かえでは言い寄られていた三之助に連れさられてしまいます。三之助に足抜けをバラした犯人は…。

 最後の若だんなの言葉に共感できる物語です。

2. 悩みにどう立ち向かうか考えさせられる

 『おまけのこ』に登場する人たちの多くは悩みを抱えていました。

 孤者異は、誰も自分のことを大切にしてくれないと悩み、栄吉は菓子職人なのに美味しい菓子が作れないと悩んでいました。

 若だんなは、病弱で自由に外出できないことを、お雛ちゃんは厚化粧をやめられないことを、かえでは心臓が弱く育ててもらった恩が返せないことを悩んでいました。

 このように多くの登場人物が悩みを抱えていましたが、その対応はそれぞれ違っていました。

 孤者異は悩みを人のせいにしますが、若だんなや栄吉、お雛ちゃんは自分の悩みとゆるく向き合っていきます。

 その向き合い方ひとつで、物語の結末が大きく変わっていくんですよね。

 自分は悩みにどう向き合っているのか見直したくなる物語です。

3. 最後は温かい気持ちになれる

 『おまけのこ』は、哀しい終わり方をする物語ばかりですが、若だんなの優しさで温かい気持ちになれます。

 病弱でも心優しい若だんなに癒される物語です。

 最後に

 畠中恵さんの小説『おまけのこ』。読めば彼らの優しさと哀しさに心動かされること間違いなし!?

 気になった方は、ぜひ読んでみてください。

 関連記事

これで最後!?東野圭吾『禁断の魔術』は科学よりも大切なものがあることを教えてくれる小説

(※『禁断の魔術』表紙より)  科学を何よりも信じていませんか。  私は信じていました。科学的な根拠があることが、何よりも正しいことだと考えていました。  しかし、東野圭吾さんの小説『禁断の魔術』を読んで少し考えが変わり …

有川浩『別冊図書館戦争2』感想/性格が悪い人ほど正々堂々と勝負しない

 仕事でも、恋愛でも、趣味の世界でも正々堂々と勝負しない人っていますよね。  他人の成果を横取りしたり、ありもしない悪口やデマを流したり、負けそうになると強引に力でねじ伏せようとしたりと容赦ありません。  では、このよう …

ワクワクと驚きがとまらない小説/伊坂幸太郎『ホワイトラビット』感想

 最近、ワクワクしていますか。  私はワクワクしていないなぁ…と思っていたのですが、伊坂幸太郎さんの小説『ホワイトラビット』を読んでワクワクと驚きがとまらなくなりました。想像を上回る展開にページをめくる手が止まらなくなっ …

伊坂幸太郎『サブマリン』/やられたことをやり返してはダメなのか?

 少年法って本当に必要なの?って思うことありますよね。  たとえば、最近ニュースになったいじめで自殺に追い込んだ人たち。彼らは裁判で5000万円の支払いを命じられると控訴すると言い出しました。  そんな話を聞くたびに、人 …

結果よりもプロセスを大切に/伊坂幸太郎『残り全部バケーション』感想

 「歩いても、走っても、飛んでも結果が変わらないのなら、飛びたいだろうが!」  そんなセリフを吐くドジなチンピラが主人公の小説が伊坂幸太郎さんの『残り全部バケーション』です。物語のすべてが語られないので、空白を埋めたくて …

重松清『みんなのうた』感想/田舎暮らしは大変すぎる

 田舎に帰っていますか。  私は都会で暮らしてきたので、田舎と呼べる場所はありませんが、重松清さんの小説『みんなのうた』を読んで、田舎暮らしの大変さが少しだけわかりました。  田舎と聞くと自然に囲まれた良いイメージをもっ …

原田マハ『たゆたえども沈まず』はゴッホの悲しい生涯に胸が痛くなる物語

 美術に興味を持っていますか?  私はあまり興味がなく、ゴッホについてもほとんど知りませんでしたが、原田マハさんの小説『たゆたえども沈まず』を読んで、ゴッホの作品を見てみたくなりました。  ゴッホの生涯を知った今では、彼 …

東野圭吾『ラプラスの魔女』感想/「存在意義がない人」などこの世に存在しない

 自分の視点で他人を評価していませんか?  たとえば、「あの人は役に立つ人だ」とか、「あの人には何を任せてもダメだ」なんて評価しがちですが…。実はこの世界には「存在意義がない人」なんて誰もいません。  そんな当たり前のこ …

人に嫌われない生き方も悪くないかもしれない/伊坂幸太郎『あるキング』感想

 天才野球少年に次々と無理難題が押し寄せてくる物語。それが伊坂幸太郎さんの小説『あるキング』です。  最後まで何を伝えたいのかよくわからない物語でしたが、なんとなく感じ取れたのは、人に嫌われない生き方も悪くないかもしれな …

瀬尾まいこ『そして、バトンは渡された』は子育てはできる人がやるべきだと思える物語

 最近、虐待のニュースが多いですよね。それは血の繋がりはあっても、子どもとの関係が築けない、大人になりきれていない親が増えているからだと思います。  しかし、そんな親に「しっかりしろ!」と叱っても無駄ですよね。それなら、 …