webstation plus

(※『おまけのこ』表紙より)


 畠中恵さんの小説『おまけのこ』。

 しゃばけシリーズ第4弾の本作は、若だんなや幼馴染の栄吉、お雛ちゃんたちが自分の悩みにゆるく向き合う時代小説です。

 読めば彼らの優しさと哀しさに心動かされること間違いなし!?

 今回は『おまけのこ』のあらすじとおすすめポイントを紹介します。

 『おまけのこ』のあらすじ(『おまけのこ』)

 火事になると全財産が一瞬で消えてしまう…。

 子どもにそんな心配をさせたくない天城屋の主人は、長崎屋に珊瑚玉を注文しました。その大粒の玉を櫛につけて、火事になっても持って逃げられるようにしたかったのです。

 しかし、珊瑚玉を櫛職人の八介に渡したところ、八介は殴られ、珊瑚玉はどこかに消えてしまいました。

 容疑者は小間物屋の直次、髪結いのおてい、三沢屋の手代・磯吉の3人。

 珊瑚玉を欲しがっていた小鬼・鳴家が大活躍する!?

 『おまけのこ』のおすすめポイント

1. 優しさと哀しさに満ち溢れた短編集

 『おまけのこ』は全5章で構成された短編集です。これまでの作品に比べて、登場人物たちの優しさや哀しみが丁寧に描かれているので、心に響くんですよね。

 なかでもおすすめなのが、『こわい』『畳紙』『ありんすこく』。

 それぞれ簡単に紹介します。

『こわい』

 病弱な一太郎が幼馴染の栄吉と喧嘩!?

 栄吉の作った菓子があまりにも不味く、吐き出してしまったのが原因でした。

 若だんなは、栄吉と仲直りをしたいと思いますが、これまで喧嘩をしたことがないので、その方法がわかりません。

 そこに現れたのが、孤者異(こわい)と呼ばれる妖怪。彼は職人の腕が上がる薬を持っていると言います。

 若だんなはその薬を手に入れて栄吉と仲直りしようとしますが…。

 栄吉の決断と孤者異の哀しみに心揺さぶられる物語です。

『畳紙』

 前作『ねこのばば』に登場したお雛ちゃんが再登場。

 彼女は、心優しく賢い女性でしたが、誰もが驚くほどの厚化粧をしていました。早くに両親を亡くし、厳しい祖父母に育てられた彼女は、化粧を濃くすることで祖父母から自分を守っていたのです。

 しかし、婚約者もいるのに、このまま化粧をしていいのか気になるようになりました。そこで若だんなに相談しようとしたところ…。

 屏風のぞきが大活躍する物語です。

『ありんすこく』

 若だんなが吉原の禿を足抜けさせる!?

 父親の藤兵衛と吉原に行った若だんなは、そこで出会ったかえでという禿を足抜けさせると約束しました。彼女は心臓が弱く長く生きられなかったからです。

 しかし、足抜け当日。かえでは言い寄られていた三之助に連れさられます。三之助に足抜けをバラした犯人は…。

 最後の若だんなの言葉に共感できる物語です。

2. 悩みにどう立ち向かうか考えさせられる

 『おまけのこ』に登場する多くの人たちは悩みを抱えていました。

 孤者異は、誰も自分のことを大切にしてくれないと悩み、栄吉は菓子職人なのに美味しい菓子が作れないと悩んでいました。

 若だんなは、病弱で自由に外出できないことを、お雛ちゃんは厚化粧をやめられないことを、かえでは心臓が弱く育ててもらった恩が返せないことを悩んでいました。

 このように多くの登場人物が悩みを抱えていましたが、その対応はそれぞれ違っていました。

 孤者異は悩みを人のせいにしますが、若だんなや栄吉、お雛ちゃんは自分の悩みとゆるく向き合っていきます。

 その向き合い方ひとつで、物語の結末が大きく変わっていくんですよね。

 自分は悩みにどう向き合っているのか見直したくなる物語です。

3. 最後は温かい気持ちになれる

 『おまけのこ』は、哀しい終わり方をする物語ばかりですが、若だんなの優しさで温かい気持ちになれます。

 病弱でも心優しい若だんなに癒される物語です。

 最後に

 畠中恵さんの小説『おまけのこ』。読めば彼らの優しさと哀しさに心動かされること間違いなし!?

 気になった方は、ぜひ読んでみてください。

 関連記事

忍者は残酷!?『忍びの国』は家庭環境の影響力に驚かされる小説

(※『忍びの国』表紙より)  和田竜さんの小説『忍びの国』。  織田信長の次男・信雄(のぶかつ)が伊賀忍者たちに煽られ、信長の忠告を無視して伊賀に攻め込む物語です。読めば家庭環境や育った環境の影響力に驚くこと間違いなし! …

ちょっと切ない物語!?米澤穂信『氷菓』は高校が舞台の青春ミステリー小説

(※『氷菓』表紙より)  米澤穂信さんの小説『氷菓』。  高校に入学したばかりの4人が古典部に入部し、日常のちょっとした謎を解いていく青春ミステリー小説です。読めば、少し切ない気持ちになること間違いなし!?  今回は『氷 …

犯人は誰!?米澤穂信『愚者のエンドロール』は探偵がいないミステリー小説

(※『愚者のエンドロール』表紙より)  米澤穂信さんの小説『愚者のエンドロール』。  前作『氷菓』に続く古典部シリーズ第2弾の本作は、2年F組の先輩たちが自主制作したミステリー映画の謎に迫る物語です。読めば驚きの結末が! …

普通って何?村田沙耶香『コンビニ人間』は自分らしく生きる女性を描いた小説

(※『コンビニ人間』表紙より)  2016年に芥川賞を受賞した小説『コンビニ人間』。  普通とは何か?自分らしく生きるとはどういうことか?など、いろいろ考えさせられる物語です。あまりの面白さに一気読みしてしまうこと間違い …

読書は優雅なもの!?東野圭吾『素敵な日本人』は意外性にあふれたミステリー小説

(※『素敵な日本人』表紙より)  短編はお好きですか。  私は小説に驚きや感動、励ましのようなものを求めているので、物語の世界観にどっぷり浸れて、イッキ読みできる長編を好んでいました。  今もその思いは変わりませんが、東 …

『ふくわらい』は幼い頃に感情を失った女性を描いた小説

(※『ふくわらい』表紙より)  西加奈子さんの小説『ふくわらい』。  この前のエントリで紹介した『コンビニ人間』の主人公とよく似た女性――他人の感情や言動が理解できない女性が、他人との関わりを通じて感情を取り戻していく過 …

人の心も科学!?東野圭吾『ガリレオの苦悩』は心に響く言葉が満載の小説

(※『ガリレオの苦悩』表紙より)  東野圭吾さんの小説『ガリレオの苦悩』。  今作から新たに加わった女性刑事・内海薫の登場により物語の幅が広がったミステリー小説です。読めば湯川准教授の言葉が心に響くこと間違いなし!?   …

『のぼうの城』はリーダーシップとは何かを教えてくれる小説

(※『のぼうの城 上』表紙より)  和田竜さんの小説『のぼうの城』。  約二万の大軍を率いる石田三成と五百の軍勢を率いる成田長親(なりた ながちか)の戦を描いた物語です。読めば「リーダーシップとはこういうことだったのか! …

心揺さぶられる物語!?浅田次郎『おもかげ』は定年退職を迎えたサラリーマンが人生を振り返る小説

(※『おもかげ』表紙より)  浅田次郎さんの小説『おもかげ』。  定年を迎えたサラリーマン・竹脇正一が、送別会の帰りに倒れ、病院内で不思議な体験を繰り返す物語です。  読めば、彼の生き様や家族の温かさに心揺さぶること間違 …

伊坂幸太郎『アヒルと鴨のコインロッカー』は切なくて悲しくて爽やかな小説

(※『アヒルと鴨のコインロッカー』表紙より)  伊坂幸太郎さんの小説『アヒルと鴨のコインロッカー』。  本屋を襲撃しようと考える河崎と、その2年前にペット殺し事件に巻き込まれた琴美とドルジ――この二つの物語がシンクロする …