webstation plus

(※『おまけのこ』表紙より)


 畠中恵さんの小説『おまけのこ』。

 しゃばけシリーズ第4弾の本作は、若だんなや幼馴染の栄吉、お雛ちゃんたちが自分の悩みにゆるく向き合う時代小説です。

 読めば彼らの優しさと哀しさに心動かされること間違いなし!?

 今回は『おまけのこ』のあらすじとおすすめポイントを紹介します。

 『おまけのこ』のあらすじ(『おまけのこ』)

 火事になると全財産が一瞬で消えてしまう…。

 子どもにそんな心配をさせたくない天城屋の主人は、長崎屋に珊瑚玉を注文しました。その大粒の玉を櫛につけて、火事になっても持って逃げられるようにしたかったのです。

 しかし、珊瑚玉を櫛職人の八介に渡したところ、八介は殴られ、珊瑚玉はどこかに消えてしまいました。

 容疑者は小間物屋の直次、髪結いのおてい、三沢屋の手代・磯吉の3人。

 珊瑚玉を欲しがっていた小鬼・鳴家が大活躍する!?

 『おまけのこ』のおすすめポイント

1. 優しさと哀しさに満ち溢れた短編集

 『おまけのこ』は全5章で構成された短編集です。これまでの作品に比べて、登場人物たちの優しさや哀しみが丁寧に描かれているので、心に響くんですよね。

 なかでもおすすめなのが、『こわい』『畳紙』『ありんすこく』。

 それぞれ簡単に紹介します。

『こわい』

 病弱な一太郎が幼馴染の栄吉と喧嘩!?

 栄吉の作った菓子があまりにも不味く、吐き出してしまったのが原因でした。

 若だんなは、栄吉と仲直りをしたいと思いますが、これまで喧嘩をしたことがないので、その方法がわかりません。

 そこに現れたのが、孤者異(こわい)と呼ばれる妖。彼は職人の腕が上がる薬を持っていると言います。

 若だんなはその薬を手に入れて栄吉と仲直りしようとしますが…。

 栄吉の決断と孤者異の哀しみに心揺さぶられる物語です。

『畳紙』

 前作『ねこのばば』に登場したお雛ちゃんが再登場。

 彼女は、心優しく賢い女性でしたが、誰もが驚くほどの厚化粧をしていました。早くに両親を亡くし、厳しい祖父母に育てられた彼女は、化粧を濃くすることで祖父母から自分を守っていたのです。

 しかし、婚約者もいるのに、このまま化粧をしていいのか気になるようになりました。そこで若だんなに相談しようとしたところ…。

 屏風のぞきが大活躍する物語です。

『ありんすこく』

 若だんなが吉原の禿を足抜けさせる!?

 父親の藤兵衛と吉原に行った若だんなは、そこで出会ったかえでという禿を足抜けさせると約束しました。彼女は心臓が弱く長く生きられなかったからです。

 しかし、足抜け当日。かえでは言い寄られていた三之助に連れさられてしまいます。三之助に足抜けをバラした犯人は…。

 最後の若だんなの言葉に共感できる物語です。

2. 悩みにどう立ち向かうか考えさせられる

 『おまけのこ』に登場する人たちの多くは悩みを抱えていました。

 孤者異は、誰も自分のことを大切にしてくれないと悩み、栄吉は菓子職人なのに美味しい菓子が作れないと悩んでいました。

 若だんなは、病弱で自由に外出できないことを、お雛ちゃんは厚化粧をやめられないことを、かえでは心臓が弱く育ててもらった恩が返せないことを悩んでいました。

 このように多くの登場人物が悩みを抱えていましたが、その対応はそれぞれ違っていました。

 孤者異は悩みを人のせいにしますが、若だんなや栄吉、お雛ちゃんは自分の悩みとゆるく向き合っていきます。

 その向き合い方ひとつで、物語の結末が大きく変わっていくんですよね。

 自分は悩みにどう向き合っているのか見直したくなる物語です。

3. 最後は温かい気持ちになれる

 『おまけのこ』は、哀しい終わり方をする物語ばかりですが、若だんなの優しさで温かい気持ちになれます。

 病弱でも心優しい若だんなに癒される物語です。

 最後に

 畠中恵さんの小説『おまけのこ』。読めば彼らの優しさと哀しさに心動かされること間違いなし!?

 気になった方は、ぜひ読んでみてください。

 関連記事

毎日が勝負!?池井戸潤『ルーズヴェルト・ゲーム』は会社と野球部の逆転劇を描いた小説

(※『ルーズヴェルト・ゲーム』表紙より)  毎日、闘っていますか。  私は闘っていません。会社に行って「今」という時間をやり過ごしているように思います。目の前の仕事に追われて、流されている感じ。  しかし、池井戸潤さんの …

『子育てはもう卒業します』は自分らしく生きようと思える小説

(※『子育てはもう卒業します』表紙より)  垣谷美雨さんの小説『子育てはもう卒業します』。  3人の女性の青春時代から中年になるまでの人生を描いた小説です。読めば「子ども優先で生きるのはやめ、自分らしく生きよう」と思うこ …

悪い奴らに対抗するにはどうすればいい?/伊坂幸太郎『フーガはユーガ』感想

 悪い奴らに対抗するにはどうすれば良いのでしょうか。もちろん、瞬間移動しかありませんよね。  そんな特殊能力を持った双子が、極悪非道の人間と戦う姿を描いた小説が、伊坂幸太郎さんの『フーガはユーガ』。内容的にはつらい話ばか …

死ぬのもそれほど悪くないかもしれない/木皿泉『さざなみのよる』感想

 ガンに侵された主人公のナスミが死ぬ前の世界と死んだ後の世界が描かれる物語。それが木皿泉さんの小説『さざなみのよる』です。  ナスミのように生きることができれば、死もそれほど悪くないことかもしれないと思えてきます。必要以 …

パズルのピースをはめるような快感が味わえる小説/伊坂幸太郎『ラッシュライフ』感想

 パズルはお好きですか。  私は子どもの頃からパズルが大好きで、1000ピースとか2000ピースのパズルをよくしていました。しかし、最近は仕事が忙しくてなかなかできないんですよね。  ところが、まるでパズルのピースをはめ …

普通って何?村田沙耶香『コンビニ人間』は自分らしく生きる女性を描いた小説

(※『コンビニ人間』表紙より)  2016年に芥川賞を受賞した小説『コンビニ人間』。  普通とは何か?自分らしく生きるとはどういうことか?など、いろいろ考えさせられる物語です。あまりの面白さに一気読みしてしまうこと間違い …

人の話を鵜呑みにするな/伊坂幸太郎『夜の国のクーパー』感想

 戦争に敗れたとある国の物語。それが伊坂幸太郎さんの小説『夜の国のクーパー』です。  相変わらず謎の生物や個性的なキャラクターが登場しますが、視野を広く持たないと簡単に人に騙されることがわかる物語なんですよね。何度も驚か …

殺人にも意味を求めるのが人間らしさ/伊坂幸太郎『死神の精度』感想

 「生きている理由なんてもとからないんだ」と決めつけている死神と、生きる意味を追い求める人間たち。その対比を通して人間らしさとは何かを描いた小説が伊坂幸太郎さんの『死神の精度』です。  人はどんなことにでも意味を求めます …

想像以上の成果を出してる?/知念実希人『祈りのカルテ』感想

(※『祈りのカルテ』表紙より)  仕事で想像以上の成果を出していますか。  私は残念ながら想像を下回る成果しか出せていません。なぜなら、計画通りの行動しかしていないからです。  新しいことに挑戦するとき、リスクはつきもの …

性格の悪さを隠すとさらに性格が悪くなる理由

(※『ジーキル博士とハイド氏』表紙より)  性格の悪さを隠していませんか?  誰もが他人に良く見られたいという思いから、性格の悪さを隠し、自分の良さをアピールして生きていますが、悪い性格を隠せば隠すほど、さらに性格が悪く …