『オリオリスープ』は心温まるグルメ漫画

おすすめ漫画

(※『オリオリスープ(1)』表紙より)

 月刊「モーニング・ツー」とWebコミックサイト「モアイ」で並行連載されていた漫画『オリオリスープ』。

 本の装丁などを扱うデザイナー・原田織ヱ(はらだ おりえ)が仕事とスープ作りに奮闘する物語です。読めば今すぐ美味しいスープが飲みたくなること間違いなし!?

 今回は『オリオリスープ』のおすすめポイントを紹介します。




スポンサーリンク

 『オリオリスープ』のおすすめポイント

1. 主人公の織ヱちゃんが魅力的

(※『オリオリスープ(1)』より)

 仕事中でもスープが飲みたくなるとレストランに行ったり、食材を買って来て職場でスープを作り出す織ヱちゃん。

 一見、自由に行動している不思議ちゃんに思えますが、仕事はきっちりこなしています。読者の気持ちを考えてデザインしているんですね。それだけでなく、スープにこだわりをもっているのにも大きな理由が。

 読めば織ヱちゃんの虜になること間違いなし!?

2. 登場人物とのショートストーリーに心温まる

(※『オリオリスープ(1)』より)

 この漫画には織ヱちゃん以外にも魅力的なキャラクターがたくさん登場します。

 たとえば、職場の同僚・弥燕(びえん)。彼は織ヱちゃんとは正反対の性格の持ち主で、誰よりも早く出社してテキパキ仕事をこなす努力の人。

 しかし、型にはまっているところがあり、自由な発想をする織ヱちゃんにライバル心を抱いています。

 そんな彼も、一杯のスープをきっかけに織ヱちゃんに心を開いていきます。その過程がとても心温まるんですよね。

 他にも、親友のニーナちゃんや同じアパートに住む漫画家や写真家など魅力的なキャラクターが多数登場。

 彼らと織ヱちゃんの織りなすストーリーに心温まること間違いなし!?

3. 飲んでみたくなる季節のスープが盛りだくさん!?

(※『オリオリスープ(1)』より)

 この漫画に登場するのは、季節ものの美味しそうなスープばかり。

 菜の花のスープ、新ジャガと手羽先のポトフ、スープカレーうどん、揚げナスのピリ辛煮びたし、冬瓜と厚揚げのスダチ風味ミソ汁など、実際に食べてみたくなるものばかりです。

スポンサーリンク

 最後に

 4巻で完結する漫画『オリオリスープ』。読めば今すぐ美味しいスープが飲みたくなること間違いなし!?

 気になった方は、ぜひ読んでみてください。あわせてこちらもどうぞ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました