webstation plus

old_man_01

 老後に備えて貯蓄していますか?

 「老後なんてまだまだ先の話だよ!」と考え、今を優雅に暮らしている人も多いと思いますが、一般的に老後に必要なお金は「3000万円程度」だと言われています。それだけのお金を貯めることができたとしても、優雅な暮らしができるとは限りません。

 実際に計算してみましょう。

慎ましい暮らしをする場合:
 標準的な夫婦の年金額:月22万円
 年金生活者の一般的な生活費:月25万円
 ⇒月3万円、年間36万円の赤字。老後を25年とすると合計900万円の赤字。

ゆとりある暮らしをする場合:
 標準的な夫婦の年金額:月22万円
 旅行やレジャー費などを加えた生活費:月35.4万円
 ⇒月13.4万円、年間160.8万円の赤字。老後を25年とすると合計4020万円の赤字。

(出典:高年収な人ほど「老後貧乏」に陥りやすい理由

 もちろん、すべての人に当てはまる金額ではありませんが、老後に外食や旅行などを楽しもうとすると「4000万円程度」は貯蓄しておく必要がありそうです。かなりの大金ですよね。

 さらに、今後、年金支給額が下がることや医療費の負担額が増えることを考慮すると――老後が怖ろしくなりませんか?

 実際、今でも高齢者の4人に1人が生活保護以下の貧困に苦しんでいるそうです。

(出典:老後貧乏の実態!貧困高齢者の増加、ならないためには?

 では、どうすれば「老後貧乏」にならずにいられるのでしょうか。

 結論から言えば、早い段階から「楽しみながら節約する生活」を始めるしかありません。具体的には、本:『「老後貧乏」はイヤ!』に書かれていた方法が参考になりそうです。以下、これから私が実践しようと思っている節約法を紹介していきますね。

 月々の支出を4種類に分ける

 まずは、毎月発生している支出の見直しです。具体的には毎月の支出を「固定費」「生活費」「お小遣い」「浪費」の4種類に分類して見直しましょう。

1. 必ず発生する支出:固定費

 「住居費」や「水道光熱費」、「通信費(固定電話・携帯・ネット代)」、「生命保険料」などがそうです。

 ここでは、必要以上に支払っているものがないか見直しましょう。たとえば、携帯代が月に5000円以上発生しているのなら、格安スマホに乗り換えるのもひとつ。それだけでも、相当支出が減らせます。

2. 生きていくために必要な支出:生活費

 なんでも生活費としてカウントしていませんか?

 たとえば、飲み代。仕事上の付き合いでどうしても行かなければいけない飲み会であれば「生活費」としてカウントしても問題ありませんが、個人的な楽しみで行く飲み会は、後ほど紹介する「お小遣い」や「浪費」としてカウントすべきです。

 そもそも生活費とは、日常生活や生命の維持に必要不可欠な支出のこと。それがなくても生活できる支出は「お小遣い」または「浪費」です。この区別が明確にできていないから、ムダな支出がどんどん増えていくわけですね。

 たとえば、次のような支出は「生活費」としてカウントすべきではありません。

  • 100円ショップで買って使っていたけれど、すぐに壊れてしまったモノ。
  • 最初は食べていたけれど、そのうち誰も食べなくなった佃煮。
  • 月に2回以上の外食。食材宅配サービス。

 生活費を節約するポイントは、週の定額を決め(たとえば2万円)、それ以内におさめるようにすること。そして、使い切らなかったお金は貯金箱に貯めることです。

 こうして貯めたお金で「旅行」や「外食」に行ったり、「家電製品」を買い換えたりするわけですね。頑張って節約したご褒美です。ご褒美があると思うと、今すぐにでも節約したくなりませんか?

3. 自分のために使う支出:お小遣い

 「お小遣い」と聞くと、「好きなモノを自由に買っていい」と思うかもしれませんが、そうではありません。服や美容代、会社や学校で必要な書籍代など、自分のために使うお金はすべて「お小遣い」としてカウントします。

 そのため、「専業主婦だからお小遣いはありません」などと考えてはいけません。専業主婦でも、服や美容代など自分のためにお金を使っていますよね。それらを生活費としてカウントするから、必要以上に自分にお金をかけてしまうのです。

 もちろん、子どもだって同じです。家族一人ひとりにお小遣いを設定し、その金額におさまるように節約していきましょう。

4. それがなくても生きていける支出:浪費

 そうはいっても、無駄遣いしたくなるときもありますよね。小さな子どもなら数百円のオモチャが欲しくなったり、夏の暑いときには大人だってジュースやアイスクリームが欲しくなります。

 「浪費」とはこのような無駄遣いに加えて、複数回にわたる外食や高価な服、旅行などのことを指します。

 ここで大切なのは、「浪費」をゼロにしようとしないこと。そして、「浪費専用」のお金を用意しないことです。「浪費」がなければつまらない生活になってしまいますし、だからといって「浪費専用」のお金を用意すると絶対に使い切りますよね。

 そこで、「生活費の余りで貯めたお金」と「お小遣い」から「浪費」を捻出するわけです。そうすれば気兼ねなく浪費できますよね。

 つまり、「月々の支出=固定費+生活費+お小遣い」として計算するわけです。そうすれば、月々に必要なお金が固定できるので、無駄な支出も減らせますよ。

 「おろさない」「おろしていい」貯蓄を区別する

 では、次に貯蓄です。月々の支出が決まれば、残りは貯蓄にまわせますよね。その貯蓄ですが「おろさない貯蓄」と「おろしていい貯蓄」に分けます。

 「おろさない貯蓄」は、子どもの教育費や夫婦の老後資金など将来確実に必要になるお金。「おろしていい貯蓄」は、冠婚葬祭やマイカーの故障、自宅の修繕費、学校関連の費用など急にまとまった出費が発生するときに備えた貯蓄です。

 目的別に貯蓄しておけば、突発的な出費で慌てたり、教育費や老後資金の貯蓄ペースを崩す必要がなくなりますよね。こうして老後の備えを手厚くしていくのです。

 最後に

 私の家庭では、先週から今回紹介した方法を始めました。すると、想像していた以上に「お小遣い」と「浪費」にお金をかけていたことがわかったんですね。怖ろしい…。

 というわけで、今では「お小遣い」(特に「浪費」)を減らすよう心がけています。具体的には、これまで2本以上買っていたペットボトルを1本に減らしたり、昼食にお弁当を持っていったりしています。そうして貯めたお金で――「ディズニーランド」に行くぞ!

 ぜひ、みなさんも節約生活を始めてみませんか?

 関連記事

「現実を愛せない人」に幸せは訪れない/今よりも幸せになる方法

 私たちが苦しんだり、悩んだりしているのは、現実を受け入れられないときだ。たとえば、結婚相手がイメージしていた人と違っていたとき。真面目で優しい人だと思っていた相手が、実は浮気性で夜遊びがヒドイことに気づいたときなど、私 …

時間とお金が貯まる片づけ法/『トヨタの片づけ』

 もし、「片づけ」をしていないなら損をしている。多くのムダが発生しているからだ。具体的には次の四つのムダが発生している。 スペースのムダ 時間のムダ 間違えるムダ とりに行くムダ  たとえば、家事が苦手な人を例に考えてみ …

「欲しいものが手に入らない!」と嘆く前に知っておきたい3つのこと

 欲しいものがなかなか手に入らない。そんな悩みを抱えていませんか?  お金、家、クルマ、人気、承認、役職、名誉、健康、愛情などなど。どれだけ望んでも手に入らないものってありますよね。  この原因を突き詰めて考えていくと、 …

「早起き」に挫折した人がとるべきたった一つの行動

 「早起きした方がいいですよ!」と主張している本には、大抵「夕方以降にカフェインを取ってはいけません。寝つきが悪くなるからね」と書かれています。しかし、私は寝る直前にコーヒーを飲んでも、一瞬で深い眠りにつけるんですよね。 …

「ありのまま」か「なるがまま」か/ぶれない心を育てる方法

 前回、「悩みを解決したいのなら、悩みから逃げるのではなく、徹底的に悩みぬこう」というエントリを書きましたが、今回は前回と少し視点を変えて悩みについて考えてみたいと思います。  心理学者であるアルフレッド・アドラーは、「 …

「運が良い人たち」は見向きもせず、「運が悪い人たち」が共通して求めているものとは?

 私たちは、誰一人として同じ脳を持っていません。  両親の遺伝子の掛け合わせによって生じる存在としての個性があり、さらに、人生最初の三年間に与えられた環境によって、脳の神経回路に偏りが生じるからです。  ここでいう脳の神 …

なぜ、億万長者はピンチになっても諦めないのか

 「失敗の多くは、成功するまでにあきらめてしまうところに、原因があるように思われる。最後の最後まで、あきらめてはいけないのである」とは、松下幸之助さんの言葉だが、過去のエントリでも紹介したように、私たちはすぐに自分の才能 …

年を取ると時間が経つのが速いと感じるのはなぜ?3つの仮説で考察

 大人になってから、あっという間に一日が過ぎていきませんか。朝起きて仕事をはじめたと思ったら、すぐにお昼ご飯。その後も、会議に出たり、電話をしたり、パソコンに向かっているだけで、気づいたときにはすでに夜。あとは、家に帰っ …

ネガティブ思考をやめる方法/『脳を最高に活かせる人の朝時間』

 私たちは本当に多くのことを考えている。「お昼ご飯は何を食べようか」「仕事が終わってから何をしようか」など、いつも何かを考えている。しかし、そのおよそ8割がネガティブな内容であることが、研究結果によって明らかになった。も …

失敗しないマンションの選び方

 家が欲しくなることありませんか?  私はときどき無性に欲しくなることがあります。どれだけお金を支払っても自分のものにはならない借家に住んでいるからでしょうか。ふとした瞬間に虚しさを覚えるんですよね。  とはいえ、「家」 …