老後貧乏にならないために、楽しみながら節約する方法

ライフハック

老後に備えて貯蓄していますか?

「老後なんてまだまだ先の話だよ!」と考え、今を優雅に暮らしている人や、

「今を生きるのが精一杯だよ!」と言って、現状を分析せずに過ごしている人も多いと思いますが、一般的に老後に必要なお金は「3000万円程度」だと言われています。

それだけのお金を貯めることができたとしても、優雅な暮らしができるとは限りません。

実際に計算してみましょう。

○慎ましい暮らしをする場合:
標準的な夫婦の年金額:月22万円
年金生活者の一般的な生活費:月25万円
⇒月3万円、年間36万円の赤字。老後を25年とすると合計900万円の赤字。
○ゆとりある暮らしをする場合:
標準的な夫婦の年金額:月22万円
旅行やレジャー費などを加えた生活費:月35.4万円
⇒月13.4万円、年間160.8万円の赤字。老後を25年とすると合計4020万円の赤字。

もちろん、すべての人に当てはまるわけではありませんが、慎ましい暮らしをするのでさえ、「1000万円程度」は貯蓄しておく必要がありそうです。

かなりの大金ですよね。

さらに、今後、年金支給額が下がることや医療費の負担額が増えることを考えると、老後が怖ろしくなりませんか?

実際、今でも高齢者の4人に1人が生活保護以下の貧困に苦しんでいると言われています。

では、どうすれば「老後貧乏」にならずにいられるのでしょうか。

スポンサーリンク

月々の支出を4種類に分けよう

それには、現状分析から始めます。まずは、毎月発生している支出を見直しましょう。

具体的には、毎月の支出を「固定費」「生活費」「お小遣い」「浪費」の4種類に分類して見直します。

それぞれの見直すポイントを簡単に説明していきます。

1. 必ず発生する支出:固定費

「住居費」や「水道光熱費」、「通信費(固定電話・携帯・ネット代)」、「生命保険料」などがそうです。

ここでは、必要以上に支払っているものがないか見直しましょう。

たとえば、携帯代が月に5000円以上かかっているようなら、格安スマホに乗り換えるのもひとつの方法です。

私も格安スマホにしてから、月々2000円以下になったので、これだけでも相当支出が減らせています。

2. 生きていくために必要な支出:生活費

多くの費用を生活費としてカウントしていませんか?

たとえば、飲み会のお金。

仕事上の付き合いでどうしても行かなければいけない飲み会であれば「生活費」としてカウントするのもアリかもしれませんが…。

個人的な楽しみで行く飲み会は、後ほど紹介する「お小遣い」や「浪費」としてカウントすべきです。

そもそも生活費とは、日常生活や生命の維持に必要不可欠な支出のことです。

それがなくても生活できる支出は「お小遣い」または「浪費」です。

この区別が明確にできていないと、ムダな支出がどんどん増えていくんですよね。

たとえば、次のような支出は「生活費」としてカウントすべきではありません。

  • 100円ショップで買って使っていたけれど、すぐに壊れてしまったモノ。
  • 最初は食べていたけれど、そのうち誰も食べなくなった佃煮。
  • 月に2回以上の外食。食材宅配サービス。

生活費を節約するポイントは、週の定額(たとえば2万円)を決めて、それ以内におさめることです。

もちろん、使い切らなかったお金は貯金箱に貯めます。

こうして貯めたお金で「旅行」や「外食」に行ったり、「家電製品」を買い換えたりします。

頑張って節約したご褒美というわけですが、ご褒美があると思うと、今すぐ節約したくなりませんか?

3. 自分のために使う支出:お小遣い

「お小遣い」と聞くと、「好きなモノを自由に買っていい」と思うかもしれませんが、そうではありません。

服や美容代、会社や学校で必要な書籍代など、自分のために使うお金はすべて「お小遣い」としてカウントします。

そのため、「専業主婦だからお小遣いはありません」などと考えてはダメです。

専業主婦でも、服や美容代など自分のためにお金を使っていますよね。

それらを生活費としてカウントするから、必要以上に自分にお金をかけてしまうのです。

もちろん、子どもだって同じです。

家族一人ひとりにお小遣いを設定し、その金額におさまるように節約していきましょう。

4. それがなくても生きていける支出:浪費

そうはいっても、無駄遣いをしたくなるときもありますよね。

小さな子どもなら数百円のオモチャが欲しくなったり、夏の暑いときには大人だってジュースやアイスクリームが欲しくなります。

「浪費」とはこのような無駄遣いに加えて、複数回にわたる外食や高価な服、旅行などのことを指します。

ここで大切なのは、「浪費」をゼロにしようとしないことです。そして、「浪費専用」のお金を用意しないことです。

「浪費」がなければつまらない生活になってしまいますし、だからといって「浪費専用」のお金を用意すると絶対に使い切りますよね。

そこで、「生活費の余りで貯めたお金」と「お小遣い」から「浪費」を捻出するわけです。そうすれば気兼ねなく浪費できますよね。

つまり、「月々の支出=固定費+生活費+お小遣い」として計算するわけです。

そうすれば、月々に必要なお金を固定することができるので、無駄な支出も減らせますよ。

スポンサーリンク

「おろさない」「おろしていい」貯蓄を区別する

では、次に貯蓄方法について紹介します。

月々の支出が決まれば、残りは貯蓄にまわせますが、このとき「おろさない貯蓄」と「おろしていい貯蓄」に分けます。

「おろさない貯蓄」は、子どもの教育費や夫婦の老後資金など将来確実に必要になるお金。

「おろしていい貯蓄」は、冠婚葬祭やマイカーの故障、自宅の修繕費、学校関連の費用など急にまとまった出費が発生するときに備えた貯蓄です。

目的別に貯蓄しておけば、突発的な出費で慌てたり、教育費や老後資金の貯蓄ペースを崩す必要がなくなりますよね。

こうして老後の備えを手厚くしていきます。

スポンサーリンク

まとめ

私の家庭でも今回紹介した方法で月々の支出を見直してみたところ、想像していた以上に「お小遣い」と「浪費」にお金をかけていたことがわかりました。

怖ろしい…。

というわけで、今では「お小遣い」(特に「浪費」)を減らすよう心がけています。

具体的には、これまで2本以上買っていたペットボトルをなくしたり、昼食にお弁当を持っていったりしています。

こうして貯めたお金で、老後も今も楽しく過ごすぞ!?

ぜひ、みなさんも節約生活を始めてみませんか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました