webstation plus

 結婚して子どもが生まれると「やるべきこと」が驚くほど増えますよね。

 仕事をするのは当たり前として、子どもと遊んだり、勉強を教えたり、買い物に行ったりと、子どもと共に行動する日々が続きます。

 これで本当に子育てができているの?と不安になるほど忙しい…。そもそも、父親の役割って何なの?

 父親に求められる役割は意外と多い

 伊坂幸太郎さんの小説『オー!ファーザー』の主人公・由紀夫には父親が4人もいました。

 ギャンブルが何よりも大好きで裏社会とつながっている鷹。女性を見たら見境なく声をかける男前の葵。頭脳明晰で大学教授の悟。中学校で体育教師をしているスポーツ万能の勲。

 そんな彼らに育てられた由紀夫は、スポーツもできて頭も良く、女性の扱いにもなれているモテまくりの高校生でした。

 とはいえ、所詮は高校生。怖ろしい現実に適応する力は備わっていません。

 そこで、鷹の登場です。一見、何の役にも立たないギャンブル好きのダメ親父ですが、事件に巻き込まれた由紀夫を救うキーマンになります。

 このように、父親に求められる役割はいろいろありそうですが、一人では全部こなせませんよね。そこで大切になのが…。

 父親に求められる一番の役割とは?

 どんな状況になってもドッシリと構えることです。

 由紀夫が富田林という裏社会のボスに狙われたとき、4人の父親はとても落ち着いているように見えました。そんな彼らをみて不審に思った由紀夫は、どうして落ち着いていられるのか尋ねたところ、

「落ち着いている?」「俺たちが?」「大慌てだよ」「やれることをやるしかない」

 と答えます。そして、

「それでもどうにもならなかったとしても、大丈夫だ。俺たちでおまえは守ってやるよ」

 と続けます。これこそが父親の役割なんですね。

 それともう一つ。

 カッコいい父親になろう

 ある出来事が原因で「父親を信じちゃいけないと悟った」と言った由紀夫のために、父親4人は不可能を可能にします。

やろうと思えば、そんなことはできるってとこを見せてやろうと思ったんだ。

 父親は、不安があってもドッシリと構え、子どもに希望を持たせる強い存在であるべきなんですね。

 そんなカッコいい父親になりたいと思える物語です。

 ◆

 伊坂幸太郎さんの小説『オー!ファーザー』。子どもとの接し方を見直したくなる物語です。

 気になった方は、ぜひ読んでみてください。

 関連記事

サイコパスと闘えるのはサイコパスだけ?/伊坂幸太郎『死神の浮力』感想

 サイコパスっていますよね。彼らは良心を持たないので、好き放題に振舞っています。  たとえば、多くの人を殺したにも関わらず少年法に守られて今も平然と暮らしている殺人鬼。彼は成人してからも被害者家族を侮辱するような本を出し …

理不尽な目にあったときは流れに身を任せよう/伊坂幸太郎『グラスホッパー』感想

 ひどくてツライ、重くてしんどい。そんな状況に追い込まれたことありませんか? ・必死になって仕事をしても上司から怒られる ・家族から理不尽に責められる ・義理の両親からいろいろ口出しされる  などなど。  そんなとき、ど …

この世には2種類の女性がいる/湊かなえ『母性』感想

(※『母性』表紙より)  数日前に湊かなえさんの小説『未来』を読んで「面白くない!」という感想を書いたので、改めて湊さんの面白い小説に出会いたいと思い『母性』を読みました。  結果、書き出しから惹きつけられ、『未来』とは …

お金を稼いで幸せになる方法

(※『億男』表紙より)  お金があれば幸せになれると思っていませんか。  しかし、どれだけお金があっても幸せになれるとは限りません。家庭が崩壊してしまった億万長者や牢屋に入ることになった成金たちのニュースを見ていると、ま …

誰とでも対等に付き合ってる?/伊坂幸太郎『チルドレン』感想

 誰とでも対等に付き合っていますか?  私は対等に付き合っていると思っていましたが、伊坂幸太郎さんの小説『チルドレン』を読んで反省しました。自分より能力が劣っていると思っている人たちに対して、上から目線で接していることに …

『かがみの孤城』は人とのつながりを大切にしたくなる小説

(※『かがみの孤城』表紙より)  辻村深月さんの小説『かがみの孤城』。  見ず知らずの中学生7人が鏡の世界に入り込み、一年間ともに過ごす物語です。読めば、「人とのつながりを大切にしよう」と思うこと間違いなし!?  今回は …

リスクを取れば一発逆転できるかも/伊坂幸太郎『キャプテンサンダーボルト』感想

 一発逆転したいと思ったことありませんか。  私は、仕事が予定通りに進まなかったときに思います。特に最近は一発逆転したいことばかり…。  では、どうすれば一発逆転できるのでしょうか。  リスクを取るしかない   …

なぜ一流の人たちは異業種の仕事でもすぐに成果を出せるのか?/東野圭吾『マスカレード・ナイト』感想

(※『マスカレード・ナイト』表紙より)  一流と呼ばれる人たちは、異業種の仕事でもすぐにできるようになりますよね。  たとえば、ホリエモン。ITという得意分野を活かしながら、食やエンタメ、ロケット事業などにも参入していま …

大人をバカにする中学生への正しい対処法/伊坂幸太郎『マリアビートル』感想

 ムカつく中学生っていますよね。大したことも出来ないくせに、大人をバカにしたり、見下したり、暴言を吐いたり…。  そんな生意気な中学生にはどのように対処すればいいのでしょうか。  もちろん、痛い目に合わせるしかありません …

ゴシップ記事は読まないに限る/伊坂幸太郎『陽気なギャングは三つ数えろ』感想

 陽気なギャングシリーズもついに3作目。今回のギャングたちは銀行強盗をすることなく、三流記者に脅され、追い詰められていきます。  ほんと読んでいてムカつく物語ですが、現実にも『陽気なギャングは三つ数えろ』に出てくるような …