webstation plus

(※『オー!ファーザー』表紙より)


 結婚して子どもが生まれると「やるべきこと」が驚くほど増えますよね。

 仕事をするのは当たり前として、子どもと遊んだり、勉強したり、買い物に行ったりする日々が続きます。

 これで本当に子育てができているの?と不安になるほど忙しい…。そもそも、父親の役割って何なの?

 そこで今回は、伊坂幸太郎さんの小説『オー!ファーザー』のあらすじとおすすめポイントを紹介しながら、父親の役割とは何か考えてみたいと思います。

 『オー!ファーザー』のあらすじ

 高校生の由紀夫には父親が4人もいました。

 ギャンブル好きに女好き、頭脳明晰にスポーツ万能。母の知世はそんな彼らと同時に付き合い、由紀夫が生まれたわけですが、今でも本当の父親が誰かわかりません。

 なぜなら、彼らがDNA鑑定を嫌がっていたからです。「俺が本当の父親じゃなかったらどうするんだよ」と不安に怯えるほど、知世と由紀夫のことを愛していたのです。

 ところが、息子の由紀夫は彼らの気持ちを踏みにじる勢いで、次から次へと事件に巻きこまれていきます。

 チンピラに絡まれたり、盗みの現場を目撃したり、死体現場のそばにいたり――。

 そんな由紀夫を助けるために、父親たちは手旗信号と個性を駆使して事件に立ち向かう!?

 『オー!ファーザー』のおすすめポイント

1. 父親が4人もいるのは、父親に求められる役割が多いから

 あらすじでも紹介したように、由紀夫には父親が4人もいました。しかも、彼らは外見も職業も性格も嗜好もバラバラです。

 ギャンブルが何よりも大好きで裏社会とつながっている鷹。女性を見たら見境なく声をかける男前の葵。頭脳明晰で大学教授の悟。中学校で体育教師をしているスポーツ万能の勲。

 そんな彼らに育てられた由紀夫は、スポーツもできて頭も良く、女性の扱いにもなれているモテまくりの高校生でした。

 とはいえ、所詮は高校生。怖ろしい現実に適応する力は備わっていません。

 そこで、鷹の登場です。一見、何の役にも立たないギャンブル好きのダメ親父ですが、事件に巻き込まれた由紀夫を救うキーマンになります。

 もちろん、他の父親の能力も欠かせません。この世を生き抜くには、強くて賢くて男前で、そしてズル賢く生きる必要があるんですね。

 父親に求められる役割が色々あることを教えてくれる物語です。

2. 父親に求められる一番の役割とは?

 では、色々ある役割のなかで最も大切な役割とは何でしょうか。

 それは、どんな状況になってもドッシリと構えていることです。

 由紀夫が富田林という裏社会のボスに狙われたとき、4人の父親はとても落ち着いているように見えました。そんな彼らを不審に思った由紀夫は、どうして落ち着いていられるのか尋ねると、

「落ち着いている?」「俺たちが?」「大慌てだよ」「やれることをやるしかない」

 と答えます。そして、

「それでもどうにもならなかったとしても、大丈夫だ。俺たちでおまえは守ってやるよ」

 と続けます。これこそが父親の役割なんですね。

 それともう一つ。ある出来事が原因で「父親を信じちゃいけないと悟った」と言った由紀夫のために、彼ら4人は不可能を可能にします。

やろうと思えば、そんなことはできるってとこを見せてやろうと思ったんだ。

 父親は、不安があってもドッシリと構え、子どもに希望を持たせる強い存在であるべきなんですね。

 そんな強い存在に子どもと一緒に成長していこうと思える物語です。

3. ラストは驚きの連発

 伊坂幸太郎さんの特徴といえば、ラストで伏線が一気に回収されていくところ。もちろん、『オー!ファーザー』でもその特徴が発揮されます。

 こじつけに思えるような伏線の回収が連発すると、何故だか笑えてきて、感動するんですよね。

 ぜひ実際に読んで、驚きの連発を楽しんでください。

 ※『アヒルと鴨のコインロッカー』もおすすめです

 最後に

 伊坂幸太郎さんの小説『オー!ファーザー』。読めば、父親の役割とは何か考えたくなること間違いなし!?

 気になった方は、ぜひ読んでみてください。

 関連記事

伊坂幸太郎『ジャイロスコープ』はこれまでの伊坂作品とはひと味違う短編小説

(※『ジャイロスコープ』表紙より)  伊坂作品の特徴といえば、至るところに散りばめられた伏線がすべて回収されていくところですよね。  これは短編でも長編でも同じです。読了後には必ずスッキリ感が味わえます。  しかし、『ジ …

モラトリアムから抜け出せてる?東野圭吾『卒業』感想

(※『卒業』表紙より)  モラトリアムから抜け出せていますか。  もし、「友人と過ごす時間がいちばん楽しい」と感じているようなら、子どもから大人に移行する橋渡し期間(=モラトリアム)から抜け出せていない証拠。今すぐ考え方 …

心に闇がある人ほど光を演出する!?/東野圭吾『マスカレード・イブ』

(※『マスカレード・イブ』表紙より)  誰もが自己顕示欲を持っていますよね。出世したかったり、モテたかったり、贅沢な暮らしをしたかったりと、人と比べてスゴイと思われるような生活に憧れています。  しかし、その欲求の裏側に …

心揺さぶられる物語!?浅田次郎『おもかげ』は定年退職を迎えたサラリーマンが人生を振り返る小説

(※『おもかげ』表紙より)  浅田次郎さんの小説『おもかげ』。  定年を迎えたサラリーマン・竹脇正一が、送別会の帰りに倒れ、病院内で不思議な体験を繰り返す物語です。  読めば、彼の生き様や家族の温かさに心揺さぶられること …

理不尽な目にあったときは流れに身を任せよう/伊坂幸太郎『グラスホッパー』感想

(※『グラスホッパー』表紙より)  ひどくてツライ、重くてしんどい。そんな状況に追い込まれたことありませんか? ・必死になって仕事をしても上司から怒られる ・家族から理不尽に責められる ・義理の両親からいろいろ口出しされ …

忍者は残酷!?『忍びの国』は家庭環境の影響力に驚かされる小説

(※『忍びの国』表紙より)  和田竜さんの小説『忍びの国』。  織田信長の次男・信雄(のぶかつ)が伊賀忍者たちに煽られ、信長の忠告を無視して伊賀に攻め込む物語です。読めば家庭環境や育った環境の影響力に驚くこと間違いなし! …

『まく子』は思春期のモヤモヤした記憶を思い出せる小説

(※『まく子』表紙より)  西加奈子さんの小説『まく子』。  少し不思議なお話ですが、思春期の頃に感じていた「大人になりたくない!」という気持ちや、変化を受け入れる勇気がなくてモヤモヤしていた記憶が思い出せる小説です。最 …

『死神の精度』は暗くて重いテーマを明るく描いた小説

(※『死神の精度』表紙より)  伊坂幸太郎さんの小説『死神の精度』。  「死」をテーマにした物語なので暗くて重い雰囲気になると思っていましたが、読めば明るく楽しい気分になれること間違いなしの小説です。  今回は『死神の精 …

田舎暮らしは大変!?重松清『みんなのうた』は家族の温かさに感動する小説

(※『みんなのうた』表紙より)  田舎に帰ってますか。  私はもともと都会と呼ばれる場所で育ったので田舎はありませんが、重松清さんの小説『みんなのうた』を読んで田舎で育った人たちの苦労が少しだけわかりました。  読めば、 …

本気で家族のことを想ってる?/伊坂幸太郎『AX アックス』感想

(※『AX アックス』表紙より)  家族のことを本気で想っていますか。  私は家族のことを本気で想っていると自負していたのですが、伊坂幸太郎さんの小説『AX アックス』を読んで少し考えが変わりました。家族思いの殺し屋に衝 …