webstation plus

 結婚して子どもが生まれると「やるべきこと」が驚くほど増えますよね。

 仕事をするのは当然として、子どもと遊んだり、勉強を教えたり、買い物に行ったり…と、子どもと共に行動する日々が続きます。

 しかし、ときどき、これで本当に子育てができているの?と不安になることがあります。そんなときにオススメなのが伊坂幸太郎さんの小説『オー!ファーザー』です。

 父親の役割について考えるキッカケを与えてくれる物語なんですよね。

 母1人と4人の父親と共に暮らす主人公

 では、あらすじから。

 物語の主人公は高校生の由紀夫。彼には母の知代の他に、4人の父親がいました。

 ギャンブルが何よりも大好きで裏社会とつながっている鷹。女性を見たら見境なく声をかける男前の葵。頭脳明晰で大学教授をしている悟。中学校で体育教師をしているスポーツ万能の勲の4人です。

 彼らは母の知代に今でも心底惚れており、由紀夫が自分の子供じゃないことがわかるとショックが大きすぎるという理由で、DNA鑑定をせずに4人で父親になることに決めました。

 そのため、由紀夫は、出張が多い母と、4人の父親と一緒に暮らすことになったのですが…。

 中学時代の友人である鱒二がキッカケで裏社会を仕切る富田林という人物に目を付けられるようになるんですよね。

 そもそもは、鱒二が牛蒡男たちが万引きをしているのを咎めたことが始まりでした。因縁をつけられた鱒二がお金を払えず、由紀夫の名前を教えてしまったのです。

 しかしその場は、鷹の機転で何とか逃れることができましたが、鱒二が再び牛蒡男に捕まり、「俺の代わりに運び屋をしてくれ」という要求を受け入れたのに、その約束を果たさなかったせいで富田林が登場してきたのです。

 実は、牛蒡男は、富田林の運び屋をしていたのです。富田林と知り合いだった鷹が頼んでも約束を守らなかった鱒二のことは許せないと言われます。

 そこで由紀夫は、富田林が詐欺にあった犯人を捕まえるので助けてくれと懇願するのですが、このことがキッカケで誘拐事件に巻き込まれてしまうんですよね。

 由紀夫が誘拐事件に巻き込まれたことを知った4人の父親たちは…。

 父親に求められる役割は意外と多い!?

 この続きは実際に本書を読んでもらうとして、伊坂幸太郎さんの小説『オー!ファーザー』は、父親に求められる役割が意外と多いことに気づける物語です。

 中学校で体育教師をしているスポーツ万能の勲のように、スポーツの楽しさを教えたり、頭脳明晰で大学教授をしている悟のように、学問の深遠さを教えたり、

 女性を見たら見境なく声をかける男前の葵のように、女性の扱い方を教えたり、ギャンブルが何よりも大好きで裏社会とつながっている鷹のように、権力やお金との付き合い方を教えたりと、多くの役割を担っているように思います。

 しかし、何よりも大切なのは、どんな状況に追い込まれてもドッシリと構えることなんですよね。

 実際、4人の父親たちは、由紀夫が富田林に狙われたときも、落ち着いているように見えました。そんな彼らの姿をみて不審に思った由紀夫が、「どうして落ち着いていられるの?」と尋ねたところ、

「落ち着いている?」「俺たちが?」「大慌てだよ」「やれることをやるしかない」

 と答えます。さらに、

「それでもどうにもならなかったとしても、大丈夫だ。俺たちでおまえは守ってやるよ」

 と続けるのですが、これこそが父親の役割なんですよね。

 ただし、彼ら4人の父親はこれで終わるような人間ではありませんでした。それは…。

 カッコいい父親になろう

 ある出来事が原因で「父親を信じちゃいけないと悟った」と言った由紀夫のために、父親4人は不可能を可能にします。

やろうと思えば、そんなことはできるってとこを見せてやろうと思ったんだ。

 つまり、父親はどれだけ不安があってもドッシリと構え、子どもに希望を持たせる強い存在であるべきだということです。

 このように、伊坂幸太郎さんの小説『オー!ファーザー』は父親の役割について考えさせられる物語ですが、それだけでなく、サスペンスとしても、最後に驚きが待っている物語としても、楽しめる小説なので…。

 気になった方は、ぜひ読んでみてください。

 関連記事

伊坂幸太郎『キャプテンサンダーボルト』はリスクを取れば一発逆転できるかもと思える物語

 「一発逆転したい!」って思ったことありませんか。  私は仕事やプライベートで思うような結果が出なかったときに一発逆転したいって思いますが、伊坂幸太郎さんと阿部和重の共著『キャプテンサンダーボルト』を読んで、一発逆転する …

池井戸潤『銀行総務特命』感想/AIに奪われない仕事をしよう

「近い将来、10人中9人は、今とは違う仕事をしているだろう」  とは、グーグルの創業者であるラリー・ペイジの言葉ですが、彼はAIの進化によって、現在の仕事のほとんどがAIとロボットに取って代わられると断言しています。   …

百田尚樹『風の中のマリア』感想/人間に与えられた特権を使わないのはもったいない

 人間に与えられた特権を活用していますか?  実は私たち人間には、他の生物にはない特権が与えられています。それにも関わらず、その特権を使わずに他の生物と同じように生きている人が多いんですよね。  百田尚樹さんの小説『風の …

離婚はイヤ!?滝口悠生『茄子の輝き』は妻を大切にしようと思える小説

(※『茄子の輝き』表紙より)  滝口悠生さんの小説『茄子の輝き』。  数年前に妻と離婚した男性があれこれ過去を振り返る物語です。読めば「妻を大切にしよう!」と思うこと間違いなし!?  今回は『茄子の輝き』のあらすじとおす …

伊坂幸太郎『夜の国のクーパー』は人の話を鵜呑みにすると簡単に騙されてしまうことがわかる物語

 人の話を鵜呑みにしていませんか?  私は疑り深い性格なので、あまり人の話を鵜呑みにしませんが、伊坂幸太郎さんの小説『夜の国のクーパー』を読んで、人の話を鵜呑みにすると簡単に騙されてしまうことがわかりました。  視野を広 …

伊坂幸太郎『魔王』は考える力を失った人たちの恐ろしさがよくわかる物語

 誰かの意見に流されていませんか?  私は何でも「なぜ?」と考えるクセがあるので、あまり世間の風潮に流されていないと思いますが、伊坂幸太郎さんの小説『魔王』を読んで、考える力を失った人たちの恐ろしさがよくわかりました。 …

村山早紀『桜風堂ものがたり』は今まで以上に本を大切にしたくなる物語

 読書していますか?  私は読書が好きで毎日のように本を読んでいますが、村山早紀さんの小説『桜風堂ものがたり』を読んで、今まで以上に本を大切にしたくなりました。  著者だけでなく、書店員さんや本に関わっている多くの人たち …

伊坂幸太郎『シーソーモンスター』感想/嫁姑問題を解消するには自分をさらけ出して向き合うしかない!?

 嫁姑問題って大変ですよね。  私も結婚してしばらくは毎日泣きそうになりながら嫁姑問題と向き合っていましたが、伊坂幸太郎さんの小説『シーソーモンスター』を読んで、それらの日々が懐かしく思い出されました。  どれだけ努力を …

重松清『トワイライト』感想/40歳からの人生を輝かせる方法

 40歳という年齢は、「人生の節目」だと言われていますよね。  たとえば、有名な心理学者であるユングは「40歳は人生の正午である」と言いました。人生を太陽の軌道にたとえるなら、40歳は正午(ピーク)であり、それを過ぎると …

普通って何?村田沙耶香『コンビニ人間』は自分らしく生きる女性を描いた小説

(※『コンビニ人間』表紙より)  2016年に芥川賞を受賞した小説『コンビニ人間』。  普通とは何か?自分らしく生きるとはどういうことか?など、いろいろ考えさせられる物語です。あまりの面白さに一気読みしてしまうこと間違い …