webstation plus

(※『ぬしさまへ』表紙より)


 畠中恵さんの小説『ぬしさまへ』。

 『しゃばけ』シリーズ第2弾の本作は、病弱で両親や妖怪たちから甘やかされて育った若だんなが大人になりたいと強く願う物語です。読めば自分も頑張ろうと思えること間違いなし!?

 今回は『ぬしさまへ』のあらすじとおすすめポイントを紹介します。

 『ぬしさまへ』のあらすじ(『ぬしさまへ』)

 この冬三度目の大熱を出した一太郎。そんな一太郎の退屈しのぎのために、仁吉は自分宛の恋文を一太郎に渡しました。

 しかし、渡された恋文は字が汚すぎて読めません。「くめ」という名前を「しね」と読み間違えるほどの汚さです。

 ところが、そんなおくめが火事騒ぎで殺されます。しかも、岡っ引きである日限の親分が仁吉を疑うので、若だんなが事件の謎を解くことに。

 妖怪を通じて集めた情報によると、おくめは、いばり散らすけれど優しくて、競争心は強いが、慈悲深い女性だった――まるで二重人格のような女性でした。

 犯人は一体誰!?

 『ぬしさまへ』のおすすめポイント

1. 登場人物に愛着がもてる

 『ぬしさまへ』は、『しゃばけ』の続きが描かれています。

 もちろん、『ぬしさまへ』から読んでも楽しめますが、一太郎のお兄さんの物語など、前作とリンクしているので、読んでおくとより一層楽しめるんですよね。

 世界観はそのままで、登場人物たちが深掘りされていくので、愛着がもてること間違いなし!?

2. 泣けて笑える短編集

 『ぬしさまへ』は全6章で構成されている短編集です。

 なかでもおすすめなのが『栄吉の菓子』『空のビードロ』『虹を見し事』。

 それぞれ簡単に紹介しますね。

『栄吉の菓子』

 一太郎の幼馴染・栄吉は菓子屋の跡取り息子。その栄吉の菓子を食べた隠居が死んでしまいます。

「栄吉さんの作った菓子があんまり不味かったものだから、ご老人、吃驚仰天して心の臓が止まってしまったのかね」

 と仁吉が言うほど、栄吉が作る菓子は美味しくありませんでした。そんな幼馴染の名誉を守るために若だんなが一肌脱ぎます。

 隠居が死んだ理由がわかると泣き笑いしたくなる物語です。

『空のビードロ』

 若だんなの兄・松之助は理由があって、若だんなとは別の店・東屋で働いていました。

 その東屋で犬や猫が次々と殺されていきます。東屋のおかみさんは松之助が犯人だと決めつけますが、一人娘のおりんが彼を庇いました。

 なぜ、おりんさんが私のことをかばうのか?と疑問を持った松之助でしたが、事実を知ると――。

 若だんなの兄を想う気持ちに涙が溢れ出てくる物語です。

『虹を見し事』

 突然、若だんなの側にいた妖怪たちが姿を消します。

 若だんなは、誰かの夢の中にいるのでは?と推理しますが、それにしても命を狙われているようなゾワっとした感覚が拭えません。

 一体、何がどうなっているのか!?

3. 若だんなの決意に感動

 そんな病弱な若だんなが、大人になりたいと心から願います。

私は…私は本当に、もっと大人になりたい。凄いばかりのことは出来ずとも、せめて誰かの心の声を聞き逃さないように。

 甘えられる環境にいるにも関わらず、自らしんどい環境に飛び込もうとする若だんなの男らしさに心打たれるんですよね。

 自分も頑張ろうと思える物語です。

 最後に

 畠中恵さんの小説『ぬしさまへ』。読めば自分も頑張ろうと思えること間違いなし!?

 気になった方は、ぜひ読んでみてください。

 関連記事

仕事に人生をかけてる?塩田武士『騙し絵の牙』は大泉洋をあてがきした小説

(※『騙し絵の牙』表紙より)  仕事に人生をかけてますか?  私はかけていません。仕事の悩みは星の数ほどありますが、どれも「叱られたくない!」というネガティブな感情からスタートしています。  「成し遂げたいことがある」な …

サイコパスと闘えるのはサイコパスだけ?/伊坂幸太郎『死神の浮力』感想

 サイコパスっていますよね。彼らは良心を持たないので、好き放題に振舞っています。  たとえば、多くの人を殺したにも関わらず少年法に守られて今も平然と暮らしている殺人鬼。彼は成人してからも被害者家族を侮辱するような本を出し …

大事なのは事実よりも捉え方/川口俊和『コーヒーが冷めないうちに』感想

 嫌な出来事ってありますよね。しかし、その嫌な出来事も捉え方を変えれば、プラスになるとしたら…。  川口俊和さんの小説『コーヒーが冷めないうちに』を読めば、「捉え方ひとつで人生は大きく変わるかも!」と思えてきます。 &n …

パズルのピースをはめるような快感が味わえる小説/伊坂幸太郎『ラッシュライフ』感想

 パズルはお好きですか。  私は子どもの頃からパズルが大好きで、1000ピースとか2000ピースのパズルをよくしていました。しかし、最近は仕事が忙しくてなかなかできないんですよね。  ところが、まるでパズルのピースをはめ …

ソ連という国についてどれだけ知っていますか?/本城雅人『崩壊の森』感想

 ソ連という国についてどれだけ知っていますか?  私は共産主義であるソ連に対して、なんとなく恐ろしいイメージを持っていましたが、『崩壊の森』を読んで、その恐ろしさが倍増しました。  私が想像していた以上に恐ろしい国なんで …

『のぼうの城』はリーダーシップとは何かを教えてくれる小説

(※『のぼうの城 上』表紙より)  和田竜さんの小説『のぼうの城』。  約二万の大軍を率いる石田三成と五百の軍勢を率いる成田長親(なりた ながちか)の戦を描いた物語です。読めば「リーダーシップとはこういうことだったのか! …

田舎暮らしは大変!?重松清『みんなのうた』は家族の温かさに感動する小説

(※『みんなのうた』表紙より)  田舎に帰ってますか。  私はもともと都会と呼ばれる場所で育ったので田舎はありませんが、重松清さんの小説『みんなのうた』を読んで田舎で育った人たちの苦労が少しだけわかりました。  読めば、 …

理不尽な目にあってもいつか救われる/伊坂幸太郎『首折り男のための協奏曲』感想

 生きていると理不尽な出来事に遭遇することってありますよね。そんなとき、どうすることも出来なくて落ち込んでしまいがちですが、しばらく耐えれば救われるかもと思える物語があります。  それが伊坂幸太郎さんの小説『首折り男のた …

本当の恋をしていますか?知念実希人『崩れる脳を抱きしめて』は心揺さぶられる恋愛ミステリー小説

(※『崩れる脳を抱きしめて』表紙より)  知念実希人さんの小説『崩れる脳を抱きしめて』。  研修医の碓氷蒼馬(うすい そうま)が、脳に爆弾を抱える弓狩環(ゆがり たまき)と出会い、恋に落ち、そして彼女の死の謎に迫る恋愛ミ …

病弱でも強くなれる!?畠中恵『しゃばけ』は妖怪が活躍するミステリー小説

(※『しゃばけ』表紙より)  10年ほど前に買った畠中恵さんの小説『しゃばけ』。  久しぶりに読みましたが、病弱なのに難題に立ち向かう若だんなの姿に感動しました。読めば自分も頑張ろうと思えること間違いなし!?  今回は『 …