webstation plus

(※『ぬしさまへ』表紙より)


 畠中恵さんの小説『ぬしさまへ』。

 『しゃばけ』シリーズ第2弾の本作は、病弱で両親や妖怪たちから甘やかされて育った若だんなが大人になりたいと強く願う物語です。読めば自分も頑張ろうと思えること間違いなし!?

 今回は『ぬしさまへ』のあらすじとおすすめポイントを紹介します。

 『ぬしさまへ』のあらすじ(『ぬしさまへ』)

 この冬三度目の大熱を出した一太郎。そんな一太郎の退屈しのぎのために、仁吉は自分宛の恋文を一太郎に渡しました。

 しかし、渡された恋文は字が汚すぎて読めません。「くめ」という名前を「しね」と読み間違えるほどの汚さです。

 ところが、そんなおくめが火事騒ぎで殺されます。しかも、岡っ引きである日限の親分が仁吉を疑うので、若だんなが事件の謎を解くことに。

 妖怪を通じて集めた情報によると、おくめは、いばり散らすけれど優しくて、競争心は強いが、慈悲深い女性だった――まるで二重人格のような女性でした。

 犯人は一体誰!?

 『ぬしさまへ』のおすすめポイント

1. 登場人物に愛着がもてる

 『ぬしさまへ』は、『しゃばけ』の続きが描かれています。

 もちろん、『ぬしさまへ』から読んでも楽しめますが、一太郎のお兄さんの物語など、前作とリンクしているので、読んでおくとより一層楽しめるんですよね。

 世界観はそのままで、登場人物たちが深掘りされていくので、愛着がもてること間違いなし!?

2. 泣けて笑える短編集

 『ぬしさまへ』は全6章で構成されている短編集です。

 なかでもおすすめなのが『栄吉の菓子』『空のビードロ』『虹を見し事』。

 それぞれ簡単に紹介しますね。

『栄吉の菓子』

 一太郎の幼馴染・栄吉は菓子屋の跡取り息子。その栄吉の菓子を食べた隠居が死んでしまいます。

「栄吉さんの作った菓子があんまり不味かったものだから、ご老人、吃驚仰天して心の臓が止まってしまったのかね」

 と仁吉が言うほど、栄吉が作る菓子は美味しくありませんでした。そんな幼馴染の名誉を守るために若だんなが一肌脱ぎます。

 隠居が死んだ理由がわかると泣き笑いしたくなる物語です。

『空のビードロ』

 若だんなの兄・松之助は理由があって、若だんなとは別の店・東屋で働いていました。

 その東屋で犬や猫が次々と殺されていきます。東屋のおかみさんは松之助が犯人だと決めつけますが、一人娘のおりんが彼を庇いました。

 なぜ、おりんさんが私のことをかばうのか?と疑問を持った松之助でしたが、事実を知ると――。

 若だんなの兄を想う気持ちに涙が溢れ出てくる物語です。

『虹を見し事』

 突然、若だんなの側にいた妖怪たちが姿を消します。

 若だんなは、誰かの夢の中にいるのでは?と推理しますが、それにしても命を狙われているようなゾワっとした感覚が拭えません。

 一体、何がどうなっているのか!?

3. 若だんなの決意に感動

 そんな病弱な若だんなが、大人になりたいと心から願います。

私は…私は本当に、もっと大人になりたい。凄いばかりのことは出来ずとも、せめて誰かの心の声を聞き逃さないように。

 甘えられる環境にいるにも関わらず、自らしんどい環境に飛び込もうとする若だんなの男らしさに心打たれるんですよね。

 自分も頑張ろうと思える物語です。

 最後に

 畠中恵さんの小説『ぬしさまへ』。読めば自分も頑張ろうと思えること間違いなし!?

 気になった方は、ぜひ読んでみてください。

 関連記事

東野圭吾『卒業』感想/モラトリアムから抜け出せていますか?

 モラトリアムから抜け出せていますか?  もし、「友人と過ごす時間がいちばん楽しい」と感じているようなら、子どもから大人に移行する橋渡し期間(=モラトリアム)から抜け出せていない証拠。今すぐ考え方や行動を変えたほうがいい …

芦沢央『カインは言わなかった』感想/プロと素人の間には想像を絶する壁がある

 プロフェッショナルな仕事をしていますか?  私はプロとして通用する仕事をしようと努力してきたつもりでしたが、芦沢央さんの小説『カインは言わなかった』を読んで、プロと素人の間にある壁に愕然としました。  プロは人生のすべ …

辻村深月『かがみの孤城』感想/心が弱いと他人を傷つけずにはいられない!?

 いじめの話題が多いですよね。  この前のエントリにも、中川翔子さんの本『死ぬんじゃねーぞ!!』を参考に、「いじめはいじめる側が100%悪い」という内容を書きましたが、いじめを苦にして自殺する必要は絶対にありません。   …

額賀澪『ウズタマ』/子供にとっていちばん大切な人は誰?

 子供にとって一番大切な人は両親だと言われていますよね。しかし、その両親が子供とうまくコミュニケーションが取れてなかったとしたら…。子供にとって一番大切な人はあっという間に変わってしまうかもしれません。  もし、親という …

重松清『みんなのうた』感想/田舎暮らしは大変すぎる

 田舎に帰っていますか。  私は都会で暮らしてきたので、田舎と呼べる場所はありませんが、重松清さんの小説『みんなのうた』を読んで、田舎暮らしの大変さが少しだけわかりました。  田舎と聞くと自然に囲まれた良いイメージをもっ …

東野圭吾『ラプラスの魔女』感想/「存在意義がない人」などこの世に存在しない

 自分の視点で他人を評価していませんか?  たとえば、「あの人は役に立つ人だ」とか、「あの人には何を任せてもダメだ」なんて評価しがちですが…。実はこの世界には「存在意義がない人」なんて誰もいません。  そんな当たり前のこ …

厳しい現実に立ち向かうには人とのつながりを大切に/垣谷美雨『農ガール、農ライフ』感想

 「今の仕事がキツイから農業でも始めようかなぁ」「退職後に農業でも始められたらいいなぁ」…なんて考えていませんか。  もし、そんな甘い考えをしているようなら、垣谷美雨さんの小説『農ガール、農ライフ』を読むことをおすすめし …

読書が好きじゃなくても本が読みたくなる小説ーpart7

(※『ビブリア古書堂の事件手帖7 ~栞子さんと果てない舞台~』表紙より)  読書していますか?  『ビブリア古書堂の事件手帖』シリーズもついに7巻目。とうとう完結です。  栞子さんの母が家を出て行った理由が明らかになり、 …

木皿泉『カゲロボ』/他人の不幸を求めている人へ

 他人の不幸を望んでいませんか。  もしそうだとしたら、心が傷だらけの証拠。今すぐ癒される何かに触れるべきです。  たとえば、木皿泉さんの小説『カゲロボ』などはいかがでしょうか。  人の不幸をみて安心したい   …

こだわりを持って生きている?小川洋子『人質の朗読会』は不思議なのに心に残る小説

(※『人質の朗読会』表紙より)  小川洋子さんの小説『人質の朗読会』。  地球の裏側にある村で反政府ゲリラの人質になった8名は、暇つぶしに朗読を始めますが、いつの間にか自分の過去と向き合い、真剣に朗読しあうようになりまし …