webstation plus

snow_01

 前回、「悩みを解決したいのなら、悩みから逃げるのではなく、徹底的に悩みぬこう」というエントリを書きましたが、今回は前回と少し視点を変えて悩みについて考えてみたいと思います。

 心理学者であるアルフレッド・アドラーは、「人間の悩みは、すべて対人関係の悩みである」と言いました。しかし、私たちは「悩みたくない」からといって、他人とのつながりをすべて絶って生きていくことなどできません。どんなにイヤでも、面倒でも、ある程度は自分を押さえつけて、まわりに合わせて、悩みながら生きていくしかないのです。

 つまり、悩み多き「つながり」や「しがらみ」の中で、どうやって自分のやりたいことと折り合いをつけていくのか。この「折り合いのつけ方」が悩み方の重要なカギとなるのです。

 「ありのまま」か「なるがまま」か

 2014年に映画『アナと雪の女王』が公開されると、多くの人たちが「ありのままに生きよう」といい始めました。では、「ありのままに生きる」とは、どうすることなのでしょうか。それは、自分を前面に押し出して自己主張していく道のことです。

 組織やグループの一員として活動していれば、「もっとこうしたほうがいいのに」「自分はもっとこんなことをしたいのに」ということがたくさん出てきますよね。そういうことを他人や周囲の目を気にせず、どんどん打ち出していく。自分がやりたいことをありのままに推し進めていく道――それが、ありのままです。

 一方の「なるがまま」は、自分を押し殺して他人や周囲に従っていく道です。組織やグループの一員として過ごしていると「これは間違っているのではないか」と思うようなことがありますよね。しかし、そういうことがあってもあえて口にせず、他人や周囲との協調を大切にしながら流れに従っていく。つまり、自己主張を控え、自分をぐっと抑えて、置かれた状況に身を任せていく道――それが、なるがままです。

 私たちが他人との関係や組織との関係で悩んだときには、基本的にこの2つのどちらかの道を選ぶしかありません。要するに、思い切って出ていくのか、出るのを控えてじっとしているのか、流れに逆らってみるのか、流れに従っていくのか。この二者択一なんですね。

 では、どちらを選べばいいのでしょうか。もちろん、それぞれにメリット、デメリットがあります。

 「ありのまま」の自己主張モードになっているときは、交感神経が優位になる傾向が強く、アクセルがかかりすぎて失敗してしまうことが多くなります。反対に、「なるがまま」の他人まかせモードになっているときは、副交感神経が優位になる傾向が強く、ブレーキがかかりすぎて停滞してしまうことが多くなります。

 そのため、「ありのまま」も「なるがまま」も、どちらか一方に偏ってしまうのはダメで、アクセルとブレーキをバランスよく使い分けていく必要があります。必要なときにアクセルを踏み、ブレーキをかけて、臨機応変にコントロールしていく。そうすることで、自分という「車体」をうまく乗りこなせていくことができるのです。

 状況に応じて「ありのまま」か「なるがまま」かを選んでいこう

 ここでは、いくつかの状況を例に、「ありのまま」か「なるがまま」のどちらを選んでいくべきなのか考えてみましょう。

1. 「キャリアをスタートした直後」や「行動が空回りしている」とき

 仕事やスポーツなど、キャリアをスタートしたての頃は自分のプライドをかなぐり捨てて技術やコツを身につけていかなくてはいけません。少しでも早く一人前になるためには、上司の指示にすべて従い、先輩から学べることをどんどん吸収していく必要があります。

 こういった修行の時期には、身も心もすべて「なるがまま」に捧げてしまうくらいでいいでしょう。そのほうが仕事も早く覚えられるし、スポーツでも上達が早くなります。

 それに、「なるがままの流れ」に身を任せると、だんだん全体の流れが見えてくるようになります。仕事の大きな流れがどこに向かっているのか、今の自分はその流れのどのあたりにいるのか、ということが読めるようになるのです。すると、自分の進むべき道筋がみえてきます。

 どれだけ頑張っても、空回りして結果が出せないというときも「なるがまま」に身を任せたほうが解決が早くなるでしょう。こういった時は、もがけばもがくほど自分を見失ってしまうことが多いからです。

 そこで、流れに身を任せてまわりを見渡していく。そうすることで、いろいろなことに気づき、また力を抜いて行動できるようになるので、いい結果に結びついていきます。

2. 「あまりにもひどい組織」や「悪意のある相手」と付き合う場合

 こういったときに、「なるがまま」に身を任せると、取り返しのつかないダメージを被ってしまう可能性があります。

 たとえば、「ブラック企業」とか「ブラックアルバイト」が社会問題にもなっていますが、こういった組織に身をゆだねてしまい、「なるがまま」で働かされてはたまりあせん。会社にいいように使われたあげく、潰されてしまうからです。

 そのため、こういったときは、ダラダラと結論を出すのを先延ばしにしたり、無理に頑張ろうとしたり、何とか関係を修復しようとしたりしてはいけません。「こりゃダメだ」と思った相手や組織に対しては、こちらから見切りをつけて「No!」とはっきりと伝えていく。縁を切ってしまえばいいのです。

 そうして「次」を探すようにしていきましょう。

3. 転職するかどうかで悩んでいる場合

 いまの会社で仕事を続けるべきか、それとも転職をして別の会社に行くべきか。こういう悩みがあるときは、悩みぬく作業をする際に、「自分の何が通用して何が通用しないのか」「自分の力はどういう環境で生かせるものなのか」「いまの会社の何が不満で、次の会社に何を求めているのか」「自分にリスクをはね返していけるだけの力があるのか」といったことを徹底的に考えます。

 そうやって合理的に自分の力量を分析していけば、おのずとどちらの道に進めばいいのかが見極められるはずです。

 その結果、「ありのまま」にチャレンジするには自分はまだ力不足だということが見えてきたのなら、とりあえず現状維持の道を選択し、「なるがまま」の環境でがんばって力を蓄えればいい。「まだ自分には足りないものがたくさんあるんだ」「まだ自分にはチャレンジは時期尚早なんだ」と思い、目の前の仕事や練習をやり抜いていくのです。そうすれば「いつかは自分らしい『ありのまま』の道」へとつながっていきます。

 つまり、「なるがまま」の流れの中でやるべきことをやり抜き、悩むべきことを悩み抜いていけば、迷いが吹っ切れて自分が求める方向、すなわち「ありのままの自分」へと進むことができるのです。

 まとめ

 人生はどう転がるかわかりません。時には安泰に見えた現状維持が失敗につながることもありますし、危険に見えたチャレンジが成功につながることもあります。ある意味では「運次第」だとも言えるでしょう。

 しかし、そういった運に左右されずに、他人や組織とうまくやっていくには、「ありのまま」へ行こうとも、「なるがまま」へ行こうとも、自分らしく輝いていける「ブレない軸」が必要になります。つまり「信念」が必要なのです。

 正しいか間違っているかではありません。「自分はこうやって生きていくのだ」という強い一念を持つのです。こういった信念を持つには、人づきあいの中でもまれ、悩みに悩みぬいていくしかありません。ぜひ、悩みから逃げずに、「ぶれない心」を育てていきましょう。

 関連記事

ネガティブ思考をやめる方法/『脳を最高に活かせる人の朝時間』

 私たちは本当に多くのことを考えている。「お昼ご飯は何を食べようか」「仕事が終わってから何をしようか」など、いつも何かを考えている。しかし、そのおよそ8割がネガティブな内容であることが、研究結果によって明らかになった。も …

あなたはどちらのタイプ?「賢明な人」or「単純な人」

 世の中には、「賢明な人」と「単純な人」の2種類が存在する――と、大阪大学社会経済研究所の大竹文雄教授は言います。  ここでいう「賢明な人」とは、目標を掲げ、その目標をやり切ると周りに宣言し、コミットする人のこと。もしく …

「自己否定」をやめれば幸せになれる/がんばらない成長論

 がんばって努力して、勉強して、学んで、訓練して…。そうしないと「成長できない」と思っていませんか。私はそう思ってがんばってきました。うまくいかないのは「自分のがんばりが足りない」からだと考えてきました。  しかし、心屋 …

「できない人」が「できる人」との差を簡単に縮める方法

 「できる人」と「できない人」の差は、実はそれほど大きくない。できる人とは、「誰にもマネできないような大きな仕事を成し遂げられる人」のことではなく、「多くの人が意外とできていない基本をきっちりとしている人」のことだからだ …

天才アーティストに共通する「表現力」とは

 レオナルド・ダ・ヴィンチであれ、ココ・シャネルであれ、スティーブ・ジョブズであれ、天才と呼ばれるアーティストには、ある共通点がある。それは、「シンプル(=単純)に表現する」ということだ。  たとえば、シャネル。彼女は帽 …

「お腹痩せ」には過剰な食事制限や運動など不要/『腹だけ痩せる技術』

 これからダイエットしようと思っているのなら、お腹だけがぽっこりしているかどうか確認してほしい。もし、お腹だけがぽっこりしていて、あとはそれほど太っていないようなら、過剰な食事制限や運動などしなくても簡単に痩せられる可能 …

報われない努力は今すぐやめ、報われる努力をしよう

 「努力」には、「報われる努力」と「報われない努力」があります。  まず、「報われない努力」とは、才能もないのに、その才能を伸ばそうと必死になって努力すること。  たとえば、バレーボールの元全日本代表選手である大林素子さ …

自分のアタマで答えを導き出す3つの方法/『0ベース思考』

 私たちは「自分の能力」を過大に評価してしまう傾向がある。たとえば、「あなたは運転がうまいですか?」という質問に対して、多くの人が「人並み以上にうまい」と答えている。どうやら私たちは「他人よりも優れている」と思い込んで生 …

老後貧乏にならないために、楽しみながら節約する方法

 老後に備えて貯蓄していますか?  「老後なんてまだまだ先の話だよ!」と考え、今を優雅に暮らしている人も多いと思いますが、一般的に老後に必要なお金は「3000万円程度」だと言われています。それだけのお金を貯めることができ …

消費税増税に文句を言っても仕方がない/有権者なら選挙に行こう

 「政治家のイメージは?」と聞かれて「良い」と答える人は少ない。なぜなら、「国民のためよりも、自分のために働いている」ようにしか見えない政治家が多いからだ。実際、国会でのやり取りを聞いてみても、ひたすら相手の意見を批判し …