あなたの文章には独自の視点がありますか?最後まで読みたくなる文章の書き方

ブログ運営

同じテーマについて書かれた文章でも、「最後まで読みたい!」と思える文章もあれば、途中で寝てしまいそうになる文章もありますよね。

この差はいったいどこにあるのでしょうか。

結論から言えば、「独自の視点」があるかどうかです。たとえば…。

スポンサーリンク

当たり前のことを言っても読者の心には響かない

次の文章を読んだとき、続きを読みたいと思いますか?

  • もっと親孝行しましょう
  • 人にはやさしくしましょう
  • 子どもを甘やかせてはいけません

あまりにも「ありふれた言葉」なので、続きを読みたいとは思いませんよね。

最後まで読んでもらうには、「なぜこれが言えるの?」と疑問が浮かぶ独自の視点が必要です。

もちろん、結論では「なるほど!」と思わせる説得力が必要ですが、まずはじめに「なぜ?」と思ってもらえなければ、読んでさえもらえません。

そこで、独自の視点で文章を書く必要が出てくるわけですが、次の2つを意識することで独自の視点を生み出します。

  1. 人と正反対の意見を主張する
  2. 常識を一段掘り下げて考える

それぞれ簡単に説明していきます。

スポンサーリンク

1. 人と正反対の意見を主張する

すでに多くの人が使っている方法ですが、あえて人とは正反対の意見を主張します。

たとえば、

  • いじめはいじめられるヤツが悪い
  • 結婚するなんて時間とお金のムダだ
  • 大企業で働いているのは自立していないヤツだ

などなど、多くの人が常識と思っている意見と正反対の意見を主張することで独自の視点を生み出します。

実際、このような文章を読むと、「なぜ?」と疑問に思いますよね。自分の常識が覆されるので、その理由を知りたくなるはずです。

こうして、人と正反対の意見を主張をすれば、読者を惹きつけられるのですが…。

一方で、この方法はインパクトがあるだけに、「なぜ、それが言えるのか?」を論理的に説明できないと炎上します。

これを逆手にとって論理武装をせずに炎上マーケティングをしている人もいますが、信用をなくすのでやめた方がいいでしょう。

というわけで、論理武装は必要ですが、それさえ出来れば、人と正反対の意見を主張をするのは効果的です。

最後まで読者を惹きつけることができますよ。

スポンサーリンク

2. 常識を一段掘り下げて考える

たとえば、「もっと親孝行しましょう」と主張する場合、「なぜ、もっと親孝行する必要があるのか」を深掘りします。

そもそも、親孝行とは何でしょうか。

  • 親に何かをしてあげること?
  • 親が何不自由なく生きられるようにサポートすること?
  • 子どもである私たち自身が幸せになること?

このように、親孝行ひとつとっても、捉え方次第でなんとでも書けますよね。この捉え方が「独自の視点」です。

では、どうすれば独自の視点、つまり捉え方を変えられるかと言うと…。

ひとつは、常識に対して「なぜ?」という疑問をもち、その疑問に自分のアタマで考えて答えを導き出すことです。

先ほどの例のように、「なぜ、親孝行をする必要があるのか?」を考えるんですよね。

あまり関係のないものと組み合わせてみるのもいいでしょう。

たとえば、「親孝行」と「メガネ」を組み合わせて、「年を取ると目が悪くなる。だからメガネを買ってあげることが親孝行だ」なんて主張をすると、それだけで面白い文章が書けそうですよね。

つまり、常識を一段掘り下げて、独自の視点を生み出すのです。

独自の視点を見つけたら動きを加えよう

こうして「独自の視点」を見つけたら、次はその視点に動きを加えます。

映画でも小説でも、同じシーンを長々と見せられたら飽きてしまいますよね。それと同じです。

たとえば、「親孝行なんて不要だ」と主張したい場合、次のような構成を考えます。

  1. 最近の親は子供化している。子供のことよりも自分のことばかり考えている。
  2. 昔の親は自分を犠牲にしても、子供を守ってきた。子供を大切にしてきた。
  3. 超高齢化社会に突入すると、子供化した親の面倒を見る余裕がなくなる。よって、親を自立させるためにも、親を甘やかせるような親孝行はいらない。

この例では、「現在」から「過去」、「未来」へと視点をずらしながら親孝行が不要な理由を説明しています。

こうすれば、文章に広がりができ、説得力が増しますよね。

他にも、「子ども」から「親」、そして「社会」というように、立場を変えて視点を動かしていくのもひとつの方法です。

とにかく、視点を動かせば、文章に深みや広がりができるので、読者を惹きつけることができますよ。

最後に

今回は、最後まで読みたくなる文章を書く方法を紹介してきました。

ありふれた言葉を並べるのではなく、常識と正反対の意見を主張をしたり、常識を一段掘り下げるなど、自分のアタマで考えて意見することが大切なんですよね。

それに加えて、時間軸や立場を変えて視点を動かせば、説得力が高まり、読者を惹きつけることができます。

とはいえ、こうした文章を書くには、普段からさまざまなものに目を向けて、常識を疑ったり、異なるものを組み合わせて考えるなどの訓練が必要です。

そのため、はじめは上手く書けないかもしれませんが、独自の視点を意識して文章を書くクセをつければ、きっと読者の心に届く、最後まで読んでもらえる文章が書けるはずです。

ぜひ、挑戦してください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました