webstation plus

worry_01

 悩みって本当に尽きないですよね。

  • 自分のやりたいことが見つからない
  • 頑張っているのに誰も認めてくれない
  • 同じ失敗を何度も繰り返してしまう

 などなど。もし、このような悩みを抱えているようなら、「前提」を疑ったほうが良いかもしれません。悩まなくてもいいことに、悩んでいるかもしれないからです。

 今回は、本『悩まない!技術』を参考に、悩みを解決するリフレーミング思考について紹介します。

 「悩み」が解決しない二つの理由

 悩みが解決できない理由は、大きく二つあります。

 まず一つ目は、特定の考え(フレーム)に捉われ、選択肢がなくなっているから。

 同じ失敗を何度も繰り返す人っていますよね。こういった人は、上手くいっていないにもかかわらず、「今度こそは!」と気合と根性で乗り越えようとします。もちろん、やり方を変えない限り上手くいきません。

「狂気とは、同じことを何回も繰り返しながら、違った結果を期待することだ」

 とアインシュタインも言っているように、考え方、やり方を変えない限り悩みは解決できないんですよね。

 悩みが解決しないもう一つの理由は、解決できないことに解決を求めているから。

 たとえば、「自分のやりたいことが見つからない」「こんな性格を何とか変えたい」「私には運もツキもない」といった悩み。このような悩みにはリフレーミング思考で対応します。

  • それは本当に解決しないといけない困ったことなの?
  • その個性を持ち味としてプラスにすることはできないの?
  • そう思い込んでいるだけで自ら落とし穴にはまっていない?

 こうした疑問を持ち、当たり前だと思っている前提を見直せば、多くの悩みが解決できます。もう少し詳しく説明していきますね。

 リフレーミング思考の3ステップ

 リフレーミング思考は、3つのステップで実践します。具体的には、

  1. 悩みの元となる事象を明らかにする
  2. 前提となる枠組みを見つけ出す
  3. フレームを変えて悩みを見直してみる

1. 悩みの元となる事象を明らかにする

 私たちは起こった出来事に、判断や解釈をしています。たとえば、

私は空気が読めない人間です

 これは事実ではなく解釈ですよね。事実は、「個人主義的な行動を取ることが多い」「周囲に安易に同調しようとしない」「他人への配慮に欠けるときがある」です。

 このように、起こった出来事(事象)をできるだけ疑いのない事実として取り出すことがリフレーミング思考の最初のステップです。

2. 前提となる枠組みを見つけ出す

 次は、事実を解釈する枠組み(フレーム)を探します。

 たとえば、他人への配慮に欠けるときがあるので、触れてはいけないことを指摘して相手が傷ついてしまった場合。なぜ、その行動で悩むのかというと、

  • 触れてほしくないことには、触れるべきではないから(道徳、規範)
  • 傷つけてしまうと、後の仕事がやりづらくなるから(成功法則)
  • いつも私はそうしてしまうから(知覚)

 といったフレームが見つかるはず。フレームを探すときのポイントは、「なぜ、なぜ、なぜ…」と、考えや行動の理由を掘り下げていくことです。

3. フレームを変えて悩みを見直してみる

 では、最後にフレームを変えて問題を捉えなおします。先ほどの例だと、

「触れてほしくないことには、触れるべきではないから」
⇒言うべきことは言った方がいいのでは?
⇒傷つけた相手も自分を見直すキッカケになるよね?
⇒それができるから問題が解決していくのでは?

 というように、問題を捉えなおします。そうすれば、問題だと思っていたことが、実は自分の長所だということに気づきます。こちらのエントリでも紹介しています。

 このように、私たちは悩まなくてもいいことで悩んでいるのかもしれませんね。

 最後に

 今回は、本『悩まない!技術』を参考に、悩みを解決するリフレーミング思考について紹介しました。もし、悩まなくてもいいことで悩んでいるようなら、この機会にリフレーミング思考を試してみてはどうでしょうか。

 より詳しい内容を知りたい方は、ぜひ本書を読んでください。

 関連記事

「幸せな人」は知っていて「不幸な人」が知らないこと

 「幸せになりたい!」と願っても、なかなか幸せにはなれませんよね。そんなとき、 ・お金持ちになりたい ・いい仕事をして成果を上げたい ・友人や家族に恵まれたい  など、今すぐ実現したいことが山ほど浮かんできます。一方で、 …

自律神経を整えれば運が良くなる/流れを変える悩み方

 「最近調子が良くないなぁ。体の具合もよくないし、仕事も不調続き。ほんと何をやってもうまくいかない」――こうした「悪い流れ」にハマっているときは、自律神経のバランスが乱れているといいます。  では、自律神経のバランスはど …

失敗しないマンションの選び方

 家が欲しくなることありませんか?  私はときどき無性に欲しくなることがあります。どれだけお金を支払っても自分のものにはならない借家に住んでいるからでしょうか。ふとした瞬間に虚しさを覚えるんですよね。  とはいえ、「家」 …

なぜお金があっても幸せになれないの?/『金持ちゾウさん、貧乏ゾウさん』感想

(※『金持ちゾウさん、貧乏ゾウさん』表紙より)  お金があると幸せになれると思っていませんか。  私はそう思っていました。しかし、ある統計によると、すべての人が「年収があと20%増えたら生活が豊かになる」と答えたそうです …

脳科学者がつきとめた「運が良くなる」3つの方法

 仕事でも、お金でも、恋愛でも、「運のいい人」っていますよね。それほど頑張っているわけでもないのに、結果を出しているわけでもないのに、出世したり、お金持ちだったり、異性にモテたり…と、遠くから眺めているだけで羨ましくなる …

あなたはどちらのタイプ?「賢明な人」or「単純な人」

 世の中には、「賢明な人」と「単純な人」の2種類が存在する――と、大阪大学社会経済研究所の大竹文雄教授は言います。  ここでいう「賢明な人」とは、目標を掲げ、その目標をやり切ると周りに宣言し、コミットする人のこと。もしく …

「子供のままでいること」をオシャレだと思っていませんか?

 クール・ジャパンという言葉が3年ほど前から使われるようになり、日本独自の文化を世界中に発信しようという流れが広がっています。なかでも「KAWAii文化」が世界中から注目されていますよね。  その代表と言われているのが、 …

「もう諦めよう」と弱気になったときはスポーツ選手の名言に学べ

 新しいことを始めても、すぐに諦めてしまう。「自分には才能がないんだ」なんて言い訳をして、また違うことを始めようとする。しかし、そうやって始めた新しいこともすぐに諦めてしまう。またまた「才能がなかったんだ…」という言い訳 …

不幸な境遇でも幸せに生きる方法

(※『雨の日も、晴れ男』表紙より)  「私はなんて不幸なんだ!」と嘆いていませんか?  そんな方にオススメの本が水野敬也さんの『雨の日も、晴れ男』。次々と襲いかかってくる不幸にもめげず、明るく前向きに生きる主人公に共感で …

自分らしさなんて追い求めるものじゃない

(※『地球星人』表紙より)  自分らしく生きていますか?  私は自分らしく生きていると思っていましたが、村田沙耶香さんの小説『地球星人』を読んで「自分らしさとは何なんだろう」と考えるようになりました。  というよりも、む …