webstation plus

worry_01

 悩みって本当に尽きないですよね。

  • 自分のやりたいことが見つからない
  • 頑張っているのに誰も認めてくれない
  • 同じ失敗を何度も繰り返してしまう

 などなど。もし、このような悩みを抱えているようなら、「前提」を疑ったほうが良いかもしれません。悩まなくてもいいことに、悩んでいるかもしれないからです。

 今回は、本『悩まない!技術』を参考に、悩みを解決するリフレーミング思考について紹介します。

 「悩み」が解決しない二つの理由

 悩みが解決できない理由は、大きく二つあります。

 まず一つ目は、特定の考え(フレーム)に捉われ、選択肢がなくなっているから。

 同じ失敗を何度も繰り返す人っていますよね。こういった人は、上手くいっていないにもかかわらず、「今度こそは!」と気合と根性で乗り越えようとします。もちろん、やり方を変えない限り上手くいきません。

「狂気とは、同じことを何回も繰り返しながら、違った結果を期待することだ」

 とアインシュタインも言っているように、考え方、やり方を変えない限り悩みは解決できないんですよね。

 悩みが解決しないもう一つの理由は、解決できないことに解決を求めているから。

 たとえば、「自分のやりたいことが見つからない」「こんな性格を何とか変えたい」「私には運もツキもない」といった悩み。このような悩みにはリフレーミング思考で対応します。

  • それは本当に解決しないといけない困ったことなの?
  • その個性を持ち味としてプラスにすることはできないの?
  • そう思い込んでいるだけで自ら落とし穴にはまっていない?

 こうした疑問を持ち、当たり前だと思っている前提を見直せば、多くの悩みが解決できます。もう少し詳しく説明していきますね。

 リフレーミング思考の3ステップ

 リフレーミング思考は、3つのステップで実践します。具体的には、

  1. 悩みの元となる事象を明らかにする
  2. 前提となる枠組みを見つけ出す
  3. フレームを変えて悩みを見直してみる

1. 悩みの元となる事象を明らかにする

 私たちは起こった出来事に、判断や解釈をしています。たとえば、

私は空気が読めない人間です

 これは事実ではなく解釈ですよね。事実は、「個人主義的な行動を取ることが多い」「周囲に安易に同調しようとしない」「他人への配慮に欠けるときがある」です。

 このように、起こった出来事(事象)をできるだけ疑いのない事実として取り出すことがリフレーミング思考の最初のステップです。

2. 前提となる枠組みを見つけ出す

 次は、事実を解釈する枠組み(フレーム)を探します。

 たとえば、他人への配慮に欠けるときがあるので、触れてはいけないことを指摘して相手が傷ついてしまった場合。なぜ、その行動で悩むのかというと、

  • 触れてほしくないことには、触れるべきではないから(道徳、規範)
  • 傷つけてしまうと、後の仕事がやりづらくなるから(成功法則)
  • いつも私はそうしてしまうから(知覚)

 といったフレームが見つかるはず。フレームを探すときのポイントは、「なぜ、なぜ、なぜ…」と、考えや行動の理由を掘り下げていくことです。

3. フレームを変えて悩みを見直してみる

 では、最後にフレームを変えて問題を捉えなおします。先ほどの例だと、

「触れてほしくないことには、触れるべきではないから」
⇒言うべきことは言った方がいいのでは?
⇒傷つけた相手も自分を見直すキッカケになるよね?
⇒それができるから問題が解決していくのでは?

 というように、問題を捉えなおします。そうすれば、問題だと思っていたことが、実は自分の長所だということに気づきます。こちらのエントリでも紹介しています。

 このように、私たちは悩まなくてもいいことで悩んでいるのかもしれませんね。

 最後に

 今回は、本『悩まない!技術』を参考に、悩みを解決するリフレーミング思考について紹介しました。もし、悩まなくてもいいことで悩んでいるようなら、この機会にリフレーミング思考を試してみてはどうでしょうか。

 より詳しい内容を知りたい方は、ぜひ本書を読んでください。

 関連記事

睡眠不足は眠り始めの90分で解消できる!?最高の睡眠法

 睡眠不足に悩まされていませんか。 ・朝の目覚めが悪い ・どれだけ寝ても眠い ・昼食後は眠たくて仕方がない  などなど、睡眠の悩みを抱えている人は多いはず。しかし、寝だめをしたところで睡眠不足が解消できるわけではありませ …

幸せになりたいなら今すぐやるべき3つのこと

(※『四つ話のクローバー』表紙より)  幸せになりたいと思っていませんか?  しかし、どれだけ幸せになりたいと願っても、今のままでは幸せになれません。幸せになれる人は、今この瞬間も幸せを感じているからです。  では、どう …

残業しても評価されない時代がやってきた!?

 週休三日と聞いてどう思いますか?  「休みが増えて嬉しい!」と思う人もいるでしょうが、それほど単純な話ではありません。これまでと同じ成果を出しながら休まなくてはいけないからです。  ヤフーではすでに2017年4月から子 …

「自分の時間を大切にしている人」が絶対にしないこと

 それはバカと付き合うことです。ここで言うバカとは学力の話ではなく、思考停止に陥って、会話をしても何も得られるものがない人のことです。  そんなバカと付き合っている暇があるなら、やりたいことに時間を割いた方がいいですよね …

失敗が成功を生み出す!?脳を進化させる3つの掟

 仕事や人間関係、スポーツなどで失敗したとき、あれこれ思い悩んでいませんか。  もし、そうだとしたら、損をしているかもしれません。失敗はオシッコをするのと同じくらい当然の出来事だからです。  今回は、本『英雄の書』を参考 …

天才アーティストに共通する「表現力」とは

 レオナルド・ダ・ヴィンチであれ、ココ・シャネルであれ、スティーブ・ジョブズであれ、天才と呼ばれるアーティストには、ある共通点がある。それは、「シンプル(=単純)に表現する」ということだ。  たとえば、シャネル。彼女は帽 …

人間関係の悩みはすべて自分に原因があった

 『図書館内乱』の感想にも書きましたが、人間関係って難しいですよね。  しかも、人間関係の悩みのほとんどは他人に原因があると考えがちですが、『自分の小さな箱から脱出する方法』によると、実は自分にあるそうです。  「そんな …

自律神経を整えれば運が良くなる/流れを変える悩み方

 「最近調子が良くないなぁ。体の具合もよくないし、仕事も不調続き。ほんと何をやってもうまくいかない」――こうした「悪い流れ」にハマっているときは、自律神経のバランスが乱れているといいます。  では、自律神経のバランスはど …

35歳から始まる「第二の人生」を楽しむためのチェックリスト5つ

 35歳という年齢は、第二の人生のスタート地点だといわれています。  たとえば、仕事。「転職35歳限界説」が巷でささやかれているように、35歳を過ぎると転職のハードルが高くなり、よほどスゴイ専門性があるか、もしくはマネジ …

自分にあった本を選んでる?専門書が読めない人のための読書術

 仕事や勉強で専門書を読む必要に迫られたとき、すぐに挫折していませんか。  私はよく挫折していました。高いお金を出して専門書を買ったのに、本棚に並べておしまい…。これではダメですよね。  もし、私と同じように挫折している …