webstation plus

 どれだけ忙しくても、きちんとしている人いますよね。

 普段からキリッとした服装をして、行動もテキパキ。家の中もキレイに片付いていてスタイリッシュ。そんな人になりたいと思いませんか?

 「無意識の美意識」さえ押さえてしまえば、すべてを完璧にしなくても「きちんとしている」と思われるくらしは手に入ります。

 とは、『「忙しいのにきちんとしている」と言われる人の31のルール』に書かれていた言葉ですが、実はちょっとした習慣を身につけるだけで「片付けられない」は治せます。

 そこで今回は、片付けられないと悩んでいる人にオススメの3つの習慣を紹介していきますね。

 1. まず「見える部分だけ」をきれいにする

 片付けの鉄則をご存知ですか?それは:

  1. しまってあるものをすべて出す。
  2. 不要なものを整理する。
  3. しまいやすいように入れ直す。

 という順番でやることです。たしかに、この方法を実践すれば確実に片付けられるでしょう。しかし、押入れの中など、見えない部分から始めるとどうなるでしょうか。大仕事になるので、途中でイヤになりませんか。こうして片付けられなくなるんですよね。

 そのため、まずは「見える部分」に絞ってキレイにしてみようということなんです。新しい服を着ると気分までスッキリしますよね。それと同じで、見える部分が片付くと気分がスッキリします。すると、他の場所まで片付けたくなる。こうして片付けられる範囲がどんどん広がっていくわけですね。

 というわけで、最初から気合を入れ過ぎずに、「見える部分」に絞って片付けてみてはどうでしょうか。

 2. 隙間時間を使って少しずつ片付ける

 食後の片付けってものすごく時間がかかりますよね。私の家では30分以上かかっています。

 しかし、やり方次第では「10分以内」に終わらすことができます。その方法とは、料理の合間にどんどん調理器具を洗い、片付けていくこと。

 たとえば、卵を焼き始めた数秒後には、卵を溶いたボウルをササッと洗う。野菜を切って鍋に入れたその手で、まな板を洗って水切り台に立てかける。炒め物が終わったら、ふきんでコンロ回りの汚れを拭き取る。そうすれば、食後の片付けが大幅に楽になります。

 読書好きの人たちが1分でも隙間時間をみつけたら読書しているように片付けていくわけですね。そうすれば、片付けのための時間をわざわざとる必要がなくなります。ぜひ、隙間時間を活用してください。

 3. ついでを増やす

 「掃除をしよう!」と決意して、その日はきれいに掃除できたとしても長続きしませんよね。それは、「やろう!」という気合いが長続きしないからです。

 そこで、習慣づけておきたいのが「ついで掃除」。たとえば、トイレを使ったらついでにブラシでこする、お風呂に入ったらシャンプーのボトルや蛇口、シャワーや床、壁などをついでに洗うようにします。それくらいなら気合いを入れなくてもできますよね。しかも、そうすることでキレイな状態が維持できます。

 私ならどうやって時間密度を高めるのか。「ある行為に、二つも三つもの意味を持たせる」「一つの行為を、いくつかの目的のために利用する」のです。

 とは、マネーの虎に出演されていた臼井由妃さんの言葉ですが、片付けもこの方法が使えます。わざわざ片付ける時間をつくらずに、何かのついでに片付けてしまうのです。これが習慣づけば、無意識のうちにキレイな状態が維持できるようになりますよ。

 最後に

 「片付けられない人」というのは、片付けに気合いを入れ過ぎているから片付けられないのではないでしょうか。今回紹介した3つの習慣は、どれも小さな行為でしかありません。しかし、その小さな行為の積み重ねで「きちんとしている暮らし」が手に入ります。

 私も、お風呂に入ったときには、シャンプーのボトルや浴槽のフタなどを洗うようにしていますが、それだけでも気分がスッキリするんですよね。他の場所までキレイにしたくなります。もし、私と同じように片付けられないと悩んでいるようなら、お試しください。

 関連記事

なぜ、速読に挑戦してもほとんどの人が失敗してしまうのか?

 あなたの時間は限られている。だから他人の人生を生きたりして無駄に過ごしてはいけない。  とは、スティーブ・ジョブズの言葉ですが、この言葉どおり私たちの人生には限りがあります。そこで、本を読む必要に迫られている人たちや多 …

ムダを省けば時間が増える/『必要なものがスグに!とり出せる整理術! 』

 私たちはよく「時間がない」といって嘆いている。遊ぶ時間がない、本を読む暇がない、仕事をする時間が足りない…。しかし、このように時間が足りないのは、実は「片づけ」をしていないことに原因があるかもしれない。  アメリカのビ …

天才アーティストに共通する「表現力」とは

 レオナルド・ダ・ヴィンチであれ、ココ・シャネルであれ、スティーブ・ジョブズであれ、天才と呼ばれるアーティストには、ある共通点がある。それは、「シンプル(=単純)に表現する」ということだ。  たとえば、シャネル。彼女は帽 …

東大物理学者が教える「考える力」の鍛え方

 最近、年度末ということもあり、来年度にやる仕事内容を整理しているのですが、「考える力が足りていない!」と上司から叱られています。  とはいえ、私としては精一杯考えているつもり。このギャップを埋めるにはどうすればいいの? …

時間とお金が貯まる片づけ法/『トヨタの片づけ』

 もし、「片づけ」をしていないなら損をしている。多くのムダが発生しているからだ。具体的には次の四つのムダが発生している。 スペースのムダ 時間のムダ 間違えるムダ とりに行くムダ  たとえば、家事が苦手な人を例に考えてみ …

なぜ、億万長者はピンチになっても諦めないのか

 「失敗の多くは、成功するまでにあきらめてしまうところに、原因があるように思われる。最後の最後まで、あきらめてはいけないのである」とは、松下幸之助さんの言葉だが、過去のエントリでも紹介したように、私たちはすぐに自分の才能 …

「現実を愛せない人」に幸せは訪れない/今よりも幸せになる方法

 私たちが苦しんだり、悩んだりしているのは、現実を受け入れられないときだ。たとえば、結婚相手がイメージしていた人と違っていたとき。真面目で優しい人だと思っていた相手が、実は浮気性で夜遊びがヒドイことに気づいたときなど、私 …

「ありのまま」か「なるがまま」か/ぶれない心を育てる方法

 前回、「悩みを解決したいのなら、悩みから逃げるのではなく、徹底的に悩みぬこう」というエントリを書きましたが、今回は前回と少し視点を変えて悩みについて考えてみたいと思います。  心理学者であるアルフレッド・アドラーは、「 …

「できない人」が「できる人」との差を簡単に縮める方法

 「できる人」と「できない人」の差は、実はそれほど大きくない。できる人とは、「誰にもマネできないような大きな仕事を成し遂げられる人」のことではなく、「多くの人が意外とできていない基本をきっちりとしている人」のことだからだ …

ネガティブ思考をやめる方法/『脳を最高に活かせる人の朝時間』

 私たちは本当に多くのことを考えている。「お昼ご飯は何を食べようか」「仕事が終わってから何をしようか」など、いつも何かを考えている。しかし、そのおよそ8割がネガティブな内容であることが、研究結果によって明らかになった。も …