webstation plus

 どれだけ忙しくても、きちんとしている人いますよね。

 普段からキリッとした服装をして、行動もテキパキ。家の中もキレイに片付いていてスタイリッシュ。そんな人になりたいと思いませんか?

 「無意識の美意識」さえ押さえてしまえば、すべてを完璧にしなくても「きちんとしている」と思われるくらしは手に入ります。

 とは、『「忙しいのにきちんとしている」と言われる人の31のルール』に書かれていた言葉ですが、実はちょっとした習慣を身につけるだけで「片付けられない」は治せます。

 そこで今回は、片付けられないと悩んでいる人にオススメの3つの習慣を紹介していきますね。

 1. まず「見える部分だけ」をきれいにする

 片付けの鉄則をご存知ですか?それは:

  1. しまってあるものをすべて出す。
  2. 不要なものを整理する。
  3. しまいやすいように入れ直す。

 という順番でやることです。たしかに、この方法を実践すれば確実に片付けられるでしょう。しかし、押入れの中など、見えない部分から始めるとどうなるでしょうか。大仕事になるので、途中でイヤになりませんか。こうして片付けられなくなるんですよね。

 そのため、まずは「見える部分」に絞ってキレイにしてみようということなんです。新しい服を着ると気分までスッキリしますよね。それと同じで、見える部分が片付くと気分がスッキリします。すると、他の場所まで片付けたくなる。こうして片付けられる範囲がどんどん広がっていくわけですね。

 というわけで、最初から気合を入れ過ぎずに、「見える部分」に絞って片付けてみてはどうでしょうか。

 2. 隙間時間を使って少しずつ片付ける

 食後の片付けってものすごく時間がかかりますよね。私の家では30分以上かかっています。

 しかし、やり方次第では「10分以内」に終わらすことができます。その方法とは、料理の合間にどんどん調理器具を洗い、片付けていくこと。

 たとえば、卵を焼き始めた数秒後には、卵を溶いたボウルをササッと洗う。野菜を切って鍋に入れたその手で、まな板を洗って水切り台に立てかける。炒め物が終わったら、ふきんでコンロ回りの汚れを拭き取る。そうすれば、食後の片付けが大幅に楽になります。

 読書好きの人たちが1分でも隙間時間をみつけたら読書しているように片付けていくわけですね。そうすれば、片付けのための時間をわざわざとる必要がなくなります。ぜひ、隙間時間を活用してください。

 3. ついでを増やす

 「掃除をしよう!」と決意して、その日はきれいに掃除できたとしても長続きしませんよね。それは、「やろう!」という気合いが長続きしないからです。

 そこで、習慣づけておきたいのが「ついで掃除」。たとえば、トイレを使ったらついでにブラシでこする、お風呂に入ったらシャンプーのボトルや蛇口、シャワーや床、壁などをついでに洗うようにします。それくらいなら気合いを入れなくてもできますよね。しかも、そうすることでキレイな状態が維持できます。

 私ならどうやって時間密度を高めるのか。「ある行為に、二つも三つもの意味を持たせる」「一つの行為を、いくつかの目的のために利用する」のです。

 とは、マネーの虎に出演されていた臼井由妃さんの言葉ですが、片付けもこの方法が使えます。わざわざ片付ける時間をつくらずに、何かのついでに片付けてしまうのです。これが習慣づけば、無意識のうちにキレイな状態が維持できるようになりますよ。

 最後に

 「片付けられない人」というのは、片付けに気合いを入れ過ぎているから片付けられないのではないでしょうか。今回紹介した3つの習慣は、どれも小さな行為でしかありません。しかし、その小さな行為の積み重ねで「きちんとしている暮らし」が手に入ります。

 私も、お風呂に入ったときには、シャンプーのボトルや浴槽のフタなどを洗うようにしていますが、それだけでも気分がスッキリするんですよね。他の場所までキレイにしたくなります。もし、私と同じように片付けられないと悩んでいるようなら、お試しください。

 関連記事

自分のアタマで答えを導き出す3つの方法/『0ベース思考』

 私たちは「自分の能力」を過大に評価してしまう傾向がある。たとえば、「あなたは運転がうまいですか?」という質問に対して、多くの人が「人並み以上にうまい」と答えている。どうやら私たちは「他人よりも優れている」と思い込んで生 …

「自己否定」をやめれば幸せになれる/がんばらない成長論

 がんばって努力して、勉強して、学んで、訓練して…。そうしないと「成長できない」と思っていませんか。私はそう思ってがんばってきました。うまくいかないのは「自分のがんばりが足りない」からだと考えてきました。  しかし、心屋 …

自分らしく生きるために必要な力/『直感力』

 私たちは「お昼ご飯」から「結婚相手」にいたるまで、さまざまなことを自由に選択することができる。しかし、「お昼ご飯」でも「結婚相手」でも、すべての選択肢を検討することなどできない。そんなことをしていては、どれだけ時間があ …

悩みから逃げちゃダメ/仕事の不安を今すぐ取り除く方法

 新しい職場に異動してから3週間が経過したのですが、いまだに新しい職場に馴染めず、6kg近く痩せてしまいました。以前の職場に比べて求められている仕事の質と量が圧倒的に違っていたからです。  そこで、前の職場の先輩や友人た …

東大物理学者が教える「考える力」の鍛え方

 最近、年度末ということもあり、来年度にやる仕事内容を整理しているのですが、「考える力が足りていない!」と上司から叱られています。  とはいえ、私としては精一杯考えているつもり。このギャップを埋めるにはどうすればいいの? …

老後貧乏にならないために、楽しみながら節約する方法

 老後に備えて貯蓄していますか?  「老後なんてまだまだ先の話だよ!」と考え、今を優雅に暮らしている人も多いと思いますが、一般的に老後に必要なお金は「3000万円程度」だと言われています。それだけのお金を貯めることができ …

「ありのまま」か「なるがまま」か/ぶれない心を育てる方法

 前回、「悩みを解決したいのなら、悩みから逃げるのではなく、徹底的に悩みぬこう」というエントリを書きましたが、今回は前回と少し視点を変えて悩みについて考えてみたいと思います。  心理学者であるアルフレッド・アドラーは、「 …

「幸せな人」にはあって、「不幸な人」には足りていないもの

 あなたは、幸せですか?  この質問に「幸せじゃない!」と答えられた方は、これから紹介する方法を試してみてはどうでしょうか。きっと、幸せを感じられるはず。  そもそも、幸せとは何でしょうか? ・お金持ちになること? ・い …

「子供のままでいること」をオシャレだと思っていませんか?

 クール・ジャパンという言葉が3年ほど前から使われるようになり、日本独自の文化を世界中に発信しようという流れが広がっています。なかでも「KAWAii文化」が世界中から注目されていますよね。  その代表と言われているのが、 …

失敗しないマンションの選び方

 家が欲しくなることありませんか?  私はときどき無性に欲しくなることがあります。どれだけお金を支払っても自分のものにはならない借家に住んでいるからでしょうか。ふとした瞬間に虚しさを覚えるんですよね。  とはいえ、「家」 …