webstation plus

 お金欲しいですよね。

 お金があれば欲しいものが買えるだけでなく、多くの問題が解決できます。

 たとえば、学歴もそうかもしれません。数年前に学年でビリだったギャルが1年間で偏差値を40も上げて慶應義塾大学に現役合格したというストーリーが描かれた本『ビリギャル』が話題になりましたが…。

 実は、彼女の家はお金持ちで、通っていたのは中高一貫の女子高校。塾の費用も年間100万円以上かけていたそうです。

 つまり、それだけの資力があったからこそ彼女は慶應に合格できたのです。偏差値30の高校にいた子が努力だけで一気に偏差値を上げて、慶應に合格した話ではありません。

 とはいえ、お金があれば幸せになれるわけでもありません。むしろ、お金があれば幸せになれると信じている人ほど搾取される可能性が高いんですよね。

 商業主義に煽られていませんか?

 国税庁の民間給与実態統計調査(2018年)によると、日本の平均年収は441万円だそうです。

 もちろんこの数字は平均ですから、高所得者に引っ張られています。最も割合が多いのは、「年収300万円超から400万円以下」。つまり、年収300万円代が一般的なのです。

 ところが、このような現実を踏まえずに「年収1000万円を目指そう」とか、「投資や副業で一気に儲けよう」という話題が後を絶ちませんよね。

 このような話にのってしまうと、痛い目をみることになりかねません。

 たとえば、努力崇拝主義に陥るのもその一つです。思うようにいかないのは努力が足りないからだと考え、自分を責め、うつ病や燃え尽き症候群になる可能性が高まります。

 高額セミナーに行ったり、よくわからない情報商材を買ってしまったりと金銭的なダメージを受けることもあるでしょう。

 投資に手を出してしまうのもその一つです。年収400万円もあれば平均的なのに、もっと稼がないとダメだとか、将来が不安になって、ついつい手を出してしまう…。

 ところが株やFXはプロが儲ける仕組みになっています。素人が簡単に勝てる可能性はものすごく低いんですよね。

 もちろん、そのことをわかった上で投資するのなら良いのですが、投資すればお金が稼げると単純に考えて手を出してしまうと痛い目を見ることになります。

 このように、私たちのまわりには、自分の稼ぎを得るために「もっとお金を稼ごう」と煽る人たちで溢れています。そんな話に振りまわされないようにしたいですね。

 お金持ちになるリスクを知っていますか?

 実は、会社員はお金持ちにはなれません。会社でどれだけ成果をあげても給料が一気に増えることはないからです。

「企業(資本家)は、利益を社員(労働者)には分配しない――」

 と、マルクスが『資本論』で明確に指摘しているように、会社に雇われている限り、大きなリターンが得られることはないんですよね。

 つまり、労働力を会社に売っている限り、お金持ちにはなれないのです。

 では、どうすればお金持ちになれるのでしょうか。

 結論から言えば、搾取する側にまわることです。誰かに労働力を売ってもらってお金を稼いでもらうしかありません。

 もちろんリスクもあります。企画から商品やサービスの開発、セールスまで幅広く対応する必要があるので、会社員として働いていたときよりも、ブラックになる可能性が高まります。

 また、たとえそうして成功できたとしても、他人を稼ぐ価値があるかどうかで判断しないと生き残れない世界のため、友人関係にひびが入るかもしれません。

 実際、お金持ちが伝記で美談を残したがるのは、それだけの闇があるからでしょう。

 さらに、失敗すれば今まで以上に搾取されることになります。『闇金ウシジマくん』に描かれているような闇の世界に飲み込まれるかもしれません。

 そんなリスクを犯したくないという人におすすめなのは、今の仕事をしながら副業で小遣い稼ぎをする方法です。

 今では、クラウドソーシングを受注したり、ブログを運営したり、ヤフオクやメルカリで商品を売ったりするなど、さまざまな方法がありますよね。

 リスクをとって金持ちを目指すのか、リスクを抑えて小遣い稼ぎをするのか。自分にあった方法でお金と向き合いましょう。

 何に時間とお金を投資するか考えていますか?

 投資と聞くと株やFXを思い浮かべる人も多いと思いますが、他にもあります。

 たとえば勉強。勉強してスキルを上げて稼ぐ力をつける「自己投資」もそのひとつです。

 しかし、先ほども書いたように会社員である限り給料が大きく増えることはありません。そのため、本業に差し障りのない範囲で副業に力を入れてみるのもいいでしょう。

 他には健康。健康状態が保てないと仕事をするのが難しくなりますよね。そこで、健康診断やスポーツに投資するのもひとつの方法です。

 とはいえ、いちばん投資しておきたいのが人間関係です。

 ある調査によると、ホームレスになる人の多くは、お金や働く場所がないという理由ではなく、身近に助けてくれる人や支えてくれる人がいなかったことが原因だそうです。

 つまり、普段から人との交流を大切にすることが一番の投資なんですよね。

 もちろん、見返りを求めて投資するわけではありませんが、物をあげたり、お返しをしたり、一緒にご飯を食べたりすることが大切です。

 また、人間関係のための投資は幸福感を高める結果にもつながります。

 …と、ここまでプラスの投資を書いてきましたが、その一方で、私たちのまわりには徹底的にお金と時間をむしり取られる仕組みがいろいろあります。

 典型的なのはギャンブルや風俗、スマホゲームなどなど。これらに依存してしまうと、多くの時間とお金を無駄に注ぎ込んでしまいます。

 だからこそ、自分はお金と時間を何に投資したいのかを普段から考えておく必要があるんですよね。

 ぜひ、時間を作って自分が何に投資したいのかをじっくり考えてみてください。

 最後に

 今回は、お金に振り回されずに生きていく方法を3つ紹介してきました。

 私はサラリーマンとして働きながら、自分の好きなことに時間とお金を投資して楽しく生きていこうと思っているので、それほどお金を求めていませんが…。

 もし、お金があれば幸せになれると信じて行動しているようなら、今回紹介した内容を参考にお金との付き合い方を見直してみてはどうでしょうか。

 関連記事

努力が報われないのには理由があった!報われる努力、報われない努力

 努力していますか?  私はどちらかと言うと努力が苦手で、「できるだけ楽して生きよう」と考えていますが、実はその方が努力が報われる確率が高いそうです。  これまで「典型的なダメ人間の特徴」だと思っていただけに、なんだか複 …

楽しく英語が学びたいのなら「英語多読」がおすすめ

 英語を学んでますか?  私は英語が苦手でこれまで避けてきたのですが、とうとう英語を勉強するようにというお達しがきました。  とはいえ、これまでのような苦痛に満ちた勉強はしたくありません。そこで見つけたのが「英語多読」と …

悩みから逃げちゃダメ/仕事の不安を今すぐ取り除く方法

 新しい職場に異動してから3週間が経過したのですが、いまだに新しい職場に馴染めず、6kg近く痩せてしまいました。以前の職場に比べて求められている仕事の質と量が圧倒的に違っていたからです。  そこで、前の職場の先輩や友人た …

死ぬときに後悔する10のこと

(※『死ぬときに後悔すること25』表紙より)  「先生は、後悔したことありますか?」  体が自由に動かせない。満足に歩けない。日中も寝ている時間が多くなった。思考力も以前のようには働かない…。  そんな終末期の患者が医師 …

学校教育に馴染んではダメ!?自己革新を起こす3つのステップ

 東芝やNECなど、日本の大企業が軒並みダメになっていますよね。  2004年にスティーブ・ジョブズからApple日本法人代表取締役を託された前刀禎明さんは、その原因を「日本人一人ひとりがセルフ・イノベーション(自己革新 …

「片付けられない人」にオススメの3つの習慣

 どれだけ忙しくても、きちんとしている人いますよね。  普段からキリッとした服装をして、行動もテキパキ。家の中もキレイに片付いていてスタイリッシュ。そんな人になりたいと思いませんか?  「無意識の美意識」さえ押さえてしま …

整理・整頓で時間とお金が貯まる!?徹底的に無駄を減らす片付け法

 片付けをしていますか?  私はどちらかと言えばキレイ好きなので、できるだけ片付けをするようにしていますが、もし、あまり片付けをしていないようなら損をしているかもしれません。  なぜなら、多くの無駄が発生しているからです …

自分にあった本を選んでる?専門書が読めない人のための読書術

 仕事や勉強で専門書を読む必要に迫られたとき、すぐに挫折していませんか。  私はよく挫折していました。高いお金を出して専門書を買ったのに、本棚に並べておしまい…。これではダメですよね。  もし、私と同じように挫折している …

自分のアタマで答えを導き出す3つの方法/『0ベース思考』

 私たちは「自分の能力」を過大に評価してしまう傾向がある。たとえば、「あなたは運転がうまいですか?」という質問に対して、多くの人が「人並み以上にうまい」と答えている。どうやら私たちは「他人よりも優れている」と思い込んで生 …

速読に必要なのはスキルよりも知識!?ゆっくり読んで身につける速読法

 速読していますか?  私は意識的に速読をしたことはありませんが、会社で「速読」のセミナーを受けたところ、かなりの速さで文章を読んでいることがわかりました。  30人ほどいる受講者のなかで一番はやく文章が読めただけでなく …