webstation plus

 美術に興味を持っていますか?

 私はあまり興味がなく、ゴッホについてもほとんど知りませんでしたが、原田マハさんの小説『たゆたえども沈まず』を読んで、ゴッホの作品を見てみたくなりました。

 ゴッホの生涯を知った今では、彼の絵が意思を持って語りかけてくるように思えるんですよね。

 パリに憧れを抱く二人の日本人の物語

 開成学校に通う加納重吉は、フランスに恋い焦がれるほどの憧れを抱いていました。そこで彼は、学校から推薦をもらいフランスに留学できるよう勉強してきましたが…。

 学校側は、高い公費を払ってフランスに留学させるよりも、イギリスやアメリカに送った方が人材が生かせると考えていました。

 そのため、頭の良かった重吉はイギリス留学を推薦されましたが、辞退します。そんな一途な彼をフランスに導いたのが、林忠正でした。

 林忠正も重吉と同じく開成学校に通う生徒で大変な秀才と言われていました。

 しかし、フランスに行きたいという思いが誰よりも強く、パリで万博が開かれたときに、起立工商会社に通訳として雇ってくれと直談判します。

 もちろん、万博が終わった後は何の保証もありませんでしたが、忠正は開成学校を中退して憧れのパリへと旅立ちました。

 そして今では、「若井・林商会」という日本美術を扱う会社を立ち上げ、パリで美術商として活躍しています。重吉も忠正に招かれ、専務として仕事をはじめました。

 美術商としての彼らの仕事は、日本では価値が見出されていない美術品、たとえば紙切れ同然に扱われていた浮世絵などをパリに運び、高額な値段で売り捌くことです。

 もちろん、フランス人やオランダ人の同業者もいましたが、日本人である彼らが有利でした。

 そんな彼らのもとにある同業者が顔を出すようになります。その人物は…。

 日本美術に憧れを抱くゴッホ兄弟の物語

 グーピル商会という世界的に大成功を収めている当代きっての人気画廊の支配人、テオドス・ファン・ゴッホでした。

 テオは、今流行の練りに練られた作品に嫌気がさしていました。

 それよりも、日本美術や印象派の作品…きちんとデッサンもせず、構図も決めず、色彩の配置もよく練られていない、画家の印象だけで描かれた作品に魅せられていました。

 しかし、彼は実家の両親と兄を養うために今の職場で働くしかありませんでした。

 ところが、テオに養われている兄のフィンセントは失恋して画商の仕事を辞めた後、修道士になろうとしたり、慰みに絵を書いたりして過ごしています。

 それでもテオは兄に多額の資金を援助をしましたが、フィンセントはもらった絵の具代でお酒を飲むような毎日を過ごしていました。

 しかし、テオが林忠正と加納重吉に出会ったことでフィンセントの運命も大きく変わります。

 憧れを抱いていた日本美術を目の前にして、自分もそのような絵を描きたいという想いが強くなったからです。しかし…。

 胸が痛くなるような人生を過ごしたゴッホ

 どれだけ絵を描いても世間からは認めてもらえませんでした。そのせいでフィンセントは、これまで同様に多くのお金をお酒に注ぎ込むような毎日を過ごします。

 それだけでなく、突然テオを激しく怒鳴ったり、娼婦に自分の耳を切って贈ったりと、情緒が安定しませんでした。

 それでもテオはフィンセントを信じて援助し続けましたが、あることがキッカケでケンカをします。その結果…。

 この続きは実際に本書を読んでもらうとして、原田マハさんの小説『たゆたえども沈まず』を読むと、ゴッホの悲しい生涯に胸が痛くなるんですよね。

 しかし、そんなゴッホの生涯を知ったからこそ、彼の絵が意思を持って語りかけてくるようにも思えます。

 気になった方は、ぜひ読んでみてください。

 関連記事

適量を知ることが自分らしく生きる秘訣/柚木麻子『BUTTER』感想

 首都圏連続不審死事件をご存知ですか。多くの男性を虜にして多額の経済的援助を引き出すことに成功した女性・木嶋早苗さんが犯した殺人事件です。  しかし、彼女は若くもなく、美しくもなく、スリムな体型でもありませんでした。そん …

離婚はイヤ!?滝口悠生『茄子の輝き』は妻を大切にしようと思える小説

(※『茄子の輝き』表紙より)  滝口悠生さんの小説『茄子の輝き』。  数年前に妻と離婚した男性があれこれ過去を振り返る物語です。読めば「妻を大切にしよう!」と思うこと間違いなし!?  今回は『茄子の輝き』のあらすじとおす …

伊坂幸太郎『フィッシュストーリー』はすぐに結果は出なくても巡りめぐって誰かの役に立つかもしれないと思える物語

 すぐに結果につながらない行動をやめていませんか?  私はどちらかと言うと、すぐに結果が出る行動ばかりとってきましたが、伊坂幸太郎さんの小説『フィッシュストーリー』を読んで、すぐに結果が出なくても、巡りめぐって誰かの役に …

今村夏子『星の子』は新興宗教にハマった家族を描いた物語

 宗教は自分には関係のないものだと思っていませんか?  私はそう思っていましたが、今村夏子さんの小説『星の子』を読んで少し考えが変わりました。なぜなら、宗教は私たちの生活に密接に関わっていることに気づいたからです。  あ …

伊坂幸太郎『アヒルと鴨のコインロッカー』は厳しい現実に立ち向かうには哲学とユーモアが必要だと思える物語

 哲学とユーモアを持って生きていますか?  私は自分なりの哲学を持って生きていますが、もっと深めていきたいと思って読書に励んでいます。ユーモアはお笑い好きなので少しは身についていると思うのですが…。  伊坂幸太郎さんの小 …

瀬尾まいこ『幸福な食卓』は家族とは困ったときに甘えられる関係だとわかる物語

 困ったときに家族に甘えられますか?  私は妻や子供たちが困ったときに相談したり、不満をぶつけられるように振る舞っているつもりですが…。  瀬尾まいこさんの小説『幸福な食卓』を読んで、困ったときに甘えられる関係こそが家族 …

小川糸『ツバキ文具店』は手紙のあたたかさに気づかせてくれる物語

 手紙を書いてますか?  私は手紙を書いた記憶が思い出せないくらい手紙を書いていません。字が下手なのも要因のひとつですが、それ以上に多くのことがメールで済ませられるので必要性を感じないんですよね。  しかし、小川糸さんの …

百田尚樹『ボックス!』は才能には2種類あることがわかる物語

 才能を発揮していますか?  残念ながら私には才能がないので努力するしかありませんが、百田尚樹さんの小説『ボックス!』を読んで才能には2種類あることに気づきました。  天性の才能と努力できる才能の2種類あるんですよね。 …

垣谷美雨『うちの子が結婚しないので』感想/本当に結婚しなくても大丈夫?

 「結婚なんて古いシステムに縛られる必要はない!」という議論が盛んですよね。  しかし、本当にそうなのでしょうか。人によっては結婚した方がいい人もいるように思います。  それにも関わらず、あまり未来を想像せずに、他人から …

読書が好きじゃなくても本が読みたくなる小説ーpart7

(※『ビブリア古書堂の事件手帖7 ~栞子さんと果てない舞台~』表紙より)  読書していますか?  『ビブリア古書堂の事件手帖』シリーズもついに7巻目。とうとう完結です。  栞子さんの母が家を出て行った理由が明らかになり、 …