webstation plus

child_05

 子どもを叱っていませんか。

「勉強しなさい!」
「片付けなさい!」
「さっさと行動しなさい!」

 などなど。しかし、以前のエントリでも紹介しましたが、子どもを叱るメリットはほとんどありません。むしろデメリットだらけ。

 それよりも、私たち親がすべきことは「子どもの考える力」を育て、自分の考えで行動できるようにサポートすることです。

 今回は、本『フィンランド式叱らない子育て』を参考に、自分で考える子どもに育てる5つのルールを紹介します。

 ルール1. 子どもは褒めて伸ばす

 褒めるという行為は子どもの自信を高めます。それだけでなく、子どもの行動を良い方向に変えるのにも効果的。

 たとえば、「お皿を片づけてくれてありがとう!」と感謝の気持ちを伝えると、子どもたちは喜んでお手伝いをしますよね。それは、私たち親が喜んでいることが伝わるから。こうした経験は、「人を喜ばせるにはどうすればいいのか?」を考えるきっかけになります。

 ただし、必要以上に褒めすぎるのは逆効果。褒める効果が薄れ、子どもの耳には嘘のように聞こえます。本当に褒める行為をしたときにだけ褒めるようにしましょう。

 ルール2. 「こうしてほしい」は5段階で伝える

 声を荒げたり、罰で脅したり、モノで釣ったりするよりも効果的なのが5段階で伝える方法。子どもの耳をこちらに向けさせ、お願いに納得してもらうことができます。

 具体的には、

①声かけをする
②してほしいことを伝える
③メリットを伝える
④励ましてやる気を引き出す
⑤約束する

 たとえば、片づけをしてほしい場合は、

①少し聞いてくれる?
②オモチャを片づけてくれない?
③そうすれば、お友達が遊びに来たとき、部屋がキレイですぐに遊べるよね。
④この前あっという間に片づけたのを覚えてる?早くてびっくりしたよ。
⑤今回も頑張ってお片づけしてね。

 などと伝えます。そうすれば、子どもにもメリットがあることがわかるので、行動しやすくなります。

 ルール3. 大人は意見を合わせる

 まわりの大人の意見が違う状況では、子どもは誰の言うことを聞けばいいのかわかりません。

 反対に、まわりの大人たちが同じ方向を向いていれば、子どもは言うことを聞きやすくなります。何をすればいいのか考えやすくなるんですね。

 そこで、お父さん、お母さんは子どもの教育方針を決めること、周りの人たちはそれをサポートすることが大切になります。おじいちゃん、おばあちゃんは自分の意見を押し付けないようにしましょう。

 ルール4. 「なぜそんなことをしたの?」と聞くのをやめる

 子どもは誰でも、成長過程のどこかで、なんらかの問題や困難を抱えます。食事の行儀が悪かったり、片づけができなかったり、意地悪だったり。

 このような問題に直面したとき、私たち親に出来ることは、「なぜ、そんなことをしたの?」と原因を追求することではなく、問題を克服するために何を身につければ良いかを伝えること。

 具体的には、次の3つを実践することです。

①子どもの問題を特定する
②問題を乗り越えるために学ぶべきスキルは何かを伝える
③スキルを身に付けるメリットを伝える

 たとえば、子どもが「イヤ!イヤ!」と否定語を繰り返す場合は、

①「イヤ!」では、してほしいことが相手に伝わらない。
②「イヤ!」ではなく、どうして欲しいのかを教えて。
③そうすればお父さん、お母さんは言うことを聞きやすくなるよ。

 解決策を子どもと一緒に考えるのも効果的です。

 ルール5. 子どもに罰を与えない

 子どもに罰を与えてもほとんど学習しないそうです。なぜなら、どうすれば罰を受けずにいられるのか?ばかり考え、本当に学ぶべきことに目が向かなくなるからです。

 そこで、以下を実践します。

①やったことについて子どもと話をする
②迷惑に目を向けさせる
③どのように謝るのか、償うのかを一緒に考える
④二度としないと約束させる
④貢献する機会を与える

 たとえば、友達のオモチャを奪ってケンカになった場合は、

①お友達のオモチャをとったらダメだよね。
②じゃあ、オモチャをとることの何がダメなんだろう。
③どうすれば、お友達は許してくれるかな。
④もう二度とお友達のオモチャを取ったらダメだよ。
⑤他のお友達がオモチャを取られていたら助けてあげてね。

 何が間違っていたのか、どうすれば解決できるのか…を考えるクセをつければ、子どもの考える力は劇的に伸びていきます。それだけでなく、コミュニケーション力も身につくはず。

 最後に

 今回は、本『フィンランド式叱らない子育て』を参考に、自分で考える子どもに育てる5つのルールを紹介してきました。

 子どもを叱るのは簡単ですが、それでは考える力が育ちません。それよりも、私たち親が子どもと一緒に考えるクセをつけることが大切なんですね。

 より詳しい内容を知りたい方は、ぜひ本書を読んでみてください。

 関連記事

フライングタイガーコペンハーゲンで知育玩具を購入

 昨日はクリスマス。みなさん楽しまれたでしょうか。  私の家には二人の子ども(6歳の息子&4歳の娘)がいるので、子どもたちがサンタさんにお願いしたプレゼントを購入してきました。  それが、フライングタイガーコペンハーゲン …

学校任せではダメ!子どもの成長は親で決まる

(※『ブレない子育て』表紙より)  子育てしていますか?  私は長男が小学一年生になったので、少しは楽になりましたが、最近は「学校がつまらない!」と言うようになりました。  学校の勉強があまりにも簡単すぎて面白くないとい …

「よい子」ではなく「問題児」に育てよう!?個性を伸ばす子育て法

 子どもをおりこうさんに育てようとしていませんか。  親や先生の言うことを何でも聞いて、素直で、優しい。そんな子どもに育てようと必死になっていませんか。  もし、そうだとしたら、子どもの個性が死んでしまうもしれません。な …

【5歳の息子と家遊び】考える力を育てるカードゲーム『UNO』

 今日でGWも残すところ後2日。今回のGWは私にしては珍しく外出が多かったので、今日は家で遊ぶことにしました。  とはいえ、せっかくのGW。「普段とは違うことがしたい!」と思い、トランプにはまっている5歳の息子のためにU …

小島よしお流「夢がない子どもに夢を持たせる方法」

(※『キッズのココロわしづかみ術』表紙より)  最近、子どもが夢を持ちづらくなっているように思いませんか。  私のまわりにいる子どもたちも、幼稚園から小学校に上がった途端、「学校に行くのが嫌だ」「勉強なんて大嫌い」「別に …

基礎学力は絵本の読み聞かせで決まる!?おすすめの絵本79冊

 14歳でカナダの名門5大学に合格した大川翔くん。翔くんのお母さんは、彼が乳幼児の頃から絵本の読み聞かせを始めたそうです。  そうして大きくなった翔くんは、9歳のときにカナダ政府から「ギフティッド(天才児)」と認定される …

『ぐりとぐら』の作者・中川李枝子さんおすすめの絵本20冊

 『ぐりとぐら』や『いやいやえん』の作者である中川李枝子さんは保育園で子どもたちと一緒に多くの絵本を読まれてきたそうです。  そんな中川さんおすすめの絵本が本『子どもはみんな問題児。』に載っていました。私も子どもたちと一 …

「6歳までの子育て」でいちばん大切なこと

 「0~6歳までの子育て」でいちばん大切なことは何だと思いますか?  『子育ての教科書』には、「親自身が安定した気持ちで、一貫した愛情を子どもに注ぎ続けること」だと書かれています。  親自身がいつも「ラブ」&「ハッピー」 …

AIに仕事を奪われないようにするために必要なたったひとつの能力

(※『AI vs. 教科書が読めない子どもたち』表紙より)  人間にしかできない仕事をしていますか?  オックスフォード大学のある研究チームの予測によると、AI化によって10年から20年後に全雇用者の約47%が職を失うそ …

2017年11月に6歳の息子と4歳の娘に読み聞かせた絵本15冊

 子どもが生まれてすぐに始めた絵本の読み聞かせ。  これまで多くの絵本を読み聞かせてきましたが、記録として残してこなかったので、今月から残すことにしました。そうすれば、今よりももっと読み聞かせが楽しくなるはず!?  今回 …