webstation plus

 子どもを叱っていませんか?

 私もこれまでたくさん叱ってきましたが、残念ながら叱るメリットはありませんでした。もちろん、命に関わることや犯罪につながるようなこと、他人に迷惑をかけるようなことは別ですが、普段の生活の中でどれだけ叱っても意味がないんですよね。

 なぜなら、どれだけ叱っても言うことを聞くようにはならないから。もし、言うことを聞くようになっても、自分では考えられない子に育つからです。

 そこで今回は、叱らない子育てをする3つのメリットを紹介します。これを知れば子どもを叱らなくてすむかもしれませんよ。

 叱らない子育てをする3つのメリット

1. 楽しい部分に目を向けるようになる

 本来、勉強って楽しいものですよね。

 いろいろなことに興味や関心を持って探求し、新しい驚きや面白さを発見する――この繰り返しが本来の勉強です。

 たとえば、明石家さんまさんが、テレビで見せている姿もそのひとつ。タレントのような個性的な才能を持った人たちだけでなく、一見普通に見える人まで、素晴らしい力を100%引き出して魅力的に見せていますよね。

 それができるのは、さんまさんの人に対する興味や関心、注意力がとても高いから。ちょっとした変化も見逃さず、番組の中で面白そうなこと、楽しそうな変化、人のいい部分を探し出しているからです。

 勉強だってこれと同じ。興味を持ったことをどんどん深掘りしていって、新しい驚きや面白さを発見していく。この楽しさはどれだけ親が叱っても伝わりませんよね。

 だからこそ、叱るのではなく勉強の面白さを伝えることが大切なんです。

2. 無駄な時間が減らせる

 では、どうすれば子どもに勉強の面白さを伝えられるのでしょうか。それは親が率先して行動することです。

 親がテレビやスマホばかり見ていたり、ゲームばかりしているのに、「本を読め」とか「勉強しろ」と叱られても子どもは納得できませんよね。

 だからこそ、親が率先して行動することが大切なんです。

 私は読書が大好きで毎日のように本を読んでいますが、子どもたちはその姿を見ているからか何も言わなくても読書に励んでいます。小学校1年間で300冊以上読んだそうです(ちなみに家で読んだ本はカウントしていません)。

 勉強だって同じです。息子は小学一年生ですが、小学三年生の勉強にも挑戦しています。

 他にもサッカーや水泳、トランプやピアノにも夢中になっています。どれも私たち親が好きなものばかりなんですよね。

 もちろん、私たち親が得意でないことにハマることもあります。しかし、何よりも大切なのは、親が率先して何かにハマっている姿を見せることではないでしょうか。

 成功体験を積ませたいなら、ありがとう&ごめんなさいと言わせたいなら、勉強させたいなら、親が率先して行動すること。

 ガミガミ叱るのは時間の無駄です。親が率先して行動した方が効果がありますよ。

3. 好奇心や自主性が育つ

 親が率先して行動し、面白さが伝われば、子どもは放っておいても行動するようになります。

 だからこそ、「早くしなさい」とか「やめなさい」なんて言わないこと。この二つの言葉は、子どもの好奇心や自主性を奪ってしまうからです。

 子どもが「やめない」のは何かにハマっているからですよね。「早くしない」のは、他のことが気になっているからでしょう。

 それなのに親が叱って無理に行動を促せば、せっかくの好奇心や自主性を奪いかねません。

 では、どうやってこちらの思いを伝えるのか。

 まずは、「どうしたの?」と子どもの考えを聞いてみることです。

「この絵を完成させるまで待って」
「腕時計を持って行こうかどうか迷っていて」

 なんて答えが返ってきたら、別の言葉でこちらの思いを伝えられますよね。

 「早くしなさい」とか「やめなさい」と言いたくなったときは、「どうしたの?」と聞いてみてはどうでしょうか。

 最後に

 今回は叱らない子育てをする3つのメリットを紹介してきました。

 巷で言われている何をしても叱らない子育てというのは論外ですが、必要以上に叱らない子育てにはメリットがたくさんあるように思います。実際、叱らない子育てをするようになってからは、ムダな時間が減ってラクになりました。

 より詳しい内容が知りたい方は本書をお読みください。

 関連記事

子どもの能力は無限大!?/小学生からの天才の育て方

 学校の勉強って面白くないですよね。私も小学生の頃、そう思っていたのですが、小学二年生になった息子から「学校が面白くない」と言われて、自分もそうだったことを思い出しました。  息子が面白くないと言っている理由は明確です。 …

【京都のおでかけスポット】子どもとゴーカートに乗れる公園『大宮交通公園』

 今日は「こどもの日」ということで、子どもたちが大好きな大宮交通公園に朝からお弁当持参で行ってきました。  GW中だったので大勢の人でにぎわっていましたが、混雑していても行って良かったと思える場所です。というわけでご紹介 …

自分で考える子どもに育てる5つのルール

 子どもを叱っていませんか。 「勉強しなさい!」 「片付けなさい!」 「さっさと行動しなさい!」  などなど。しかし、以前のエントリでも紹介しましたが、子どもを叱るメリットはほとんどありません。むしろデメリットだらけ。 …

小島よしお流「夢がない子どもに夢を持たせる方法」

(※『キッズのココロわしづかみ術』表紙より)  最近、子どもが夢を持ちづらくなっているように思いませんか。  私のまわりにいる子どもたちも、幼稚園から小学校に上がった途端、「学校に行くのが嫌だ」「勉強なんて大嫌い」「別に …

今は弱くても変われる!逆境に強い子に育てる6つのコツ

(※『へこたれない子になる育て方』表紙より)  子どもを逆境にさらしていますか。  今、義務教育を経ても自立できない大人が量産されています。内閣府の統計(2010年)によると、「ひきこもり」と呼ばれる状態の大人が約70万 …

子どもの成長を妨げていない?/子離れできない毒親の特徴

 今から4年ほど前。テレビで『世界卓球2015』が放送されました。私はこの放送を見て、心が震えたことを今でも思い出します。14歳の伊藤美誠さん、15歳の平野美宇さんが、世界の競合相手に堂々と闘っていたからです。これほどの …

「世界標準の子育て」が教えてくれる伸びる子に育つ3つの法則

 子育てって難しいですよね。  どれだけ子育て本を読んでも、その通りに行動するのは難しく、だからといって、今の自分の子育てが良いものとも思えません。  せめて子どもを伸ばすために「これだけは守っておくべきこと」が何かわか …

子供の将来の年収は母親の愛情で決まる!?伸びる子が育つ子育て法

 子供に愛情を注いでいますか?  私は父親として愛情を注いでいるつもりですが、どうしても母親の愛情には勝てないなと思うことがあります。子供たちをみていても、私に認められるよりも、母親に認められる方が嬉しいみたいなんですよ …

基礎学力は絵本の読み聞かせで決まる!?おすすめの絵本79冊

 14歳でカナダの名門5大学に合格した大川翔くん。翔くんのお母さんは、彼が乳幼児の頃から絵本の読み聞かせを始めたそうです。  そうして大きくなった翔くんは、9歳のときにカナダ政府から「ギフティッド(天才児)」と認定される …

2020年以降は大学入試が変わる!?主体性を伸ばす子育て法

 2020年になるとセンター試験が廃止され、新たに「大学希望者学力評価テスト」が導入されるそうです。  これによって大きく変わるのは、「偏差値」よりも「主体性」が評価されるところ。自分で課題を見つけ、その課題を解決する力 …