webstation plus

(※『尾木ママ流 叱らない子育て』表紙より)


 子どもを叱っていませんか?

 私もこれまでたくさん叱ってきましたが、残念ながら叱るメリットはありませんでした。もちろん、命に関わることや犯罪につながるようなこと、他人に迷惑をかけるようなことは別ですが、普段の生活の中でどれだけ叱っても意味がないんですよね。

 なぜなら、どれだけ叱っても言うことを聞くようにはならないから。もし、言うことを聞くようになっても、自分では考えられない子に育つからです。

 そこで今回は、叱らない子育てをする3つのメリットを紹介します。これを知れば子どもを叱らなくてすむかもしれませんよ。

 叱らない子育てをする3つのメリット

1. 楽しい部分に目を向けるようになる

 本来、勉強って楽しいものですよね。

 いろいろなことに興味や関心を持って探求し、新しい驚きや面白さを発見する――この繰り返しが本来の勉強です。

 たとえば、明石家さんまさんが、テレビで見せている姿もそのひとつ。タレントのような個性的な才能を持った人たちだけでなく、一見普通に見える人まで、素晴らしい力を100%引き出して魅力的に見せていますよね。

 それができるのは、さんまさんの人に対する興味や関心、注意力がとても高いから。ちょっとした変化も見逃さず、番組の中で面白そうなこと、楽しそうな変化、人のいい部分を探し出しているからです。

 勉強だってこれと同じ。興味を持ったことをどんどん深掘りしていって、新しい驚きや面白さを発見していく。この楽しさはどれだけ親が叱っても伝わりませんよね。

 だからこそ、叱るのではなく勉強の面白さを伝えることが大切なんです。

2. 無駄な時間が減らせる

 では、どうすれば子どもに勉強の面白さを伝えられるのでしょうか。それは親が率先して行動することです。

 親がテレビやスマホばかり見ていたり、ゲームばかりしているのに、「本を読め」とか「勉強しろ」と叱られても子どもは納得できませんよね。

 だからこそ、親が率先して行動することが大切なんです。

 私は読書が大好きで毎日のように本を読んでいますが、子どもたちはその姿を見ているからか何も言わなくても読書に励んでいます。小学校1年間で300冊以上読んだそうです(ちなみに家で読んだ本はカウントしていません)。

 勉強だって同じです。息子は小学一年生ですが、小学三年生の勉強にも挑戦しています。

 他にもサッカーや水泳、トランプやピアノにも夢中になっています。どれも私たち親が好きなものばかりなんですよね。

 もちろん、私たち親が得意でないことにハマることもあります。しかし、何よりも大切なのは、親が率先して何かにハマっている姿を見せることではないでしょうか。

 成功体験を積ませたいなら、ありがとう&ごめんなさいと言わせたいなら、勉強させたいなら、親が率先して行動すること。

 ガミガミ叱るのは時間の無駄です。親が率先して行動した方が効果がありますよ。

3. 好奇心や自主性が育つ

 親が率先して行動し、面白さが伝われば、子どもは放っておいても行動するようになります。

 だからこそ、「早くしなさい」とか「やめなさい」なんて言わないこと。この二つの言葉は、子どもの好奇心や自主性を奪ってしまうからです。

 子どもが「やめない」のは何かにハマっているからですよね。「早くしない」のは、他のことが気になっているからでしょう。

 それなのに親が叱って無理に行動を促せば、せっかくの好奇心や自主性を奪いかねません。

 では、どうやってこちらの思いを伝えるのか。

 まずは、「どうしたの?」と子どもの考えを聞いてみることです。

「この絵を完成させるまで待って」
「腕時計を持って行こうかどうか迷っていて」

 なんて答えが返ってきたら、別の言葉でこちらの思いを伝えられますよね。

 「早くしなさい」とか「やめなさい」と言いたくなったときは、「どうしたの?」と聞いてみてはどうでしょうか。

 最後に

 今回は叱らない子育てをする3つのメリットを紹介してきました。

 巷で言われている何をしても叱らない子育てというのは論外ですが、必要以上に叱らない子育てにはメリットがたくさんあるように思います。実際、叱らない子育てをするようになってからは、ムダな時間が減ってラクになりました。

 より詳しい内容が知りたい方は本書をお読みください。

 関連記事

【5歳の息子と家遊び】考える力を育てるカードゲーム『UNO』

 今日でGWも残すところ後2日。今回のGWは私にしては珍しく外出が多かったので、今日は家で遊ぶことにしました。  とはいえ、せっかくのGW。「普段とは違うことがしたい!」と思い、トランプにはまっている5歳の息子のためにU …

叱るのはムダ!?子どもを叱り続ける人が知らない5つの原則

 「子どもを叱ってはいけない」と頭ではわかっていても、叱りたくなることありますよね。 「勉強しなさい!」 「片付けなさい!」 「さっさと行動しなさい!」  なんて叱りたくなることばかり。しかし、怒ったり叱ったりしたところ …

信頼関係は3歳までに築くべき!?子供のコミュニケーション力を育む5つの方法

 子育ての本を読むと、「3歳までの子育てが大切だ」という三歳児神話をよく見かけますよね。しかし、私は「なぜ3歳までの子育てが大切なのか?」をあまり理解していませんでした。3歳を過ぎても十分やり直しがきくと思っていたからで …

片づけられない子どもは将来不幸になる!?

 「片づけなさい!」と叱っても、遊びに夢中で家の中は散らかったまま。そこで仕方なく、私たち親が代わりに片づけをしている…。そんなことありませんか。  もしそうだとしたら、子どもは将来、不幸になるかもしれません。  今回は …

2020年以降は大学入試が変わる!?主体性を伸ばす子育て法

 2020年になるとセンター試験が廃止され、新たに「大学希望者学力評価テスト」が導入されるそうです。  これによって大きく変わるのは、「偏差値」よりも「主体性」が評価されるところ。自分で課題を見つけ、その課題を解決する力 …

「素直な良い子」ではなく「問題児」に育てよう

 私がまだ大学生だった頃。アルバイトで家庭教師をしていたのですが、少し風変わりな男の子に出会いました。  その男の子は中学二年生で、理数系の科目が苦手ということで私が呼ばれたのですが、初めて会った瞬間から、どことなく嫌な …

AIに仕事を奪われないようにするために必要なたったひとつの能力

(※『AI vs. 教科書が読めない子どもたち』表紙より)  人間にしかできない仕事をしていますか?  オックスフォード大学のある研究チームの予測によると、AI化によって10年から20年後に全雇用者の約47%が職を失うそ …

毒親に育てられた子どもに起こる弊害とその対処法

 「毒親」という言葉が広まりましたよね。「毒父」「毒母」という言葉まで生まれました。  ちなみに、ここでいう「毒親」とは、子どもに対してネガティブな行動パターンを執拗に繰り返し、それによって子どもの人生を支配する親のこと …

これで勉強が出来る子に育つ!?小学校最初の3年間で本当にさせたい「勉強」

(※『小学校最初の3年間で本当にさせたい「勉強」』表紙より)  子どもに「勉強しなさい!」と言っていませんか。  しかし、小学校最初の3年間は学校の勉強よりも学んでおきたいことがあります。それを学んでおけば、中学生や高校 …

『ぐりとぐら』の作者・中川李枝子さんおすすめの絵本20冊

 『ぐりとぐら』や『いやいやえん』の作者である中川李枝子さんは保育園で子どもたちと一緒に多くの絵本を読まれてきたそうです。  そんな中川さんおすすめの絵本が本『子どもはみんな問題児。』に載っていました。私も子どもたちと一 …