webstation plus

challenge_01

 シャープや東芝をはじめとする、いわゆる日本の大企業が軒並みダメになっている。なぜだろう。

 2004年にApple日本法人代表取締役をスティーブ・ジョブズ氏から託された前刀禎明氏は、「日本人一人ひとりがセルフ・イノベーション(自己革新)をしておらず、しかもその事実に気づいていないから」だという。

 では、セルフ・イノベーションとは何か。簡単にいえば、「だれの真似もしない」「過去の自分さえも真似しない」ということ。すなわち、人から言われたことをやり続けたり、同じことを繰り返しているようではまったくダメで、つねに変わり続けていく必要があるということだ。そうすれば、「自分だけが持っている価値」を生み出せるようになる。

 しかし、日本では子どもの頃から「セルフ・イノベーションの機会」を奪われてしまいがち。たとえば、今から10年ほど前に、子どもたちに「未来の携帯電話の絵を描いてみよう」というテーマを与え、もし天才的な子どもがキーボードのない電話を描いたとしたら――。大人たちは「○○ちゃん、携帯電話にはボタンがついているものだよ」といったに違いない。

 そんな環境で育った子どもたちが大人になると、どうなるのか。たとえば、次のような問題が起きてくる。

 AppleがiPhoneを発表した1年後、NECの役員は「iPhoneなんてニッチな商品。脅威ではない」と公言していた。その結果、NECは2013年にスマホ事業から徹底せざるを得なくなった。すなわち、同じことを繰り返していた(似たような商品をバージョンアップしてきた)NECの役員たちは、新しい価値を生み出したiPhone(イノベーションを起こした製品)を正当に評価することさえできなかったのである。

 また、こんなエピソードもある。前刀氏がパナソニックの講演に招かれたときのこと。パナソニック製のドアホンの真正面に「Panasonic」というロゴと品番が表示されていることに気づいた前刀氏は、社員に「なぜ?」と聞いてみた。すると、社員は「そこにロゴと品番を入れることが、社内規定で決まっているんですよ」と答えたという。本来、玄関のいちばん目立つ場所にあるドアホンに社名と品番を入れる必要などない。会社にとっては意味があるのかもしれないが、マンションの住人や来客者には不要である。それにも関わらず、「社内規定で」という理由でそのままにしておくのは、思考停止といわれても仕方がない。

 では、どうすればセルフ・イノベーションが起こせるのだろうか。それには、次の三つのステップを実践することだ。

  1. 五感全部で感じ
  2. 自分の頭で考え
  3. 自発的に行動する

 「五感全部で感じる」とは、たとえば美術館では、絵のとなりにある「説明文を読む」のはやめ、「絵そのものを見る」ようにする。絵を自分の目でみて、どう感じ取って、何を思ったのか。そして、それをどう表現するのか――を大切にする。よくわからなければ、わからないままでいい。とにかく、自分の感性を信じるのだ。

 同じように、ベストセラーという理由で本を手にしないこと。自分が知りたいと思うかどうかが判断基準。他人のレビューやランキングなど気にする必要はない。

 「自分の頭で考える」とは、上司からの指示や命令を何も考えずにそのまま受け入れないのはもちろんのこと、テレビから流れてくるニュースや、他人とのふとした会話も含めて、外部から入ってきた情報を一旦疑ってみる。自分で見たり聞いたりしたわけでもなく、さらに深く考えてもいない情報については、意地でも「なるほど、そうなのか」と納得しないことだ。

 そして、「自発的に行動する」とは、自分で決めたことを確実に実行していくということ。どれだけ「自分の頭」で考えたところで、行動しなければ何も変わらない。

 このように、セルフ・イノベーションとは、五感で感じ、想像し、行動して初めて実現できるもの。人の話を聞くだけでは決して実現できない。だから、まずはこのエントリからはじめてみてはどうだろうか。このエントリを読んでどう感じたのか、何を考えるのか、そしてどんな行動を起こしていくのか――。正解、不正解などない。自分で決めて行動を起こしていこう。

 関連記事

ビジネス書を100冊読んでも99%の人が成功者になれない

 私たちは、なぜ読書をするのでしょうか。  「自己投資になるから」「想像力がつくから」「センスが磨かれるから」「本質を見抜く力が養えるから」「日本語力が上がるから」「教養が身につくから」「面白いから」「現実逃避になるから …

これからの日本で生き残る方法/『吉本芸人に学ぶ生き残る力』

 経営再建を進めるシャープは、台湾メーカーの鴻海精密工業(ホンハイ)に買収される方向で検討を進めている。この買収が成立すれば、シャープも立ち直れるかもしれない。しかし、今回の件でホンハイの会長は、私たち日本人に怖ろしい事 …

「不労所得」という名の花見酒には毒がある

 落語にこんな話がある。酒屋の番頭からお酒を借りて商売をしようとした二人の幼馴染がいた。花見シーズンだったので、花見の場所に行きさえすれば必ずお酒が売れると二人は考えていたのである。酒飲みは、酒がなくなるとすぐに飲みたく …

コモディティから抜け出し、社会に認められる力をつけよう/『断る力』

 企業の人員整理がとまらない。今でも多くの企業が社員を「リストラ部屋」に追い込んでいる。「リストラ部屋」とは、リストラ対象者を集め、社内失業状態にし、退職に追い込むことを目的とした部署だ。あのソニーですら「リストラ部屋」 …

「グーグルの働き方」が当たり前の時代がやってくる

 グーグルの社員は、実力がある人たちばかりだと言われていますよね。たとえば、35歳でグーグルに転職し、グーグルマップに写真を組み込むプロジェクトを牽引した徳生健太郎さんは、  「グーグルに入社したときは、本当に衝撃を受け …

35歳からの「第二の人生」を楽しむための5つのチェックリスト

 35歳という年齢は、第二の人生のスタート地点だといわれています。たとえば、仕事。「転職35歳限界説」が巷でささやかれているように、35歳を過ぎると転職のハードルが大きく上がり、よほど凄い専門性があるか、あるいはマネジャ …

「やりがいのある仕事」を選んで痛い目をみないように

 「やりがいのある仕事がしたい」と考えている人は多いのではないでしょうか。私もそのひとりでした。しかし、やりがいのある仕事に就けたからといって、幸せを感じられるとは限りません。なぜなら、やりがいのある仕事に就くと、常に厳 …

成功は「安定した仕事」や「つまらない仕事」からは生まれない

 世の中には、私たち凡人には想像もつかないような生き方をしている人たちがいる。『自分の小さな「鳥カゴ」から飛び立ちなさい』の著者である河合江理子さんもそのひとり。彼女の経歴をみれば、そのチャレンジ精神に驚くことになるだろ …

なぜ、優秀な社員が「追い出し部屋」に追い込まれるのか

 『切り捨てSONY』を読み終えるまでは、「リストラ部屋(追い出し部屋)に追いやられた人=仕事ができない人」だと思っていました。  しかし、そうではない人たちも大勢いるんですよね。すなわち、優秀な人たちも「リストラ部屋」 …

仕事ができる人とできない人の違いは「頭の使い方」にある

 私たちが働く環境は日々厳しくなっています。下図は、失業率(青色)と非正規雇用労働者の割合(赤色)の推移を示したものですが、2010年以降、失業率は減少傾向にあるものの、非正規雇用労働者の割合が増加していることがわかりま …