「欲しいものが手に入らない!?」と嘆く前に知っておきたい3つのこと

ライフハック

欲しいものが手に入らない…。そんな悩みを抱えていませんか?

お金、家、クルマ、人気、承認、役職、名誉、健康、愛情…などなど、私も欲しいものが山ほどありますが、なかなか手に入りません。

しかし、「欲しいもの」が手に入らない原因を突き詰めて考えていくと、「欲しくないもの」を拒絶していることが原因だということに気づきます。

実は「欲しいもの」と「欲しくないもの」はセットになっているんですよね。

スポンサーリンク

「欲しいもの」と「欲しくないもの」はセットになっている?

たとえば、

◯:仕事をもっと減らしたい
△:人に仕事を頼むのはイヤだ

◯:自分をもっと認めて欲しい
△:他人のことを認めるのはイヤだ

◯:自分をもっと理解して欲しい
△:誤解されるのも、根掘り葉掘り聞かれるのもイヤだ

◯:「すごい!」って言われたい
△:失敗して、大したことがないと思われるのはイヤだ

(◯:欲しいもの、△:欲しくないもの)

このように、「欲しいもの」が手に入らないのは、対極にある「欲しくないもの」を嫌っているからです。

つまり、「欲しくないもの」を受けとるようにすれば、「欲しいもの」が手に入るはずです。

△:人に仕事を頼むのはイヤだ
⇒ 人に仕事を頼んでみる。自分が「できない」という弱みを見せる。

△:他人のことを認めるのはイヤだ
⇒ 自分が嫉妬していることを、本人に告白してみる。

△:誤解されるのはイヤだ
⇒ 誤解されたことを理解してもらおうとせず、誤解されたままにする。

△:根掘り葉掘り聞かれるのはイヤだ
⇒ 失敗や恥ずかしいことも包み隠さず話してみる。

△:大したことがないと思われるのはイヤだ
⇒ 「じつは大したことがないんです」「すごいと思われたいんです」と告白する。

とはいえ、欲しくないものを受けとるのは、簡単ではありませんよね。欲しくないものを受け取ったところで、本当に欲しいものが手に入るのかどうかも疑問ですし…。

そこで、ここからは「欲しくないものを受けとることで、欲しいものが手に入る理由」を3つの視点で考えてみたいと思います。

スポンサーリンク

1.「損」を受けとると得する理由

「欲しいもの」が目の前にあっても、行動できないことがありませんか?

たとえば、今の仕事が嫌で転職したいと思っていても、実際に動き出す人はそれほど多くありません。それは、「絶対に損したくない」と思っているからです。

しかし、「損」を受けとらない人が、「得」することは絶対にないんですよね。

起業家が新しいビジネスを見つけるときの視点として、「しょぼい競合がいるマーケットを狙え」という鉄則がある。

とは、投資家である瀧本哲史さんの言葉ですが、今儲かっている業界よりも、儲かっていない(=しょぼい競合が多い)マーケット、つまりリスクのあるマーケットに参入するほうが起業の成功率が高まるそうです。

得しているところに目を向けるのではなく、あえて損しているところに目を向けることがビジネスで成功する秘訣だと言われているんですよね。

同じように、廃業のつらさを味わう覚悟がなくては起業はできないですし、嫌われる覚悟がなければ彼氏や彼女を作ることはできません。

失敗する覚悟がなければ、新しいことなんて何一つできないんですよね。

仕事でも、プライベートでも、趣味でも、なんでもそうですが、リスクを受けとる覚悟がない限り、欲しいものは手に入りませんよ。

スポンサーリンク

2.「ダメな自分」を認めると得する理由

「今の自分から変わりたい」と思うとき、今の自分を否定してゼロから未来の自分をつくろうとしていませんか?

過去は「ダメ」な自分。
未来は「できる」自分。

しかし、この考え方こそが、うまくいかない典型的な思考パターンなんです。「ダメな自分」を否定すればするほど、対極にある「できる自分」を打ち消すことになるからです。

これは映画のテーマとしても良く取り上げられています。大ヒット映画『ボーン・アイデンティティー』もそのひとつです。

記憶喪失になった主人公のボーンが「自分が何者か」を知るために追跡者を退けながら過去の記憶を追い求めていきます。

そして、物語の途中でボーンは自分が暗殺者だったことを知りますが、その過去を否定して生きていこうとしました。

ところが上手くいきません。それでも過去を否定し続けた結果、彼は最愛の彼女を失うことになります。

この出来事がキッカケで、ボーンは嫌な過去を受け入れて未来に向かって歩みだす…というストーリーなんですが、この物語が示すように、「ダメな自分」を否定すればするほど、「できる自分」が打ち消されてしまうんですよね。

それは、「ダメな自分」と「できる自分」は紙一重だからです。ボーンは暗殺者であった過去を「ダメな自分」と捉えていましたが、暗殺者だったからこそ救える命があったのです。

つまり、ダメでも、かっこ悪くても、ありのままの自分を受け入れることが、できる自分になるためのはじめの一歩なんですよね。

3.「傲慢な自分」を受け入れると得する理由

自分に自信を持って生きていますか?

もし、自信を持って生きていないようなら、少しは傲慢に振る舞ってみてはどうでしょうか。

そもそも、自分に自信が持てないのは、自信を持つことを怖れているからです。自信が崩れるのが怖い、失敗して自信を失うのが怖い、「口ほどでもない」と他人から思われるのが怖い…なんて怖れているからですよね。

一方で、自信を持っている人たちは違います。たとえば、アメリカのトランプ大統領もそうです。

彼は厚顔無恥で、マイペースで、強引で、他人の顔色なんかちっとも気にしていません。

しかし、そういうふうに振る舞っているからこそ、彼はこれまでのアメリカ大統領よりも自分らしさを発揮できているのです。

とはいえ、「トランプ大統領みたいな傲慢な人間にはなりたくない」と思う人もいるでしょう。

しかし、「傲慢になろう」と思ったところで、それほど傲慢にはなれません。強すぎた怖れが中和されて、プラスマイナスゼロになるくらいです。

安心して傲慢になっていきましょう。

最後に

今回は、「欲しいもの」が手に入らないのは、望んでいるものだけを手に入れようとして、対極にある「欲しくないもの」を拒絶しているからだと紹介してきました。

そして、その中心にあるのが「怖れ」です。

しかし、怖れを行動のエネルギーにすると、ろくなことになりません。成功しても自信がつかず、失敗すれば恐怖を深めていくだけだからです。

だからこそ、欲しくないものを受け取る覚悟をもって、やりたいことに挑戦していく必要があるんですよね。

私も、ブログを書いていると、「文章が下手だ」とか、「つまらない」とか、「ありきたりだ」なんてコメントをされることもありますが…。

そんな言葉に振り回されるのではなく、その言葉を糧に、これまでよりも良いエントリを書いていきたいと思います。

もし、私と同じように「欲しいものが手に入らない」と嘆いている方は、今回紹介した方法をぜひお試しください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました