webstation plus

child_07

 私たち親が指示を出さないと何もできない子どもに育っていませんか。たとえば、

  • 決めた時間を越えてもゲームがやめられない
  • いい成績が取れないと親や先生に八つ当たりをする
  • 問題が起きるとすぐに目標に向かって挑戦するのを諦めてしまう

 などなど。もし、10歳を過ぎてもこのような行動を取っているようなら、自己管理力が育っていない証拠。子どもとの接し方を見直したほうがいいかもしれません。

 今回は、『子どもの「言わないとやらない!」がなくなる本』を参考に、「言われたことしかできない!?」子どもの性格を変える4つのステップを紹介します。

 自己管理力を育てる4つのステップ

 普通の人が成功するには、「根性」や「決意」ではなく、「習慣」の力を使うことが効果的だそうです。なぜなら、習慣化できれば努力しようと思わなくても行動できるようになるから。以前のエントリでも紹介しました。

 実は、自己管理力があるかどうかも、小さい頃からの習慣の差にあるそうです。

 小さい子どもには、まだ「思い込み」がありません。五感や言葉、行動を通して、徐々に「思い込み」を形成していきます。

 このとき、一番大きな影響を与えるのがお母さん(お父さん)。子どもは「お母さん(お父さん)が大切にしているものが大切なんだ」と素直に思い込むわけです。

 親が時間を大切にしていたら、時間が大切だと思うようになり、モノに八つ当たりしていたら、子どもも八つ当たりをするようになります。

 両親の影響はこれほど凄まじいわけですが、その両親が自分で考え、行動するように子どもに促していないとしたら…。子どもは自分で考えて行動することができなくなりますよね。

 そこで、次の4つのステップを実践する必要が出てくるわけです。お風呂を例に説明していきます。

1. やってあげる:感覚で覚える

 お風呂に入ると、温かい、さっぱりする、ゆるむ、しっとりする、いい匂い、肌触りがよい…。そんな感覚が味わえますよね。

 まだ言葉が理解できない幼い頃は、わからないからこそ、この感覚が理屈抜きでダイレクトに脳にインプットされます。

 そのため、気持ちがいいという感覚を味わえばお風呂が好きになり、熱くてつらいという感覚を味わえばお風呂が嫌いになります。身につけさせたい習慣は、気持ちがいいと感じられるようにしてあげましょう。

2. 一緒にやる:言葉で価値観を伝える

 言葉が理解できるようになると、両親の言葉でアンカリング(条件付け)するのが効果的です。

 「気持ちいいね」「さっぱりしたね」「ふわふわ~」など、お母さん(お父さん)の笑顔と優しい言葉で「お風呂に入るのは気持ちがいい」「お風呂に入るのはいいことだ」と条件づけるのです。

 そうすれば、感覚だけでなく、理屈でも「お風呂に入ることはいいことなんだ」と理解できるようになります。もちろん、言葉が伝わらない時期でも声かけは大切。そのため、ステップ1と並行してやることになるでしょう。

3. ひとりでできるようになる:行動に対して承認をする

 6歳から8歳くらいになると、ひとりでも行動できるようになります。

 このときに大切なのが、一緒に入るのも楽しいけれど、ひとりで入るのも「カッコいいことだ」「成長したことだ」という価値観を伝えること。そして、頑張ればきっとうまくいくと思えるように子どもの行動を認めることです。

 もちろん、親が一緒に行動したいからといってアレコレ世話を焼いてはダメ。自分で身体や髪の毛が洗えるように促し、その行動を認めていきましょう。

4. 自由にやらせる:感覚と価値を手に入れた上で、自分の判断で行動する

 最終的には、「時間がくれば自分でお風呂に入る」ことを目指します。10歳くらいまでにはできるようにしてあげたいですね。

 さて、このステップで最も大切なことは、「今日はお風呂に入らない!」と子どもが決めたら、それを認めること。無理やり入れさせないことです。そうしないと自立できません。

 また、お風呂に入らないと決めた責任(頭がかゆくなったり、臭いと言われたり…)を子ども自身に取らせることも大切です。責任を取らせないと、「自分には力がないので解決できないんだ」⇒「自分は無力で意味のない存在なんだ」と思うようになるからです。

 子どもの行動を認めていけば、自然と自分の価値観を築き、自立していきます。ぜひ、自立できるようにサポートしてあげましょう。

 最後に

 今回は、『子どもの「言わないとやらない!」がなくなる本』を参考に、「言われたことしかできない!?」子どもの性格を変える4つのステップを紹介しました。

 本書には、他にも「コミュニケーション力を伸ばす方法」「空間力を育てる方法」など知っておきたい内容が盛りだくさん!?気になった方は、ぜひ読んでみてください。

 関連記事

子どもの将来の年収は母親の愛情で決まる!?子どもを伸ばす子育て法

 最近のある研究によると、母親との温かい関係が、子どもの将来の年収の高さと関連していることがわかったそうです。  その研究とは、ハーバード大学に在籍していた286名の男性を対象に、卒業後も毎年健康診断と心理テストを行うこ …

2017年12月に6歳の息子と4歳の娘に読み聞かせた絵本15冊

 先月から始めた絵本の読み聞かせの記録。その第2弾です。  読み聞かせた絵本15冊 『くろくんとちいさいしろくん』  仲間とはぐれてしまった小さいしろくん。しろくんの仲間を探しにくろくんたちが奮闘します。しかし …

「6歳までの子育て」でいちばん大切なこと

 「0~6歳までの子育て」でいちばん大切なことは何だと思いますか?  『子育ての教科書』には、「親自身が安定した気持ちで、一貫した愛情を子どもに注ぎ続けること」だと書かれています。  親自身がいつも「ラブ」&「ハッピー」 …

これで勉強が出来る子に育つ!?小学校最初の3年間で本当にさせたい「勉強」

(※『小学校最初の3年間で本当にさせたい「勉強」』表紙より)  子どもに「勉強しなさい!」と言っていませんか。  しかし、小学校最初の3年間は学校の勉強よりも学んでおきたいことがあります。それを学んでおけば、中学生や高校 …

2020年以降は大学入試が変わる!?主体性を伸ばす子育て法

 2020年になるとセンター試験が廃止され、新たに「大学希望者学力評価テスト」が導入されるそうです。  これによって大きく変わるのは、「偏差値」よりも「主体性」が評価されるところ。自分で課題を見つけ、その課題を解決する力 …

子どもの能力は無限大!?小学生からの天才の育て方

 子どもの「能力」を制限していませんか?  私は「そんなことは絶対にしていない!」と思っていましたが、本『今すぐ実践!小学生からの天才の育て方』を読んで反省することになりました。子どもは私が想像している以上に成長していけ …

『ぐりとぐら』の作者・中川李枝子さんおすすめの絵本20冊

 『ぐりとぐら』や『いやいやえん』の作者である中川李枝子さんは保育園で子どもたちと一緒に多くの絵本を読まれてきたそうです。  そんな中川さんおすすめの絵本が本『子どもはみんな問題児。』に載っていました。私も子どもたちと一 …

自分で考える子どもに育てる5つのルール

 子どもを叱っていませんか。 「勉強しなさい!」 「片付けなさい!」 「さっさと行動しなさい!」  などなど。しかし、以前のエントリでも紹介しましたが、子どもを叱るメリットはほとんどありません。むしろデメリットだらけ。 …

学校任せではダメ!子どもの成長は親で決まる

(※『ブレない子育て』表紙より)  子育てしていますか?  私は長男が小学一年生になったので、少しは楽になりましたが、最近は「学校がつまらない!」と言うようになりました。  学校の勉強があまりにも簡単すぎて面白くないとい …

「勉強できない子ども」を「伸びる子」に変えるたったひとつの方法

 それは、「叱ること」でも、「ほめること」でも、「教えること」でもない。結論からいえば「認めること」だ。ではなぜ、「叱る」「ほめる」「教える」よりも「認める」ことが子どもの成長を促すのだろうか。  「叱る」「ほ …