webstation plus

child_07

 私たち親が指示を出さないと何もできない子どもに育っていませんか。たとえば、

  • 決めた時間を越えてもゲームがやめられない
  • いい成績が取れないと親や先生に八つ当たりをする
  • 問題が起きるとすぐに目標に向かって挑戦するのを諦めてしまう

 などなど。もし、10歳を過ぎてもこのような行動を取っているようなら、自己管理力が育っていない証拠。子どもとの接し方を見直したほうがいいかもしれません。

 今回は、『子どもの「言わないとやらない!」がなくなる本』を参考に、「言われたことしかできない!?」子どもの性格を変える4つのステップを紹介します。

 自己管理力を育てる4つのステップ

 普通の人が成功するには、「根性」や「決意」ではなく、「習慣」の力を使うことが効果的だそうです。なぜなら、習慣化できれば努力しようと思わなくても行動できるようになるから。以前のエントリでも紹介しました。

 実は、自己管理力があるかどうかも、小さい頃からの習慣の差にあるそうです。

 小さい子どもには、まだ「思い込み」がありません。五感や言葉、行動を通して、徐々に「思い込み」を形成していきます。

 このとき、一番大きな影響を与えるのがお母さん(お父さん)。子どもは「お母さん(お父さん)が大切にしているものが大切なんだ」と素直に思い込むわけです。

 親が時間を大切にしていたら、時間が大切だと思うようになり、モノに八つ当たりしていたら、子どもも八つ当たりをするようになります。

 両親の影響はこれほど凄まじいわけですが、その両親が自分で考え、行動するように子どもに促していないとしたら…。子どもは自分で考えて行動することができなくなりますよね。

 そこで、次の4つのステップを実践する必要が出てくるわけです。お風呂を例に説明していきます。

1. やってあげる:感覚で覚える

 お風呂に入ると、温かい、さっぱりする、ゆるむ、しっとりする、いい匂い、肌触りがよい…。そんな感覚が味わえますよね。

 まだ言葉が理解できない幼い頃は、わからないからこそ、この感覚が理屈抜きでダイレクトに脳にインプットされます。

 そのため、気持ちがいいという感覚を味わえばお風呂が好きになり、熱くてつらいという感覚を味わえばお風呂が嫌いになります。身につけさせたい習慣は、気持ちがいいと感じられるようにしてあげましょう。

2. 一緒にやる:言葉で価値観を伝える

 言葉が理解できるようになると、両親の言葉でアンカリング(条件付け)するのが効果的です。

 「気持ちいいね」「さっぱりしたね」「ふわふわ~」など、お母さん(お父さん)の笑顔と優しい言葉で「お風呂に入るのは気持ちがいい」「お風呂に入るのはいいことだ」と条件づけるのです。

 そうすれば、感覚だけでなく、理屈でも「お風呂に入ることはいいことなんだ」と理解できるようになります。もちろん、言葉が伝わらない時期でも声かけは大切。そのため、ステップ1と並行してやることになるでしょう。

3. ひとりでできるようになる:行動に対して承認をする

 6歳から8歳くらいになると、ひとりでも行動できるようになります。

 このときに大切なのが、一緒に入るのも楽しいけれど、ひとりで入るのも「カッコいいことだ」「成長したことだ」という価値観を伝えること。そして、頑張ればきっとうまくいくと思えるように子どもの行動を認めることです。

 もちろん、親が一緒に行動したいからといってアレコレ世話を焼いてはダメ。自分で身体や髪の毛が洗えるように促し、その行動を認めていきましょう。

4. 自由にやらせる:感覚と価値を手に入れた上で、自分の判断で行動する

 最終的には、「時間がくれば自分でお風呂に入る」ことを目指します。10歳くらいまでにはできるようにしてあげたいですね。

 さて、このステップで最も大切なことは、「今日はお風呂に入らない!」と子どもが決めたら、それを認めること。無理やり入れさせないことです。そうしないと自立できません。

 また、お風呂に入らないと決めた責任(頭がかゆくなったり、臭いと言われたり…)を子ども自身に取らせることも大切です。責任を取らせないと、「自分には力がないので解決できないんだ」⇒「自分は無力で意味のない存在なんだ」と思うようになるからです。

 子どもの行動を認めていけば、自然と自分の価値観を築き、自立していきます。ぜひ、自立できるようにサポートしてあげましょう。

 最後に

 今回は、『子どもの「言わないとやらない!」がなくなる本』を参考に、「言われたことしかできない!?」子どもの性格を変える4つのステップを紹介しました。

 本書には、他にも「コミュニケーション力を伸ばす方法」「空間力を育てる方法」など知っておきたい内容が盛りだくさん!?気になった方は、ぜひ読んでみてください。

 関連記事

人付き合いが苦手では生きていけない/逆境に強い子になる育て方

 私の子どもたちを「逆境に強い子に育てたい!」と思って読んだ本なのですが、「子ども」というよりも「まずは自分が」へこたれない親になる必要がある――と痛感させられた本でした。  内閣府の統計(2010年)によると、70万人 …

子どもの能力は無限大!?小学生からの天才の育て方

 子どもの「能力」を制限していませんか?  私は「そんなことは絶対にしていない!」と思っていましたが、本『今すぐ実践!小学生からの天才の育て方』を読んで反省することになりました。子どもは私が想像している以上に成長していけ …

子どもの成長を妨げていない?/子離れできない毒親の特徴

 今から一年ほど前。テレビで「世界卓球2015」が放送されていました。私はこの放送をみて、心が震えたことを今でも思い出します。14歳の伊藤美誠、15歳の平野美宇が世界の競合相手に堂々と闘っていたからです。これほどの「若さ …

子育てのイライラを解消するたったひとつの方法

 子育てをしていると、子どもに対してイライラすることありますよね。 「使わないオモチャは片付けなさい!」 「マンガばかり読んでないで勉強しなさい!」 「言うことを聞きなさい!」  なんて怒りたくなることばかり。ある自治体 …

子どもの学力は「読み聞かせ」で決まる!?おすすめの絵本145冊

 絵本の読み聞かせをしていますか。  多くの子育て本にも書かれているように、絵本の読み聞かせには学力を高める効果があります。  そこで今回は、本『将来の学力は10歳までの「読書量」で決まる!』を参考に、読み聞かせの効果と …

自分で考える子どもに育てる5つのルール

 子どもを叱っていませんか。 「勉強しなさい!」 「片付けなさい!」 「さっさと行動しなさい!」  などなど。しかし、以前のエントリでも紹介しましたが、子どもを叱るメリットはほとんどありません。むしろデメリットだらけ。 …

「よい子」ではなく「問題児」に育てよう/個性を伸ばす子育て法

 子どもへの最高の褒め言葉とは何でしょうか。  私は「よい子」や「賢い子」、「聞き分けのいい子」だと思っていたのですが――名作童話『ぐりとぐら』の作者である中川李枝子さんは、そうではないといいます。「子どもらしい子ども」 …

2017年11月に6歳の息子と4歳の娘に読み聞かせた絵本15冊

 子どもが生まれてすぐに始めた絵本の読み聞かせ。  これまで多くの絵本を読み聞かせてきましたが、記録として残してこなかったので、今月から残すことにしました。そうすれば、今よりももっと読み聞かせが楽しくなるはず!?  今回 …

基礎学力は絵本の読み聞かせで決まる!?おすすめ絵本79冊

 14歳でカナダの名門5大学に合格した大川翔くん。翔くんのお母さんは、彼が乳幼児の頃から絵本の読み聞かせを始めたそうです。  そうして大きくなった翔くんは、9歳のときにカナダ政府から「ギフティッド(天才児)」と認定される …

「勉強できない子ども」を「伸びる子」に変えるたったひとつの方法

 それは、「叱ること」でも、「ほめること」でも、「教えること」でもない。結論からいえば「認めること」だ。ではなぜ、「叱る」「ほめる」「教える」よりも「認める」ことが子どもの成長を促すのだろうか。  「叱る」「ほ …