webstation plus

child_07

 私たち親が指示を出さないと自分との約束が守れない子どもに育っていませんか。たとえば、

  • 決めた時間を越えてもゲームがやめられない
  • いい成績が取れないと親や先生に八つ当たりをする
  • 問題が起きるとすぐに目標に向かって挑戦するのを諦めてしまう

 などなど。もし、10歳を過ぎてもこのような行動をとっているようなら、「自己管理力」が育っていない証拠。子どもとの接し方を見直したほうがいいかもしれません。

 「根性」や「決意」よりも大切なもの

 ブレずに目標達成ができる子どもと、そうでない子ども。この差は一体なんでしょうか。

 もちろん、学力ではありません。偏差値でもなければ、頭のいい悪いの差でもありません。実は自己管理力の差なんです。

 自己管理力が身についていない子どもは、ちょっとしたことで揺れます。

 その結果、自分との約束を守れずに宿題よりもゲームを優先したり、成績が伸び悩むと八つ当たりをしたり、すぐに目標達成を諦めたりするんですよね。

 実は、この自己管理力。小さい頃からの習慣の差で決まります。「根性」や「決意」ではなく、日々の「習慣」がものを言うのです(以下のエントリでも習慣の大切さを紹介しています)。

 小さい子どもには、まだ「思い込み」がありませんよね。五感や言葉、行動を通して、徐々に思い込みを形成していきます。

 このとき、子どもに最も大きな影響を与えるのが両親。子どもは「両親が大切にしているものが大切なんだ」と思い込みます。親が時間を大切にしていれば、時間を大切にするようになり、モノに八つ当たりをしていれば、子どもも八つ当たりするようになります。

 両親の影響力はこれほど大きいわけですが、その両親が自分で考え、行動するように子どもを促していないとしたら…。子どもは「自己管理力」が身につけられませんよね。

 そこで――。

 自己管理力を育てる4つのステップ

 子どもが自分で考えて行動するように習慣づけていきます。そのステップが次の4つ。

  1. やってあげる:感覚で覚えさせる
  2. 一緒にやる:言葉で価値観を伝える
  3. ひとりでできるように促す:行動に対して承認をする
  4. 自由にやらせる:感覚と価値を手に入れた上で、自分の判断で行動させる

 ここではお風呂を例に紹介していきます。

1. やってあげる:感覚で覚えさせる

 お風呂に入ると、温かい、さっぱりする、ゆるむ、しっとりする、いい匂い、肌触りがよい…。そんな感覚が味わえますよね。

 まだ言葉が理解できない幼い頃は、わからないからこそ、この感覚が理屈抜きでダイレクトに脳にインプットされます。

 そのため、「気持ちいい」という感覚を味わえばお風呂が好きになり、「熱くてツライ」という感覚を味わえばお風呂が嫌いになります。身につけさせたい習慣は、ぜひポジティブな感覚が味わえるようにしてあげましょう。

2. 一緒にやる:言葉で価値観を伝える

 言葉が理解できるようになると、両親の言葉でアンカリング(条件付け)するのが効果的です。

 「気持ちいいね」「さっぱりしたね」「ふわふわ~」など、両親の笑顔と優しい言葉で「お風呂に入るのは気持ちいい」「お風呂に入るのは良いことだ」と条件づけるのです。

 そうすれば、感覚だけでなく、理屈でも「お風呂に入ることはいいことなんだ」と理解できるようになります。

 もちろん、言葉がわからない時期でも声かけは大切です。ステップ1と並行してやりましょう。

3. ひとりでできるように促す:行動に対して承認をする

 6歳から8歳くらいになると、ひとりでも行動できるようになります。

 このとき大切なのは、一緒に入るのも楽しいけれど、ひとりで入るのも「カッコいいことだ」「成長したことだ」という価値観を伝えること。そして、頑張ればきっとうまくいくと思えるように子どもの行動を認めることです。

 もちろん、親が一緒に行動したいからといって、あれこれ世話を焼いてはダメ。自分で身体や髪の毛が洗えるように促し、その行動を認めてあげましょう。

4. 自由にやらせる:感覚と価値を手に入れた上で、自分の判断で行動させる

 最終的には、「時間がくれば自分でお風呂に入る」ことを目指します。10歳くらいまでにはできるようにしてあげたいですね。

 さて、このステップで最も大切なことは、「今日はお風呂に入らない!」と子どもが決めたら、それを認めること。無理やり入れさせようとしないことです。

 また、お風呂に入らないと決めた責任――頭がかゆくなったり、臭いと言われたり…を子ども自身に取らせることも大切です。

 子どもに責任を取らせないと、「自分には力がないので解決できないんだ」と考え、それが続くと「自分は無力で意味のない存在なんだ」と思うようになるからです。

 こうして子どもの行動を認めていけば、自分の価値観をもつようになり、自然と自立していきます。ぜひ、自立を促すサポートをしてあげましょう(以下のエントリも参考にしてください)。

 両親が4つのステップを壊してはダメ

 ここまで紹介してきたように、子どもたちは4つのステップを踏んで自立していきます。ところが、途中のステップを飛ばしたり、あるいは途中のステップで踏み止まらせようとする親がいるんですよね。

 たとえば、勉強。両親が一緒に勉強をしたり、あるいは一人でできるようにフォローせずに、いきなり自由にやらせても上手くいくはずがありません。

 一方で、一人で勉強ができるレベルになっているのに、自分が教えたいからと、手出し口出しをしてステップを逆戻りさせても、勉強嫌いになるでしょう。

 もちろん、その日のモチベーションによっては、ステップが前後することもあるかもしれません。しかし、ステップの中心はあくまでも子ども。親が面倒くさかったり、手出し口出しをしたいからと言って、子どもが踏むべきステップを壊してはいけません。

 逆にいえば、ステップを踏んで自立できるように促せば、放っておいても自分で考え、行動するようになります。実際、私の子どもたちも幼いながらも自分で考え、行動しています。

 もし、指示を出さないと何もできない子どもに育っているなぁ…と感じているようなら、今回紹介した方法を試してみてはどうでしょうか。

 関連記事

フライングタイガーコペンハーゲンで知育玩具を購入

 昨日はクリスマス。みなさん楽しまれたでしょうか。  私の家には二人の子ども(6歳の息子&4歳の娘)がいるので、子どもたちがサンタさんにお願いしたプレゼントを購入してきました。  それが、フライングタイガーコペンハーゲン …

子どもの成長を妨げていない?/子離れできない毒親の特徴

 今から4年ほど前。テレビで『世界卓球2015』が放送されました。私はこの放送を見て、心が震えたことを今でも思い出します。14歳の伊藤美誠さん、15歳の平野美宇さんが、世界の競合相手に堂々と闘っていたからです。これほどの …

AIに仕事を奪われないようにするために必要なたったひとつの能力

(※『AI vs. 教科書が読めない子どもたち』表紙より)  人間にしかできない仕事をしていますか?  オックスフォード大学のある研究チームの予測によると、AI化によって10年から20年後に全雇用者の約47%が職を失うそ …

基礎学力は絵本の読み聞かせで決まる!?おすすめの絵本79冊

 14歳でカナダの名門5大学に合格した大川翔くん。翔くんのお母さんは、彼が乳幼児の頃から絵本の読み聞かせを始めたそうです。  そうして大きくなった翔くんは、9歳のときにカナダ政府から「ギフティッド(天才児)」と認定される …

学校任せではダメ!?家庭学習で絶対に身につけさせたいこと

 私たち日本人は、「自分で考える」よりも「誰かが決めた答えに従う」ことが多いですよね。  たとえば、学校や塾もそうです。与えられる問題はたったひとつしか正解がないものばかりで、その答えにたどり着く方法を学びます。  読書 …

子育てのイライラは解消よりも解決を目指そう/意志の力で育児を変える

 子どもに対してイライラしていませんか? 「使わないオモチャは片付けなさい!」 「ゲームばかりしてないで勉強しなさい!」 「言うことを聞きなさい!」  などなど、イライラすることばかりです。  このとき、パートナーや友人 …

『ぐりとぐら』の作者・中川李枝子さんおすすめの絵本20冊

 『ぐりとぐら』や『いやいやえん』の作者である中川李枝子さんは保育園で子どもたちと一緒に多くの絵本を読まれてきたそうです。  そんな中川さんおすすめの絵本が本『子どもはみんな問題児。』に載っていました。私も子どもたちと一 …

片づけられない子どもは将来不幸になる!?

 「片づけなさい!」と叱っても、遊びに夢中で家の中は散らかったまま。そこで仕方なく、私たち親が代わりに片づけをしている…。そんなことありませんか。  もしそうだとしたら、子どもは将来、不幸になるかもしれません。  今回は …

「勉強できない子ども」を「伸びる子」に変えるたったひとつの方法

 子どもには「勉強できるようになってほしい」ですよね。  だからこそ、子どもが勉強しないと、叱ったり、褒めたり、教えたりして勉強するように促すのですが、実はどの行為も子どもの成長にはつながらないそうです。  なぜでしょう …

「6歳までの子育て」でいちばん大切なこと

 「0~6歳までの子育て」でいちばん大切なことは何だと思いますか?  『子育ての教科書』には、「親自身が安定した気持ちで、一貫した愛情を子どもに注ぎ続けること」だと書かれています。  親自身がいつも「ラブ」&「ハッピー」 …