webstation plus

brothers_02

 日本における自殺の統計情報を見てみると、男女差がとても大きいことがわかります。下図がそれなのですが、パッと見ただけで大差があることがわかりますよね。実は、男性の自殺率は女性の2倍以上もあるのです。

jisaturitu_02

 では、なぜ女性よりも男性のほうが自殺する人が多いのでしょうか。警察庁の統計情報(平成27年中における自殺の状況)によると、男性が自殺する理由として「経済・生活問題」や「勤務問題」が全体の約33%を占めており、しかも同理由で自殺した女性に比べて約8.2倍と圧倒的に多いことがわかります。つまり、会社の倒産や生活苦、失業や仕事疲れなど「仕事関連の悩み」が原因で自殺する男性が多いということです。

 これは、過去を振り返ってみても同じです。1997年以降、男性の自殺率が跳ね上がっていることがわかりますよね。これは、1997年頃から多くの企業がリストラを始め、一部の企業が倒産に追い込まれた年だからです。

 しかし、残念なことに、今後も日本が経済成長する可能性は低いといわざるを得ません。少子高齢化が進む日本では、多くの市場が縮小傾向にあるからです。それにも関わらず、「仕事がすべて」「会社に頼った生き方」をしていては、ますます自殺に追い込まれる男性が増えることになるでしょう。

 そこで、「会社以外にも自分の居場所」を持つ必要が出てくるわけです。

 「ワーク・ライフ・ソーシャル」の3つの居場所をもとう

 三井物産ロジスティックス・パートナーズ株式会社の代表取締役である川島高之さんは、著書『いつまでも会社があると思うなよ!』で、「ワーク・ライフ・ソーシャルの3つの居場所をもとう」と提案されています。具体的には:

  • (お金を得る)仕事「ワーク」に、最大限の努力をする
  • 子育てなど「ライフ(プライベート)」に、しっかりと時間を取る
  • 地域活動や社会貢献など「ソーシャル」に、コミットした活動をする

 そうすれば、たとえ「仕事関連の悩み」で苦しむことになったとしても、自分の居場所があるという安心感が生まれ、人生の幸福度が上がります。さらには「ビジネスパーソンとしての仕事能力まで飛躍的に向上する」といわれています。なぜでしょうか。

なぜ、人生の幸福度が上がるのか

 ひとつは、先ほども説明したように、たとえ職場で居場所を失ったとしても、他の居場所があるという安心感が生まれるからです。たとえば、子どものために野球のコーチをしながら、PTAの役員に就いたとしましょう。すると、仕事以外にも「親」として、「野球のコーチ」として、「PTAの役員」としての居場所ができます。

 もちろん、仕事を失えば、経済的な不安に悩まされることになるでしょう。しかし、「自分には生きる価値などない」と思わずにはいられそうですよね。少なくとも、子どもやPTAからは必要とされているのですから。

 また、「人生は一度きり」です。せっかく生まれてきたのですから、仕事一点張りの人生よりも、親として、パートナーとして、子どもとして、そして地域社会の人間として…と、いろいろな役割を楽しんだほうが、人生が豊かになると思いませんか。

 このような理由で、会社以外にも居場所をもったほうが「人生の幸福度」が高まるわけです。

なぜ、ビジネスパーソンとしての仕事能力が飛躍的に向上するのか

 子育ての経験がある方はお分かりだと思いますが、10歳未満の言葉数も少ない幼児や学童に、こちらの考えを伝えるコミュニケーションは本当に難しいですよね。叱り飛ばせばいいというものではないからです。

 同じように、PTAの女性たち、少年野球のコーチのおっさんたち、学校の先生方、町内の長老などとは、価値観や共通語が異なるので、コミュニケーションをとるだけでもひと苦労。しかし、こうした苦労こそがコミュニケーション力を飛躍的に向上させます。

 もちろん、コミュニケーション力だけではありません。たとえば、NPOや地域社会での活動(PTA活動もそのひとつ)では、自分で手をあげさえすれば、いつでもプロジェクトリーダーになれます。すると、組織運営力や人脈、視野や多様性といったビジネスパーソンに求められるスキルが飛躍的に向上することが容易に想像できますよね。

 一方、会社では若手に大きな仕事を任せない傾向が強まっています。不況の煽りもあり、失敗できない状況に追い込まれているからです。このような状況を考えると、会社でダラダラ残業している時間がもったいないと思いませんか。

 最後に

 というわけで、私も「ワーク・ライフ・ソーシャル」の3つの居場所がもてるように挑戦することにしました。具体的には、「ライフ」は子育て、「ソーシャル」は町内の月1回の集まりに顔を出すことにしたのです。

 すると、少しずつですが、人脈が広がったり、視野が広がったりしています。これまで付き合ったことのない異業種の人たちや幅広い年代の人たちとの交流は本当に新鮮です。世の中にはいろいろな人がいるんだなぁ…という気づきにもなりました。

 また、そうした方たちの話を聞くと、「自分だけがツライ思いをしている」なんて妄想に取りつかれずにすみます。「死にたい」なんて思わずにいられそうです。だからこそ、時間をつくって「ワーク・ライフ・ソーシャル」の3つの居場所をもってみてはどうでしょうか。私も引き続き挑戦していきます。

 関連記事

人気の吉本芸人が考える「売れる秘訣」とは!?

 「お笑い芸人になりたい」「小説家になりたい」「ハンドメイド作家として活躍したい」…などなど、夢を実現するために挑戦している人は大勢います。しかし、そのなかで成功できるのは、ほんの一握りの人たち。  では、成功できる人と …

大人になってから遊んでますか?

 ここでいう遊びとは、仕事につながるとか、コストパフォーマンスがいいからとか、そんなものではなくて、メリットを度外視した単純に好きで楽しいことです。  たとえば、自動車メーカーに勤めている人が「休日もクルマに乗ることが趣 …

お金よりも「つながり」を大切に/『残酷な世界で生き延びるたったひとつの方法』

 「努力すれば幸せになれるのか」――これが本書のテーマである。そして、その答えは「No!」。なぜか。  結論からいえば、私たちの能力の大半は遺伝によって決まっているからだ。走るのが得意じゃない人が、どれだけ走る練習をした …

コモディティから抜け出し、社会に認められる力をつけよう/『断る力』

 企業の人員整理がとまらない。今でも多くの企業が社員を「リストラ部屋」に追い込んでいる。「リストラ部屋」とは、リストラ対象者を集め、社内失業状態にし、退職に追い込むことを目的とした部署だ。あのソニーですら「リストラ部屋」 …

なぜ、優秀な社員が「追い出し部屋」に追い込まれるのか

 『切り捨てSONY』を読み終えるまでは、「リストラ部屋(追い出し部屋)に追いやられた人=仕事ができない人」だと思っていました。  しかし、そうではない人たちも大勢いるんですよね。すなわち、優秀な人たちも「リストラ部屋」 …

つまらない人は職を失い、面白い人に仕事とお金が集まる時代に

 子どもの頃、「バカだなぁ」と笑っていた出川哲朗さんが、大人になるにつれて実はスゴイ人だということがわかり、反対に憧れを抱いていた大企業のサラリーマンが、実はいくらでも代わりが利く仕事をしているという事実を、大人になった …

セルフ・イノベーションを起こそう/『僕は、だれの真似もしない』

 シャープや東芝をはじめとする、いわゆる日本の大企業が軒並みダメになっている。なぜだろう。  2004年にApple日本法人代表取締役をスティーブ・ジョブズ氏から託された前刀禎明氏は、「日本人一人ひとりがセルフ・イノベー …

35歳から始まる「第二の人生」を楽しむためのチェックリスト5つ

 35歳という年齢は、第二の人生のスタート地点だといわれています。  たとえば、仕事。「転職35歳限界説」が巷でささやかれているように、35歳を過ぎると転職のハードルが高くなり、よほどスゴイ専門性があるか、あるいはマネジ …

「仕事ができない人」が「できる人」になる方法/『仕事をしたつもり』

 毎日忙しく仕事をしている。まわりもそれを認めていて、非難する人はいない。それなのに、成果がでない。なぜだろう。  結論からいえば、いまの業績の8割以上は、働いているうちの2割程度であげることができ、残り8割の時間は、ほ …

10年後に仕事がある人、ない人

 本:『10年後、君に仕事はあるのか?』の著者・藤原和博さんによると、2020年代には求人が半減するそうです。  その理由は次の2点。 ロボットとAIの活躍によって仕事が激減する 東京オリンピックの後は景気が大幅に落ち込 …