webstation plus

birdcage_01

 世の中には、私たち凡人には想像もつかないような生き方をしている人たちがいる。『自分の小さな「鳥カゴ」から飛び立ちなさい』の著者である河合江理子さんもそのひとり。彼女の経歴をみれば、そのチャレンジ精神に驚くことになるだろう。

 河合さんはハーバード大学を卒業後、野村證券に入社するも1年で退社。当時は女性を「お茶汲み」や「男性の補助業務をさせる要因」として扱っていたので、彼女にはそれが我慢できなかったのだ。

 しかし、他の日本企業に転職しても女性の扱いは大差ない。そこで彼女は、フランスのビジネススクール(INSEAD)に通うことを目指すのだが、学費がなかったため、まずは外資系ベンチャー企業に転職する。週末は通訳のアルバイト、週2回の夜は語学学校でフランス語を習いながらINSEADを目指した。その結果、1年半後に見事合格する。

 INSEADを卒業した河合さんは、マッキンゼーのパリオフィスに入社。以降、イギリスのウォークバーグ銀行、フランスの証券リサーチ専門会社など、金融に関わる仕事に携わっていく。

 もちろん、これだけでは終わらない。河合さんの夫がポーランドに異動することなったのをキッカケに、彼女もポーランドにある山一證券の合弁会社に転職する。しかし、山一證券が倒産したため、スイスのBIS(国際決済銀行)に国際公務員として転職した。

 BISといえば、福利厚生がよく、年金が多くもらえることで有名で、多くの人たちがそこで働くことを望んでいた。しかし、一方で変化を嫌う風潮があり、決められた枠組みのなかで一生、何の変化もない仕事をすることへの退屈さと絶望感から心の病をわずらってしまう人もいた。

 河合さん自身も、なんとか仕事以外で自分を満たそうと、テニスやヨガをしたり、エッセーを書き始めたりしたそうだが、どうしてもやりがいが見出せない。しかし、BISからも抜け出せない。なぜなら、1度ぬるま湯につかってしまうと、抜け出せない理由を探してしまうからだ。

 とはいえ、安定を求めることほど退屈なものはなく、ましてや、これからの時代、安定はリスク以外の何ものでもない。日々の仕事に成果を見出すことができず、続ければつづけるほど出口が見えなくなっていく不安に悩まされるようなら、環境が変わらない以上、残り続けることではなく、そこから抜け出すしかない。このことに気づいた河合さんは、「自分の小さな鳥カゴ」から飛び立つ決意をし、フランスのOECD(経済協力開発機構)に転職する。

 さらに、彼女は「複雑化する国際社会のなかで日本のために議論できる人材育成に関わりたい」と考えるようになり、京都大学に転職。現在は、京都大学大学院総合生存学館(思修館)で教鞭をとっている。

 このように、彼女は自分の本心に忠実に、目標を見つけたらそれを絶対に手放さずに追い続けてきた。その結果として、他の人たちにはマネできないようなキャリア、つまり成功を手に入れたのである。

 さて、私たちは「安定」を手に入れるとどうしてもそれを手放したくなくなる。どれほど仕事がつまらなくても、たくさんのお金が手に入る安定した職業を選んでしまいがちだ。しかし、河合さんのように自らの本心に忠実に行動したほうが成功する確率は高まる。実際、あるビジネススクールの学生1500人を対象にした調査結果では、「安定した職業を選ぶ」と答えた学生よりも、「今すぐ夢を追いかける」と答えた学生のほうが、圧倒的に大富豪になっている確率が高かった。

 すなわち、相対的に恵まれた環境にいて、失うものが大きくなるほど、そこから飛び出せなくなるという落とし穴があるが、そこにいたらダメだという危機感があるのなら、今すぐ飛び出したほうがいい。そうしなければ、一生自分の小さな鳥かごのなかで暮らすことになるからだ。だから、ぬるま湯につかっているようなら、今すぐそこから飛び出そう。

 関連記事

サラリーマンを極めることが独立・起業の成功につながる

 誰もが一度は夢見る独立・起業。「誰にも束縛されずに自由に生きていきたい」と思うのは自然な欲求だが、フリーランスとして働いても自由になれるとは限らない。むしろ、会社員として働いていたときよりも自由になれないケースさえある …

コモディティから抜け出し、社会に認められる力をつけよう/『断る力』

 企業の人員整理がとまらない。今でも多くの企業が社員を「リストラ部屋」に追い込んでいる。「リストラ部屋」とは、リストラ対象者を集め、社内失業状態にし、退職に追い込むことを目的とした部署だ。あのソニーですら「リストラ部屋」 …

お金よりも「つながり」を大切に/『残酷な世界で生き延びるたったひとつの方法』

 「努力すれば幸せになれるのか」――これが本書のテーマである。そして、その答えは「No!」。なぜか。  結論からいえば、私たちの能力の大半は遺伝によって決まっているからだ。走るのが得意じゃない人が、どれだけ走る練習をした …

「不労所得」という名の花見酒には毒がある

 落語にこんな話がある。酒屋の番頭からお酒を借りて商売をしようとした二人の幼馴染がいた。花見シーズンだったので、花見の場所に行きさえすれば必ずお酒が売れると二人は考えていたのである。酒飲みは、酒がなくなるとすぐに飲みたく …

大人になってから遊んでますか?

 ここでいう遊びとは、仕事につながるとか、コストパフォーマンスがいいからとか、そんなものではなくて、メリットを度外視した単純に好きで楽しいことです。  たとえば、自動車メーカーに勤めている人が「休日もクルマに乗ることが趣 …

リストラされやすい「無難な人」の特徴とその対策法

 自分の頭で考え、自分なりのスタイルで仕事をする姿勢。それが決定的に欠けている人が多い。私を含めた多くの人は、世間の変化に合わせて、社内の空気を読み、自分より「できる人」のマネをしているだけ――。  しかし、世間の変化や …

つまらない人は職を失い、面白い人に仕事とお金が集まる時代に

 子どもの頃、「バカだなぁ」と笑っていた出川哲朗さんが、大人になるにつれて実はスゴイ人だということがわかり、反対に憧れを抱いていた大企業のサラリーマンが、実はいくらでも代わりが利く仕事をしているという事実を、大人になった …

生き残るために必要なのは「変化」/『これからの世界で働く君たちへ』

 日本の大企業が苦しんでいる。たとえば、東芝。昨年の9月に不正会計問題が表面化し、2248億円の水増しをしていたと発表した東芝だったが、つい先日、他にも7件の水増しをしていたことが判明した。その額なんと58億円。少しでも …

エンジニアとして生き残るには/『How Google Works』

 「グーグルが成功した最大の理由の一つは、事業計画が実はまったく計画らしくなかったことにある」と、グーグルの会長であるエリック・シュミット氏は言う。  実際に、グーグルでは、財務予想や収入源に関する議論などしない。ユーザ …

セルフ・イノベーションを起こそう/『僕は、だれの真似もしない』

 シャープや東芝をはじめとする、いわゆる日本の大企業が軒並みダメになっている。なぜだろう。  2004年にApple日本法人代表取締役をスティーブ・ジョブズ氏から託された前刀禎明氏は、「日本人一人ひとりがセルフ・イノベー …