webstation plus

watch_01

 自分で決めたことを確実に実行していますか。私はできていません。「毎日ブログを書こう」と決めても、3日以内には諦めてしまい、言い訳をしています。

 「仕事が忙しくて」「子育てもしないといけないし」「突然の予定が入ったから」――「忙しくて時間がなかったんだ。仕方がない」と。

 しかし、どれだけ言い訳を並べたところで、現実は何も変わりません。そればかりか、一度、言い訳を許してしまうと、次からも言い訳を許してしまうことになるでしょう。もちろん、そんなことでは「やりたい」ことが実現できる日など永遠にやって来ません。

 では、言い訳をせずに有言実行している人たちは、どうやって時間がなくてもやりたいことを成し遂げているのでしょうか。

 やりたいことを確実にやるための5つの心得

 生後一ヶ月、一歳、三歳の娘を連れてハーバード大学に留学した経歴をもつ吉田穂波さんは、著書『「時間がない」から、なんでもできる!』のなかで、「時間がなかったから留学できた」といわれています。

 まるで禅問答のようですが、実際に吉田さんは、産婦人科医としての「仕事」と「子育て」を両立しながら留学を実現。しかも、「ハーバードに留学しよう!」と決意してから、わずか半年後に留学を実現されたのです。

 ではなぜ、「時間がないから留学できた」のでしょうか。それは、時間がないときに限って、あれこれとやりたいことが浮かんでくる――すなわち、やる気があふれてくるからだと言われています。

 たしかに、テスト前や仕事が忙しいときに限って、整理整頓がしたくなったり、読書がしたくなったりしますよね。そのエネルギーを放っておくのはもったいない、ということなんです。

 しかし、実際にやろうとすると、多くの困難が降りかかってきます。そこで、次の5つの心得が必要になります。

  1. すべてを同時並行にする
  2. 「or」ではなく「and」で考える
  3. 「混沌・ぐちゃぐちゃ」を楽しむ
  4. 「見切り発車」をよしとする
  5. 「できる」しか見えないメガネをかける

1. すべてを同時並行にする

 「ひとつずつ順番に」やるには、人生は短すぎます。やりたいことが複数あるのなら、全部同時にやりましょう。

2. 「or」ではなく「and」で考える

 そのためには、「AかBのどちらをとるか」で悩むのではなく、「AとBを同時に実現させる方法」を考える必要があります。たとえば、仕事とブログをどうやって両立させようか、というように。

 しかし、それほど悩む必要はありません。なぜなら、同時にやるからこそ両立できることが多くあるからです。趣味で書いているブログが仕事での報告書やプレゼンに活かせたり、マラソンで鍛えた持続力が営業で役立ったり…と。

3. 「混沌・ぐちゃぐちゃ」を楽しむ

 とはいえ、複数のことを同時にやれば、「ごちゃごちゃ」することになるでしょう。あれも中途半端、これも中途半端というように。しかし、中途半端で問題ありません。中途半端を積み重ねていけば、必ずゴールにたどり着けるからです。

 英語の勉強だってそうです。「英会話スクールに通う時間ができたら始めよう」と思っていては、いつまでたっても始められません。しかし、通勤中やジョギング中のちょっとした時間を利用して英語を聞けば、リスニング力は向上します。

4. 「見切り発車」をよしとする

 つまり、「見切り発車」をよしとするのです。実際、次々と新しいことに挑戦している人たちは、「とにかく始めてしまうこと」が大切だといわれています。とにかく始めてしまえば、そのための時間を生み出す方法を必死になって考えるからです。

 何かを始めるのに十分な環境が整うことなどありません。とにかく始めてみましょう。

5. 「できる」しか見えないメガネをかける

 5つの心得のなかで最も大切なこと。それは、「できる」という自信です。多くの論文にも「客観的な評価よりも自信が大切」と書かれているように、何かを成し遂げていくには、実際にできるかどうかよりも、「できる」と思うことのほうがずっと大事なのです。

 つまり、「本当にできるだろうか」などと躊躇しているのは時間のムダ。とにかく、まずはやってみる。私たちに与えられた選択肢は、「やる」か「やらないか」の2つしかありません。

 最後に

 私自身も、職場が変わったこともあり、最近とても忙しくなったのですが、以前に比べて「読書がしたい」「ブログが書きたい」「もっと勉強したい」という「やりたい」エネルギーが湧き上がってくるようになりました。

 しかし、「中途半端になるのがイヤ」という理由で行動してこなかったのですが…、本書を読んで考えを改めることにしました。仕事も、ブログも、子育ても、勉強も、すべて挑戦していこうと思います。そうすれば、吉田さんのように「ハーバード大学に留学」といった驚くような結果が出せるかもしれません。

 関連記事

大人になってから遊んでますか?

 ここでいう遊びとは、仕事につながるとか、コストパフォーマンスがいいからとか、そんなものではなくて、メリットを度外視した単純に好きで楽しいことです。  たとえば、自動車メーカーに勤めている人が「休日もクルマに乗ることが趣 …

コモディティから抜け出し、社会に認められる力をつけよう/『断る力』

 企業の人員整理がとまらない。今でも多くの企業が社員を「リストラ部屋」に追い込んでいる。「リストラ部屋」とは、リストラ対象者を集め、社内失業状態にし、退職に追い込むことを目的とした部署だ。あのソニーですら「リストラ部屋」 …

これからの日本で生き残る方法/『吉本芸人に学ぶ生き残る力』

 経営再建を進めるシャープは、台湾メーカーの鴻海精密工業(ホンハイ)に買収される方向で検討を進めている。この買収が成立すれば、シャープも立ち直れるかもしれない。しかし、今回の件でホンハイの会長は、私たち日本人に怖ろしい事 …

「不労所得」という名の花見酒には毒がある

 落語にこんな話がある。酒屋の番頭からお酒を借りて商売をしようとした二人の幼馴染がいた。花見シーズンだったので、花見の場所に行きさえすれば必ずお酒が売れると二人は考えていたのである。酒飲みは、酒がなくなるとすぐに飲みたく …

生き残るために必要なのは「変化」/『これからの世界で働く君たちへ』

 日本の大企業が苦しんでいる。たとえば、東芝。昨年の9月に不正会計問題が表面化し、2248億円の水増しをしていたと発表した東芝だったが、つい先日、他にも7件の水増しをしていたことが判明した。その額なんと58億円。少しでも …

なぜ、優秀な社員が「追い出し部屋」に追い込まれるのか

 『切り捨てSONY』を読み終えるまでは、「リストラ部屋(追い出し部屋)に追いやられた人=仕事ができない人」だと思っていました。  しかし、そうではない人たちも大勢いるんですよね。すなわち、優秀な人たちも「リストラ部屋」 …

「グーグルの働き方」が当たり前の時代がやってくる

 グーグルの社員は、実力がある人たちばかりだと言われていますよね。たとえば、35歳でグーグルに転職し、グーグルマップに写真を組み込むプロジェクトを牽引した徳生健太郎さんは、  「グーグルに入社したときは、本当に衝撃を受け …

「仕事がつまらない」ときの対処法は3つしかない

 仕事がつまらない。そんな状況に陥ったとき、私たちが取れる対処法は3つしかありません。 転職する 仕事以外の何かにのめりこむ 目の前にある仕事で実績をつくる  まず、一つ目の「転職する」という選択ですが、「仕事がつまらな …

「必要とされる人」になろう/『ローマ法王に米を食べさせた男』

 この世界には3種類の人間が存在する。それは、「いてはいけない人」、「いてもいなくてもいい人」、そして「いなくてはならない人」だ。  できることなら、「いなくてはならない人」「必要とされる人」になりたい――と、誰もがそう …

エンジニアとして生き残るには/『How Google Works』

 「グーグルが成功した最大の理由の一つは、事業計画が実はまったく計画らしくなかったことにある」と、グーグルの会長であるエリック・シュミット氏は言う。  実際に、グーグルでは、財務予想や収入源に関する議論などしない。ユーザ …