webstation plus

 子どもの頃、夏休みになるとテレビでホラー特集を見ていました。そんな懐かしい記憶を思い出させてくれた小説が芦沢央さんの『火のないところに煙は』。

 ラストは呆気ない終わり方でしたが、短編ホラー小説としては楽しめました。

 『世にも奇妙な物語』を意識して作られた作品?

 物語は、作家である「私」が友人の友人である角田尚子さんの相談に乗るところから始まります。

 彼女には結婚を約束していた男性がいましたが、ある占い師のおばさんに占ってもらったところ「結婚なんてしない方がいい」と言われます。

 このことに腹を立てた彼氏は、お金も払わず出て行き、その後、その占い師の悪口ばかり言うようになったので、尚子さんはどんどん冷めていきました。

 そこで「別れようか」と切り出したところ、「別れるなら死んでやる」と脅されるようになるんですよね。

 そんな彼氏にますます嫌気がさした尚子さんでしたが、死なれたら困るので、仕方なく付き合っていました。

 しかし、ある日。我慢の限界が来たので携帯電話の電源を切って無視したところ、彼氏はクルマで電柱にぶつかって死にます。

 警察は彼の死を自殺と判断しますが、実は…。

 と言うように、『世にも奇妙な物語』を観ているかのように展開していくんですよね。あの番組が好きな人は楽しめる物語です。

 ミステリーのようなホラー小説

 先ほどの物語もそうですが、ホラーだけでなくミステリー要素も楽しめます。

 なぜ彼氏はクルマで自殺をしたように見えたのか。その謎が解き明かされたとき、ミステリー小説のような快感が味わえるんですよね。

 さらに、その後を追いかけるかのようにホラー要素がやって来るので、ミステリーとしてもホラーとしても楽しめます。

 しかも…。

 ラストは全ての短編が繋がるけれど

 ラストは5つの短編が全て繋がるのでスッキリできます。ただし、伊坂幸太郎さんの小説を読み過ぎたせいか、少し物足りない感じがしました。

 もう一捻り欲しいと言うか、驚きが欲しくなる終わり方です。

 とはいえ、一つひとつの短編は面白いので、『世にも奇妙な物語』が好きな方にはオススメの小説です。

 関連記事

読書が好きじゃなくても本が読みたくなる小説ーpart8

(※『ビブリア古書堂の事件手帖 ~扉子と不思議な客人たち~』表紙より)  読書していますか?  『ビブリア古書堂の事件手帖』シリーズ8冊目は栞子さんと大輔が結婚した後の世界が描かれている番外編。  これまで登場してきた人 …

畠中恵『ぬしさまへ』は若だんなの大人になりたい想いに感動する小説

(※『ぬしさまへ』表紙より)  畠中恵さんの小説『ぬしさまへ』。  『しゃばけ』シリーズ第2弾の本作は、病弱で両親や妖怪たちから甘やかされて育った若だんなが大人になりたいと強く願う物語です。読めば自分も頑張ろうと思えるこ …

読書が好きじゃなくても本が読みたくなる小説ーpart5

(※『ビブリア古書堂の事件手帖 (5) ~栞子さんと繋がりの時』表紙より)  読書していますか?  『ビブリア古書堂の事件手帖』シリーズも今回で5冊目。栞子さんと大輔の関係にも進展があり、ますます目が離せなくなっています …

死ぬのもそれほど悪くないかもしれない/木皿泉『さざなみのよる』感想

 ガンに侵された主人公のナスミが死ぬ前の世界と死んだ後の世界が描かれる物語。それが木皿泉さんの小説『さざなみのよる』です。  ナスミのように生きることができれば、死もそれほど悪くないことかもしれないと思えてきます。必要以 …

問題を解決していく面白さが味わえる小説/東野圭吾『魔力の胎動』感想

(※『魔力の胎動』表紙より)  発売前から楽しみにしていた小説『魔力の胎動』。  ようやく読み終わりましたが、想像以上に面白かったです。すでに前作『ラプラスの魔女』を読み返すほどに。  今回は東野圭吾さんの小説『魔女の胎 …

読書が好きじゃなくても本が読みたくなる小説

(※『ビブリア古書堂の事件手帖―栞子さんと奇妙な客人たち』表紙より)  読書していますか?  私は最近、ビジネス書や数学関連の本ばかり読んでいたので、小説から少し離れ気味でしたが、『ビブリア古書堂の事件手帖―栞子さんと奇 …

死ぬのと仕事辞めるのと難しいのはどっち?

(※『ちょっと今から仕事やめてくる』表紙より)  仕事頑張っていますか?  私も出来るだけ頑張っていますが、頑張りすぎて追い詰められ、自殺をする人が後を絶ちません。  もちろん、自殺をするまで頑張る必要はありません。逃げ …

伊坂幸太郎『死神の浮力』/サイコパスと闘えるのはサイコパスだけ?

 サイコパスっていますよね。彼らは良心を持たないので、好き放題に振舞っています。  たとえば、多くの人を殺したにも関わらず少年法に守られて今も平然と暮らしている殺人鬼。彼は成人してからも被害者家族を侮辱するような本を出し …

適量を知ることが自分らしく生きる秘訣/柚木麻子『BUTTER』感想

 首都圏連続不審死事件をご存知ですか。多くの男性を虜にして多額の経済的援助を引き出すことに成功した女性・木嶋早苗さんが犯した殺人事件です。  しかし、彼女は若くもなく、美しくもなく、スリムな体型でもありませんでした。そん …

悪い奴らに対抗するにはどうすればいい?/伊坂幸太郎『フーガはユーガ』感想

 悪い奴らに対抗するにはどうすれば良いのでしょうか。もちろん、瞬間移動しかありませんよね。  そんな特殊能力を持った双子が、極悪非道の人間と戦う姿を描いた小説が、伊坂幸太郎さんの『フーガはユーガ』。内容的にはつらい話ばか …