webstation plus

 子どもの頃、夏休みになるとテレビでホラー特集を見ていました。そんな懐かしい記憶を思い出させてくれた小説が芦沢央さんの『火のないところに煙は』。

 ラストは呆気ない終わり方でしたが、短編ホラー小説としては楽しめました。

 『世にも奇妙な物語』を意識して作られた作品?

 物語は、作家である「私」が友人の友人である角田尚子さんの相談に乗るところから始まります。

 彼女には結婚を約束していた男性がいましたが、ある占い師のおばさんに占ってもらったところ「結婚なんてしない方がいい」と言われます。

 このことに腹を立てた彼氏は、お金も払わず出て行き、その後、その占い師の悪口ばかり言うようになったので、尚子さんはどんどん冷めていきました。

 そこで「別れようか」と切り出したところ、「別れるなら死んでやる」と脅されるようになるんですよね。

 そんな彼氏にますます嫌気がさした尚子さんでしたが、死なれたら困るので、仕方なく付き合っていました。

 しかし、ある日。我慢の限界が来たので携帯電話の電源を切って無視したところ、彼氏はクルマで電柱にぶつかって死にます。

 警察は彼の死を自殺と判断しますが、実は…。

 と言うように、『世にも奇妙な物語』を観ているかのように展開していくんですよね。あの番組が好きな人は楽しめる物語です。

 ミステリーのようなホラー小説

 先ほどの物語もそうですが、ホラーだけでなくミステリー要素も楽しめます。

 なぜ彼氏はクルマで自殺をしたように見えたのか。その謎が解き明かされたとき、ミステリー小説のような快感が味わえるんですよね。

 さらに、その後を追いかけるかのようにホラー要素がやって来るので、ミステリーとしてもホラーとしても楽しめます。

 しかも…。

 ラストは全ての短編が繋がるけれど

 ラストは5つの短編が全て繋がるのでスッキリできます。ただし、伊坂幸太郎さんの小説を読み過ぎたせいか、少し物足りない感じがしました。

 もう一捻り欲しいと言うか、驚きが欲しくなる終わり方です。

 とはいえ、一つひとつの短編は面白いので、『世にも奇妙な物語』が好きな方にはオススメの小説です。

 関連記事

いじめをする人間にはアイデアがない/伊坂幸太郎『ガソリン生活』感想

 最近、いじめの話題が多いですよね。もちろん、いじめをしている人間が100%悪いのですが、それだけでなく彼らには決定的に足りない能力があります。  それはアイデアを生み出す力。楽しい遊びを生み出す力がないので、いじめをし …

異なるジャンルの短編がゆるくつながる小説/伊坂幸太郎『ジャイロスコープ』感想

 伊坂作品の特徴といえば、至るところに散りばめられた伏線がすべて回収されていくところですよね。  これは短編でも長編でも同じです。複数の物語がゆるやかにつながっていき、読了後には必ず驚きとスッキリ感が味わえます。  もち …

パズルのピースをはめるような快感が味わえる小説/伊坂幸太郎『ラッシュライフ』感想

 パズルはお好きですか。  私は子どもの頃からパズルが大好きで、1000ピースとか2000ピースのパズルをよくしていました。しかし、最近は仕事が忙しくてなかなかできないんですよね。  ところが、まるでパズルのピースをはめ …

売れっ子になるための道のりは険しい/ビートたけし『キャバレー』感想

 売れっ子になりたいですよね。  私はブログで売れたいと思っていますが、そうでなくても、仕事で、ハンドメイドで、YouTubeで売れたいと思っている人は大勢いると思います。  では、どうすれは売れっ子になれるのでしょうか …

『ふくわらい』は幼い頃に感情を失った女性を描いた小説

(※『ふくわらい』表紙より)  西加奈子さんの小説『ふくわらい』。  この前のエントリで紹介した『コンビニ人間』の主人公とよく似た女性――他人の感情や言動が理解できない女性が、他人との関わりを通じて感情を取り戻していく過 …

自分の弱さに嫌気がさしたときに読んで欲しい小説/西加奈子『おまじない』

(※『おまじない』表紙より)  自分の弱さが嫌になることありませんか?  私はよくあります。上司に「休ませてください」と直接言いづらくて、メールで連絡したり、プレゼンの前日に緊張して眠れなかったり、スマホのゲームに夢中に …

日本でも表現の自由が規制されている/有川浩『図書館危機』感想

 日本では「表現の自由がある」と思っていましたが、実は規制されているようです。  中国などの共産圏と違って自由があると思っていただけにショックでしたが、不必要な規制は無くしていくべきですよね。  有川浩さんの『図書館危機 …

家族のことを大切に思ってる?/伊坂幸太郎『AX アックス』感想

 家族のことを大切に思っていますか。  私は誰よりも家族を大切にしていると自負していましたが、伊坂幸太郎さんの小説『AX アックス』を読んで少し考えが変わりました。家族思いの殺し屋に衝撃を受けたからです。  殺し屋なのに …

誰とでも対等に付き合ってる?/伊坂幸太郎『チルドレン』感想

 誰とでも対等に付き合っていますか?  私は対等に付き合っていると思っていましたが、伊坂幸太郎さんの小説『チルドレン』を読んで反省しました。自分より能力が劣っていると思っている人たちに対して、上から目線で接していることに …

変わり者が少女を救う/瀬尾まいこ『そして、バトンは渡された』感想

 最初の数ページがつまらないと本を閉じたくなりますよね。  本屋大賞2019で見事1位に輝いた小説『そして、バトンは渡された』がそうだったのですが、我慢強く飛ばし読みしていくと、突然、面白くなりました。  最初 …