webstation plus

 ミステリー要素のあるホラー小説はお好きですか?

 私は子どもの頃からテレビでホラー特集を見るほどホラーが大好きです。もちろん、ミステリーも大好きなので、芦沢央さんの小説『火のないところに煙は』は一気に読みました。

 残念ながらラストは呆気ない終わり方でしたが、ミステリー要素のあるホラー好きな方におすすめの小説です。

 『世にも奇妙な物語』が好きな人はハマること間違いなし!?

 物語は、作家である「私」が友人の友人である角田尚子さんの相談に乗るところから始まります。

 彼女には結婚を約束していた男性がいましたが、ある占い師のおばさんに占ってもらったところ「結婚なんてしない方がいい」と言われました。

 しかし、この占い師の言葉に腹を立てた彼氏が、お金も払わずに出て行き、その後、その占い師の悪口ばかり言うようになります。そんな彼の姿をみた尚子さんは、彼への愛情が冷めていきました。

 そこで、尚子さんは彼氏に「別れようか」と切り出したところ、「別れるなら死んでやる」と脅されるようになります。

 そんな彼氏に嫌気がさした尚子さんでしたが、死なれたら困るので、仕方なく付き合っていました。

 しかし、ある日。我慢の限界が来たので携帯電話の電源を切って彼の電話を無視したところ、彼氏は車で電柱に衝突して死んでしまいます。

 警察は彼の死を自殺と判定しますが、実は…。

 と言うように、『世にも奇妙な物語』を観ているかのように物語が展開していきます。あの番組が好きな人はハマること間違いなしの物語です。

 ミステリー要素のあるホラー小説が6篇も楽しめる

 この小説は短編集なので、先ほど紹介したようなミステリー要素のあるホラー小説が6篇も楽しめます。

 先ほどの物語で言えば、「なぜ彼氏は車で自殺をしたように見えたのか」という謎が提示され、それが徐々に解き明かされていくので、ミステリー小説を読んでいるような快感が味わえるんですよね。

 それだけでなく、その後にゾクッとするようなホラー要素が追いかけてくるので、ミステリーとしてだけでなくホラーとしても楽しめます。

 どれも実話のように思える物語ばかりなので、いつの間にか物語に入り込めるのもおすすめポイントです。さらに…。

 ラストは全ての短編が繋がるけれど

 ラストで、これまで語られてきた5つの短編がすべてつながります。読んでいてスッキリできるのですが…。

 私は伊坂幸太郎さんの小説を読み過ぎてきたせいか、少し物足りない感じがしました。もう一捻り欲しいと言うか、もっと驚きが欲しくなる終わり方です。

 とはいえ、一つひとつの短編は面白いので、『世にも奇妙な物語』のようなミステリー要素のあるホラー好きな方におすすめの小説です。

 関連記事

東野圭吾『ラプラスの魔女』感想/「存在意義がない人」などこの世に存在しない

 自分の視点で他人を評価していませんか?  たとえば、「あの人は役に立つ人だ」とか、「あの人には何を任せてもダメだ」なんて評価しがちですが…。実はこの世界には「存在意義がない人」なんて誰もいません。  そんな当たり前のこ …

冲方丁『天地明察』感想/「退屈」こそが人生を切り拓く!?

 好きでもない仕事に多くの時間を割いていませんか?  以前の私は「忙しいことが正義」だと考えていたので、やりたくもない仕事を増やして時間を埋めていましたが、今では暇な時間を楽しめるようになりました。なぜなら、退屈こそが人 …

重松清『トワイライト』感想/40歳からの人生を輝かせる方法

 40歳という年齢は、「人生の節目」だと言われていますよね。  たとえば、有名な心理学者であるユングは「40歳は人生の正午である」と言いました。人生を太陽の軌道にたとえるなら、40歳は正午(ピーク)であり、それを過ぎると …

森見登美彦『有頂天家族』感想/血の繋がりだけでは家族になれない

 「家族」を大切にしていますか?  私は大切にしているつもりですが、そもそも「家族」と一言でいっても捉え方は千差万別です。  血のつながった人たちの集まりを家族と言う人もいれば、一緒に暮らしている人を家族と呼ぶ人もいます …

男性の欲望が丸裸に!?東野圭吾『恋のゴンドラ』はミステリー要素が強い恋愛小説

(※『恋のゴンドラ』表紙より)  男性の欲望とは何でしょうか。  もちろん、複数の女性と関係を持つことです。江戸城に大奥があったのも、一夫多妻制を認めている国があるのも、星の数ほど風俗店があるのも、多くの男性が複数の女性 …

芦沢央『カインは言わなかった』感想/プロと素人の間には想像を絶する壁がある

 プロフェッショナルな仕事をしていますか?  私はプロとして通用する仕事をしようと努力してきたつもりでしたが、芦沢央さんの小説『カインは言わなかった』を読んで、プロと素人の間にある壁に愕然としました。  プロは人生のすべ …

東野圭吾『沈黙のパレード』感想/法律はいつも正しいわけではない!?

 法律を守って生きていますか?  もちろん私は法律を守って生きていますが、東野圭吾さんの小説『沈黙のパレード』を読んで、法律は時によって無力であるだけでなく、加害者を守る武器にもなることに気づきました。  久しぶりのガリ …

重松清『みんなのうた』感想/田舎暮らしは大変すぎる

 田舎に帰っていますか。  私は都会で暮らしてきたので、田舎と呼べる場所はありませんが、重松清さんの小説『みんなのうた』を読んで、田舎暮らしの大変さが少しだけわかりました。  田舎と聞くと自然に囲まれた良いイメージをもっ …

伊坂幸太郎『陽気なギャングは三つ数えろ』はゴシップ記事は読まないに限ると思える物語

 ゴシップ記事はお好きですか?  私は昔からあまり好きではなく、ほとんど読んできませんでしたが、伊坂幸太郎さんの小説『陽気なギャングは三つ数えろ』を読んで、さらに読みたくなくなりました。  三流記者に脅され、追い詰められ …

伊坂幸太郎『AX アックス』感想/家族のことを大切に思っていますか?

 家族のことを大切に思っていますか。  私は家族のことを大切にしていると自負していましたが、伊坂幸太郎さんの小説『AX アックス』を読んで衝撃を受けました。主人公の殺し屋が言葉だけでなく本当に家族のことを思って行動してい …