webstation plus

 戦争に敗れたとある国の物語。それが伊坂幸太郎さんの小説『夜の国のクーパー』です。

 相変わらず謎の生物や個性的なキャラクターが登場しますが、視野を広く持たないと簡単に人に騙されることがわかる物語なんですよね。何度も驚かされます。

 戦争に負ける恐ろしさが味わえる

 この物語は、とある国が戦争に負け、敵国の兵士達が占領にやってくるところから始まります。王は安全だから心配するなと言いますが、その王がいきなり撃ち殺されるんですよね。

 その後の国民たちの不安は言うまでもありません。あれほど慕っていた王が殺され、しかも占領兵が女性を襲っている姿を目撃したり、過去に戦争で負けたときの噂話が広がったりと、恐怖に支配されていきます。

 その噂話とは、少しでも刃向かった人間は拷問され、仲間の名前を吐くまで痛めつけらる。名前を吐けば解放されるが、仲間を裏切ったことを後悔し、精神的に追い詰められていく…というものでした。

 さらに、ネコの世界でも似たような出来事が起こっていました。ネズミたちがネコに話しかけ、生贄を差し出すから、他のネズミは襲わないでくれと提案してきたのです。

 このように、力を持つ側と持たない側の世界が二分され、そのコントラストが色濃く描かれているので、力を失う恐ろしさがひしひしと伝わってくるんですよね。

 人の話を鵜呑みにするのはそれ以上の恐怖

 しかし、何よりも恐ろしいのは、人の話を疑わずに鵜呑みにすることでした。実は、国民たちが慕っていた王は、彼らが思っていたような人物ではなかったのです。

 ネタバレになるので詳しくは書きませんが、この視点で物語を見直してみると、これまで信じてきた世界が一変します。正義が悪になり、悪が正義になるんですよね。

 正義のためにと思って命をかけた行動が、まったく何の役にも立っていなかったことがわかります。ほんと無駄死にです。

 では、なぜ国民たちは嘘を疑うことなく信じてしまったのでしょうか。

 狭い世界に閉じこもっているのが原因

 これにつきます。国民たちが外の世界に興味を持っていなかったからです。

 もちろん、王がそのように仕向けたのは言うまでもありませんが、外の世界を見ようとせず、王の言葉を鵜呑みにしたので、命を無駄にしてしまったんですよね。

「俺を信じるかどうかは、おまえたちの自由だ。どんなものでも、疑わず、鵜呑みにすると痛い目に遭うぞ。たえず、疑う心を持てよ。そして、どっちの側にも立つな。一番大事なのはどの意見も同じくらい疑うことだ」

 とは占領兵の言葉ですが、家族でも、友人でも、会社でも、誰かの言葉を鵜呑みにして後悔しないようにしていきたいですね。

 ◆

 伊坂幸太郎さんの小説『夜の国のクーパー』。視野を広く持たないと簡単に人に騙されることがよくわかる物語です。ほんと何度も驚かされますよ。

 関連記事

好きなことを仕事にするのは本当に幸せなのか?東野圭吾『眠りの森』感想

(※『眠りの森』表紙より)  人生を捧げてもいいと思えるほどの「好きなこと」がありますか。  収入が減っても、プライベートな時間がなくなっても、結婚や恋愛が出来なくても、やりたいと思えること。  そんな何かを持っている人 …

悩みにどう向き合う?畠中恵『おまけのこ』は優しさと哀しさに満ち溢れた小説

(※『おまけのこ』表紙より)  畠中恵さんの小説『おまけのこ』。  しゃばけシリーズ第4弾の本作は、若だんなや幼馴染の栄吉、お雛ちゃんたちが自分の悩みにゆるく向き合う時代小説です。  読めば彼らの優しさと哀しさに心動かさ …

他人の不幸を求めている人へ/木皿泉『カゲロボ』感想

 他人の不幸を望んでいませんか。  もしそうだとしたら、心が傷だらけの証拠。今すぐ癒される何かに触れるべきです。  たとえば、木皿泉さんの小説『カゲロボ』などはいかがでしょうか。  人の不幸をみて安心したい   …

心に闇がある人ほど光を演出する!?/東野圭吾『マスカレード・イブ』

(※『マスカレード・イブ』表紙より)  誰もが自己顕示欲を持っていますよね。出世したかったり、モテたかったり、贅沢な暮らしをしたかったりと、人と比べてスゴイと思われるような生活に憧れています。  しかし、その欲求の裏側に …

常識を疑って生きている?/伊坂幸太郎『オーデュボンの祈り』感想

 未来が予測できて人の言葉を話すカカシが登場する小説。それが伊坂幸太郎さんのデビュー作『オーデュボンの祈り』です。  現実にはあり得ない設定なのに、いつの間にか夢中になって、しかも喋るカカシは実在するのかも…なんて思えて …

やられたことをやり返してはダメなのか?/伊坂幸太郎『サブマリン』感想

 少年法って本当に必要なの?って思うことありますよね。  たとえば、最近ニュースになったいじめで自殺に追い込んだ人たち。彼らは裁判で5000万円の支払いを命じられると控訴すると言い出しました。  そんな話を聞くたびに、人 …

厳しい現実に立ち向かうには人とのつながりを大切に/垣谷美雨『農ガール、農ライフ』感想

 「今の仕事がキツイから農業でも始めようかなぁ」「退職後に農業でも始められたらいいなぁ」…なんて考えていませんか。  もし、そんな甘い考えをしているようなら、垣谷美雨さんの小説『農ガール、農ライフ』を読むことをおすすめし …

あなたの大切なものは何ですか?/小野寺史宜『ひと』感想

 あなたにとって大切なものは何ですか?お金や車、学歴や地位、家族などいろいろあると思います。なかでも私が大切にしているのは自由です。  たとえば、他人を自分の思い通りに動かそうとする人がいますよね。行きたくもない場所に無 …

誰のために仕事をしている?/知念実希人『ひとつむぎの手』感想

 誰のために仕事をしていますか。  私は自分と家族のために仕事をしていますが、知念実希人さんの小説『ひとつむぎの手』の主人公・平良祐介は違いました。  自分のためと言いながらも、何よりも患者のために仕事をするんですよね。 …

『小太郎の左腕』は出世の代償は高くつくことを教えてくれる小説

(※『小太郎の左腕』表紙より)  和田竜さんの小説『小太郎の左腕』。  山奥でひっそりと暮らす小太郎が、戸田家の名将・林半右衛門(はやし はんえもん)によって戦場に連れ出され、圧倒的な力を発揮する物語です。読めば、出世の …