webstation plus

 人の話を鵜呑みにしていませんか?

 私は疑り深い性格なので、あまり人の話を鵜呑みにしませんが、伊坂幸太郎さんの小説『夜の国のクーパー』を読んで、人の話を鵜呑みにすると簡単に騙されてしまうことがわかりました。

 視野を広くもって自分で考えるクセをつけないと簡単に騙されてしまうことがわかる物語なんですよね。

 他の国に支配されることになった人たちの物語

 では、あらすじから。

 物語は、とある国が8年間に及ぶ戦争に負け、鉄国と呼ばれる国の兵士たちが占領にやってくるところから始まります。

 支配される国の王は「安全だから心配するな」と言いましたが、占領しにやってきた片目の兵士長にいきなり銃で撃ち殺されてしまいました。

 その後の国民たちの不安は言うまでもありません。あれほど慕っていた王が殺され、しかも女性が占領兵に襲われている姿を目撃したり、過去に戦争で負けたときの噂話…。

 占領兵に少しでも歯向かった人間は拷問され、仲間の名前を吐くまで痛めつけられる。もし名前を言って解放されても、仲間を裏切ったことを後悔するので逃げ道がない…という噂話が広がったので、恐怖に支配されました。

 しかし、そんな国民たちに希望が持てる出来事が起こります。国民が困ったときにあらわれるという「クーパーの兵士」が助けにきたのです。

 クーパーの兵士とは、年に一度だけ国境近くにある杉樹林の巨大な杉の一本がクーパーと呼ばれる動き回る化け物になるため、そのクーパーを倒しにいくために徴兵された兵士たちのことでした。

 なぜか10年前からクーパーは現れなくなりましたが、クーパー退治にいった兵士たちはクーパーの有毒な体液を浴びて必ず透明になるので、透明の兵士たちが助けに来てくれたと思ったのです。

 ところが…。

 世界が一変する事実が隠されていた!?

 この続きは実際に本書を読んでもらうとして、伊坂幸太郎さんの小説『夜の国のクーパー』は、人の話を鵜呑みにすると簡単に騙されてしまうことがわかる物語です。

 ネタバレになるので詳しくは書きませんが、国民たちが慕っていた王は、彼らが思っていたような人物ではありませんでした。

 さらに、国民たちは王の言葉を守って国の外に出ようとしませんでしたが、外の世界には王から聞かされていた世界とはまったく異なる世界が広がっていました。

 つまり、正義が悪になり、悪が正義になるような世界が一変する事実が隠されていたんですよね。

 では、なぜ国民たちは王の言葉を信じてしまったのでしょうか。

「俺を信じるかどうかは、おまえたちの自由だ。どんなものでも、疑わず、鵜呑みにすると痛い目に遭うぞ。たえず、疑う心を持てよ。そして、どっちの側にも立つな。一番大事なのはどの意見も同じくらい疑うことだ」

 と片目の兵士長が言うように、王の言葉を疑わずに鵜呑みにしたからです。また、狭い世界に閉じこもって広い世界を見ようとしなかったからです。

 というわけで…。

 人の話を鵜呑みにすると簡単に騙されてしまう

 伊坂幸太郎さんの小説『夜の国のクーパー』は、視野を広くもって自分で考えるクセをつけないと簡単に騙されてしまうことがわかる物語なんですよね。

 それだけでなく、サスペンスとしても、最後に驚きがまっている物語としても楽しめるので、気になった方は、ぜひ読んでみてください。

 関連記事

浅田次郎『黒書院の六兵衛』感想/意志の力が世界を動かす

 私たちは誰もがまわりの影響を色濃く受けていますよね。  たとえば、今勤めている会社が大規模なリストラを断行するなんて噂が流れたら、誰もがじっとしていないでしょう。転職先を探したり、リストラ対象に自分が入っていないか確認 …

普通って何?村田沙耶香『コンビニ人間』は自分らしく生きる女性を描いた小説

(※『コンビニ人間』表紙より)  2016年に芥川賞を受賞した小説『コンビニ人間』。  普通とは何か?自分らしく生きるとはどういうことか?など、いろいろ考えさせられる物語です。あまりの面白さに一気読みしてしまうこと間違い …

伊坂幸太郎『SOSの猿』は複数の視点をもつクセがないと簡単に洗脳されてしまうことがわかる物語

 複数の視点で物事を眺めるようにしていますか?  私はできるだけ複数の視点が持てるように、このブログでもありきたりな感想を書かないようにしているつもりですが、伊坂幸太郎さんの小説『SOSの猿』を読んで、その想いがさらに強 …

伊坂幸太郎『火星に住むつもりかい?』は今でも魔女狩りが続いていることに気づかせてくれる物語

 中世のヨーロッパで行われた魔女狩りをご存じですか。  私は過去の出来事として知っていましたが、伊坂幸太郎さんの小説『火星に住むつもりかい?』を読んで、今でも魔女狩りが続いていることに気づきました。  いつか自分もその対 …

性格の悪さを隠すとさらに性格が悪くなる理由

(※『ジーキル博士とハイド氏』表紙より)  性格の悪さを隠していませんか?  誰もが他人に良く見られたいという思いから、性格の悪さを隠し、自分の良さをアピールして生きていますが、悪い性格を隠せば隠すほど、さらに性格が悪く …

下村敦史『生還者』感想/ゴシップに踊らされるのは時間のムダ

 ゴシップに踊らされていませんか。  先日、コカイン疑惑で芸能界から引退した成宮寛貴さんが、芸能界に復帰するというフェイクニュースが飛び交いました。  この報道に多くの人が反応していましたが、私たちの人生にそれほど影響あ …

海堂尊『チーム・バチスタの栄光』は力には光と闇があることを教えてくれる物語

 力を適切に使っていますか?  私は仕事で与えられた力を適切に使おうとしていますが、少しでも誘惑に負けると多くの人に迷惑をかけることになります。  海堂尊さんの小説『チーム・バチスタの栄光』を読んで力を適切に使うことの大 …

読書が好きじゃなくても本が読みたくなる小説ーpart4

(※『ビブリア古書堂の事件手帖4 ~栞子さんと二つの顔~』表紙より)  読書していますか?  今、私は『ビブリア古書堂の事件手帖』シリーズにハマりにハマっています。続きが気になって朝5時に起きて読むほどに――。  ではな …

伊坂幸太郎『砂漠』は自分を信じてもう一度頑張ってみようと思える物語

 学生時代は真面目に勉強してきましたか?  私は多くの大学生と同じように、バカ騒ぎをして過ごしてきたので、真面目に勉強してきたとは口が裂けても言えませんが、そんな私だからこそ、伊坂幸太郎さんの小説『砂漠』を読んで懐かしい …

川口俊和『コーヒーが冷めないうちに』/大事なのは事実よりも捉え方

 嫌な出来事ってありますよね。しかし、その嫌な出来事も捉え方を変えれば、プラスになるとしたら…。  川口俊和さんの小説『コーヒーが冷めないうちに』を読めば、「捉え方ひとつで人生は大きく変わるかも!」と思えてきます。 &n …