webstation plus

 戦争に敗れたとある国の物語。それが伊坂幸太郎さんの小説『夜の国のクーパー』です。

 相変わらず謎の生物や個性的なキャラクターが登場しますが、視野を広く持たないと簡単に人に騙されることがわかる物語なんですよね。何度も驚かされます。

 戦争に負ける恐ろしさが味わえる

 この物語は、とある国が戦争に負け、敵国の兵士達が占領にやってくるところから始まります。王は安全だから心配するなと言いますが、その王がいきなり撃ち殺されるんですよね。

 その後の国民たちの不安は言うまでもありません。あれほど慕っていた王が殺され、しかも占領兵が女性を襲っている姿を目撃したり、過去に戦争で負けたときの噂話が広がったりと、恐怖に支配されていきます。

 その噂話とは、少しでも刃向かった人間は拷問され、仲間の名前を吐くまで痛めつけらる。名前を吐けば解放されるが、仲間を裏切ったことを後悔し、精神的に追い詰められていく…というものでした。

 さらに、ネコの世界でも似たような出来事が起こっていました。ネズミたちがネコに話しかけ、生贄を差し出すから、他のネズミは襲わないでくれと提案してきたのです。

 このように、力を持つ側と持たない側の世界が二分され、そのコントラストが色濃く描かれているので、力を失う恐ろしさがひしひしと伝わってくるんですよね。

 人の話を鵜呑みにするのはそれ以上の恐怖

 しかし、何よりも恐ろしいのは、人の話を疑わずに鵜呑みにすることでした。実は、国民たちが慕っていた王は、彼らが思っていたような人物ではなかったのです。

 ネタバレになるので詳しくは書きませんが、この視点で物語を見直してみると、これまで信じてきた世界が一変します。正義が悪になり、悪が正義になるんですよね。

 正義のためにと思って命をかけた行動が、まったく何の役にも立っていなかったことがわかります。ほんと無駄死にです。

 では、なぜ国民たちは嘘を疑うことなく信じてしまったのでしょうか。

 狭い世界に閉じこもっているのが原因

 これにつきます。国民たちが外の世界に興味を持っていなかったからです。

 もちろん、王がそのように仕向けたのは言うまでもありませんが、外の世界を見ようとせず、王の言葉を鵜呑みにしたので、命を無駄にしてしまったんですよね。

「俺を信じるかどうかは、おまえたちの自由だ。どんなものでも、疑わず、鵜呑みにすると痛い目に遭うぞ。たえず、疑う心を持てよ。そして、どっちの側にも立つな。一番大事なのはどの意見も同じくらい疑うことだ」

 とは占領兵の言葉ですが、家族でも、友人でも、会社でも、誰かの言葉を鵜呑みにして後悔しないようにしていきたいですね。

 ◆

 伊坂幸太郎さんの小説『夜の国のクーパー』。視野を広く持たないと簡単に人に騙されることがよくわかる物語です。ほんと何度も驚かされますよ。

 関連記事

性格の悪さを隠すとさらに性格が悪くなる理由

(※『ジーキル博士とハイド氏』表紙より)  性格の悪さを隠していませんか?  誰もが他人に良く見られたいという思いから、性格の悪さを隠し、自分の良さをアピールして生きていますが、悪い性格を隠せば隠すほど、さらに性格が悪く …

毎日が勝負!?池井戸潤『ルーズヴェルト・ゲーム』は会社と野球部の逆転劇を描いた小説

(※『ルーズヴェルト・ゲーム』表紙より)  毎日、闘っていますか。  私は闘っていません。会社に行って「今」という時間をやり過ごしているように思います。目の前の仕事に追われて、流されている感じ。  しかし、池井戸潤さんの …

この世には2種類の女性がいる/湊かなえ『母性』感想

(※『母性』表紙より)  数日前に湊かなえさんの小説『未来』を読んで「面白くない!」という感想を書いたので、改めて湊さんの面白い小説に出会いたいと思い『母性』を読みました。  結果、書き出しから惹きつけられ、『未来』とは …

終わりがある方が面白いのはなぜ?畠中恵『ちんぷんかん』感想

(※『ちんぷんかん』表紙より)  畠中恵さんの小説『ちんぷんかん』。  しゃばけシリーズ第6弾の本作は、兄・松之助の縁談が決まったり、幼馴染・栄吉の弟子入りが決まったりと、若だんなに様々な別れが訪れる物語です。  なかで …

無駄なことでも誰かの役に立つかもしれない/伊坂幸太郎『フィッシュストーリー』感想

 無駄なことはやめようと思っていませんか。  もちろん、本当に無駄なことはやめた方がいいですが、無駄に思えても一生懸命にやったことは、めぐりめぐって誰かの役に立つかもしれません。  そんな想いにさせてくれた小説が伊坂幸太 …

常識を疑って生きている?/伊坂幸太郎『オーデュボンの祈り』感想

 未来が予測できて人の言葉を話すカカシが登場する小説。それが伊坂幸太郎さんのデビュー作『オーデュボンの祈り』です。  現実にはあり得ない設定なのに、いつの間にか夢中になって、しかも喋るカカシは実在するのかも…なんて思えて …

男性の欲望が丸裸に!?東野圭吾『恋のゴンドラ』はミステリー要素が強い恋愛小説

(※『恋のゴンドラ』表紙より)  男性の欲望とは何でしょうか。  もちろん、複数の女性と関係を持つことです。江戸城に大奥があったのも、一夫多妻制を認めている国があるのも、星の数ほど風俗店があるのも、多くの男性が複数の女性 …

東野圭吾『探偵ガリレオ』は科学的な視点で事件を解決するミステリー小説

(※『探偵ガリレオ』表紙より)  東野圭吾さんの小説『探偵ガリレオ』。  警視庁捜査一課の草薙俊平が、帝都大学理工学部の准教授・湯川学とともに科学的な視点で事件を解決していくミステリー小説です。読めば、湯川准教授に挑戦し …

なぜ、バレエの世界は嫉妬と愛憎が渦巻くのか?秋吉理香子『ジゼル』感想

(※『ジゼル』表紙より)  秋吉理香子さんの小説『ジゼル』。  創立15周年を迎えた東京グランド・バレエ団が、これまで封印してきた「ジゼル」の公演を決定したことで、次々と悲劇が起こる物語です。  東野圭吾さんの小説『眠り …

田舎暮らしは大変!?重松清『みんなのうた』は家族の温かさに感動する小説

(※『みんなのうた』表紙より)  田舎に帰ってますか。  私はもともと都会と呼ばれる場所で育ったので田舎はありませんが、重松清さんの小説『みんなのうた』を読んで田舎で育った人たちの苦労が少しだけわかりました。  読めば、 …