webstation plus

 戦争に敗れたとある国の物語。それが伊坂幸太郎さんの小説『夜の国のクーパー』です。

 相変わらず謎の生物や個性的なキャラクターが登場しますが、視野を広く持たないと簡単に人に騙されることがわかる物語なんですよね。何度も驚かされます。

 戦争に負ける恐ろしさが味わえる

 この物語は、とある国が戦争に負け、敵国の兵士達が占領にやってくるところから始まります。王は安全だから心配するなと言いますが、その王がいきなり撃ち殺されるんですよね。

 その後の国民たちの不安は言うまでもありません。あれほど慕っていた王が殺され、しかも占領兵が女性を襲っている姿を目撃したり、過去に戦争で負けたときの噂話が広がったりと、恐怖に支配されていきます。

 その噂話とは、少しでも刃向かった人間は拷問され、仲間の名前を吐くまで痛めつけらる。名前を吐けば解放されるが、仲間を裏切ったことを後悔し、精神的に追い詰められていく…というものでした。

 さらに、ネコの世界でも似たような出来事が起こっていました。ネズミたちがネコに話しかけ、生贄を差し出すから、他のネズミは襲わないでくれと提案してきたのです。

 このように、力を持つ側と持たない側の世界が二分され、そのコントラストが色濃く描かれているので、力を失う恐ろしさがひしひしと伝わってくるんですよね。

 人の話を鵜呑みにするのはそれ以上の恐怖

 しかし、何よりも恐ろしいのは、人の話を疑わずに鵜呑みにすることでした。実は、国民たちが慕っていた王は、彼らが思っていたような人物ではなかったのです。

 ネタバレになるので詳しくは書きませんが、この視点で物語を見直してみると、これまで信じてきた世界が一変します。正義が悪になり、悪が正義になるんですよね。

 正義のためにと思って命をかけた行動が、まったく何の役にも立っていなかったことがわかります。ほんと無駄死にです。

 では、なぜ国民たちは嘘を疑うことなく信じてしまったのでしょうか。

 狭い世界に閉じこもっているのが原因

 これにつきます。国民たちが外の世界に興味を持っていなかったからです。

 もちろん、王がそのように仕向けたのは言うまでもありませんが、外の世界を見ようとせず、王の言葉を鵜呑みにしたので、命を無駄にしてしまったんですよね。

「俺を信じるかどうかは、おまえたちの自由だ。どんなものでも、疑わず、鵜呑みにすると痛い目に遭うぞ。たえず、疑う心を持てよ。そして、どっちの側にも立つな。一番大事なのはどの意見も同じくらい疑うことだ」

 とは占領兵の言葉ですが、家族でも、友人でも、会社でも、誰かの言葉を鵜呑みにして後悔しないようにしていきたいですね。

 ◆

 伊坂幸太郎さんの小説『夜の国のクーパー』。視野を広く持たないと簡単に人に騙されることがよくわかる物語です。ほんと何度も驚かされますよ。

 関連記事

有川浩『別冊図書館戦争2』/正々堂々と勝負できないのは性格が悪いから

 仕事でも、恋愛でも、趣味の世界でも正々堂々と勝負しない人っていますよね。  他人の成果を横取りしたり、悪口やデマを流したり、力でねじ伏せようとしたりと容赦ありません。  そんな人たちとはどう戦えばいいのでしょうか。 & …

畠中恵『ぬしさまへ』は若だんなの大人になりたい想いに感動する小説

(※『ぬしさまへ』表紙より)  畠中恵さんの小説『ぬしさまへ』。  『しゃばけ』シリーズ第2弾の本作は、病弱で両親や妖怪たちから甘やかされて育った若だんなが大人になりたいと強く願う物語です。読めば自分も頑張ろうと思えるこ …

浅田次郎『おもかげ』感想/愛される人と愛されない人のちがい

 人から愛されていますか?  私はどちらかといえば愛されていると思いますが、もし、家族からあまり好かれていない、友人も少ない、自分のことをわかってくれる人が誰もいないと感じているようなら、今すぐ生き方を変えた方がいいかも …

今すぐ近所の食堂に通いたくなる小説/山口恵以子『食堂のおばちゃん』感想

(※『食堂のおばちゃん』表紙より)  外食していますか?  私は美味しい食事を取るために外食してきましたが、『食堂のおばちゃん』を読んでお店の人とコミュニュケーションを取るために外食するのもありかなと思うようになりました …

恋愛ものが苦手な人にこそ読んでほしい小説/伊坂幸太郎『アイネクライネナハトムジーク』感想

 恋愛小説はお好きですか。  私はどちらかと言えば苦手なのですが、伊坂幸太郎さんの作品ということもあって読んでみました。  結果、心配していたのがバカらしくなるくらい面白かったです。恋愛小説とは思えないストーリー構成だっ …

理不尽な目にあったときは流れに身を任せよう/伊坂幸太郎『グラスホッパー』感想

 ひどくてツライ、重くてしんどい。そんな状況に追い込まれたことありませんか? ・必死になって仕事をしても上司から怒られる ・家族から理不尽に責められる ・義理の両親からいろいろ口出しされる  などなど。  そんなとき、ど …

ビートたけし『キャバレー』/売れっ子になるための道のりは険しい

 売れっ子になりたいですよね。  私はブログで売れたいと思っていますが、そうでなくても、仕事で、ハンドメイドで、YouTubeで売れたいと思っている人は大勢いると思います。  では、どうすれは売れっ子になれるのでしょうか …

想像以上の成果を出してる?/知念実希人『祈りのカルテ』感想

(※『祈りのカルテ』表紙より)  仕事で想像以上の成果を出していますか。  私は残念ながら想像を下回る成果しか出せていません。なぜなら、計画通りの行動しかしていないからです。  新しいことに挑戦するとき、リスクはつきもの …

犯人は誰!?米澤穂信『愚者のエンドロール』は探偵がいないミステリー小説

(※『愚者のエンドロール』表紙より)  米澤穂信さんの小説『愚者のエンドロール』。  前作『氷菓』に続く古典部シリーズ第2弾の本作は、2年F組の先輩たちが自主制作したミステリー映画の謎に迫る物語です。読めば驚きの結末が! …

本城雅人『崩壊の森』/ソ連という国についてどれだけ知っていますか?

 ソ連という国についてどれだけ知っていますか?  私は共産主義であるソ連に対して、なんとなく恐ろしいイメージを持っていましたが、『崩壊の森』を読んで、その恐ろしさが倍増しました。  私が想像していた以上に恐ろしい国なんで …