webstation plus

(※『素敵な日本人』表紙より)


 短編はお好きですか。

 私は小説に驚きや感動、励ましのようなものを求めているので、物語の世界観にどっぷり浸れて、イッキ読みできる長編を好んでいました。

 今もその思いは変わりませんが、東野圭吾さんの短編集『素敵な日本人』はひと味違います。

夢中になってイッキ読み。寝不足必死のサスペンス。それもいいけれど、読書は、もっと優雅なものでもあるのです。

 と帯にも書かれているように、短編集なのにじっくりと楽しめるミステリー小説です。意外性と機知に富んだ短編にハマること間違いなし!?

 今回は、『素敵な日本人』のあらすじとおすすめポイントを紹介します。

 『素敵な日本人』のあらすじ(『正月の決意』)

 子供達が独立し、夫婦二人きりになった前島達之と康代。彼らは近所の神社に初詣に行きました。

 そこで、お賽銭箱の前に倒れている男性を見つけます。はじめは酔っ払いかと思われましたが、倒れていたのは町長でした。

 前島夫婦はすぐに警察に通報します。しかし、やって来た警察官は「新年会があるのに」「正月なのに」と面倒くさがるばかり。宮司もお賽銭が少ないとぼやいてばかりいます。

 そんな彼らの姿を見ていると、前島夫婦の決意は揺らぎました。彼らが正月に立てた決意とは――。

 最後にどんでん返しと感動が待っている物語です。

 『素敵な日本人』のおすすめポイント

1. タイトルに込められているのは皮肉!?

 『素敵な日本人』というタイトルにも関わらず、素敵な日本人はあまり登場しません。あらすじで紹介したダメ警官や宮司のような人物ばかりが出てきます。

 ということは、笑小説シリーズのような皮肉が込められたタイトルなのでしょうか。

 しかし、そうと決めつけるわけにはいきません。『今夜は一人で雛祭り』に登場する主人公の亡き妻のように素敵な登場人物もいるからです。

 彼女は結婚後すぐに義母と同居することになりました。夫はそんな彼女を不憫に思っていたのですが…。

 実は自分なりに楽しみながら苦難を乗り越えてきたことがわかります。本当に素敵なお嫁さんだったのです。

 そんな彼女のことを『素敵な日本人』と言っているのでしょうか。

 それとも、正月や雛祭り、クリスマスなどの四季折々の風物を楽しむ日本人を素敵と言っている!?

 このようにタイトルに込められた意味を考えるのも楽しめるポイントです。

2. じっくりと楽しめる短編集

 『素敵な日本人』は全9章で構成されています。どれも意外性のある物語なので、読み終わった後も余韻が楽しめるんですよね。だから、じっくりと読みたいと思えるのかもしれません。

 なかでもオススメなのは『10年目のバレンタインデー』『壊れた時計』『クリスマスミステリ』の3編。

 それぞれ簡単に紹介していきます。

『10年目のバレンタインデー』

 大好きだった女性から何の前触れもなく、突然別れを切り出された作家の峰岸。彼は別れた後も彼女のことが忘れられませんでした。

 しかし、ある日。ファンレターのなかに彼女の名前を見つけます。そこには「久しぶりに会えませんか?」の文字が。

 こうして10年ぶりに彼女と再会することになった峰岸は、今晩のことを考えると胸の高鳴りがとまりません。しかし、彼女が峰岸に会おうとしたのは、ある理由があったからでした。その理由とは――。

 意外性のあるオチに驚くこと間違いなし!?

『壊れた時計』

 裏社会の仕事を引き受ける俺は、ある部屋に行って彫像を持ってくるよう依頼されました。

 しかも、犯行日時が特定できる証拠を残してほしい、つまり依頼主のアリバイ工作をするようにとの注文が。

 しかし犯行当日。目的の部屋に侵入しても彫像が見つかりません。なんとか見つけようと部屋中探し回っていると、帰ってきた家の主人と鉢合わせになり殺してしまいました。

 俺は考えます。明らかなアリバイを残せば、かえって疑われるのではないかと。

 そこで殺害時刻を指している被害者の壊れた腕時計を持ち帰ることにしたのですが――。それが原因で悲劇が!?

 こちらも意外性のある結末に驚かされる物語です。

『クリスマスミステリ』

 劇団の看板役者である黒須は、日本屈指の女流脚本作家・樅木弥生と付き合っていました。

 しかし、若い女性と浮気をしていた黒須は、浮気がバレると仕事がなくなると思い、マンドラの毒で弥生を殺すことに。

 アリバイ工作をして弥生に毒を飲ませることに成功した黒須でしたが、その後のクリスマスパーティーで弥生の姿を見かけます。一体どうなっているの!?

 『素敵な日本人』の中で一番驚いた物語です。オチが読めないのでドキドキしながら楽しめました。

 最後に

 東野圭吾さんの小説『素敵な日本人』。

 たとえば「毎日寝る前に一編」というように、じっくりと楽しめる短編集です。私は他の小説と並行しながらじっくりと楽しみました。

 気になった方は、ぜひ読んでみてください。

 関連記事

忍者は残酷!?『忍びの国』は家庭環境の影響力に驚かされる小説

(※『忍びの国』表紙より)  和田竜さんの小説『忍びの国』。  織田信長の次男・信雄(のぶかつ)が伊賀忍者たちに煽られ、信長の忠告を無視して伊賀に攻め込む物語です。読めば家庭環境や育った環境の影響力に驚くこと間違いなし! …

ゴシップ記事は読まないに限る/伊坂幸太郎『陽気なギャングは三つ数えろ』感想

 陽気なギャングシリーズもついに3作目。今回のギャングたちは銀行強盗をすることなく、三流記者に脅され、追い詰められていきます。  ほんと読んでいてムカつく物語ですが、現実にも『陽気なギャングは三つ数えろ』に出てくるような …

他人に勝つことよりも自分に負けないことが大切な理由

(※『道誉なり』表紙より)  私たちが住む世界には、権力やお金、名誉などをかけた闘いが星の数ほどあります。  身近なところで言えば、会社での出世争いや住んでいる場所での格付け争い、あるいはSNS上での知名度争いなどがそう …

犯人は誰!?米澤穂信『愚者のエンドロール』は探偵がいないミステリー小説

(※『愚者のエンドロール』表紙より)  米澤穂信さんの小説『愚者のエンドロール』。  前作『氷菓』に続く古典部シリーズ第2弾の本作は、2年F組の先輩たちが自主制作したミステリー映画の謎に迫る物語です。読めば驚きの結末が! …

『ふくわらい』は幼い頃に感情を失った女性を描いた小説

(※『ふくわらい』表紙より)  西加奈子さんの小説『ふくわらい』。  この前のエントリで紹介した『コンビニ人間』の主人公とよく似た女性――他人の感情や言動が理解できない女性が、他人との関わりを通じて感情を取り戻していく過 …

殺人にも意味を求めるのが人間らしさ/伊坂幸太郎『死神の精度』感想

 「生きている理由なんてもとからないんだ」と決めつけている死神と、生きる意味を追い求める人間たち。その対比を通して人間らしさとは何かを描いた小説が伊坂幸太郎さんの『死神の精度』です。  人はどんなことにでも意味を求めます …

本当の恋をしていますか?知念実希人『崩れる脳を抱きしめて』は心揺さぶられる恋愛ミステリー小説

(※『崩れる脳を抱きしめて』表紙より)  知念実希人さんの小説『崩れる脳を抱きしめて』。  研修医の碓氷蒼馬(うすい そうま)が、脳に爆弾を抱える弓狩環(ゆがり たまき)と出会い、恋に落ち、そして彼女の死の謎に迫る恋愛ミ …

伊坂幸太郎『オー!ファーザー』/父親の役割ってなに?

 結婚して子どもが生まれると「やるべきこと」が驚くほど増えますよね。  仕事をするのは当たり前として、子どもと遊んだり、勉強を教えたり、買い物に行ったりと、子どもと共に行動する日々が続きます。  これで本当に子育てができ …

なぜ因果は巡るのか?柚月裕子『盤上の向日葵』感想

(※『盤上の向日葵』表紙より)  最近、将棋をテーマにした物語が増えていますよね。  柚月裕子さんの小説『盤上の向日葵』もそのひとつですが、物語のメインはあくまでも人間ドラマ。人物描写が秀逸なミステリー小説です。  なか …

読書が好きじゃなくても本が読みたくなる小説ーpart4

(※『ビブリア古書堂の事件手帖4 ~栞子さんと二つの顔~』表紙より)  読書していますか?  今、私は『ビブリア古書堂の事件手帖』シリーズにハマりにハマっています。続きが気になって朝5時に起きて読むほどに――。  ではな …