webstation plus

(※『素敵な日本人』表紙より)


 短編はお好きですか。

 私は小説に驚きや感動、励ましのようなものを求めているので、物語の世界観にどっぷり浸れて、イッキ読みできる長編を好んでいました。

 今もその思いは変わりませんが、東野圭吾さんの短編集『素敵な日本人』はひと味違います。

夢中になってイッキ読み。寝不足必死のサスペンス。それもいいけれど、読書は、もっと優雅なものでもあるのです。

 と帯にも書かれているように、短編集なのにじっくりと楽しめるミステリー小説です。意外性と機知に富んだ短編にハマること間違いなし!?

 今回は、『素敵な日本人』のあらすじとおすすめポイントを紹介します。

 『素敵な日本人』のあらすじ(『正月の決意』)

 子供達が独立し、夫婦二人きりになった前島達之と康代。彼らは近所の神社に初詣に行きました。

 そこで、お賽銭箱の前に倒れている男性を見つけます。はじめは酔っ払いかと思われましたが、倒れていたのは町長でした。

 前島夫婦はすぐに警察に通報します。しかし、やって来た警察官は「新年会があるのに」「正月なのに」と面倒くさがるばかり。宮司もお賽銭が少ないとぼやいてばかりいます。

 そんな彼らの姿を見ていると、前島夫婦の決意は揺らぎました。彼らが正月に立てた決意とは――。

 最後にどんでん返しと感動が待っている物語です。

 『素敵な日本人』のおすすめポイント

1. タイトルに込められているのは皮肉!?

 『素敵な日本人』というタイトルにも関わらず、素敵な日本人はあまり登場しません。あらすじで紹介したダメ警官や宮司のような人物ばかりが出てきます。

 ということは、笑小説シリーズのような皮肉が込められたタイトルなのでしょうか。

 しかし、そうと決めつけるわけにはいきません。『今夜は一人で雛祭り』に登場する主人公の亡き妻のように素敵な登場人物もいるからです。

 彼女は結婚後すぐに義母と同居することになりました。夫はそんな彼女を不憫に思っていたのですが…。

 実は自分なりに楽しみながら苦難を乗り越えてきたことがわかります。本当に素敵なお嫁さんだったのです。

 そんな彼女のことを『素敵な日本人』と言っているのでしょうか。

 それとも、正月や雛祭り、クリスマスなどの四季折々の風物を楽しむ日本人を素敵と言っている!?

 このようにタイトルに込められた意味を考えるのも楽しめるポイントです。

2. じっくりと楽しめる短編集

 『素敵な日本人』は全9章で構成されています。どれも意外性のある物語なので、読み終わった後も余韻が楽しめるんですよね。だから、じっくりと読みたいと思えるのかもしれません。

 なかでもオススメなのは『10年目のバレンタインデー』『壊れた時計』『クリスマスミステリ』の3編。

 それぞれ簡単に紹介していきます。

『10年目のバレンタインデー』

 大好きだった女性から何の前触れもなく、突然別れを切り出された作家の峰岸。彼は別れた後も彼女のことが忘れられませんでした。

 しかし、ある日。ファンレターのなかに彼女の名前を見つけます。そこには「久しぶりに会えませんか?」の文字が。

 こうして10年ぶりに彼女と再会することになった峰岸は、今晩のことを考えると胸の高鳴りがとまりません。しかし、彼女が峰岸に会おうとしたのは、ある理由があったからでした。その理由とは――。

 意外性のあるオチに驚くこと間違いなし!?

『壊れた時計』

 裏社会の仕事を引き受ける俺は、ある部屋に行って彫像を持ってくるよう依頼されました。

 しかも、犯行日時が特定できる証拠を残してほしい、つまり依頼主のアリバイ工作をするようにとの注文が。

 しかし犯行当日。目的の部屋に侵入しても彫像が見つかりません。なんとか見つけようと部屋中探し回っていると、帰ってきた家の主人と鉢合わせになり殺してしまいました。

 俺は考えます。明らかなアリバイを残せば、かえって疑われるのではないかと。

 そこで殺害時刻を指している被害者の壊れた腕時計を持ち帰ることにしたのですが――。それが原因で悲劇が!?

 こちらも意外性のある結末に驚かされる物語です。

『クリスマスミステリ』

 劇団の看板役者である黒須は、日本屈指の女流脚本作家・樅木弥生と付き合っていました。

 しかし、若い女性と浮気をしていた黒須は、浮気がバレると仕事がなくなると思い、マンドラの毒で弥生を殺すことに。

 アリバイ工作をして弥生に毒を飲ませることに成功した黒須でしたが、その後のクリスマスパーティーで弥生の姿を見かけます。一体どうなっているの!?

 『素敵な日本人』の中で一番驚いた物語です。オチが読めないのでドキドキしながら楽しめました。

 最後に

 東野圭吾さんの小説『素敵な日本人』。

 たとえば「毎日寝る前に一編」というように、じっくりと楽しめる短編集です。私は他の小説と並行しながらじっくりと楽しみました。

 気になった方は、ぜひ読んでみてください。

 関連記事

仕事に人生をかけてる?塩田武士『騙し絵の牙』は大泉洋をあてがきした小説

(※『騙し絵の牙』表紙より)  仕事に人生をかけてますか?  私はかけていません。仕事の悩みは星の数ほどありますが、どれも「叱られたくない!」というネガティブな感情からスタートしています。  「成し遂げたいことがある」な …

やられたことをやり返してはダメなのか?/伊坂幸太郎『サブマリン』感想

 少年法って本当に必要なの?って思うことありますよね。  たとえば、最近ニュースになったいじめで自殺に追い込んだ人たち。彼らは裁判で5000万円の支払いを命じられると控訴すると言い出しました。  そんな話を聞くたびに、人 …

法律なんてクソ食らえ/東野圭吾『沈黙のパレード』感想

 沈黙を続ける殺人犯を証拠不十分で無罪にした草薙たち警察が、その犯人を殺した関係者を追い詰める物語。それが東野圭吾さんの小説『沈黙のパレード』です。  久しぶりのガリレオシリーズとあって期待を裏切らない面白さでしたが、そ …

心に闇がある人ほど光を演出する!?/東野圭吾『マスカレード・イブ』

(※『マスカレード・イブ』表紙より)  誰もが自己顕示欲を持っていますよね。出世したかったり、モテたかったり、贅沢な暮らしをしたかったりと、人と比べてスゴイと思われるような生活に憧れています。  しかし、その欲求の裏側に …

お金を稼いで幸せになる方法

(※『億男』表紙より)  お金があれば幸せになれると思っていませんか。  しかし、どれだけお金があっても幸せになれるとは限りません。家庭が崩壊してしまった億万長者や牢屋に入ることになった成金たちのニュースを見ていると、ま …

ミステリーのようなホラー小説はお好きですか?/芦沢央『火のないところに煙は』感想

 子どもの頃、夏休みになるとテレビでホラー特集を見ていました。そんな懐かしい記憶を思い出させてくれた小説が芦沢央さんの『火のないところに煙は』。  ラストは呆気ない終わり方でしたが、短編ホラー小説としては楽しめました。 …

読書が好きじゃなくても本が読みたくなる小説ーpart3

(※『ビブリア古書堂の事件手帖3 ~栞子さんと消えない絆~』表紙より)  読書していますか?  私は『ビブリア古書堂の事件手帖―栞子さんと奇妙な客人たち』を読んでから、他の本を放り出して『ビブリア古書堂の事件手帖』シリー …

人の話を鵜呑みにするな/伊坂幸太郎『夜の国のクーパー』感想

 戦争に敗れたとある国の物語。それが伊坂幸太郎さんの小説『夜の国のクーパー』です。  相変わらず謎の生物や個性的なキャラクターが登場しますが、視野を広く持たないと簡単に人に騙されることがわかる物語なんですよね。何度も驚か …

モラトリアムから抜け出せてる?東野圭吾『卒業』感想

(※『卒業』表紙より)  モラトリアムから抜け出せていますか。  もし、「友人と過ごす時間がいちばん楽しい」と感じているようなら、子どもから大人に移行する橋渡し期間(=モラトリアム)から抜け出せていない証拠。今すぐ考え方 …

臆病は伝染する。そして勇気も伝染する/伊坂幸太郎『PK』感想

 タイムパラドックスを描いた小説。それが伊坂幸太郎さんの『PK』です。  この小説は3つの短編で構成されているのですが、タイムパラドックスを念頭に置いて順番を並び替えると、まるで一つの長編のような物語が出来上がるんですよ …