webstation plus

(※『素敵な日本人』表紙より)


 短編はお好きですか。

 私は小説に驚きや感動、励ましのようなものを求めているので、物語の世界観にどっぷり浸れて、イッキ読みできる長編を好んでいました。

 今もその思いは変わりませんが、東野圭吾さんの短編集『素敵な日本人』はひと味違います。

夢中になってイッキ読み。寝不足必死のサスペンス。それもいいけれど、読書は、もっと優雅なものでもあるのです。

 と帯にも書かれているように、短編集なのにじっくりと楽しめるミステリー小説です。意外性と機知に富んだ短編にハマること間違いなし!?

 今回は、『素敵な日本人』のあらすじとおすすめポイントを紹介します。

 『素敵な日本人』のあらすじ(『正月の決意』)

 子供達が独立し、夫婦二人きりになった前島達之と康代。彼らは近所の神社に初詣に行きました。

 そこで、お賽銭箱の前に倒れている男性を見つけます。はじめは酔っ払いかと思われましたが、倒れていたのは町長でした。

 前島夫婦はすぐに警察に通報します。しかし、やって来た警察官は「新年会があるのに」「正月なのに」と面倒くさがるばかり。宮司もお賽銭が少ないとぼやいてばかりいます。

 そんな彼らの姿を見ていると、前島夫婦の決意は揺らぎました。彼らが正月に立てた決意とは――。

 最後にどんでん返しと感動が待っている物語です。

 『素敵な日本人』のおすすめポイント

1. タイトルに込められているのは皮肉!?

 『素敵な日本人』というタイトルにも関わらず、素敵な日本人はあまり登場しません。あらすじで紹介したダメ警官や宮司のような人物ばかりが出てきます。

 ということは、笑小説シリーズのような皮肉が込められたタイトルなのでしょうか。

 しかし、そうと決めつけるわけにはいきません。『今夜は一人で雛祭り』に登場する主人公の亡き妻のように素敵な登場人物もいるからです。

 彼女は結婚後すぐに義母と同居することになりました。夫はそんな彼女を不憫に思っていたのですが…。

 実は自分なりに楽しみながら苦難を乗り越えてきたことがわかります。本当に素敵なお嫁さんだったのです。

 そんな彼女のことを『素敵な日本人』と言っているのでしょうか。

 それとも、正月や雛祭り、クリスマスなどの四季折々の風物を楽しむ日本人を素敵と言っている!?

 このようにタイトルに込められた意味を考えるのも楽しめるポイントです。

2. じっくりと楽しめる短編集

 『素敵な日本人』は全9章で構成されています。どれも意外性のある物語なので、読み終わった後も余韻が楽しめるんですよね。だから、じっくりと読みたいと思えるのかもしれません。

 なかでもオススメなのは『10年目のバレンタインデー』『壊れた時計』『クリスマスミステリ』の3編。

 それぞれ簡単に紹介していきます。

『10年目のバレンタインデー』

 大好きだった女性から何の前触れもなく、突然別れを切り出された作家の峰岸。彼は別れた後も彼女のことが忘れられませんでした。

 しかし、ある日。ファンレターのなかに彼女の名前を見つけます。そこには「久しぶりに会えませんか?」の文字が。

 こうして10年ぶりに彼女と再会することになった峰岸は、今晩のことを考えると胸の高鳴りがとまりません。しかし、彼女が峰岸に会おうとしたのは、ある理由があったからでした。その理由とは――。

 意外性のあるオチに驚くこと間違いなし!?

『壊れた時計』

 裏社会の仕事を引き受ける俺は、ある部屋に行って彫像を持ってくるよう依頼されました。

 しかも、犯行日時が特定できる証拠を残してほしい、つまり依頼主のアリバイ工作をするようにとの注文が。

 しかし犯行当日。目的の部屋に侵入しても彫像が見つかりません。なんとか見つけようと部屋中探し回っていると、帰ってきた家の主人と鉢合わせになり殺してしまいました。

 俺は考えます。明らかなアリバイを残せば、かえって疑われるのではないかと。

 そこで殺害時刻を指している被害者の壊れた腕時計を持ち帰ることにしたのですが――。それが原因で悲劇が!?

 こちらも意外性のある結末に驚かされる物語です。

『クリスマスミステリ』

 劇団の看板役者である黒須は、日本屈指の女流脚本作家・樅木弥生と付き合っていました。

 しかし、若い女性と浮気をしていた黒須は、浮気がバレると仕事がなくなると思い、マンドラの毒で弥生を殺すことに。

 アリバイ工作をして弥生に毒を飲ませることに成功した黒須でしたが、その後のクリスマスパーティーで弥生の姿を見かけます。一体どうなっているの!?

 『素敵な日本人』の中で一番驚いた物語です。オチが読めないのでドキドキしながら楽しめました。

 最後に

 東野圭吾さんの小説『素敵な日本人』。

 たとえば「毎日寝る前に一編」というように、じっくりと楽しめる短編集です。私は他の小説と並行しながらじっくりと楽しみました。

 気になった方は、ぜひ読んでみてください。

 関連記事

悩むことに価値がある!?東野圭吾『真夏の方程式』は感動間違いなしの小説

(※『真夏の方程式』表紙より)  東野圭吾さんの小説『真夏の方程式』。  仕事で玻璃ヶ浦(はりがうら)にやってきた湯川准教授が小学五年生の恭平と出会い、思わぬ事件に巻き込まれる物語です。読めば感動すること間違いなし!? …

『のぼうの城』はリーダーシップとは何かを教えてくれる小説

(※『のぼうの城 上』表紙より)  和田竜さんの小説『のぼうの城』。  約二万の大軍を率いる石田三成と五百の軍勢を率いる成田長親(なりた ながちか)の戦を描いた物語です。読めば「リーダーシップとはこういうことだったのか! …

自分らしさなんて追い求めるものじゃない

(※『地球星人』表紙より)  自分らしく生きていますか?  私は自分らしく生きていると思っていましたが、村田沙耶香さんの小説『地球星人』を読んで「自分らしさとは何なんだろう」と考えるようになりました。  というよりも、む …

好きなことを仕事にするのは本当に幸せなのか?東野圭吾『眠りの森』感想

(※『眠りの森』表紙より)  人生を捧げてもいいと思えるほどの「好きなこと」がありますか。  収入が減っても、プライベートな時間がなくなっても、結婚や恋愛が出来なくても、やりたいと思えること。  そんな何かを持っている人 …

『かがみの孤城』は人とのつながりを大切にしたくなる小説

(※『かがみの孤城』表紙より)  辻村深月さんの小説『かがみの孤城』。  見ず知らずの中学生7人が鏡の世界に入り込み、一年間ともに過ごす物語です。読めば、「人とのつながりを大切にしよう」と思うこと間違いなし!?  今回は …

自分の弱さに嫌気がさしたときに読んで欲しい小説/西加奈子『おまじない』

(※『おまじない』表紙より)  自分の弱さが嫌になることありませんか?  私はよくあります。上司に「休ませてください」と直接言いづらくて、メールで連絡したり、プレゼンの前日に緊張して眠れなかったり、スマホのゲームに夢中に …

厳しい現実に立ち向かうには人とのつながりを大切に/垣谷美雨『農ガール、農ライフ』感想

 「今の仕事がキツイから農業でも始めようかなぁ」「退職後に農業でも始められたらいいなぁ」…なんて考えていませんか。  もし、そんな甘い考えをしているようなら、垣谷美雨さんの小説『農ガール、農ライフ』を読むことをおすすめし …

厳しい現実に立ち向かうには哲学とユーモアが必要/伊坂幸太郎『アヒルと鴨のコインロッカー』感想

 アパートに引っ越してきた大学生が隣の住人から「一緒に本屋を襲わないか?」と誘われて始まる物語。そんな意味不明な幕開けをする小説が伊坂幸太郎さんの『アヒルと鴨のコインロッカー』です。  物語全体もかなり現実離れしています …

なぜ、バレエの世界は嫉妬と愛憎が渦巻くのか?秋吉理香子『ジゼル』感想

(※『ジゼル』表紙より)  秋吉理香子さんの小説『ジゼル』。  創立15周年を迎えた東京グランド・バレエ団が、これまで封印してきた「ジゼル」の公演を決定したことで、次々と悲劇が起こる物語です。  東野圭吾さんの小説『眠り …

読書が好きじゃなくても本が読みたくなる小説

(※『ビブリア古書堂の事件手帖―栞子さんと奇妙な客人たち』表紙より)  読書していますか?  私は最近、ビジネス書や数学関連の本ばかり読んでいたので、小説から少し離れ気味でしたが、『ビブリア古書堂の事件手帖―栞子さんと奇 …