webstation plus

(※『素敵な日本人』表紙より)


 短編はお好きですか。

 私は小説に驚きや感動、励ましのようなものを求めているので、物語の世界観にどっぷり浸れて、イッキ読みできる長編を好んでいました。

 今もその思いは変わりませんが、東野圭吾さんの短編集『素敵な日本人』はひと味違います。

夢中になってイッキ読み。寝不足必死のサスペンス。それもいいけれど、読書は、もっと優雅なものでもあるのです。

 と帯にも書かれているように、短編集なのにじっくりと楽しめるミステリー小説です。意外性と機知に富んだ短編にハマること間違いなし!?

 今回は、『素敵な日本人』のあらすじとおすすめポイントを紹介します。

 『素敵な日本人』のあらすじ(『正月の決意』)

 子供達が独立し、夫婦二人きりになった前島達之と康代。彼らは近所の神社に初詣に行きました。

 そこで、お賽銭箱の前に倒れている男性を見つけます。はじめは酔っ払いかと思われましたが、倒れていたのは町長でした。

 前島夫婦はすぐに警察に通報します。しかし、やって来た警察官は「新年会があるのに」「正月なのに」と面倒くさがるばかり。宮司もお賽銭が少ないとぼやいてばかりいます。

 そんな彼らの姿を見ていると、前島夫婦の決意は揺らぎました。彼らが正月に立てた決意とは――。

 最後にどんでん返しと感動が待っている物語です。

 『素敵な日本人』のおすすめポイント

1. タイトルに込められているのは皮肉!?

 『素敵な日本人』というタイトルにも関わらず、素敵な日本人はあまり登場しません。あらすじで紹介したダメ警官や宮司のような人物ばかりが出てきます。

 ということは、笑小説シリーズのような皮肉が込められたタイトルなのでしょうか。

 しかし、そうと決めつけるわけにはいきません。『今夜は一人で雛祭り』に登場する主人公の亡き妻のように素敵な登場人物もいるからです。

 彼女は結婚後すぐに義母と同居することになりました。夫はそんな彼女を不憫に思っていたのですが…。

 実は自分なりに楽しみながら苦難を乗り越えてきたことがわかります。本当に素敵なお嫁さんだったのです。

 そんな彼女のことを『素敵な日本人』と言っているのでしょうか。

 それとも、正月や雛祭り、クリスマスなどの四季折々の風物を楽しむ日本人を素敵と言っている!?

 このようにタイトルに込められた意味を考えるのも楽しめるポイントです。

2. じっくりと楽しめる短編集

 『素敵な日本人』は全9章で構成されています。どれも意外性のある物語なので、読み終わった後も余韻が楽しめるんですよね。だから、じっくりと読みたいと思えるのかもしれません。

 なかでもオススメなのは『10年目のバレンタインデー』『壊れた時計』『クリスマスミステリ』の3編。

 それぞれ簡単に紹介していきます。

『10年目のバレンタインデー』

 大好きだった女性から何の前触れもなく、突然別れを切り出された作家の峰岸。彼は別れた後も彼女のことが忘れられませんでした。

 しかし、ある日。ファンレターのなかに彼女の名前を見つけます。そこには「久しぶりに会えませんか?」の文字が。

 こうして10年ぶりに彼女と再会することになった峰岸は、今晩のことを考えると胸の高鳴りがとまりません。しかし、彼女が峰岸に会おうとしたのは、ある理由があったからでした。その理由とは――。

 意外性のあるオチに驚くこと間違いなし!?

『壊れた時計』

 裏社会の仕事を引き受ける俺は、ある部屋に行って彫像を持ってくるよう依頼されました。

 しかも、犯行日時が特定できる証拠を残してほしい、つまり依頼主のアリバイ工作をするようにとの注文が。

 しかし犯行当日。目的の部屋に侵入しても彫像が見つかりません。なんとか見つけようと部屋中探し回っていると、帰ってきた家の主人と鉢合わせになり殺してしまいました。

 俺は考えます。明らかなアリバイを残せば、かえって疑われるのではないかと。

 そこで殺害時刻を指している被害者の壊れた腕時計を持ち帰ることにしたのですが――。それが原因で悲劇が!?

 こちらも意外性のある結末に驚かされる物語です。

『クリスマスミステリ』

 劇団の看板役者である黒須は、日本屈指の女流脚本作家・樅木弥生と付き合っていました。

 しかし、若い女性と浮気をしていた黒須は、浮気がバレると仕事がなくなると思い、マンドラの毒で弥生を殺すことに。

 アリバイ工作をして弥生に毒を飲ませることに成功した黒須でしたが、その後のクリスマスパーティーで弥生の姿を見かけます。一体どうなっているの!?

 『素敵な日本人』の中で一番驚いた物語です。オチが読めないのでドキドキしながら楽しめました。

 最後に

 東野圭吾さんの小説『素敵な日本人』。

 たとえば「毎日寝る前に一編」というように、じっくりと楽しめる短編集です。私は他の小説と並行しながらじっくりと楽しみました。

 気になった方は、ぜひ読んでみてください。

 関連記事

この世には2種類の女性がいる/湊かなえ『母性』感想

(※『母性』表紙より)  数日前に湊かなえさんの小説『未来』を読んで「面白くない!」という感想を書いたので、改めて湊さんの面白い小説に出会いたいと思い『母性』を読みました。  結果、書き出しから惹きつけられ、『未来』とは …

読書が好きじゃなくても本が読みたくなる小説

(※『ビブリア古書堂の事件手帖―栞子さんと奇妙な客人たち』表紙より)  読書していますか?  私は最近、ビジネス書や数学関連の本ばかり読んでいたので、小説から少し離れ気味でしたが、『ビブリア古書堂の事件手帖―栞子さんと奇 …

若だんなに勇気づけられる!?畠中恵『うそうそ』は他人を犠牲にしても利益を得ようとする人たちを描いた小説

(※『うそうそ』表紙より)  畠中恵さんの小説『うそうそ』。  しゃばけシリーズ第5弾の本作は、相変わらず病弱な若だんなが箱根で誘拐事件、天狗の襲撃、止まらない地震などの厄介ごとに巻き込まれる物語です。  読めば、若だん …

今すぐ近所の食堂に通いたくなる小説/山口恵以子『食堂のおばちゃん』感想

(※『食堂のおばちゃん』表紙より)  外食していますか?  私は美味しい食事を取るために外食してきましたが、『食堂のおばちゃん』を読んでお店の人とコミュニュケーションを取るために外食するのもありかなと思うようになりました …

春ちゃんが結婚!?畠中恵『ねこのばば』は魅力あるキャラクターが多数登場する時代小説

(※『ねこのばば』表紙より)  畠中恵さんの小説『ねこのばば』。  しゃばけシリーズ第3弾の本作は、魅力あるキャラクターが多数登場する時代小説です。ついに若だんなの幼馴染・春ちゃんが結婚する!?  今回は『ねこのばば』の …

こだわりを持って生きている?小川洋子『人質の朗読会』は不思議なのに心に残る小説

(※『人質の朗読会』表紙より)  小川洋子さんの小説『人質の朗読会』。  地球の裏側にある村で反政府ゲリラの人質になった8名は、暇つぶしに朗読を始めますが、いつの間にか自分の過去と向き合い、真剣に朗読しあうようになりまし …

心揺さぶられる物語!?浅田次郎『おもかげ』は定年退職を迎えたサラリーマンが人生を振り返る小説

(※『おもかげ』表紙より)  浅田次郎さんの小説『おもかげ』。  定年を迎えたサラリーマン・竹脇正一が、送別会の帰りに倒れ、病院内で不思議な体験を繰り返す物語です。  読めば、彼の生き様や家族の温かさに心揺さぶられること …

普通って何?村田沙耶香『コンビニ人間』は自分らしく生きる女性を描いた小説

(※『コンビニ人間』表紙より)  2016年に芥川賞を受賞した小説『コンビニ人間』。  普通とは何か?自分らしく生きるとはどういうことか?など、いろいろ考えさせられる物語です。あまりの面白さに一気読みしてしまうこと間違い …

伊坂幸太郎『ジャイロスコープ』はこれまでの伊坂作品とはひと味違う短編小説

(※『ジャイロスコープ』表紙より)  伊坂作品の特徴といえば、至るところに散りばめられた伏線がすべて回収されていくところですよね。  これは短編でも長編でも同じです。読了後には必ずスッキリ感が味わえます。  しかし、『ジ …

伊坂幸太郎『陽気なギャングが地球を回す』はあらすじでは伝えきれない魅力がある小説

(※『陽気なギャングが地球を回す』表紙より)  小説を読んでいますか?  小説と一言でいっても、さまざまなタイプがありますが、ありきたりな設定で、伝えたいテーマも弱く、読み終わった後も、ぼんやりとしかあらすじが思い出せな …