webstation plus

 「今日からやるぞ!」と決意しても、1ヶ月も経てば挫折しますよね。

 そんなとき、根性がないから、努力が足りないから、精神力が弱すぎるから…なんて、自分を責めていませんか?

 もし、そんな風に自分を責めているようなら、アプローチの仕方を変えてみてはどうでしょうか。もしかすると、責める必要のないことで自分を責めているのかもしれませんよ。

 挫折するのは目標が高すぎるから!?

 目標を立てるとき、達成できるかどうかわからない高い目標を立てていませんか?

 たとえば、

・理想的な身体を手に入れるために毎日30分運動する
・英語がペラペラ話せるように毎日1時間勉強する
・ブログで生活できるように毎日記事を更新する

 などなど。もちろん、すでに習慣化できている行動なら問題ありませんが、これから身につけたい、新しい習慣だとすると、すぐに挫折するはずです。なぜなら、脳が邪魔をするからです。

 私たちの脳は、神経回路に電気信号を流すことで次の行動を決めています。そして、電気信号は、最も抵抗が少ない道に流れます。

 つまり、脳が習慣的な行動を好むのは、それがすでに知っている道で、褒美として得られるものがわかっているから。

 一方で、これから身につけたい新しい習慣は、実際に行動してみないとわからない、危険だらけの道のようなもの。頑張って行動しても、何も褒美が得られないかもしれません。

 そのため、新しい習慣を身につけようと頑張っても、脳はその行動を妨げようとするんですよね。

 そこで私たちが取るべき戦略は…。

 バカみたいに目標を低く設定する

 バカみたいに目標を低く設定することです。先ほどの目標であれば、

・腕立て伏せを毎日1回やる
・英単語を毎日1語ずつ覚える
・毎日10行文章を書く

 これなら毎日続けられそうですよね。

 しかし、目標が低いからと言ってバカにしてはいけません。実際に、この目標に向かって行動すれば、運動や英語学習、ブログ運営など、やりたいことがすぐに習慣化できます。

 デューク大学の研究によると、私たちの行動の約45%は習慣だそうです。習慣化できれば、モチベーションに関わらず行動できるようになります。

 だからこそ、今すぐ達成できそうな低い目標を立て、脳に邪魔されずに習慣化してくことが効果的なんですよね。

 もちろん、どれだけ小さな目標でも、達成できたという実感は、自己肯定感を高めてくれます。すると、「毎日頑張ろう」「もう少し頑張ってみよう」という意欲が湧き上がってきます。

 もし、新しい挑戦に挫折しているようなら、目標をバカみたいに低く設定してみてはどうでしょうか。

 今すぐ実践あるのみ

 目標をバカみたいに低く設定すれば、あとは実践あるのみです。

 このとき、目標が達成できたらカレンダーに「○」をつけるという方法がおすすめです。私もやっていますが、「○」がつけたくて今すぐ行動したくなるんですよね。

 とにかく、新しい習慣を身に付けたいのなら、脳がやりたいくない信号を出す前に、今すぐできるところから行動を起こしましょう。

 そうすれば、頑張らなくても大きな目標が達成できるようになれますよ。

 関連記事

サラリーマンを極めることが独立・起業の成功につながる!?

 独立・起業を夢見たことはありませんか?  私も独立・起業を夢見たことはありますが、それは「誰にも束縛されずに自由に生きていきたい」と思っていたからです。  しかし、フリーランスとして働くようになっても、自由になれるとは …

自分がわからなくなるのは遊びを疎かにして仕事ばかりしているから

 仕事よりも優先すべきことって何だかわかりますか。  もちろん、いろいろありますが、「遊び」もその一つ。「遊んでばかりいないで仕事をしなさい」なんて言葉が、ドラマや小説にもよく出てきますが、仕事よりも遊びの方がよっぽど大 …

がむしゃらな努力だけでは成功できない!?成功している人たちが実践している3つの法則

 成功するために努力を惜しんでいませんか?  私は成功するために努力しているつもりですが、実は成功している人たちは共通してある3つのことを実践しています。その3つを実践しなければ、がむしゃらに努力しても無駄になってしまう …

会社にすべてを捧げる生き方はもう古い!?人生100年時代を生き抜くために作るべき3つの居場所

 日本における自殺の統計情報を見てみると、男女差がとても大きいことがわかります。  下図は2016年までの自殺者数をグラフにしたものですが、圧倒的に男性の方が多いですよね。女性の2倍以上あります。  では、なぜ男性の自殺 …

仕事優先の生き方に限界を感じている人へ

 家族を養うには仕事をする必要があります。「家族を大切にするために働いている」という人も多いのではないでしょうか。  しかし、あまりの忙しさに、家族よりも仕事を優先してしまいがちに。家族と一緒に過ごす時間が取れなくなるこ …

欲しいものを手に入れたいのなら…迷うのをやめよう!?

 「欲しいものが手に入らない…」と嘆いていませんか?  この前のエントリで、「欲しいものが手に入らないのは、欲しくないものを受け取っていないからだ」という内容を書きましたが、「どうでもいいことで迷っている」のも原因のひと …

「時間がないからできない」という言い訳で損する理由

 自分で決めたことを確実に実行していますか。私はできていません。「毎日ブログを書こう」と決めても、3日以内には諦めてしまい、言い訳をしています。  「仕事が忙しくて」「子育てもしないといけないし」「突然の予定が入ったから …

AIに仕事を奪われないようにするために必要なたったひとつの能力

(※『AI vs. 教科書が読めない子どもたち』表紙より)  人間にしかできない仕事をしていますか?  オックスフォード大学のある研究チームの予測によると、AI化によって10年から20年後に全雇用者の約47%が職を失うそ …

あなたはどちらのタイプ?「賢明な人」or「単純な人」

 世の中には、「賢明な人」と「単純な人」の2種類が存在すると、大阪大学社会経済研究科の大竹文雄教授は言います。  ここでいう「賢明な人」とは、目標を掲げて、その目標をやり切るために工夫している人のことで、「単純な人」とは …

仕事ができる人とできない人の違いは「頭の使い方」にある

 私たちが働く環境は日々厳しくなっています。下図は、失業率(青色)と非正規雇用労働者の割合(赤色)の推移を示したものですが、2010年以降、失業率は減少傾向にあるものの、非正規雇用労働者の割合が増加していることがわかりま …