webstation plus

 新しい目標を立てても、すぐに挫折していませんか。

 そんなとき、根性がない、努力が足りない、精神力が弱すぎる…などなど、自分を責めてしまいがちですが、やり方が間違っているだけだとしたら。

 今回は、本『小さな習慣』を参考に、新しい習慣を簡単に身につける方法を紹介します。

 目標はバカみたいに小さい方がいい

 目標を立てるとき、大きすぎる目標を設定していませんか。

 たとえば、

・理想的な身体を手に入れるために毎日30分運動する
・英語がペラペラ話せるように毎日1時間勉強する
・ブログで生活できるように毎日記事を更新する

 などなど。

 もちろん、すでに習慣化できている行動なら問題ありませんが、これから身につける習慣だとすると、すぐに挫折するはずです。なぜなら、脳と戦う必要があるから。

 私たちは神経回路に電気信号を送ることで、脳とのコミュニケーションを図っています。ご存知のように、電気は最も抵抗の少ない道を選んで進みます。

 つまり、私たちの脳が習慣的な行動を好むのは、それがすでに知っている道で、褒美として何が得られるかがわかっているから。

 それに対して、新しい行動は何が現れるかわからない危険だらけの道のようなもの。だから、脳は新しい行動を嫌がるのですね。

 そこで、目標はできるだけ小さく設定する必要が出てきます。

 小さな目標達成が大きな結果を生む

 具体的には、

・腕立て伏せを1日1回やる
・英単語を1日1語覚える
・毎日10行文章を書く

 などなど、バカバカしくなるくらい小さな目標を立てます。これなら毎日挑戦できそうですよね。

 しかし、小さな目標だからといってバカにしてはいけません。実際に挑戦すれば、運動や英語学習、ブログ更新など、やりたいことが習慣化できます。

 デューク大学の研究によると、私たちの行動の約45%は習慣で成り立っているそうです。習慣化できれば、モチベーションにかかわらず行動できるようになります。

 また、どれだけ小さな目標でも、達成できたという実績は、自己肯定感を高めます。ベネッセが子ども教育で大切にしているのも、小さな「できた!」を増やすこと。大人になっても同じです。

 ぜひ、小さな目標を設定して行動してみませんか。

 今すぐ実践しよう

 実際にやることは単純です。小さな目標を設定して毎日やるだけ。

 それでも習慣化できない場合は、達成できたらカレンダーに「○」をつけるという方法がおすすめ。私もやっていますが、「○」がつけたくて今すぐ行動したくなるんですよね。

 最後に

 今回は、本『小さな習慣』を参考に、新しい習慣を簡単に身に付ける方法を紹介しました。どれだけ小さな目標でも行動し続ければ、大きな結果が生み出せるのですね。

 より詳しい内容が知りたい方は、ぜひ本書を読んでみてください。

 こちらの記事でも紹介しています。

 関連記事

自分のアタマで答えを導き出す3つの方法/『0ベース思考』

 私たちは「自分の能力」を過大に評価してしまう傾向がある。たとえば、「あなたは運転がうまいですか?」という質問に対して、多くの人が「人並み以上にうまい」と答えている。どうやら私たちは「他人よりも優れている」と思い込んで生 …

「子供のままでいること」をオシャレだと思っていませんか?

 クール・ジャパンという言葉が3年ほど前から使われるようになり、日本独自の文化を世界中に発信しようという流れが広がっています。なかでも「KAWAii文化」が世界中から注目されていますよね。  その代表と言われているのが、 …

ムダを省けば時間が増える/『必要なものがスグに!とり出せる整理術! 』

 私たちはよく「時間がない」といって嘆いている。遊ぶ時間がない、本を読む暇がない、仕事をする時間が足りない…。しかし、このように時間が足りないのは、実は「片づけ」をしていないことに原因があるかもしれない。  アメリカのビ …

睡眠不足は眠り始めの90分で解消できる!?最高の睡眠法

 睡眠不足に悩まされていませんか。 ・朝の目覚めが悪い ・どれだけ寝ても眠い ・昼食後は眠たくて仕方がない  などなど、睡眠の悩みを抱えている人は多いはず。しかし、寝だめをしたところで睡眠不足が解消できるわけではありませ …

小さな力で大きな成果が得られる!?成果につながる自己投資のやり方

「すぐ始めよ、始めた者が成功する」  とは、本『「できる人間」を目指すなら、迷うのはやめよう』に書かれていた言葉ですが、行動しない人に限って「やらない理由」をグダグダ並べています。  「やり方がわからない」「失敗したらど …

ネガティブ思考をやめる方法/『脳を最高に活かせる人の朝時間』

 私たちは本当に多くのことを考えている。「お昼ご飯は何を食べようか」「仕事が終わってから何をしようか」など、いつも何かを考えている。しかし、そのおよそ8割がネガティブな内容であることが、研究結果によって明らかになった。も …

失敗しないマンションの選び方

 家が欲しくなることありませんか?  私はときどき無性に欲しくなることがあります。どれだけお金を支払っても自分のものにはならない借家に住んでいるからでしょうか。ふとした瞬間に虚しさを覚えるんですよね。  とはいえ、「家」 …

「運が良い人たち」は見向きもせず、「運が悪い人たち」が共通して求めているものとは?

 私たちは、誰一人として同じ脳を持っていません。  両親の遺伝子の掛け合わせによって生じる存在としての個性があり、さらに、人生最初の三年間に与えられた環境によって、脳の神経回路に偏りが生じるからです。  ここでいう脳の神 …

「現実を愛せない人」に幸せは訪れない/今よりも幸せになる方法

 私たちが苦しんだり、悩んだりしているのは、現実を受け入れられないときだ。たとえば、結婚相手がイメージしていた人と違っていたとき。真面目で優しい人だと思っていた相手が、実は浮気性で夜遊びがヒドイことに気づいたときなど、私 …

「家賃と同じだから」ではダメ/失敗しないマイホームの選び方

 「家が欲しい」と思っても、何から手をつけていいのかわからない。家を買ったら将来が不安定になってしまいそう。そんなふうに思っていませんか。  私はそう思っていました。家賃と同じくらいの返済額にすれば「家を買っても大丈夫」 …