挫折する努力はしない!?小さな習慣が大きな成果を生み出す理由

ビジネス

「今日からやるぞ!」と決意しても、1ヶ月も経てば挫折しますよね。

そんなとき、根性がないから、努力が足りないから、精神力が弱すぎるから…なんて、自分を責めていませんか?

もし、そんな風に自分を責めているようなら、アプローチの仕方を変えてみてはどうでしょうか。

もしかすると、頑張ろうとしすぎて空回りしているのかもしれませんよ。

スポンサーリンク

挫折するのは目標が高すぎるから!?

目標を立てるとき、達成できるかどうかわからない高い目標を立てていませんか?

たとえば、

  • 理想的な身体を手に入れるために毎日30分運動する
  • 英語がペラペラ話せるように毎日1時間勉強する
  • ブログで生活できるように毎日記事を更新する

などなど。

もちろん、すでに習慣化できている行動であれば問題ありませんが、これから身につけたい、新しい習慣だとすると、すぐに挫折するはずです。

なぜなら、脳が邪魔をするからです。

私たちの脳は、神経回路に電気信号を流すことで次の行動を決めています。そして、電気信号は、最も抵抗が少ない道に流れます。

つまり、脳が習慣的な行動を好むのは、それがすでに知っている道で、褒美として得られるものがわかっているから。

一方で、これから身につけたい新しい習慣は、実際に行動してみないとわからない、危険だらけの道のようなもの。

頑張って行動しても、何も褒美が得られないかもしれません。

そのため、脳は新しい習慣を身につけようとすると、その行動を妨げるんですよね。

そこで私たちが取るべき戦略は…。

スポンサーリンク

バカみたいに目標を低く設定する

バカみたいに目標を低く設定することです。

先ほどの目標であれば、次のように変更します。

  • 腕立て伏せを毎日1回やる
  • 英単語を毎日1語ずつ覚える
  • 毎日10行文章を書く

これなら毎日続けられそうですよね。

しかし、目標が低いからと言ってバカにしてはいけません。

実際に、この小さな目標に向かって行動すれば、運動や英語学習、ブログ運営など、やりたいことがすぐに習慣化できます。

デューク大学の研究によると、私たちの行動の約45%は習慣だそうです。

習慣化できれば、モチベーションに関わらず行動できるようになります。

だからこそ、今すぐ達成できそうな小さな目標を立てて、脳に邪魔されずに習慣化してくことが効果的なんですよね。

もちろん、どれだけ小さな目標でも、達成できたという実感は、自己肯定感を高めてくれます。

すると、「毎日頑張ろう」「もう少し頑張ってみよう」という意欲が湧き上がってきます。

もし、新しい挑戦に挫折しているようなら、目標をバカみたいに低く設定してみてはどうでしょうか。

スポンサーリンク

今すぐ実践あるのみ

目標をバカみたいに低く設定すれば、あとは実践あるのみです。

このとき、目標が達成できたらカレンダーに「○」をつけるのがおすすめです。

私もやっていますが、「○」がつけたくて今すぐ行動したくなるんですよね。

とにかく、新しい習慣を身につけたいのなら、脳がやりたいくない信号を出す前に、小さな目標に向かって行動してはどうでしょうか。

そうすれば、いずれ大きな目標が達成できるようになりますよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました