webstation plus

 「今日からやるぞ!」と決意しても、1ヶ月も経てば、たいてい挫折しますよね。

 そんなとき、根性がないから、努力が足りないから、精神力が弱すぎるから…なんて、自分を責めていませんか。

 しかし、実はアプローチの仕方が間違っているだけかもしれません。もしかすると、悩む必要のないことで悩んでいるのかもしれませんよ。

 挫折するのは目標が高すぎるから

 目標を立てるとき、達成できるかどうかわからない高い目標を立てていませんか。たとえば、

・理想的な身体を手に入れるために毎日30分運動する。
・英語がペラペラ話せるように毎日1時間勉強する。
・ブログで生活できるように毎日記事を更新する。

 などなど。もちろん、すでに習慣化できているなら問題ありませんが、これから身につけたい、新しい習慣だとすると、すぐに挫折するはずです。なぜなら、脳が邪魔をするからです。

 私たちの脳は、神経回路に電気信号を流すことで次の行動を決めています。そして、電気信号は、最も抵抗が少ない道に流れます。

 つまり、脳が習慣的な行動を好むのは、それがすでに知っている道で、褒美として何が得られるのかわかっているから。あまり考えなくても結果が予測できるからです。

 一方で、これから身につけたい新しい習慣は、実際に行動してみないとわからない、危険だらけの道。もしかすると、何も褒美がもらえないかもしれません。だからこそ、脳は新しい習慣を嫌がるんですよね。

 そこで私たちが取るべき戦略は…。

 バカみたいに目標を低く設定する

 これにつきます。先ほどの目標を書き換ると、

・腕立て伏せを毎日1回やる
・英単語を毎日1語ずつ覚える
・毎日10行文章を書く

 これなら毎日続けられそうですよね。しかし、目標が低いからと言ってバカにしてはいけません。実際に、この目標に向かって行動すれば、運動や英語学習、ブログ運営など、やりたいことがすぐに習慣化できます。

 デューク大学の研究によると、私たちの行動の約45%は習慣だそうです。習慣化できれば、モチベーションに関わらず行動できるようになります。

 だからこそ、今すぐ達成できそうな低い目標を立て、脳に邪魔されずに習慣化してくのが効果的なんですね。

 それだけではありません。どれだけ小さな目標でも達成できたという実感は、自己肯定感を高めます。すると、「毎日頑張ろう」「もう少し頑張ってみよう」という意欲が湧き上がってきます。

 もし、すぐに挫折するようなら、目標をバカみたいに低く設定してはどうでしょうか。

 今すぐ実践あるのみ

 目標をバカみたいに低く設定すれば、あとは実践あるのみです。

 このとき、目標が達成できたらカレンダーに「○」をつけるという方法がおすすめです。私もやっていますが、「○」がつけたくて今すぐ行動したくなるんですよね。

 とにかく、脳がやりたいくない信号を出す前に、今すぐできるところから始めましょう。そうすれば、いずれ大きな目標も達成できるようになりますよ。

 関連記事

「考える力」は3つに分解できる!?考える力の鍛え方

 「考える力を鍛えたい」と思っても、何から手をつければいいのかわかりませんよね。  そんなときは、まず分解してみましょう。「考える力」をより小さい力に分解すると、今よりもずっと手を出しやすくなりますよ。  「考 …

メンタルが強い人なら誰もが知っている3つの事実

 百田尚樹さんのメンタルってすごいですよね。思ったことをすぐに口にする性格だからでしょうが、他人を傷つけたり、批判するような発言が多くみられます。しかし、それを気にすることなく、好き放題な発言を繰り返されていますよね。一 …

「あなたの決断」は10秒前に決まっている/未来を変える思考法

 私たちは一日に「六万種類のこと」を考えている。「今日のお昼ご飯は何を食べようか」という身近なことから、「どうすればテロをなくせるのか」という難しい問題まで。  しかし、ある研究によると「私たちの思考の約95%が昨日と同 …

努力が報われないのには理由があった!報われる努力、報われない努力

 努力していますか?  私はどちらかと言うと努力が苦手で、「できるだけ楽して生きよう」と考えていますが、実はその方が努力が報われる確率が高いそうです。  これまで「典型的なダメ人間の特徴」だと思っていただけに、なんだか複 …

楽しく英語が学びたいのなら「英語多読」がおすすめ

 英語を学んでますか?  私は英語が苦手でこれまで避けてきたのですが、とうとう英語を勉強するようにというお達しがきました。  とはいえ、これまでのような苦痛に満ちた勉強はしたくありません。そこで見つけたのが「英語多読」と …

天才アーティストに共通する「表現力」とは

 レオナルド・ダ・ヴィンチであれ、ココ・シャネルであれ、スティーブ・ジョブズであれ、天才と呼ばれるアーティストには、ある共通点がある。それは、「シンプル(=単純)に表現する」ということだ。  たとえば、シャネル。彼女は帽 …

人生100年時代を生き抜くための学習戦略

 100歳まで生きるのが当たり前の時代になると言われていますよね。そんな時代を生き抜くには、新しい知識や技術を学び続ける必要があります。  とはいえ、闇雲に学んでも疲れるだけ。どういう戦略で学んでいきましょうか。 &nb …

他人に勝つことよりも自分に負けないことが大切な理由

(※『道誉なり』表紙より)  私たちが住む世界には、権力やお金、名誉などをかけた闘いが星の数ほどあります。  身近なところで言えば、会社での出世争いや住んでいる場所での格付け争い、あるいはSNS上での知名度争いなどがそう …

ムダを省けば時間が増える/『必要なものがスグに!とり出せる整理術! 』

 私たちはよく「時間がない」といって嘆いている。遊ぶ時間がない、本を読む暇がない、仕事をする時間が足りない…。しかし、このように時間が足りないのは、実は「片づけ」をしていないことに原因があるかもしれない。  アメリカのビ …

「悩む必要のない」ことで悩んでいませんか?

 悩みって本当に尽きないですよね。 自分のやりたいことが見つからない 頑張っているのに誰も認めてくれない 同じ失敗を何度も繰り返してしまう  などなど。もし、このような悩みを抱えているようなら、「前提」を疑ったほうが良い …