webstation plus

(※『ねこのばば』表紙より)


 畠中恵さんの小説『ねこのばば』。

 しゃばけシリーズ第3弾の本作は、魅力あるキャラクターが多数登場する時代小説です。ついに若だんなの幼馴染・春ちゃんが結婚する!?

 今回は『ねこのばば』のあらすじとおすすめポイントを紹介します。

 『ねこのばば』のあらすじ(茶巾たまご)

 いつも寝込んでばかりいた若だんなが、ご飯をおかわりします。

 「一体どうしたの?」と仁吉と佐吉が心配していると、茶巾たまごの中から金の粒が見つかりました。先日も古い箪笥から金子が出て来たりと良いことだらけ。

 もしかして、最近雇った金次は福の神なの!?

 一方、若だんなの兄・松之助は、道端で男に絡まれていた大村屋のお嬢さんを助けました。

 これがきっかけで縁談することになったのですが、縁談相手であるおまきは松之助の顔を覚えていません。さらに、おまきの姉が殺されます。

 若だんなはこれらの謎にどう挑むのか!?

 『ねこのばば』のおすすめポイント

1. ミステリー要素の強い短編集

 『ねこのばば』は、全5章で構成されている短編集です。前作までと比べるとミステリー要素が強くなっているんですよね。

 なかでもおすすめなのが、『茶巾たまご』『花かんざし』『たまやたまや』。

 それぞれ簡単に紹介していきます。

『茶巾たまご』

 あらすじを参考にしてください。

『花かんざし』

 苦い薬を飲み干したご褒美に、江戸広小路と呼ばれる賑やかな場所に連れて行ってもらった若だんな。

 そこで妖怪が見える少女・於りんと出会います。於りんは裕福な家の子に見えますが、まわりに両親の姿はありませんでした。

 そこで、岡っ引きである日限の親分に探してもらうことに。しかし、家が見つかると、於りんは「家に帰ったら殺される」と言い出します。

 気になった若だんなが一緒に行ってみると――。

 若だんなは、於りんを守れるのか!?

『たまやたまや』

 若だんなが放蕩息子になる!?

 仁吉と佐吉に内緒で出かけた若だんなは、献残屋の息子・庄蔵の身辺調査をします。春ちゃんの婚約相手だったからです。

 しかし、良い噂は聞けませんでした。金貸しの用心棒みたいな浪人に追いかけられたり、複数の女性と縁談をしたりと、悪い話ばかり。

 しかも、侍に追いかけられていた庄蔵とばったり出会った若だんなは、とばっちりを受けて捕らえられることに。

 若だんなは、このピンチをどう切り抜けるのか!?

2. 魅力的な新キャラクターが登場

 『ねこのばば』では、魅力的な新キャラクターが多数登場します。

 先ほど紹介した於りんもそのひとりですが、彼女の叔父の婚約者・お雛ちゃんも魅力的。

 お雛ちゃんは、誰もが驚くような厚化粧をしていましたが、頭がキレる人物でした。若だんなは彼女と少し話をしただけで、その聡明さに驚きます。

 他にも、がりがりに痩せ、あばらが浮き、顔も骸骨に皮を張り付けたようで、見ていると何故だか気分が暗くなる金次や、妖封じの力を持つ寛朝御坊など新キャラクターが多数登場。

 ぜひ彼らの魅力を味わってください。

3. 幼馴染の春ちゃんがついに結婚

 春ちゃんは若だんなのことが好きでしたが、若だんなは彼女を妹のようにしか思っていませんでした。

 しかし、いざ結婚するとなると――。

 若だんなの想いが痛いほどわかる物語です。

 最後に

 畠中恵さんの小説『ねこのばば』。魅力あるキャラクターに惹きつけられる時代小説です。

 気になった方は、ぜひ読んでみてください。

 関連記事

自分らしさなんて追い求めるものじゃない

(※『地球星人』表紙より)  自分らしく生きていますか?  私は自分らしく生きていると思っていましたが、村田沙耶香さんの小説『地球星人』を読んで「自分らしさとは何なんだろう」と考えるようになりました。  というよりも、む …

無駄なことでも誰かの役に立つかもしれない/伊坂幸太郎『フィッシュストーリー』感想

 無駄なことはやめようと思っていませんか。  もちろん、本当に無駄なことはやめた方がいいですが、無駄に思えても一生懸命にやったことは、めぐりめぐって誰かの役に立つかもしれません。  そんな想いにさせてくれた小説が伊坂幸太 …

犯人を追いつめるだけじゃない!?東野圭吾『虚像の道化師』は心に残る短編小説

(※『虚像の道化師』表紙より)  東野圭吾さんの小説『虚像の道化師』。  ガリレオシリーズ第7弾の本作は、犯人を追い詰めるだけじゃない短編ミステリー小説です。読めば、きっと心に残る短編に出会えるはず!?  今回は『虚像の …

『まく子』は思春期のモヤモヤした記憶を思い出せる小説

(※『まく子』表紙より)  西加奈子さんの小説『まく子』。  少し不思議なお話ですが、思春期の頃に感じていた「大人になりたくない!」という気持ちや、変化を受け入れる勇気がなくてモヤモヤしていた記憶が思い出せる小説です。最 …

芦沢央『カインは言わなかった』感想/プロと素人の間には想像を絶する壁がある

 プロフェッショナルな仕事をしていますか?  私はプロとして通用する仕事をしようと努力してきたつもりでしたが、芦沢央さんの小説『カインは言わなかった』を読んで、プロと素人の間にある壁に愕然としました。  プロは人生のすべ …

病弱でも強くなれる!?畠中恵『しゃばけ』は妖怪が活躍するミステリー小説

(※『しゃばけ』表紙より)  10年ほど前に買った畠中恵さんの小説『しゃばけ』。  久しぶりに読みましたが、病弱なのに難題に立ち向かう若だんなの姿に感動しました。読めば自分も頑張ろうと思えること間違いなし!?  今回は『 …

『かがみの孤城』は人とのつながりを大切にしたくなる小説

(※『かがみの孤城』表紙より)  辻村深月さんの小説『かがみの孤城』。  見ず知らずの中学生7人が鏡の世界に入り込み、一年間ともに過ごす物語です。読めば、「人とのつながりを大切にしよう」と思うこと間違いなし!?  今回は …

心に闇がある人ほど光を演出する!?/東野圭吾『マスカレード・イブ』

(※『マスカレード・イブ』表紙より)  誰もが自己顕示欲を持っていますよね。出世したかったり、モテたかったり、贅沢な暮らしをしたかったりと、人と比べてスゴイと思われるような生活に憧れています。  しかし、その欲求の裏側に …

有川浩『図書館内乱』/身近な人ほど人間関係は難しい

 人間関係って難しいですよね。  親子や兄弟、夫婦や親友など身近な人ほどお互いの意見を尊重する必要があります。そうしないと、すぐに破綻するからです。  それにも関わらず、身近な人ほど「こう考えているはずだ」と相手の気持ち …

伊坂幸太郎『ガソリン生活』/いじめをする人間にはアイデアがない

 最近、いじめの話題が多いですよね。もちろん、いじめをしている人間が100%悪いのですが、それだけでなく彼らには決定的に足りない能力があります。  それはアイデアを生み出す力。楽しい遊びを生み出す力がないので、いじめをし …