webstation plus

(※『ねこのばば』表紙より)


 畠中恵さんの小説『ねこのばば』。

 しゃばけシリーズ第3弾の本作は、魅力あるキャラクターが多数登場する時代小説です。ついに若だんなの幼馴染・春ちゃんが結婚する!?

 今回は『ねこのばば』のあらすじとおすすめポイントを紹介します。

 『ねこのばば』のあらすじ(茶巾たまご)

 いつも寝込んでばかりいた若だんなが、ご飯をおかわりします。

 「一体どうしたの?」と仁吉と佐吉が心配していると、茶巾たまごの中から金の粒が見つかりました。先日も古い箪笥から金子が出て来たりと良いことだらけ。

 もしかして、最近雇った金次は福の神なの!?

 一方、若だんなの兄・松之助は、道端で男に絡まれていた大村屋のお嬢さんを助けました。

 これがきっかけで縁談することになったのですが、縁談相手であるおまきは松之助の顔を覚えていません。さらに、おまきの姉が殺されます。

 若だんなはこれらの謎にどう挑むのか!?

 『ねこのばば』のおすすめポイント

1. ミステリー要素の強い短編集

 『ねこのばば』は、全5章で構成されている短編集です。前作までと比べるとミステリー要素が強くなっているんですよね。

 なかでもおすすめなのが、『茶巾たまご』『花かんざし』『たまやたまや』。

 それぞれ簡単に紹介していきます。

『茶巾たまご』

 あらすじを参考にしてください。

『花かんざし』

 苦い薬を飲み干したご褒美に、江戸広小路と呼ばれる賑やかな場所に連れて行ってもらった若だんな。

 そこで妖怪が見える少女・於りんと出会います。於りんは裕福な家の子に見えますが、まわりに両親の姿はありませんでした。

 そこで、岡っ引きである日限の親分に探してもらうことに。しかし、家が見つかると、於りんは「家に帰ったら殺される」と言い出します。

 気になった若だんなが一緒に行ってみると――。

 若だんなは、於りんを守れるのか!?

『たまやたまや』

 若だんなが放蕩息子になる!?

 仁吉と佐吉に内緒で出かけた若だんなは、献残屋の息子・庄蔵の身辺調査をします。春ちゃんの婚約相手だったからです。

 しかし、良い噂は聞けませんでした。金貸しの用心棒みたいな浪人に追いかけられたり、複数の女性と縁談をしたりと、悪い話ばかり。

 しかも、侍に追いかけられていた庄蔵とばったり出会った若だんなは、とばっちりを受けて捕らえられることに。

 若だんなは、このピンチをどう切り抜けるのか!?

2. 魅力的な新キャラクターが登場

 『ねこのばば』では、魅力的な新キャラクターが多数登場します。

 先ほど紹介した於りんもそのひとりですが、彼女の叔父の婚約者・お雛ちゃんも魅力的。

 お雛ちゃんは、誰もが驚くような厚化粧をしていましたが、頭がキレる人物でした。若だんなは彼女と少し話をしただけで、その聡明さに驚きます。

 他にも、がりがりに痩せ、あばらが浮き、顔も骸骨に皮を張り付けたようで、見ていると何故だか気分が暗くなる金次や、妖封じの力を持つ寛朝御坊など新キャラクターが多数登場。

 ぜひ彼らの魅力を味わってください。

3. 幼馴染の春ちゃんがついに結婚

 春ちゃんは若だんなのことが好きでしたが、若だんなは彼女を妹のようにしか思っていませんでした。

 しかし、いざ結婚するとなると――。

 若だんなの想いが痛いほどわかる物語です。

 最後に

 畠中恵さんの小説『ねこのばば』。魅力あるキャラクターに惹きつけられる時代小説です。

 気になった方は、ぜひ読んでみてください。

 関連記事

なぜ私たちはアナログな人間関係を求めるのか?/ビートたけし『アナログ』感想

(※『アナログ』表紙より)  メールやLINE、SNSでどれだけやりとりをしても、なぜだか寂しい…。そんなことありませんか。  それは私たちがアナログな世界で生きているからです。多くのものがデジタル化されるほど、私たちは …

森見登美彦『有頂天家族』感想/血の繋がりだけでは家族になれない

 「家族」を大切にしていますか?  私は大切にしているつもりですが、そもそも「家族」と一言でいっても捉え方は千差万別です。  血のつながった人たちの集まりを家族と言う人もいれば、一緒に暮らしている人を家族と呼ぶ人もいます …

人に嫌われない生き方も悪くないかもしれない/伊坂幸太郎『あるキング』感想

 天才野球少年に次々と無理難題が押し寄せてくる物語。それが伊坂幸太郎さんの小説『あるキング』です。  最後まで何を伝えたいのかよくわからない物語でしたが、なんとなく感じ取れたのは、人に嫌われない生き方も悪くないかもしれな …

シェイクスピア『リア王』は間違ったものを信じる恐ろしさを教えてくれる小説

 私たちは何かを信じて生きていますよね。  しかし、その信じているものが間違っているとしたら…。その結末は恐ろしいものになるかもしれません。  シェイクスピアの小説『リア王』を読めば、間違ったものを信じる恐ろしさに衝撃を …

森見登美彦『熱帯』感想/小説には魔法をかける力がある

 小説を読んでいますか?  私は社会人になってから小説を読むようになりましたが、今ではカバンの中に何冊も入れて持ち歩かないと不安になるほどハマっています。  では、なぜそれほどハマったのかというと、小説には魔法をかける力 …

和田竜『のぼうの城』感想/リーダーシップとはすべてを仕切ることではない

 リーダーシップを発揮していますか?  私はリーダーシップと聞くと、軍隊の指揮官が思い浮かぶので、従えている人たちに指示を出すイメージを持っていましたが、和田竜さんの小説『のぼうの城』を読んで、そのイメージが覆されました …

読書が好きじゃなくても本が読みたくなる小説―part2

(※『ビブリア古書堂の事件手帖 2 栞子さんと謎めく日常』表紙より)  読書していますか?  この前のエントリで『ビブリア古書堂の事件手帖―栞子さんと奇妙な客人たち』を紹介しましたが、今回はその続き『ビブリア古書堂の事件 …

有川浩『図書館内乱』/身近な人ほど人間関係は難しい

 人間関係って難しいですよね。  親子や兄弟、夫婦や親友など身近な人ほどお互いの意見を尊重する必要があります。そうしないと、すぐに破綻するからです。  それにも関わらず、身近な人ほど「こう考えているはずだ」と相手の気持ち …

終わりがある方が面白いのはなぜ?畠中恵『ちんぷんかん』感想

(※『ちんぷんかん』表紙より)  畠中恵さんの小説『ちんぷんかん』。  しゃばけシリーズ第6弾の本作は、兄・松之助の縁談が決まったり、幼馴染・栄吉の弟子入りが決まったりと、若だんなに様々な別れが訪れる物語です。  なかで …

読書が好きじゃなくても本が読みたくなる小説ーpart8

(※『ビブリア古書堂の事件手帖 ~扉子と不思議な客人たち~』表紙より)  読書していますか?  『ビブリア古書堂の事件手帖』シリーズ8冊目は栞子さんと大輔が結婚した後の世界が描かれている番外編。  これまで登場してきた人 …