webstation plus

(※『茄子の輝き』表紙より)


 滝口悠生さんの小説『茄子の輝き』。

 数年前に妻と離婚した男性があれこれ過去を振り返る物語です。読めば「妻を大切にしよう!」と思うこと間違いなし!?

 今回は『茄子の輝き』のあらすじとおすすめポイントを紹介します。

 『茄子の輝き』のあらすじ

 数年前に妻と離婚した一ノ瀬が妻との記憶をあれこれ思い返す短編集です。

 一ノ瀬は、10年前に妻と旅行にいった記憶を毎晩思い返していました。妻との記憶だけが彼の生きがいだったからです。

 しかし、職場で千絵ちゃんという女性と出会い、彼女に恋をします。とはいえ、「付き合いたい」という願望は抱いておらず、遠くから眺めて癒されるという淡い関係。

 そんな一之瀬が、千絵ちゃんのことを考えて癒されたり、彼女が仕事をやめるときに二人で居酒屋に行ったり、会社がつぶれた後、彼女のことを思い返したりする物語です。

 何気ない日常を描いた小説

 基本的にはこれといった出来事が何も起こらず、ゆるい感じで過去を振り返ったり、今が過ぎていく物語です。

 私はこういった日常系の物語は苦手なんですが、それでも最後まで読めたのは、どこかに面白みがあったからなんでしょうね。

 そういえば、本『英雄の書』に、

「才能というのは人には理解できないもの。共感できないもの。それでも憧れを抱いてしまうもの」

 と書かれていましたが、それと似たような感覚が味わえたのかもしれません。

 妻を大切にしようと思う物語

 とにかく、妻がいなくなったことを後悔というか悲しい気持ちで何度も振り返る一ノ瀬。

 千絵ちゃんや居酒屋で出会った女性と会話をしても、思いを馳せるのは元妻のこと。

 離婚というのはそれほど衝撃的な出来事なんでしょうね。そんな思いをするくらいなら、離婚なんてしなければいい、今よりも妻との関係が良くなるように行動しよう!?と思える物語です。

 最後に

 滝口悠生さんの小説『茄子の輝き』。読めば「妻を大切にしよう!」と思うこと間違いなし!?

 気になった方は、ぜひ読んでみてください。

 関連記事

盗人にもモラルがあった!?池波正太郎『鬼平犯科帳(1)』は正義と悪がごちゃ混ぜになった小説

(※『決定版 鬼平犯科帳(1)』表紙より)  池波正太郎さんの小説『鬼平犯科帳(1)』。  大きくみると鬼平が悪者を退治するという構成の物語ですが、盗人にもモラルがある者やそうでない者がおり、盗人同士でも闘いを繰り広げる …

平野啓一郎『ある男』感想/愛しているのは「今」なのか「過去」なのか

 私たちは誰かを愛しながら生きていますが、その愛はその人の今を見て生まれてきた感情なのでしょうか。  それとも、その人の過去を知っているからこそ生まれてきた感情なのでしょうか。  平野啓一郎さんの小説『ある男』を読んで、 …

額賀澪『ウズタマ』/子供にとっていちばん大切な人は誰?

 子供にとって一番大切な人は両親だと言われていますよね。しかし、その両親が子供とうまくコミュニケーションが取れてなかったとしたら…。子供にとって一番大切な人はあっという間に変わってしまうかもしれません。  もし、親という …

東野圭吾『ラプラスの魔女』感想/「存在意義がない人」などこの世に存在しない

 自分の視点で他人を評価していませんか?  たとえば、「あの人は役に立つ人だ」とか、「あの人には何を任せてもダメだ」なんて評価しがちですが…。実はこの世界には「存在意義がない人」なんて誰もいません。  そんな当たり前のこ …

有川浩『シアター!2』感想/悪意ある批判には作品を殺す力がある

 本を読んでいると、たまに自分の好みとあわない物語に出会うことがあります。  そんなとき、私は出来るだけ批判めいた内容を書かないように気をつけていますが、それでも相手を傷つけてしまうことがあるんですよね。  もちろん、悪 …

今村夏子『星の子』は新興宗教にハマった家族を描いた物語

 宗教は自分には関係のないものだと思っていませんか?  私はそう思っていましたが、今村夏子さんの小説『星の子』を読んで少し考えが変わりました。なぜなら、宗教は私たちの生活に密接に関わっていることに気づいたからです。  あ …

伊坂幸太郎『死神の浮力』/サイコパスと闘えるのはサイコパスだけ?

 サイコパスっていますよね。彼らは良心を持たないので、好き放題に振舞っています。  たとえば、多くの人を殺したにも関わらず少年法に守られて今も平然と暮らしている殺人鬼。彼は成人してからも被害者家族を侮辱するような本を出し …

読書が好きじゃなくても本が読みたくなる小説ーpart8

(※『ビブリア古書堂の事件手帖 ~扉子と不思議な客人たち~』表紙より)  読書していますか?  『ビブリア古書堂の事件手帖』シリーズ8冊目は栞子さんと大輔が結婚した後の世界が描かれている番外編。  これまで登場してきた人 …

畠中恵『ぬしさまへ』は若だんなの大人になりたい想いに感動する小説

(※『ぬしさまへ』表紙より)  畠中恵さんの小説『ぬしさまへ』。  『しゃばけ』シリーズ第2弾の本作は、病弱で両親や妖怪たちから甘やかされて育った若だんなが大人になりたいと強く願う物語です。読めば自分も頑張ろうと思えるこ …

これで最後!?東野圭吾『禁断の魔術』は科学よりも大切なものがあることを教えてくれる小説

(※『禁断の魔術』表紙より)  科学を何よりも信じていませんか。  私は信じていました。科学的な根拠があることが、何よりも正しいことだと考えていました。  しかし、東野圭吾さんの小説『禁断の魔術』を読んで少し考えが変わり …