離婚はイヤ!?滝口悠生『茄子の輝き』は妻を大切にしようと思える小説

おすすめ小説

(※『茄子の輝き』表紙より)

 滝口悠生さんの小説『茄子の輝き』。

 数年前に妻と離婚した男性があれこれ過去を振り返る物語です。読めば「妻を大切にしよう!」と思うこと間違いなし!?

 今回は『茄子の輝き』のあらすじとおすすめポイントを紹介します。




スポンサーリンク

 『茄子の輝き』のあらすじ

 数年前に妻と離婚した一ノ瀬が妻との記憶をあれこれ思い返す短編集です。

 一ノ瀬は、10年前に妻と旅行にいった記憶を毎晩思い返していました。妻との記憶だけが彼の生きがいだったからです。

 しかし、職場で千絵ちゃんという女性と出会い、彼女に恋をします。とはいえ、「付き合いたい」という願望は抱いておらず、遠くから眺めて癒されるという淡い関係。

 そんな一之瀬が、千絵ちゃんのことを考えて癒されたり、彼女が仕事をやめるときに二人で居酒屋に行ったり、会社がつぶれた後、彼女のことを思い返したりする物語です。

スポンサーリンク

 何気ない日常を描いた小説

 基本的にはこれといった出来事が何も起こらず、ゆるい感じで過去を振り返ったり、今が過ぎていく物語です。

 私はこういった日常系の物語は苦手なんですが、それでも最後まで読めたのは、どこかに面白みがあったからなんでしょうね。

 そういえば、本『英雄の書』に、

「才能というのは人には理解できないもの。共感できないもの。それでも憧れを抱いてしまうもの」

 と書かれていましたが、それと似たような感覚が味わえたのかもしれません。

スポンサーリンク

 妻を大切にしようと思う物語

 とにかく、妻がいなくなったことを後悔というか悲しい気持ちで何度も振り返る一ノ瀬。

 千絵ちゃんや居酒屋で出会った女性と会話をしても、思いを馳せるのは元妻のこと。

 離婚というのはそれほど衝撃的な出来事なんでしょうね。そんな思いをするくらいなら、離婚なんてしなければいい、今よりも妻との関係が良くなるように行動しよう!?と思える物語です。

 最後に

 滝口悠生さんの小説『茄子の輝き』。読めば「妻を大切にしよう!」と思うこと間違いなし!?

 気になった方は、ぜひ読んでみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました