webstation plus

(※『茄子の輝き』表紙より)


 滝口悠生さんの小説『茄子の輝き』。

 数年前に妻と離婚した男性があれこれ過去を振り返る物語です。読めば「妻を大切にしよう!」と思うこと間違いなし!?

 今回は『茄子の輝き』のあらすじとおすすめポイントを紹介します。

 『茄子の輝き』のあらすじ

 数年前に妻と離婚した一ノ瀬が妻との記憶をあれこれ思い返す短編集です。

 一ノ瀬は、10年前に妻と旅行にいった記憶を毎晩思い返していました。妻との記憶だけが彼の生きがいだったからです。

 しかし、職場で千絵ちゃんという女性と出会い、彼女に恋をします。とはいえ、「付き合いたい」という願望は抱いておらず、遠くから眺めて癒されるという淡い関係。

 そんな一之瀬が、千絵ちゃんのことを考えて癒されたり、彼女が仕事をやめるときに二人で居酒屋に行ったり、会社がつぶれた後、彼女のことを思い返したりする物語です。

 何気ない日常を描いた小説

 基本的にはこれといった出来事が何も起こらず、ゆるい感じで過去を振り返ったり、今が過ぎていく物語です。

 私はこういった日常系の物語は苦手なんですが、それでも最後まで読めたのは、どこかに面白みがあったからなんでしょうね。

 そういえば、本『英雄の書』に、

「才能というのは人には理解できないもの。共感できないもの。それでも憧れを抱いてしまうもの」

 と書かれていましたが、それと似たような感覚が味わえたのかもしれません。

 妻を大切にしようと思う物語

 とにかく、妻がいなくなったことを後悔というか悲しい気持ちで何度も振り返る一ノ瀬。

 千絵ちゃんや居酒屋で出会った女性と会話をしても、思いを馳せるのは元妻のこと。

 離婚というのはそれほど衝撃的な出来事なんでしょうね。そんな思いをするくらいなら、離婚なんてしなければいい、今よりも妻との関係が良くなるように行動しよう!?と思える物語です。

 最後に

 滝口悠生さんの小説『茄子の輝き』。読めば「妻を大切にしよう!」と思うこと間違いなし!?

 気になった方は、ぜひ読んでみてください。

 関連記事

『まく子』は思春期のモヤモヤした記憶を思い出せる小説

(※『まく子』表紙より)  西加奈子さんの小説『まく子』。  少し不思議なお話ですが、思春期の頃に感じていた「大人になりたくない!」という気持ちや、変化を受け入れる勇気がなくてモヤモヤしていた記憶が思い出せる小説です。最 …

病弱でも強くなれる!?畠中恵『しゃばけ』は妖怪が活躍するミステリー小説

(※『しゃばけ』表紙より)  10年ほど前に買った畠中恵さんの小説『しゃばけ』。  久しぶりに読みましたが、病弱なのに難題に立ち向かう若だんなの姿に感動しました。読めば自分も頑張ろうと思えること間違いなし!?  今回は『 …

東野圭吾『探偵ガリレオ』は科学的な視点で事件を解決するミステリー小説

(※『探偵ガリレオ』表紙より)  東野圭吾さんの小説『探偵ガリレオ』。  警視庁捜査一課の草薙俊平が、帝都大学理工学部の准教授・湯川学とともに科学的な視点で事件を解決していくミステリー小説です。読めば、湯川准教授に挑戦し …

人の話を鵜呑みにするな/伊坂幸太郎『夜の国のクーパー』感想

 戦争に敗れたとある国の物語。それが伊坂幸太郎さんの小説『夜の国のクーパー』です。  相変わらず謎の生物や個性的なキャラクターが登場しますが、視野を広く持たないと簡単に人に騙されることがわかる物語なんですよね。何度も驚か …

好きな本が好きなタイミングで読めるのは幸せなこと/有川浩『図書館戦争』感想

 読書していますか?  私は学生の頃は読書にまったく興味がなく、専門書ばかり読んでいましたが、今では読書が楽しくて仕方ありません。自由に読書ができるのってありがたいことなんですよね。  そんな当たり前のことに気づかせてく …

理不尽な目にあったときは流れに身を任せよう/伊坂幸太郎『グラスホッパー』感想

 ひどくてツライ、重くてしんどい。そんな状況に追い込まれたことありませんか? ・必死になって仕事をしても上司から怒られる ・家族から理不尽に責められる ・義理の両親からいろいろ口出しされる  などなど。  そんなとき、ど …

これで最後!?東野圭吾『禁断の魔術』は科学よりも大切なものがあることを教えてくれる小説

(※『禁断の魔術』表紙より)  科学を何よりも信じていませんか。  私は信じていました。科学的な根拠があることが、何よりも正しいことだと考えていました。  しかし、東野圭吾さんの小説『禁断の魔術』を読んで少し考えが変わり …

今すぐ近所の食堂に通いたくなる小説/山口恵以子『食堂のおばちゃん』感想

(※『食堂のおばちゃん』表紙より)  外食していますか?  私は美味しい食事を取るために外食してきましたが、『食堂のおばちゃん』を読んでお店の人とコミュニュケーションを取るために外食するのもありかなと思うようになりました …

好きなことを仕事にするのは本当に幸せなのか?東野圭吾『眠りの森』感想

(※『眠りの森』表紙より)  人生を捧げてもいいと思えるほどの「好きなこと」がありますか。  収入が減っても、プライベートな時間がなくなっても、結婚や恋愛が出来なくても、やりたいと思えること。  そんな何かを持っている人 …

パズルのピースをはめるような快感が味わえる小説/伊坂幸太郎『ラッシュライフ』感想

 パズルはお好きですか。  私は子どもの頃からパズルが大好きで、1000ピースとか2000ピースのパズルをよくしていました。しかし、最近は仕事が忙しくてなかなかできないんですよね。  ところが、まるでパズルのピースをはめ …