webstation plus

(※『茄子の輝き』表紙より)


 滝口悠生さんの小説『茄子の輝き』。

 数年前に妻と離婚した男性があれこれ過去を振り返る物語です。読めば「妻を大切にしよう!」と思うこと間違いなし!?

 今回は『茄子の輝き』のあらすじとおすすめポイントを紹介します。

 『茄子の輝き』のあらすじ

 数年前に妻と離婚した一ノ瀬が妻との記憶をあれこれ思い返す短編集です。

 一ノ瀬は、10年前に妻と旅行にいった記憶を毎晩思い返していました。妻との記憶だけが彼の生きがいだったからです。

 しかし、職場で千絵ちゃんという女性と出会い、彼女に恋をします。とはいえ、「付き合いたい」という願望は抱いておらず、遠くから眺めて癒されるという淡い関係。

 そんな一之瀬が、千絵ちゃんのことを考えて癒されたり、彼女が仕事をやめるときに二人で居酒屋に行ったり、会社がつぶれた後、彼女のことを思い返したりする物語です。

 何気ない日常を描いた小説

 基本的にはこれといった出来事が何も起こらず、ゆるい感じで過去を振り返ったり、今が過ぎていく物語です。

 私はこういった日常系の物語は苦手なんですが、それでも最後まで読めたのは、どこかに面白みがあったからなんでしょうね。

 そういえば、本『英雄の書』に、

「才能というのは人には理解できないもの。共感できないもの。それでも憧れを抱いてしまうもの」

 と書かれていましたが、それと似たような感覚が味わえたのかもしれません。

 妻を大切にしようと思う物語

 とにかく、妻がいなくなったことを後悔というか悲しい気持ちで何度も振り返る一ノ瀬。

 千絵ちゃんや居酒屋で出会った女性と会話をしても、思いを馳せるのは元妻のこと。

 離婚というのはそれほど衝撃的な出来事なんでしょうね。そんな思いをするくらいなら、離婚なんてしなければいい、今よりも妻との関係が良くなるように行動しよう!?と思える物語です。

 最後に

 滝口悠生さんの小説『茄子の輝き』。読めば「妻を大切にしよう!」と思うこと間違いなし!?

 気になった方は、ぜひ読んでみてください。

 こちらのエントリでも紹介しています。

 関連記事

毎日が勝負!?池井戸潤『ルーズヴェルト・ゲーム』は会社と野球部の逆転劇を描いた小説

(※『ルーズヴェルト・ゲーム』表紙より)  毎日、闘っていますか。  私は闘っていません。会社に行って「今」という時間をやり過ごしているように思います。目の前の仕事に追われて、流されている感じ。  しかし、池井戸潤さんの …

なぜ私たちはアナログな人間関係を求めるのか?/ビートたけし『アナログ』感想

(※『アナログ』表紙より)  メールやLINE、SNSでどれだけやりとりをしても、なぜだか寂しい…。そんなことありませんか。  それは私たちがアナログな世界で生きているからです。多くのものがデジタル化されるほど、私たちは …

これで最後!?東野圭吾『禁断の魔術』は科学よりも大切なものがあることを教えてくれる小説

(※『禁断の魔術』表紙より)  科学を何よりも信じていませんか。  私は信じていました。科学的な根拠があることが、何よりも正しいことだと考えていました。  しかし、東野圭吾さんの小説『禁断の魔術』を読んで少し考えが変わり …

『かがみの孤城』は人とのつながりを大切にしたくなる小説

(※『かがみの孤城』表紙より)  辻村深月さんの小説『かがみの孤城』。  見ず知らずの中学生7人が鏡の世界に入り込み、一年間ともに過ごす物語です。読めば、「人とのつながりを大切にしよう」と思うこと間違いなし!?  今回は …

なぜ一流の人たちは異業種の仕事でもすぐに成果を出せるのか?/東野圭吾『マスカレード・ナイト』感想

(※『マスカレード・ナイト』表紙より)  一流と呼ばれる人たちは、異業種の仕事でもすぐにできるようになりますよね。  たとえば、ホリエモン。ITという得意分野を活かしながら、食やエンタメ、ロケット事業などにも参入していま …

畠中恵『ぬしさまへ』は若だんなの大人になりたい想いに感動する小説

(※『ぬしさまへ』表紙より)  畠中恵さんの小説『ぬしさまへ』。  『しゃばけ』シリーズ第2弾の本作は、病弱で両親や妖怪たちから甘やかされて育った若だんなが大人になりたいと強く願う物語です。読めば自分も頑張ろうと思えるこ …

『土佐堀川』は自分の悩みがちっぽけに思える小説

(※『土佐堀川』表紙より)  古川智映子さんの小説『土佐堀川』。  NHK連続テレビ小説「あさが来た」の原作で、広岡浅子さんの生涯を描いた物語です。読めば自分の悩みがちっぽけに思えること間違いなし!?  今回は、『土佐堀 …

『子育てはもう卒業します』は自分らしく生きようと思える小説

(※『子育てはもう卒業します』表紙より)  垣谷美雨さんの小説『子育てはもう卒業します』。  3人の女性の青春時代から中年になるまでの人生を描いた小説です。読めば「子ども優先で生きるのはやめ、自分らしく生きよう」と思うこ …

忍者は残酷!?『忍びの国』は家庭環境の影響力に驚かされる小説

(※『忍びの国』表紙より)  和田竜さんの小説『忍びの国』。  織田信長の次男・信雄(のぶかつ)が伊賀忍者たちに煽られ、信長の忠告を無視して伊賀に攻め込む物語です。読めば家庭環境や育った環境の影響力に驚くこと間違いなし! …

こだわりを持って生きている?小川洋子『人質の朗読会』は不思議なのに心に残る小説

(※『人質の朗読会』表紙より)  小川洋子さんの小説『人質の朗読会』。  地球の裏側にある村で反政府ゲリラの人質になった8名は、暇つぶしに朗読を始めますが、いつの間にか自分の過去と向き合い、真剣に朗読しあうようになりまし …