webstation plus

(※『茄子の輝き』表紙より)


 滝口悠生さんの小説『茄子の輝き』。

 数年前に妻と離婚した男性があれこれ過去を振り返る小説です。読めば「もう少し妻を大切にしよう!」と思うこと間違いなし!?

 今回は『茄子の輝き』のあらすじと感想を紹介します。

 『茄子の輝き』のあらすじ

 数年前に妻と離婚した一ノ瀬が妻との記憶をあれこれ思い返す短編集です。

お茶の時間

 離婚後、塞ぎ込んでいた一ノ瀬が、職場で千絵ちゃんという女性と出会い、癒される話。お茶汲みの当番を巡ってあれこれ議論します。

わすれない顔

 10年前に妻と旅行した思い出を振り返る物語。オチで衝撃を受けること間違いなし!?

高田馬場の馬鹿

 千絵ちゃんと一緒に働いていた会社が潰れ、それを懐かしむ物語。会社のことは忘れても、千絵ちゃんのことは忘れない!?

茄子の輝き

 千絵ちゃんが仕事を辞めるときに、二人で居酒屋に行った話。

街々、女たち

 居酒屋で出会った見ず知らずの女性が家に泊まりにくる話。手を出すこともなく、何事もなく一晩が過ぎていきます。

今日の記念

 免許の更新会場で再会したのは、居酒屋で知り合った女性でした。彼女との恋が始まる!?

文化の日

 何年か前に訪れた食堂にまたやってきた話。

 何気ない日常を描いた小説

 あらすじを読んでもわかりますが、基本的にはこれといった出来事が何も起こらず、ゆるい感じで過去を振り返ったり、今が過ぎていく物語です。

 私はこういった日常系の物語は苦手なんですが、それでも最後まで読めたのは、どこかに面白みがあったからなんでしょうね。

 そういえば、本『英雄の書』に、

「才能というのは人には理解できないもの。共感できないもの。それでも憧れを抱いてしまうもの」

 と書かれていましたが、それと似たような感覚が味わえたのかもしれません。

 もう少し妻を大切にしようと思う物語

 とにかく、妻がいなくなったことを後悔というか悲しい気持ちで何度も思い返す一ノ瀬。

 千絵ちゃんや居酒屋で出会った女性と会話をしても、思いを馳せるのは元妻のこと。

 離婚というのはそれほど衝撃的な出来事なんでしょうね。そんな思いをするくらいなら、離婚なんかしなければいい、もう少し妻との関係が良くなるように行動しよう!?と思える物語です。

 最後に

 滝口悠生さんの小説『茄子の輝き』。読めば「もう少し妻を大切にしよう!」と思うこと間違いなし!?

 気になった方は、ぜひ読んでみてください。あわせてこちらもどうぞ。

 関連記事

他人の犠牲の上に幸せは築けない!?『容疑者xの献身』感想

(※『容疑者xの献身』表紙より)  東野圭吾さんの小説『容疑者xの献身』。  数学教師の石神が隣の部屋に住む女性を守るために、人生をかけて献身する物語です。読めば「他人の犠牲の上に幸せを築くことなんてできない」と思うこと …

『ふくわらい』は幼い頃に感情を失った女性を描いた小説

(※『ふくわらい』表紙より)  西加奈子さんの小説『ふくわらい』。  この前のエントリで紹介した『コンビニ人間』の主人公とよく似た女性――他人の感情や言動が理解できない女性が、他人との関わりを通じて感情を取り戻していく過 …

犯人は鉄壁!?『聖女の救済』は女性が隠し持つ強さに驚愕する小説

(※『聖女の救済』表紙より)  東野圭吾さんの小説『聖女の救済』。  子どもができないという理由で離婚を告げられた女性が完全犯罪を成し遂げようとする物語です。読めば女性の強さに驚かされること間違いなし!?  今回はガリレ …

人の心も科学!?『ガリレオの苦悩』は心に響く言葉が満載の小説

(※『ガリレオの苦悩』表紙より)  東野圭吾さんの小説『ガリレオの苦悩』。  今作から新たに加わった女性刑事・内海薫の登場により物語の幅が広がったミステリー小説です。読めば湯川准教授の言葉が心に響くこと間違いなし!?   …

『子育てはもう卒業します』は適当な親でいい!?と思える小説

(※『子育てはもう卒業します』表紙より)  垣谷美雨さんの小説『子育てはもう卒業します』。  3人の女性の青春時代から中年になるまでの人生を描いた小説です。読めば「子ども優先で生きるのはやめて、自分のために生きよう」と思 …

『アヒルと鴨のコインロッカー』は前を向いて歩こうと思える小説

(※『アヒルと鴨のコインロッカー』表紙より)  伊坂幸太郎さんの小説『アヒルと鴨のコインロッカー』。  現在とその2年前――本屋を襲撃しようと考える河崎と、その2年前にペット殺しに巻き込まれた琴美とドルジ、この二つの物語 …

『みかづき』は塾教育の歴史が楽しみながら学べる小説

(※『みかづき』表紙より)  森絵都さんの小説『みかづき』。  小学校の用務員として働く大島吾郎が、新たに塾を立ち上げようと考える赤坂千秋と出会い、塾講師として、経営者として奮闘する物語です。読めば塾教育の歴史が楽しみな …

『死神の精度』は暗くて重いテーマを明るく描いた小説

(※『死神の精度』表紙より)  伊坂幸太郎さんの小説『死神の精度』。  「死」をテーマにした物語なので暗くて重い雰囲気になると思っていましたが、読めば明るく楽しい気分になれること間違いなしの小説です。  今回は『死神の精 …

『忍びの国』は育った環境の影響力に驚かされる小説

(※『忍びの国』表紙より)  和田竜さんの小説『忍びの国』。  織田信長の次男・信雄(のぶかつ)と伊賀忍者たちの戦を描いた物語です。読めば育った環境の影響力に驚くこと間違いなし!?  今回は『忍びの国』のあらすじとおすす …

ちょっと切ない物語!?『氷菓』は高校が舞台の青春ミステリー小説

(※『氷菓』表紙より)  米澤穂信さんの小説『氷菓』。  高校に入学したばかりの4人が古典部に入部し、日常のちょっとした謎を解いていく青春ミステリー小説です。読めば、少し切ない気持ちになること間違いなし!?  今回は『氷 …