webstation plus

boy_02

 私たちは、「自分が信じてきたもの」の逆を示されると間違いなく抵抗する。しかし、今、何かに悩んだり、苦しんだりしているのなら、実はその「信じてきたもの」が間違っている可能性がある。「間違った考え方に洗脳されている」ともいえるだろう。誤解を怖れずにいえば、「間違った親の考え方」に洗脳されているのだ。

 では、なぜ私たちは大人になった今でも「親の考え方」に洗脳されているのだろうか。それは、ネガティブな感情というのが「思い出し…」だからだ。

 「心配」「不安」「腹が立つ」「悲しい」――そういったネガティブな感情は、親との関係で築かれたものであることが多い。だから私たちは、目の前にある課題を通して、「自分の人生でやり残してきた課題」、すなわち、「親との関係で解決しておくべきだった課題」に取り組みながら、本来の自分に戻っていくのである。つまり、目の前にある問題は、心の奥に潜む「本当の心の傷」に気づくチャンスだといえる。

 では、どうすれば心の奥底に潜む傷に気づけるのか。そして解決できるのか。ヒントをいくつか紹介していこう。

  1. 自分の価値観や常識で、他人や出来事を「正しいか間違いか」でジャッジしたときに問題はつくられる。

  2. 正しいか間違いかの判断基準となる価値観は、主に子どもの頃の家庭でできあがる。

  3. 目の前にある問題はダミー。その問題をつくり出した本当の問題は、子どもの頃につくられた考え方にある。

  4. 今までの人生で、自分の価値観によって切り捨ててきたもの、タブー視してきたものが、目の前に人や出来事として現れたときに、人は嫌悪感を感じ、それが「問題」となる。

  5. タブーを受け入れること。つまり「自分はダメで、弱くて、汚い人間なんだ」と認めることで「目の前」の問題は消えていく。

  6. タブー視してきたものを受け入れるために一番簡単な方法が、嫌悪感を感じていることを思い切って自分がしてみること。「してもいい」と声に出して言ってみること。

  7. さまざまな価値観や経験が重なった結果、「自分はこういう人間だ」という「セルフイメージ」ができあがる。そのセルフイメージが、「どうせわたしは」などと低い場合に、「やっぱり」とよくない出来事(証拠)を引き起こして、「やっぱり自分はそうなんだ」と確信を強める。

  8. 「どうせ自分はこういう人間なんだ」という勘違いは、主に幼い頃に家族との間でつくられる。

  9. 勘違いの正体は「自分は愛されていない」「自分は欠けている人間である」という不足感。そしてそれをもとに、愛されるため、認められるため、見捨てられないために頑張る。一方で、それが人間の生きていく原動力となる。

  10. 今までの人生で、両親がいいと言ったものはいいものとし、ダメだと言ったものは悪として、否定し、拒絶し、抑圧し、自分の中の「ルール」がつくられていく。

  11. こうして出来上がった「ルール」が、自分らしさ、自由、才能を封印していく。

  12. 自分の中の「ルール」と「愛されていない」という思いがつながって「拗ね」が生じ、人生がゆがんでいく。人を信用できなくなったり、自分を信用できなくなって「受け取りべた」になる。

  13. 「愛されてない」という思いを強く握りしめたまま、幼い頃の自分が、まだ心の中で膝を抱えて泣いている。怒りや悲しみをまだ握りしめている。

  14. 幼い頃の自分が言えなかった悲しみや怒りを解放することで、今の自分が救われる。

  15. 幼い頃の自分が言えなかった悲しみや苦しみを、今、自分の周りにいる人に八つ当たりという形でぶつけている。

  16. 幼い頃自分が言えなかった悲しみや苦しみを声に出して言ってみることで、心が解放されることが多い。

  17. 幼い頃の自分が言えなかった悲しみや苦しみによって、強く何かを否定したり禁止したりした場合、そのことに縛られて、自分を見張りながら生きていくことになる。

  18. 幼い頃から引きずっている悲しみや怒りを知るには、自分の周りの人たちのセリフや言動を見てみる。周りの人たちが言うことは、じつは自分の心の中の叫びである。

  19. 両親を反面教師にすることで、結果としてなぜか両親のような生き方をする人が多い。

  20. 母親を「かわいそう」「助けたい」「喜ばせたい」という思いが、自分の弱さやマイナス面を封印して、しっかりさせようとする。そして逆にそのことで、封印した弱さを見せる人たちが自分の周りに現れて、自分の罪悪感を刺激して問題となる。

  21. 「困っている人」がカウンセリングの対象である。子どもの言動に困っている親がいるとしたら、親がカウンセリングの対象。夫の浮気で困っているとしたら、カウンセリングの対象は、夫ではなく妻、ということ。

  22. 「あの人が問題」と言っている人が問題。「問題だ」と言っている人に問題がある。

  23. 小さな問題ほど根は深く、大きな問題のほうが根は浅い。

  24. 言っていることと、していることがバラバラの場合は、していることが本音。

  25. すべての問題の根っこには、恐怖と勘違いがある。「自分は愛されていない」という勘違いや、「あの人には悪意がある」という勘違い。

  26. 自分に自信のある人は怒らない。

  27. 怒っている人や悲しんでいる人は、本当は何かをわかってほしかっただけ。悲しかったこと、さびしかったこと、悔しかったこと、褒めてほしかったこと、怖かったこと。それをわかってあげるだけで問題は消えていく。

  28. 自分の好きなことをしていないから、何かを我慢しているから不平不満が出る。

  29. 「わたしが幸せにしたい」「わたしがなんとかしたい」という「わたしが」の思いが、周囲に「不幸な人」や「できない人」をつくる。

  30. 何かがつらいというときは、何かを我慢しているとき。

  31. 人は、目の前の問題を”つかって”自分の人生の課題、心の傷を修復する。

  32. 自分が正しいと思っているときには、まわりも同じように「自分が正しい」と思っている、つまり「謝らない人」が集まる。

  33. 答えは自分が最も「見たくない」「したくない」と嫌っているところにある。一番手放したくないものを手放すと問題は終わるし、結果として、一番欲しかったものが手に入る。

  34. 今まで否定・禁止・抑圧してきた「タブー」を、「してもいい」「しなくてもいい」と声に出して言ってみると、「許可」に変わる。タブーがなくなると、さらに世界観が変わって、問題が消える。

 どうだろうか。問題解決の糸口が見えてきただろうか。

 ここまで紹介してきたことは、簡単にいえば「今までいいと思ってきたこと」「今まで正しいと思ってきたこと」をすべて180度ひっくり返すということ。すなわち、親の考えを卒業し、自分の考えをもつということである。

 とはいえ、親と違う考えをもつなんて、そんなことはできない――と悩む人もいるだろう。そんな人には次の言葉を伝えたい。「自分の人生を生きることが、一番の親孝行」。

 私たちの人生は、自分自身でしか責任を取れない。だからこそ、自分の考えをもって、自分らしく生きていこう。

 関連記事

結婚運がない人がやってしまいがちな3つの勘違い

 先日、知り合いのおじさんから、こんな話を聞きました。  「最近、娘が結婚したんやけど、ほとんど旦那の言うことに従ってるみたいやねん。自分の意見と旦那の意見が一致しないときもあるやろ?そのときは、旦那の意見を自分の意見と …

自分のために「怒らない人」になろう/『怒らない技術』

 ある日、船を下りて波止場を歩いていた松下幸之助氏は、いきなり大男にぶつかられて海に落ちてしまった。このとき一緒にいた秘書が、「社長、大丈夫ですか。私が文句を言ってきますよ」といったところ、幸之助氏は「ああ、夏でよかった …

説得力を高める3つの要素/『ツカむ!話術』

 なぜ、アメリカ人は「自己主張」がうまくできるのだろう。自分の発言に説得力をもたせ、相手に聞く耳をもってもらえる。人の心を惹きつけ、動かしていける――。なぜ、そんな話術を身につけているのだろうか。  結論からいえば、子ど …

「人は騙せても自分は騙せない」というのは嘘/『限りなく黒に近いグレーな心理術』

 「恐怖管理理論」をご存知だろうか。人は恐怖や不安を感じると、無意識に安心できて楽しいものを求めてしまう――という心理学の理論である。たとえば、中学生が殺害されたニュースを見たあとに、高級車や高級腕時計のCMをみると、多 …

「悩まなくてもいいこと」に悩んでいない?/『悩まない技術』

 「やりたいことが見つからない」「一生懸命頑張っているのにまわりから認めてもらえない」「わかっているのに同じ失敗を繰り返してしまう」――もし、こういった悩みを抱えているようなら、「前提条件」を疑ったほうがいいだろう。「悩 …

愛とは互いに見つめ合うことではない/夫婦円満の秘訣

 愛とは相手に変わることを要求せず、相手をありのままに受け入れることだ。 (ディエゴ・ファブリ)  とはいえ、私たちはパートナーに変わることを求めてしまう。「なぜ、そんなキツイことを言うの?」「なぜ、こんなことをするの? …

「自分に自信がない人」が自信を持つために今すぐやるべきこと

 それは、服装やメイクを変えることだ。  アメリカの心理学者フィリップ・ジンバルドの実験によると、「服装」が人格にまで影響を及ぼすことがわかった。彼は新聞で公募した24名を無作為に「囚人役」と「看守役」にわけ、囚人役には …