webstation plus

(※『僕のヒーローアカデミア 1』表紙より)


 週間少年ジャンプで連載中の漫画『僕のヒーローアカデミア』。

 誰もが個性を持って生まれてくる時代に、無個性で生まれてきた主人公・緑屋出久(みどりや いずく)がヒーローを目指す物語です。読めばヒーローに求められる条件の厳しさに驚くこと間違いなし!?

 今回は『僕のヒーローアカデミア』のあらすじとおすすめポイントを紹介します。

 『僕のヒーローアカデミア』のあらすじ

 人口の約8割が「火を吐く」「モノを引き寄せる」「空を飛ぶ」といった個性を持って生まれてくる時代。

 そんな時代にまったくの無個性で生まれてきた主人公・緑谷出久がヒーローを目指す物語です。

 出久は、No1ヒーロであるオールマイトに憧れていました。しかし、オールマイトは彼に厳しい現実を突きつけます。

「ヒーローは無個性でなれるほど甘いものじゃない」

 もちろん、出久もわかっていましたが、諦めきれなかったのです。

 そんなとき、敵に襲われている同級生を助けようと、思わず飛び出したことがキッカケで、出久の人生は変わります。オールマイトから個性を受け継ぐチャンスを得たのです。

 ここから出久の挑戦が始まります。

 個性がないとヒーローになれない!?

 「あらすじ」でも紹介したように、ヒーローは無個性でなれるほど甘い職業ではありませんでした。

 現実問題、力がなければ敵と戦うことができません。それはヒーローになっても同じです。

 同級生の爆豪が襲われたときも、多くのヒーローが側にいましたが、敵との相性が悪く、誰も助けに向かうことができませんでした。

 そんななか、唯一助けに飛び出したのが出久。なんの個性もない彼が飛び出したことで、オールマイトの心が動きます。

 こうしてオールマイトから個性を譲り受けた出久は、ようやくヒーローになるチャンスを手に入れました。ヒーローを育てる学校――雄英高校に入学することが出来たのです。

 才能がなければ、ヒーローになるチャンスさえありません。努力だけでは足りない厳しい現実が学べます。

 個性だけではヒーローになれない!?

 とはいえ、個性だけで活躍できるほど、ヒーローは甘い職業ではありませんでした。

 出久は譲り受けた個性を使うだけで身体が傷つきます。個性に耐えられるだけの身体が出来ていなかったからです。そこで、人の何倍も努力することに。

 No1ヒーローであるオールマイトも、度重なる手術と後遺症で憔悴していました。1日の活動時間は3時間程度。それでも、傷ついた身体を隠して敵に立ち向かっていきます。

 活躍している人を見ると「才能があって羨ましい!?」と思いがちですが、陰では血の滲むような努力をしているのですね。自分も頑張ろうと思える物語です。

 信念がなければ敵とは戦えない!?

 ヒーローになるには、才能があって、努力して…と大変ですが、さらに信念も求められます。なぜなら、信念なき戦いは暴力と同じだからです。

 もちろん、それは敵にとっても同じ。彼らには彼らなりの信念がありました。

 たとえば、ヒーロー殺しの異名をもつスティン。彼は「英雄回帰」という信念を掲げてヒーロを殺していきます。

 ヒーローは活躍度合いに応じて国からお金をもらっていました。なかには、自分の私利私欲のためにヒーローとして活動している人物も。

 スティンはそんなヒーロー気取りの拝金主義者たちが、許せなかったんですね。だから、偽物のヒーローを次々と静粛していきます。

 その結果、スティンがあらわれた町は軒並み犯罪率が低下するというデータが示されるまでに。

 もちろん、ヒーローたちは、この信念を超える正義を示さなくてはいけません。信念なき戦いでは、誰も納得できないからです。

 このように、善であれ悪であれ、行動を起こすには、なんらかの信念が求められます。正義の味方も大変ですよね。

 最後に

 週間少年ジャンプで連載中の漫画『僕のヒーローアカデミア』。読めばヒーローに求められる条件の厳しさに驚くこと間違いなし!?

 気になった方は、ぜひ読んでみてください。

 こちらのエントリでも紹介しています。

 関連記事

『約束のネバーランド6-11巻』/強大な敵とはどう闘う?

 圧倒的に強い敵と闘うにはどうすればいいのでしょうか。  『約束のネバーランド6-11巻』では、GFハウスから逃げ出したエマたちが圧倒的に強い鬼たちと闘います。  とはいえ、まともに闘えば勝ち目はありません。どうやって闘 …

東村アキコ『かくかくしかじか 全5巻』はクズな私たちにどう生きるべきか教えてくれる漫画

 やりたいことがあるのに、先延ばしにして目先の快楽を追い求めていませんか。  もちろん、そんな人生も悪くないのかもしれませんが、漫画『かくかくしかじか』を読めば、死ぬ直前までやりたいことがある人生の方がよほど幸せなんじゃ …

『双亡亭壊すべし』は怖い物語が苦手でも読みたくなるホラー漫画

(※『双亡亭壊すべし 1』表紙より)  週刊少年サンデーで連載中の漫画『双亡亭壊すべし』。  子どもの頃に夏の風物詩である怪談話を夢中になって聞いていた記憶が蘇ってくる物語です。怖いものが苦手な人にもおすすめ!?  今回 …

闇はすぐ側にある!?『闇金ウシジマくん』は裏社会を描いた漫画

(※『闇金ウシジマくん 1』表紙より)  「裏社会なんて自分には関係ない!」と思っていませんか。  私はそう思っていました。まったく異世界の話なんだと。  しかし、『闇金ウシジマくん』を読んで考えが変わりました。裏社会は …

天才対決が面白い!?『デスノート』は悪vs悪を描いた漫画

(※『デスノート(1)』表紙より)  週刊少年ジャンプで連載されていた漫画『デスノート』。  映画化やアニメ化もされているのでご存知の方も多いのではないでしょうか。  私はこれまで何度かこの漫画を読んできましたが、久しぶ …

『ばくばく!バクチごはん』はギャンブル場の激旨グルメ紹介漫画

(※『ばくばく!バクチごはん(1)』表紙より)  つい先日までイブニングで連載されていた漫画『ばくばく!バクチごはん』。  競馬・競輪・競艇・オートレースなどの実在するギャンブル場を舞台に、新人アイドルが激旨グルメを食べ …

プロサッカー選手はズバ抜けて頭が良い!?漫画『アオアシ1-11巻』感想

 他とは一味違うサッカー漫画『アオアシ』。努力、友情、勝利以上にロジックの大切さが描かれています。サッカー選手って運動神経だけでなく、頭が良くないとなれないんですね。知らなかった…。  プロになるには自分の才能 …

なぜ強くなりたい?『リクドウ』はボクシングに存在価値を求める殺人少年を描いた漫画

(※『リクドウ』表紙より)  週間ヤングジャンプで連載中の漫画『リクドウ』。  父親に虐待され、母親と付き合っていた暴力団に殺されかけた主人公のリクが、その暴力団を殺してボクサーになる物語です。  読めば、命がけで自分の …

『オリオリスープ』は心温まるグルメ漫画

(※『オリオリスープ(1)』表紙より)  月刊「モーニング・ツー」とWebコミックサイト「モアイ」で並行連載されていた漫画『オリオリスープ』。  本の装丁などを扱うデザイナー・原田織ヱ(はらだ おりえ)が仕事とスープ作り …

面白くて泣ける漫画『ONE PIECE』のおすすめエピソードまとめ

 国内の累計発行部数が3億5000万部を突破している漫画『ONE PIECE』。これほど人気で、しかも面白い漫画は他にありません。  今回はそんな『ONE PIECE』からおすすめの泣けるエピソードを厳選して紹介します。 …