ヒーローに必要な条件とは?『僕のヒーローアカデミア』感想

おすすめ漫画

(※『僕のヒーローアカデミア 1』表紙より)

 週間少年ジャンプで連載中の漫画『僕のヒーローアカデミア』。

 誰もが個性を持って生まれてくる時代に、無個性で生まれてきた主人公・緑屋出久(みどりや いずく)がヒーローを目指す物語です。読めばヒーローに求められる条件の厳しさに驚くこと間違いなし!?

 今回は『僕のヒーローアカデミア』のあらすじとおすすめポイントを紹介します。




スポンサーリンク

 『僕のヒーローアカデミア』のあらすじ

 人口の約8割が「火を吐く」「モノを引き寄せる」「空を飛ぶ」といった個性を持って生まれてくる時代。

 そんな時代にまったくの無個性で生まれてきた主人公・緑谷出久がヒーローを目指す物語です。

 出久は、No1ヒーロであるオールマイトに憧れていました。しかし、オールマイトは彼に厳しい現実を突きつけます。

「ヒーローは無個性でなれるほど甘いものじゃない」

 もちろん、出久もわかっていましたが、諦めきれなかったのです。

 そんなとき、敵に襲われている同級生を助けようと、思わず飛び出したことがキッカケで、出久の人生は変わります。オールマイトから個性を受け継ぐチャンスを得たのです。

 ここから出久の挑戦が始まります。

スポンサーリンク

 個性がないとヒーローになれない!?

 「あらすじ」でも紹介したように、ヒーローは無個性でなれるほど甘い職業ではありませんでした。

 現実問題、力がなければ敵と戦うことができません。それはヒーローになっても同じです。

 同級生の爆豪が襲われたときも、多くのヒーローが側にいましたが、敵との相性が悪く、誰も助けに向かうことができませんでした。

 そんななか、唯一助けに飛び出したのが出久。なんの個性もない彼が飛び出したことで、オールマイトの心が動きます。

 こうしてオールマイトから個性を譲り受けた出久は、ようやくヒーローになるチャンスを手に入れました。ヒーローを育てる学校――雄英高校に入学することが出来たのです。

 才能がなければ、ヒーローになるチャンスさえありません。努力だけでは足りない厳しい現実が学べます。

スポンサーリンク

 個性だけではヒーローになれない!?

 とはいえ、個性だけで活躍できるほど、ヒーローは甘い職業ではありませんでした。

 出久は譲り受けた個性を使うだけで身体が傷つきます。個性に耐えられるだけの身体が出来ていなかったからです。そこで、人の何倍も努力することに。

 No1ヒーローであるオールマイトも、度重なる手術と後遺症で憔悴していました。1日の活動時間は3時間程度。それでも、傷ついた身体を隠して敵に立ち向かっていきます。

 活躍している人を見ると「才能があって羨ましい!?」と思いがちですが、陰では血の滲むような努力をしているのですね。自分も頑張ろうと思える物語です。

 信念がなければ敵とは戦えない!?

 ヒーローになるには、才能があって、努力して…と大変ですが、さらに信念も求められます。なぜなら、信念なき戦いは暴力と同じだからです。

 もちろん、それは敵にとっても同じ。彼らには彼らなりの信念がありました。

 たとえば、ヒーロー殺しの異名をもつスティン。彼は「英雄回帰」という信念を掲げてヒーロを殺していきます。

 ヒーローは活躍度合いに応じて国からお金をもらっていました。なかには、自分の私利私欲のためにヒーローとして活動している人物も。

 スティンはそんなヒーロー気取りの拝金主義者たちが、許せなかったんですね。だから、偽物のヒーローを次々と静粛していきます。

 その結果、スティンがあらわれた町は軒並み犯罪率が低下するというデータが示されるまでに。

 もちろん、ヒーローたちは、この信念を超える正義を示さなくてはいけません。信念なき戦いでは、誰も納得できないからです。

 このように、善であれ悪であれ、行動を起こすには、なんらかの信念が求められます。正義の味方も大変ですよね。

 最後に

 週間少年ジャンプで連載中の漫画『僕のヒーローアカデミア』。読めばヒーローに求められる条件の厳しさに驚くこと間違いなし!?

 気になった方は、ぜひ読んでみてください。

 こちらのエントリでも紹介しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました