webstation plus

morning_01

 私たちは本当に多くのことを考えている。「お昼ご飯は何を食べようか」「仕事が終わってから何をしようか」など、いつも何かを考えている。しかし、そのおよそ8割がネガティブな内容であることが、研究結果によって明らかになった。もちろん、ネガティブ思考をしてもいいことなどない。それにもかかわらず、なぜ私たちの脳はネガティブ思考に陥りやすいのだろうか。

 その理由は、脳の進化の過程をたどっていくと見えてくる。私たちの祖先は、常に危険と隣り合わせで狩猟や採集を行ってきた。野性動物のようにしなやかな肉体、強靭な牙を持たない人間が生き残るには、集団で生活する必要があった。集団形成こそが生存を大きく左右したのである。ゆえに、いかに優秀な集団をつくれるか、いかに集団に受け入れてもらえるかを考えて行動してきたのだ。

 集団に受け入れてもらうには、他人の評価に対して敏感になり、気配りをしなければならない。さらに、自分がやりたいことよりも周りと同調することを優先したり、独自の考えではなく、集団の意見を大切にする必要がある。こうした思考を身につけることが、生き残るためには必要だった。

 こうしたプロセスを経て、太古の昔から私たち人間の脳は進化してきた。そのため、私たちの脳はネガティブ・シンキングを強く記憶にとどめるようになったのである。

 もちろん、現在でも集団で暮らす点は昔と変わらない。しかし、昔ほど集団を意識しなくても生き残れるようになった。自分らしく生きられるようになった。そこで、ポジティブシンキングの出番となるわけだ。

 脳をポジティブにする最初の一歩は「自分探索」だ。純粋に「うれしい・楽しいと思うことは何か」を自分に問いかけるのである。どんな小さなことでも、些細なことでもいい。とにかく脳がポジティブになることを見つけ出そう。

 脳がポジティブになることを見つけだせれば、あとはそれを朝に実践するようにしていく。なぜなら、「朝目が覚めてからの3時間」が脳が最も効率よく、活発に働く時間だからだ。ビジネスで成功している人、幸せな人生を送っている人たちの多くが朝時間をうまく活用しているのもそのため。脳の状態が最高に良い時間帯にポジティブな行動をとることで、仕事も人生も劇的に変わっていくのである。

 さて、私たちは、どうしても朝よりも夜に「やりたいこと」をやってしまいがちだ。しかし、それではネガティブ思考からは抜け出せない。朝起きてすぐに脳をポジティブな状態にするからこそ、ネガティブなことがあっても乗り越えていけるのだ。

 だから、脳のためにも朝早く起きるようにしていこう。そして、仕事を始める前に自分がポジティブになる行動を起こしていこう。散歩でも、ゲームでも、ハンドメイドでも、プログラミングでも、ブログを書くのでもいい。とにかく、脳が活性化する時間帯にポジティブシンキングをする習慣をつけるのだ。そうすれば、脳はネガティブ思考をやめるだろう。

 関連記事

老後貧乏にならないために、楽しみながら節約する方法

 老後に備えて貯蓄していますか?  「老後なんてまだまだ先の話だよ!」と考え、今を優雅に暮らしている人も多いと思いますが、一般的に老後に必要なお金は「3000万円程度」だと言われています。それだけのお金を貯めることができ …

あなたはどちらのタイプ?「賢明な人」or「単純な人」

 世の中には、「賢明な人」と「単純な人」の2種類が存在する――と、大阪大学社会経済研究所の大竹文雄教授は言います。  ここでいう「賢明な人」とは、目標を掲げ、その目標をやり切ると周りに宣言し、コミットする人のこと。もしく …

「あなたの決断」は10秒前に決まっている/未来を変える思考法

 私たちは一日に「六万種類のこと」を考えている。「今日のお昼ご飯は何を食べようか」という身近なことから、「どうすればテロをなくせるのか」という難しい問題まで。  しかし、ある研究によると「私たちの思考の約95%が昨日と同 …

「痩せられない」&「時間がない」人にオススメの処方箋

 「痩せたいのに痩せられない」「忙しすぎて自分の時間がまったくもてない」という悩みを抱えていませんか?しかし、これらを改善しようと思っても、なかなか思うようにはいきませんよね。それは、私たちの想定外のところに原因があるか …

仕事も趣味も楽しむ!?50歳からの人生を幸せに生きるためのチェックリスト

 100歳まで生きられる時代になりました。  ベストセラー『LIFE SHIFT』によると、今20歳の人は100歳以上、40歳の人は95歳以上、60歳の人は90歳以上まで生きられるそうです。  つまり、60歳から65歳で …

「幸せな人」は知っていて「不幸な人」が知らないこと

 「幸せになりたい!」と願っても、なかなか幸せにはなれませんよね。そんなとき、 ・お金持ちになりたい ・いい仕事をして成果を上げたい ・友人や家族に恵まれたい  など、今すぐ実現したいことが山ほど浮かんできます。一方で、 …

失敗が成功を生み出す!?脳を進化させる3つの掟

 仕事や人間関係、スポーツなどで失敗したとき、あれこれ思い悩んでいませんか。  もし、そうだとしたら、損をしているかもしれません。失敗はオシッコをするのと同じくらい当然の出来事だからです。  今回は、本『英雄の書』を参考 …

努力が報われないのには理由があった!報われる努力、報われない努力

「努力が報われると思う人はダメですね」  とは、明石家さんまさんの言葉ですが、この言葉には、見返りを期待して、楽しくもないのに苦痛を伴う努力を重ね、恨みをため込むくらいなら努力なんてしない方がいい…という意味が込められて …

不幸な境遇でも幸せに生きる方法

(※『雨の日も、晴れ男』表紙より)  「私はなんて不幸なんだ!」と嘆いていませんか?  そんな方にオススメの本が水野敬也さんの『雨の日も、晴れ男』。次々と襲いかかってくる不幸にもめげず、明るく前向きに生きる主人公に共感で …

「考える力」は3つに分解できる!?考える力の鍛え方

 「考える力を鍛えたい」と思っても、何から手をつければいいのかわかりませんよね。  そんなときは、まず分解してみましょう。「考える力」をより小さい力に分解すると、今よりもずっと手を出しやすくなりますよ。  「考 …