webstation plus

morning_01

 ネガティブ思考に陥っていませんか?

 この前のエントリでも紹介しましたが、私たちは非常に多くのことを考え、決断を下しています。しかし、その約8割がネガティブな内容だという研究結果があるくらい脳は心配性なんですよね。

 では、なぜネガティブ思考に陥りやすいのでしょうか。実は、脳の進化の過程をたどると、見えてくるものがあります。

 「ネガティブ思考」は生き残るための戦略だった

 私たちの祖先は、いつも危険と隣り合わせで生きてきました。ライオンなどの凶暴な動物にいつ襲われるかわからない環境で狩猟や採集をしてきました。

 とはいえ、何も対抗措置をとらなかったわけではありません。集団を作って対抗することにしたのです。

 一人ではライオンと戦えなくても、集団なら戦えそうですよね。だからこそ、私たちの祖先は、いかに優秀な集団をつくるか、また個人としては、いかに集団に受け入れてもらえるかを意識して行動してきました。

 集団に受けれてもらうには、他人の評価に敏感になったり、気配りをしなければいけません。さらに、自分のやりたいことよりも周りと同調することを優先したり、独自の考えよりも集団の意見を大切にする必要があります。

 こうしたプロセスを経て、太古の昔から私たち人間の脳は進化してきたので、ネガティブ思考に陥りやすくなったのです。必要以上にまわりを意識するのもそのためです。

 もちろん、今でも集団で暮らしていることに変わりはありませんが、昔ほど集団を意識しなくても生きられますよね。一人になったからといって死ぬ確率が高くなるわけでもありません。

 そこで、ポジティブ思考の登場です。

 ポジティブ思考の第一歩は「自分探索」

 「自分探索」と聞くと、旅に出るイメージがあるかもしれませんが、ここでいう「自分探索」とは、自分の感情に向き合うことです。

 たとえば、利害関係や実現性などを考えずに、純粋に以下の質問に答えてみます。

「うれしい、楽しいと思うことは?」
「自分が大切にしていることは?」
「自分の強みはどこにありそう?」

 具体的なイメージができれば、それだけで楽しい感情が湧き上がってきますよね。好きなこと、楽しいことに目を向けると、人は誰でもポジティブになれます。

 つまり、過去のポジティブな経験を思い出して、脳を前向きな感情でリセットするんですよね。そして、イメージしたことを少しでも行動に移してポジティブな経験を積んでいきます。

 これが習慣化できれば、ネガティブ思考は断ち切れます。

 ちなみに、ネガティブ思考を断ち切るのは「朝」が効果的です。毎朝、くりかえし実践すれば、脳は確実に変化します。

 なぜ、朝に行動したほうが良いかというと…。

 「目覚めから3時間」が脳のゴールデンタイム

 朝、目が覚めてからの3時間が脳にとってのゴールデンタイムだからです。

 その時間帯は、脳の働きが最も活発になることが研究結果でも明らかになっています。実際に、「ビジネスで成功を収めている人」や「幸せな人生を送っている人」の多くが、この時間帯をうまく活用しています。

 ベストセラー作家である村上春樹さんが朝型人間なのも有名な話ですよね。

 また、朝にネガティブ思考を断ち切ることができれば、その日一日の行動が大きく変わります。

 人間の脳というのは、「失敗するかもしれない」「自分にはできるわけがない」といった消極的な思考に陥ると、途端に発想や行動にブレーキを掛けてしまう「悪いクセ」があるからです。

 だからこそ、ネガティブ思考は朝に断ち切る必要があるんですよね。

 もちろん、ワクワクするような夢や目標をイメージしてポジティブな気持ちになれたとしても、実際に行動を起こしてポジティブな経験を積んだとしても、すぐにネガティブ思考に戻るかもしれません。

 しかし、毎日続ければ、脳は確実に変わります。この積み重ねがネガティブ思考を断ち切ってくれます。

 というわけで、まずは小さなことからでも始めてみませんか?

 関連記事

不幸な境遇でも幸せに生きる方法

(※『雨の日も、晴れ男』表紙より)  「私はなんて不幸なんだ!」と嘆いていませんか?  そんな方にオススメの本が水野敬也さんの『雨の日も、晴れ男』。次々と襲いかかってくる不幸にもめげず、明るく前向きに生きる主人公に共感で …

勉強のやる気がでないのは「努力が足りない」からではなく「仕組みがない」から

 この前のエントリで、今後、エンジニアとして活躍したいのなら自律するしかないと書きました。  では、どうすれば自律できるのでしょうか。もちろん、勉強して考える力をつけるしかありませんよね。新しい技術や世の中の流れを理解し …

「人を騙すことはできても自分は騙せない」は嘘!?ありのままの自分を受け入れる方法

 ありのままの自分を受け入れていますか?  「もちろん受け入れている!」と答える人も多いでしょう。しかし、実は多くの人が実力以上に自分を評価したり、正当化したり、誤魔化したりして、自分を騙しています。  なぜ、自分を騙す …

仕事ができない人ができる人になる方法/無駄な仕事は「やったフリ」で乗り切ろう!?

 仕事の成果を出していますか?  実は、多くの人は毎日忙しそうに仕事をしていますが、ほとんど成果が出ていません。まわりからも頑張りを認められているのに、非難されているわけでもないのに、成果を出せていないんですよね。  そ …

学校教育に馴染んではダメ!?自己革新を起こす3つのステップ

 東芝やNECなど、日本の大企業が軒並みダメになっていますよね。  2004年にスティーブ・ジョブズからApple日本法人代表取締役を託された前刀禎明さんは、その原因を「日本人一人ひとりがセルフ・イノベーション(自己革新 …

「片付けられない人」にオススメの3つの習慣

 どれだけ忙しくても、きちんとしている人いますよね。  普段からキリッとした服装をして、行動もテキパキ。家の中もキレイに片付いていてスタイリッシュ。そんな人になりたいと思いませんか?  「無意識の美意識」さえ押さえてしま …

メンタルが強い人なら誰もが知っている3つの事実

 百田尚樹さんのメンタルってすごいですよね。  思ったことをすぐ口にする性格だからでしょうが、すごい頻度でマスコミに叩かれたり、SNSで炎上したりしています。それにも関わらず、まったくへこたれていません。  もちろん、百 …

怒らないコツは3つの原則を知ること/人生100年時代を楽しく生きる方法

 ちょっとしたことで怒っていませんか?  私はどちらかというと気が短い性格なので、すぐに怒ってしまいます。しかし、必要以上に腹を立てると、かなり損をしているんですよね。  なぜかというと…。  偉人と呼ばれる人 …

なぜお金があっても幸せになれないの?/『金持ちゾウさん、貧乏ゾウさん』感想

(※『金持ちゾウさん、貧乏ゾウさん』表紙より)  お金があると幸せになれると思っていませんか。  私はそう思っていました。しかし、ある統計によると、すべての人が「年収があと20%増えたら生活が豊かになる」と答えたそうです …

他人に勝つことよりも自分に負けないことが大切な理由

(※『道誉なり』表紙より)  私たちが住む世界には、権力やお金、名誉などをかけた闘いが星の数ほどあります。  身近なところで言えば、会社での出世争いや住んでいる場所での格付け争い、あるいはSNS上での知名度争いなどがそう …