webstation plus

morning_01

 私たちは本当に多くのことを考えている。「お昼ご飯は何を食べようか」「仕事が終わってから何をしようか」など、いつも何かを考えている。しかし、そのおよそ8割がネガティブな内容であることが、研究結果によって明らかになった。もちろん、ネガティブ思考をしてもいいことなどない。それにもかかわらず、なぜ私たちの脳はネガティブ思考に陥りやすいのだろうか。

 その理由は、脳の進化の過程をたどっていくと見えてくる。私たちの祖先は、常に危険と隣り合わせで狩猟や採集を行ってきた。野性動物のようにしなやかな肉体、強靭な牙を持たない人間が生き残るには、集団で生活する必要があった。集団形成こそが生存を大きく左右したのである。ゆえに、いかに優秀な集団をつくれるか、いかに集団に受け入れてもらえるかを考えて行動してきたのだ。

 集団に受け入れてもらうには、他人の評価に対して敏感になり、気配りをしなければならない。さらに、自分がやりたいことよりも周りと同調することを優先したり、独自の考えではなく、集団の意見を大切にする必要がある。こうした思考を身につけることが、生き残るためには必要だった。

 こうしたプロセスを経て、太古の昔から私たち人間の脳は進化してきた。そのため、私たちの脳はネガティブ・シンキングを強く記憶にとどめるようになったのである。

 もちろん、現在でも集団で暮らす点は昔と変わらない。しかし、昔ほど集団を意識しなくても生き残れるようになった。自分らしく生きられるようになった。そこで、ポジティブシンキングの出番となるわけだ。

 脳をポジティブにする最初の一歩は「自分探索」だ。純粋に「うれしい・楽しいと思うことは何か」を自分に問いかけるのである。どんな小さなことでも、些細なことでもいい。とにかく脳がポジティブになることを見つけ出そう。

 脳がポジティブになることを見つけだせれば、あとはそれを朝に実践するようにしていく。なぜなら、「朝目が覚めてからの3時間」が脳が最も効率よく、活発に働く時間だからだ。ビジネスで成功している人、幸せな人生を送っている人たちの多くが朝時間をうまく活用しているのもそのため。脳の状態が最高に良い時間帯にポジティブな行動をとることで、仕事も人生も劇的に変わっていくのである。

 さて、私たちは、どうしても朝よりも夜に「やりたいこと」をやってしまいがちだ。しかし、それではネガティブ思考からは抜け出せない。朝起きてすぐに脳をポジティブな状態にするからこそ、ネガティブなことがあっても乗り越えていけるのだ。

 だから、脳のためにも朝早く起きるようにしていこう。そして、仕事を始める前に自分がポジティブになる行動を起こしていこう。散歩でも、ゲームでも、ハンドメイドでも、プログラミングでも、ブログを書くのでもいい。とにかく、脳が活性化する時間帯にポジティブシンキングをする習慣をつけるのだ。そうすれば、脳はネガティブ思考をやめるだろう。

 関連記事

自分のアタマで答えを導き出す3つの方法/『0ベース思考』

 私たちは「自分の能力」を過大に評価してしまう傾向がある。たとえば、「あなたは運転がうまいですか?」という質問に対して、多くの人が「人並み以上にうまい」と答えている。どうやら私たちは「他人よりも優れている」と思い込んで生 …

人間らしく生きている?『漫画 君たちはどう生きるか』はこれからの人生について考えたくなる漫画

(※『漫画 君たちはどう生きるか』表紙より)  人間らしく生きていますか?  私は人間らしく生きていると思っていましたが、『漫画 君たちはどう生きるか』を読んで反省しました。ダサい生き方をしていることに気づいたからです。 …

自分らしく生きるために必要な力/『直感力』

 私たちは「お昼ご飯」から「結婚相手」にいたるまで、さまざまなことを自由に選択することができる。しかし、「お昼ご飯」でも「結婚相手」でも、すべての選択肢を検討することなどできない。そんなことをしていては、どれだけ時間があ …

「家賃と同じだから」ではダメ/失敗しないマイホームの選び方

 「家が欲しい」と思っても、何から手をつけていいのかわからない。家を買ったら将来が不安定になってしまいそう。そんなふうに思っていませんか。  私はそう思っていました。家賃と同じくらいの返済額にすれば「家を買っても大丈夫」 …

「子供のままでいること」をオシャレだと思っていませんか?

 クール・ジャパンという言葉が3年ほど前から使われるようになり、日本独自の文化を世界中に発信しようという流れが広がっています。なかでも「KAWAii文化」が世界中から注目されていますよね。  その代表と言われているのが、 …

「運が良い人たち」は見向きもせず、「運が悪い人たち」が共通して求めているものとは?

 私たちは、誰一人として同じ脳を持っていません。  両親の遺伝子の掛け合わせによって生じる存在としての個性があり、さらに、人生最初の三年間に与えられた環境によって、脳の神経回路に偏りが生じるからです。  ここでいう脳の神 …

「幸せな人」は知っていて「不幸な人」が知らないこと

 「幸せになりたい!」と願っても、なかなか幸せにはなれませんよね。そんなとき、 ・お金持ちになりたい ・いい仕事をして成果を上げたい ・友人や家族に恵まれたい  など、今すぐ実現したいことが山ほど浮かんできます。一方で、 …

仕事も趣味も楽しむ!?50歳からの人生を幸せに生きるためのチェックリスト

 100歳まで生きられる時代になりました。  ベストセラー『LIFE SHIFT』によると、今20歳の人は100歳以上、40歳の人は95歳以上、60歳の人は90歳以上まで生きられるそうです。  つまり、60歳から65歳で …

天才アーティストに共通する「表現力」とは

 レオナルド・ダ・ヴィンチであれ、ココ・シャネルであれ、スティーブ・ジョブズであれ、天才と呼ばれるアーティストには、ある共通点がある。それは、「シンプル(=単純)に表現する」ということだ。  たとえば、シャネル。彼女は帽 …

なぜ、億万長者はピンチになっても諦めないのか

 「失敗の多くは、成功するまでにあきらめてしまうところに、原因があるように思われる。最後の最後まで、あきらめてはいけないのである」とは、松下幸之助さんの言葉だが、過去のエントリでも紹介したように、私たちはすぐに自分の才能 …