webstation plus

morning_01

 ネガティブ思考に陥っていませんか?

 この前のエントリでも紹介しましたが、私たちは非常に多くのことを考え、決断を下しています。しかし、その約8割がネガティブな内容だという研究結果があるくらい脳は心配性なんですよね。

 では、なぜネガティブ思考に陥りやすいのでしょうか。実は、脳の進化の過程をたどると、見えてくるものがあります。

 「ネガティブ思考」は生き残るための戦略だった

 私たちの祖先は、いつも危険と隣り合わせで生きてきました。ライオンなどの凶暴な動物にいつ襲われるかわからない環境で狩猟や採集をしてきました。

 とはいえ、何も対抗措置をとらなかったわけではありません。集団を作って対抗することにしたのです。

 一人ではライオンと戦えなくても、集団なら戦えそうですよね。だからこそ、私たちの祖先は、いかに優秀な集団をつくるか、また個人としては、いかに集団に受け入れてもらえるかを意識して行動してきました。

 集団に受けれてもらうには、他人の評価に敏感になったり、気配りをしなければいけません。さらに、自分のやりたいことよりも周りと同調することを優先したり、独自の考えよりも集団の意見を大切にする必要があります。

 こうしたプロセスを経て、太古の昔から私たち人間の脳は進化してきたので、ネガティブ思考に陥りやすくなったのです。必要以上にまわりを意識するのもそのためです。

 もちろん、今でも集団で暮らしていることに変わりはありませんが、昔ほど集団を意識しなくても生きられますよね。一人になったからといって死ぬ確率が高くなるわけでもありません。

 そこで、ポジティブ思考の登場です。

 ポジティブ思考の第一歩は「自分探索」

 「自分探索」と聞くと、旅に出るイメージがあるかもしれませんが、ここでいう「自分探索」とは、自分の感情に向き合うことです。

 たとえば、利害関係や実現性などを考えずに、純粋に以下の質問に答えてみます。

「うれしい、楽しいと思うことは?」
「自分が大切にしていることは?」
「自分の強みはどこにありそう?」

 具体的なイメージができれば、それだけで楽しい感情が湧き上がってきますよね。好きなこと、楽しいことに目を向けると、人は誰でもポジティブになれます。

 つまり、過去のポジティブな経験を思い出して、脳を前向きな感情でリセットするんですよね。そして、イメージしたことを少しでも行動に移してポジティブな経験を積んでいきます。

 これが習慣化できれば、ネガティブ思考は断ち切れます。

 ちなみに、ネガティブ思考を断ち切るのは「朝」が効果的です。毎朝、くりかえし実践すれば、脳は確実に変化します。

 なぜ、朝に行動したほうが良いかというと…。

 「目覚めから3時間」が脳のゴールデンタイム

 朝、目が覚めてからの3時間が脳にとってのゴールデンタイムだからです。

 その時間帯は、脳の働きが最も活発になることが研究結果でも明らかになっています。実際に、「ビジネスで成功を収めている人」や「幸せな人生を送っている人」の多くが、この時間帯をうまく活用しています。

 ベストセラー作家である村上春樹さんが朝型人間なのも有名な話ですよね。

 また、朝にネガティブ思考を断ち切ることができれば、その日一日の行動が大きく変わります。

 人間の脳というのは、「失敗するかもしれない」「自分にはできるわけがない」といった消極的な思考に陥ると、途端に発想や行動にブレーキを掛けてしまう「悪いクセ」があるからです。

 だからこそ、ネガティブ思考は朝に断ち切る必要があるんですよね。

 もちろん、ワクワクするような夢や目標をイメージしてポジティブな気持ちになれたとしても、実際に行動を起こしてポジティブな経験を積んだとしても、すぐにネガティブ思考に戻るかもしれません。

 しかし、毎日続ければ、脳は確実に変わります。この積み重ねがネガティブ思考を断ち切ってくれます。

 というわけで、まずは小さなことからでも始めてみませんか?

 関連記事

なぜ、速読に挑戦してもほとんどの人が失敗してしまうのか?

 あなたの時間は限られている。だから他人の人生を生きたりして無駄に過ごしてはいけない。  とは、スティーブ・ジョブズの言葉ですが、この言葉どおり私たちの人生には限りがあります。そこで、本を読む必要に迫られている人たちや多 …

「家賃と同じだから」ではダメ/失敗しないマイホームの選び方

 「家が欲しい」と思っても、何から手をつけていいのかわからない。家を買ったら将来が不安定になってしまいそう。そんなふうに思っていませんか。  私はそう思っていました。家賃と同じくらいの返済額にすれば「家を買っても大丈夫」 …

なぜ、エンターテイメントのための読書に価値がないのか

 この前のエントリで「読書は多読よりも一行でも線を引いて実践した人の勝ち」という趣旨の内容を書いたところ、エンターテイメントのための読書ではダメなのか?とコメントをいただきました。  このコメントに回答するには、エンター …

不幸な境遇でも幸せに生きる方法

(※『雨の日も、晴れ男』表紙より)  「私はなんて不幸なんだ!」と嘆いていませんか?  そんな方にオススメの本が水野敬也さんの『雨の日も、晴れ男』。次々と襲いかかってくる不幸にもめげず、明るく前向きに生きる主人公に共感で …

お金を稼いで幸せになる方法

(※『億男』表紙より)  お金があれば幸せになれると思っていませんか。  しかし、どれだけお金があっても幸せになれるとは限りません。家庭が崩壊してしまった億万長者や牢屋に入ることになった成金たちのニュースを見ていると、ま …

失敗図鑑を読めばわかる!?失敗から成功を生み出せる人の特徴

 「失敗を恐れずに挑戦しよう!」ってよく言われますよね。  しかし、どれだけ失敗を繰り返しても成功にたどり着けない人がいます。反対に、どん底に落ちるような失敗をしても這い上がってくる人がいます。  この差は一体なんでしょ …

老後貧乏にならないために、楽しみながら節約する方法

 老後に備えて貯蓄していますか?  「老後なんてまだまだ先の話だよ!」と考え、今を優雅に暮らしている人も多いと思いますが、一般的に老後に必要なお金は「3000万円程度」だと言われています。それだけのお金を貯めることができ …

仕事ができない人ができる人になる方法/無駄な仕事は「やったフリ」で乗り切ろう!?

 仕事の成果を出していますか?  実は、多くの人は毎日忙しそうに仕事をしていますが、ほとんど成果が出ていません。まわりからも頑張りを認められているのに、非難されているわけでもないのに、成果を出せていないんですよね。  そ …

生き残るために必要なのは「変化」/新時代に活躍できる人の5つの条件

 日本の大企業が苦しんでいますよね。  たとえば東芝。2015年9月に不正会計問題が表面化し、2248億円の水増しをしていたことを発表しましたが、その他にも、7件の水増しをしていたことが判明しました。  では、なぜ東芝を …

仕事も趣味も楽しむ!?50歳からの人生を幸せに生きるためのチェックリスト

 100歳まで生きられる時代になりました。  ベストセラー『LIFE SHIFT』によると、今20歳の人は100歳以上、40歳の人は95歳以上、60歳の人は90歳以上まで生きられるそうです。  つまり、60歳から65歳で …