webstation plus

morning_01

 私たちは本当に多くのことを考えている。「お昼ご飯は何を食べようか」「仕事が終わってから何をしようか」など、いつも何かを考えている。しかし、そのおよそ8割がネガティブな内容であることが、研究結果によって明らかになった。もちろん、ネガティブ思考をしてもいいことなどない。それにもかかわらず、なぜ私たちの脳はネガティブ思考に陥りやすいのだろうか。

 その理由は、脳の進化の過程をたどっていくと見えてくる。私たちの祖先は、常に危険と隣り合わせで狩猟や採集を行ってきた。野性動物のようにしなやかな肉体、強靭な牙を持たない人間が生き残るには、集団で生活する必要があった。集団形成こそが生存を大きく左右したのである。ゆえに、いかに優秀な集団をつくれるか、いかに集団に受け入れてもらえるかを考えて行動してきたのだ。

 集団に受け入れてもらうには、他人の評価に対して敏感になり、気配りをしなければならない。さらに、自分がやりたいことよりも周りと同調することを優先したり、独自の考えではなく、集団の意見を大切にする必要がある。こうした思考を身につけることが、生き残るためには必要だった。

 こうしたプロセスを経て、太古の昔から私たち人間の脳は進化してきた。そのため、私たちの脳はネガティブ・シンキングを強く記憶にとどめるようになったのである。

 もちろん、現在でも集団で暮らす点は昔と変わらない。しかし、昔ほど集団を意識しなくても生き残れるようになった。自分らしく生きられるようになった。そこで、ポジティブシンキングの出番となるわけだ。

 脳をポジティブにする最初の一歩は「自分探索」だ。純粋に「うれしい・楽しいと思うことは何か」を自分に問いかけるのである。どんな小さなことでも、些細なことでもいい。とにかく脳がポジティブになることを見つけ出そう。

 脳がポジティブになることを見つけだせれば、あとはそれを朝に実践するようにしていく。なぜなら、「朝目が覚めてからの3時間」が脳が最も効率よく、活発に働く時間だからだ。ビジネスで成功している人、幸せな人生を送っている人たちの多くが朝時間をうまく活用しているのもそのため。脳の状態が最高に良い時間帯にポジティブな行動をとることで、仕事も人生も劇的に変わっていくのである。

 さて、私たちは、どうしても朝よりも夜に「やりたいこと」をやってしまいがちだ。しかし、それではネガティブ思考からは抜け出せない。朝起きてすぐに脳をポジティブな状態にするからこそ、ネガティブなことがあっても乗り越えていけるのだ。

 だから、脳のためにも朝早く起きるようにしていこう。そして、仕事を始める前に自分がポジティブになる行動を起こしていこう。散歩でも、ゲームでも、ハンドメイドでも、プログラミングでも、ブログを書くのでもいい。とにかく、脳が活性化する時間帯にポジティブシンキングをする習慣をつけるのだ。そうすれば、脳はネガティブ思考をやめるだろう。

 関連記事

なぜ、億万長者はピンチになっても諦めないのか

 「失敗の多くは、成功するまでにあきらめてしまうところに、原因があるように思われる。最後の最後まで、あきらめてはいけないのである」とは、松下幸之助さんの言葉だが、過去のエントリでも紹介したように、私たちはすぐに自分の才能 …

天才アーティストに共通する「表現力」とは

 レオナルド・ダ・ヴィンチであれ、ココ・シャネルであれ、スティーブ・ジョブズであれ、天才と呼ばれるアーティストには、ある共通点がある。それは、「シンプル(=単純)に表現する」ということだ。  たとえば、シャネル。彼女は帽 …

「運が良い人たち」は見向きもせず、「運が悪い人たち」が共通して求めているものとは?

 私たちは、誰一人として同じ脳を持っていません。  両親の遺伝子の掛け合わせによって生じる存在としての個性があり、さらに、人生最初の三年間に与えられた環境によって、脳の神経回路に偏りが生じるからです。  ここでいう脳の神 …

なかなか疲れが取れないのはなぜ?/今すぐできる疲れの取り方

 しっかり寝たのに、まったく疲れがとれない…。なぜ? 「年をとったから?」 「体力がなくなったから?」 「サプリメントを飲んでいないから?」  答えはどれも「NO!」です。結論からいえば、血のめぐりが悪くなっているからな …

「欲しいものが手に入らない!」と嘆く前に知っておきたい3つのこと

 欲しいものがなかなか手に入らない。そんな悩みを抱えていませんか?  お金、家、クルマ、人気、承認、役職、名誉、健康、愛情などなど。どれだけ望んでも手に入らないものってありますよね。  この原因を突き詰めて考えていくと、 …

毎日の腕立て伏せ1回が習慣を変える!?新しい習慣の身につけ方

 新しい目標を立てても、すぐに挫折していませんか。  そんなとき、根性がない、努力が足りない、精神力が弱すぎる…などなど、自分を責めてしまいがちですが、やり方が間違っているだけだとしたら。  今回は、本『小さな習慣』を参 …

脳科学者がつきとめた「運が良くなる」3つの方法

 仕事でも、お金でも、恋愛でも、「運のいい人」っていますよね。それほど頑張っているわけでもないのに、結果を出しているわけでもないのに、出世したり、お金持ちだったり、異性にモテたり…と、遠くから眺めているだけで羨ましくなる …

「早起き」に挫折した人がとるべきたった一つの行動

 「早起きした方がいいですよ!」と主張している本には、大抵「夕方以降にカフェインを取ってはいけません。寝つきが悪くなるからね」と書かれています。しかし、私は寝る直前にコーヒーを飲んでも、一瞬で深い眠りにつけるんですよね。 …

あなたはどちらのタイプ?「賢明な人」or「単純な人」

 世の中には、「賢明な人」と「単純な人」の2種類が存在する――と、大阪大学社会経済研究所の大竹文雄教授は言います。  ここでいう「賢明な人」とは、目標を掲げ、その目標をやり切ると周りに宣言し、コミットする人のこと。もしく …

「考える力」は3つに分類できる!?考える力の鍛え方

 仕事や家事・育児、趣味にいたるまで、何をするにしても考える力は必要ですよね。考える力がなければ、問題に直面したとき、立ち向かうことができないからです。  では、どうすれば「考える力」は鍛えられるのでしょうか。  今回は …