webstation plus

 『魔王』から50年後の世界を描いた小説『モダンタイムス』。前作とはガラリと変わって、そのストーリーに惹き込まれ、最後まで一気に読みました。残酷なのに面白い小説です。

 誰もが運命に流されている

 物語の主人公はシステムエンジニアの渡辺拓海。彼はとても恐ろしい妻がいるのに浮気をしました。

 その結果、妻が雇った暴力業の男に指を切られかけるのですが、渡辺にとっては、これが初めての経験ではありませんでした。以前にも、妻に浮気を疑われ、恐ろしい目にあっています。

 それにも関わらず、なぜ彼は浮気をしたのでしょうか。それは、浮気相手との出会いが運命的だったからです。ダメだとわかっているのに、流されてしまったんですよね。

 世の中にも流れがある

 個人にも流れがあるように、世の中にも大きな流れがあります。

 たとえば、学校教育。昔は「詰め込み教育」と言われるほど、とにかく勉強することを推奨されていましたが、それではダメだと「ゆとり教育」が生まれました。

 ところが、それからしばらくすると、「ゆとり教育」はダメだと言われ、今ではもっと勉強しなさいと叫ばれていますよね。

 このように世の中は右や左にゆらゆらしながら進んでいます。

 流れに乗った人間がリーダーシップを発揮する

 では、それぞれの時代の教育者はどうだったのでしょうか。

 「もっと勉強しなさい!」「詰め込んで勉強しても意味がない!」「もっと勉強しなさい!」なんて時代にあった主張をしている人がほとんど。同じ人が主張を変えていることもよくあります。

 まるで国の方針に迎合するかのように叫んでいますが、そうやって時代の流れに乗った人だけがもてはやされるんですよね。

 大きく考えれば、ヒトラーやムッソリーニもそうなのかもしれません。流れにのって独裁者という立場を築きました。

 今回の物語では永島丈がそう。彼はある事件をキッカケに英雄として崇められるようになりましたが、その事件をネットで検索すると、なぜか恐ろしい目にあうことに。その理由は…。

 正義は権力者によって作り変えられる

 真実が明らかになるのを恐れている人物がいたからです。彼はあるシステムを使って真実を暴こうとする人たちを次々と殺していきました。

 つまり、正義は権力者によってどうにでも作り変えられるということ。

 第二次世界大戦中の日本でも、天皇や戦争を批判する人たちが次々と牢屋に放り込まれました。天皇陛下バンザイ、戦争バンザイと叫ばなければ極悪人に仕立てあげられたのです。

 しかも、そうして捕まった無実の人たちを警察は痛めつけたんですよね。仕事だから当然だと言わんばかりに。

 そんな悪事を働いているのに仕事だからと言い訳をしている奴らに対して渡辺の妻は…。

 悪いことをしても痛みを感じない奴は許さない

 と、徹底的に戦います。私もそんな強い存在でありたいって思える物語なんですよね。

 大きな流れには逆らえなくても、目の前にある小さな流れくらいは変えていきたい、そうして世界を少しでも良くしていきたい…そんな気持ちになれる小説です。

 伊坂幸太郎さんの小説『モダンタイムス』。おすすめです。

 関連記事

今の生き方でどれくらい生きるつもり?/伊坂幸太郎『終末のフール』感想

 伊坂幸太郎さんの小説には死をテーマにした物語がいくつかあります。中でも私が好きな小説が『死神の精度』と『終末のフール』。  実はこの二つ。死に対するアプローチが違っているんですよね。どこが違うかと言うと…。 &nbsp …

殺人にも意味を求めるのが人間らしさ/伊坂幸太郎『死神の精度』感想

 「生きている理由なんてもとからないんだ」と決めつけている死神と、生きる意味を追い求める人間たち。その対比を通して人間らしさとは何かを描いた小説が伊坂幸太郎さんの『死神の精度』です。  人はどんなことにでも意味を求めます …

春ちゃんが結婚!?畠中恵『ねこのばば』は魅力あるキャラクターが多数登場する時代小説

(※『ねこのばば』表紙より)  畠中恵さんの小説『ねこのばば』。  しゃばけシリーズ第3弾の本作は、魅力あるキャラクターが多数登場する時代小説です。ついに若だんなの幼馴染・春ちゃんが結婚する!?  今回は『ねこのばば』の …

『のぼうの城』はリーダーシップとは何かを教えてくれる小説

(※『のぼうの城 上』表紙より)  和田竜さんの小説『のぼうの城』。  約二万の大軍を率いる石田三成と五百の軍勢を率いる成田長親(なりた ながちか)の戦を描いた物語です。読めば「リーダーシップとはこういうことだったのか! …

仕事に人生をかけてる?塩田武士『騙し絵の牙』は大泉洋をあてがきした小説

(※『騙し絵の牙』表紙より)  仕事に人生をかけてますか?  私はかけていません。仕事の悩みは星の数ほどありますが、どれも「叱られたくない!」というネガティブな感情からスタートしています。  「成し遂げたいことがある」な …

家族のことを大切に思ってる?/伊坂幸太郎『AX アックス』感想

 家族のことを大切に思っていますか。  私は誰よりも家族を大切にしていると自負していましたが、伊坂幸太郎さんの小説『AX アックス』を読んで少し考えが変わりました。家族思いの殺し屋に衝撃を受けたからです。  殺し屋なのに …

誰とでも対等に付き合ってる?/伊坂幸太郎『チルドレン』感想

 誰とでも対等に付き合っていますか?  私は対等に付き合っていると思っていましたが、伊坂幸太郎さんの小説『チルドレン』を読んで反省しました。自分より能力が劣っていると思っている人たちに対して、上から目線で接していることに …

深緑野分『ベルリンは晴れているか』/戦争で得する人なんていない

 戦争の物語を読むのはツライですよね。  もちろん、今回紹介する小説『ベルリンは晴れているか』も残酷なシーンが多く、読むのがツラくなりますが、読み終わってみるとツラさよりも「戦争って誰が得するんだろう」という思いが強くな …

有川浩『別冊図書館戦争1』感想/図書館はそれほど安全な場所じゃない

 図書館と聞くと安全なイメージがありますよね。  しかし、図書館は誰でも利用できるので、それほど安全な場所ではありません。むしろ、安心している分だけ余計に危険かもしれないんですよね。  有川浩さんの小説『別冊図書館戦争1 …

正反対な二人だからこそ面白い!?/東野圭吾『マスカレード・ホテル』

(※『マスカレード・ホテル』表紙より)  自分とは正反対の人って嫌ですよね。  几帳面な人が片付けが出来ない人にイライラするように、頭の回転が速い人が遅い人をバカだと思うように、自己中心的な人が優しい人を優柔不断と決めつ …