webstation plus

 『魔王』から50年後の世界を描いた小説『モダンタイムス』。前作とはガラリと変わって、そのストーリーに惹きつけられ、最後まで一気に読みました。残酷なのに面白い小説です。

 誰もが運命に流される

 物語の主人公はシステムエンジニアの渡辺拓海。彼はとても恐ろしい妻がいるのに浮気をしました。

 その結果、妻が雇った暴力業の男に指を切られかけるのですが、渡辺にとっては、これが初めての経験ではありません。以前にも、妻に浮気を疑われ、恐ろしい目にあっています。

 それにも関わらず、なぜ彼は浮気をしたのでしょうか。それは、浮気相手との出会いが運命的だったからです。ダメだとわかっているのに、流されてしまったんですよね。

 世の中にも流れがある

 個人にも流れがあるように、世の中にも大きな流れがあります。

 たとえば、学校教育。昔は「詰め込み教育」と言われるほど、とにかく勉強することを推奨されていましたが、それではダメだと「ゆとり教育」が生まれました。

 ところが、それからしばらくすると、「ゆとり教育」はダメだと言われはじめ、今ではもっと勉強しなさいと叫ばれていますよね。

 このように世の中は右や左にゆらゆらしながら進んでいます。

 流れに乗った人間がリーダーシップを発揮する

 では、それぞれの時代の教育者はどうだったのでしょうか。

 「もっと勉強しなさい!」「詰め込んで勉強しても意味がない!」「もっと勉強しなさい!」なんて時代にあった主張をしている人がほとんど。同じ人が主張を変えていることもよくあります。

 まるで国の方針に迎合するかのように叫んでいますが、そうやって時代の流れに乗った人だけがもてはやされるんですよね。

 大きく考えれば、ヒトラーもムッソリーニもそうかもしれません。流れにのって独裁者という立場を築きました。

 今回の物語では永島丈がそう。彼はある事件をキッカケに英雄として崇められるようになりましたが、その事件をネットで検索すると、なぜか恐ろしい目にあいます。その理由は…。

 事実は権力者によって作り変えられる

 真実が明らかになるのを恐れている人物がいたからです。彼はあるシステムを使って真実を暴こうとする人たちを次々と攻撃していきました。

 つまり、事実は権力者によってどうにでも作り変えられるということ。

 第二次世界大戦中の日本も、天皇や戦争を批判する人たちが次々と牢屋に放り込まれました。天皇陛下バンザイ、戦争バンザイと叫ばなければ極悪人に仕立てあげられたのです。

 しかも、そうして捕まった無実の人たちを警察は痛めつけたんですよね。仕事だから当然だと言わんばかりに。

 そんな仕事だからと言い訳をして悪事を働く奴らに対して渡辺の妻は…。

 悪いことをしても痛みを感じない奴は許さない

 と、徹底的に戦います。私もそんな強い存在でありたいって思える物語なんですよね。

 大きな流れには逆らえなくても、目の前にある小さな流れくらいは変えていきたい――そんな前向きな気持ちになれる小説でした。

 伊坂幸太郎さんの小説『モダンタイムス』。おすすめです。

 関連記事

人に嫌われない生き方も悪くないかもしれない/伊坂幸太郎『あるキング』感想

 天才野球少年に次々と無理難題が押し寄せてくる物語。それが伊坂幸太郎さんの小説『あるキング』。  最後まで何を伝えたいのかよくわからない物語でしたが、なんとなく感じ取れたのは、人に嫌われない生き方も悪くないかもしれないっ …

病弱でも強くなれる!?畠中恵『しゃばけ』は妖怪が活躍するミステリー小説

(※『しゃばけ』表紙より)  10年ほど前に買った畠中恵さんの小説『しゃばけ』。  久しぶりに読みましたが、病弱なのに難題に立ち向かう若だんなの姿に感動しました。読めば自分も頑張ろうと思えること間違いなし!?  今回は『 …

畠中恵『ぬしさまへ』は若だんなの大人になりたい想いに感動する小説

(※『ぬしさまへ』表紙より)  畠中恵さんの小説『ぬしさまへ』。  『しゃばけ』シリーズ第2弾の本作は、病弱で両親や妖怪たちから甘やかされて育った若だんなが大人になりたいと強く願う物語です。読めば自分も頑張ろうと思えるこ …

『みかづき』は塾教育の歴史が楽しみながら学べる小説

(※『みかづき』表紙より)  森絵都さんの小説『みかづき』。  小学校の用務員として働く大島吾郎が、新たに塾を立ち上げようと考える赤坂千秋と出会い、塾講師として、経営者として奮闘する物語です。読めば塾教育の歴史が楽しみな …

心揺さぶられる物語!?浅田次郎『おもかげ』は定年退職を迎えたサラリーマンが人生を振り返る小説

(※『おもかげ』表紙より)  浅田次郎さんの小説『おもかげ』。  定年を迎えたサラリーマン・竹脇正一が、送別会の帰りに倒れ、病院内で不思議な体験を繰り返す物語です。  読めば、彼の生き様や家族の温かさに心揺さぶられること …

東野圭吾『探偵ガリレオ』は科学的な視点で事件を解決するミステリー小説

(※『探偵ガリレオ』表紙より)  東野圭吾さんの小説『探偵ガリレオ』。  警視庁捜査一課の草薙俊平が、帝都大学理工学部の准教授・湯川学とともに科学的な視点で事件を解決していくミステリー小説です。読めば、湯川准教授に挑戦し …

本当の恋をしていますか?知念実希人『崩れる脳を抱きしめて』は心揺さぶられる恋愛ミステリー小説

(※『崩れる脳を抱きしめて』表紙より)  知念実希人さんの小説『崩れる脳を抱きしめて』。  研修医の碓氷蒼馬(うすい そうま)が、脳に爆弾を抱える弓狩環(ゆがり たまき)と出会い、恋に落ち、そして彼女の死の謎に迫る恋愛ミ …

読書が好きじゃなくても本が読みたくなる小説ーpart7

(※『ビブリア古書堂の事件手帖7 ~栞子さんと果てない舞台~』表紙より)  読書していますか?  『ビブリア古書堂の事件手帖』シリーズもついに7巻目。とうとう完結です。  栞子さんの母が家を出て行った理由が明らかになり、 …

読書が好きじゃなくても本が読みたくなる小説ーpart6

(※『ビブリア古書堂の事件手帖 (6) ~栞子さんと巡るさだめ~』表紙より)  読書していますか?  『ビブリア古書堂の事件手帖』シリーズもとうとう6巻目。栞子さんに怪我を負わせた犯人が再び登場するなど、いよいよ物語もク …

今すぐ近所の食堂に通いたくなる小説/山口恵以子『食堂のおばちゃん』感想

(※『食堂のおばちゃん』表紙より)  外食していますか?  私は美味しい食事を取るために外食してきましたが、『食堂のおばちゃん』を読んでお店の人とコミュニュケーションを取るために外食するのもありかなと思うようになりました …