webstation plus

 『魔王』から50年後の世界を描いた小説『モダンタイムス』。前作とはガラリと変わって、そのストーリーに惹き込まれ、最後まで一気に読みました。残酷なのに面白い小説です。

 誰もが運命に流されている

 物語の主人公はシステムエンジニアの渡辺拓海。彼はとても恐ろしい妻がいるのに浮気をしました。

 その結果、妻が雇った暴力業の男に指を切られかけるのですが、渡辺にとっては、これが初めての経験ではありませんでした。以前にも、妻に浮気を疑われ、恐ろしい目にあっています。

 それにも関わらず、なぜ彼は浮気をしたのでしょうか。それは、浮気相手との出会いが運命的だったからです。ダメだとわかっているのに、流されてしまったんですよね。

 世の中にも流れがある

 個人にも流れがあるように、世の中にも大きな流れがあります。

 たとえば、学校教育。昔は「詰め込み教育」と言われるほど、とにかく勉強することを推奨されていましたが、それではダメだと「ゆとり教育」が生まれました。

 ところが、それからしばらくすると、「ゆとり教育」はダメだと言われ、今ではもっと勉強しなさいと叫ばれていますよね。

 このように世の中は右や左にゆらゆらしながら進んでいます。

 流れに乗った人間がリーダーシップを発揮する

 では、それぞれの時代の教育者はどうだったのでしょうか。

 「もっと勉強しなさい!」「詰め込んで勉強しても意味がない!」「もっと勉強しなさい!」なんて時代にあった主張をしている人がほとんど。同じ人が主張を変えていることもよくあります。

 まるで国の方針に迎合するかのように叫んでいますが、そうやって時代の流れに乗った人だけがもてはやされるんですよね。

 大きく考えれば、ヒトラーやムッソリーニもそうなのかもしれません。流れにのって独裁者という立場を築きました。

 今回の物語では永島丈がそう。彼はある事件をキッカケに英雄として崇められるようになりましたが、その事件をネットで検索すると、なぜか恐ろしい目にあうことに。その理由は…。

 正義は権力者によって作り変えられる

 真実が明らかになるのを恐れている人物がいたからです。彼はあるシステムを使って真実を暴こうとする人たちを次々と殺していきました。

 つまり、正義は権力者によってどうにでも作り変えられるということ。

 第二次世界大戦中の日本でも、天皇や戦争を批判する人たちが次々と牢屋に放り込まれました。天皇陛下バンザイ、戦争バンザイと叫ばなければ極悪人に仕立てあげられたのです。

 しかも、そうして捕まった無実の人たちを警察は痛めつけたんですよね。仕事だから当然だと言わんばかりに。

 そんな悪事を働いているのに仕事だからと言い訳をしている奴らに対して渡辺の妻は…。

 悪いことをしても痛みを感じない奴は許さない

 と、徹底的に戦います。私もそんな強い存在でありたいって思える物語なんですよね。

 大きな流れには逆らえなくても、目の前にある小さな流れくらいは変えていきたい、そうして世界を少しでも良くしていきたい…そんな気持ちになれる小説です。

 伊坂幸太郎さんの小説『モダンタイムス』。おすすめです。

 関連記事

今の生き方でどれくらい生きるつもり?/伊坂幸太郎『終末のフール』感想

 伊坂幸太郎さんの小説には死をテーマにした物語がいくつかあります。中でも私が好きな小説が『死神の精度』と『終末のフール』。  実はこの二つ。死に対するアプローチが違っているんですよね。どこが違うかと言うと…。 &nbsp …

大人をバカにする中学生への正しい対処法/伊坂幸太郎『マリアビートル』感想

 ムカつく中学生っていますよね。大したことも出来ないくせに、大人をバカにしたり、見下したり、暴言を吐いたり…。  そんな生意気な中学生にはどのように対処すればいいのでしょうか。  もちろん、痛い目に合わせるしかありません …

村山早紀『桜風堂ものがたり』は今まで以上に本を大切にしたくなる物語

 読書していますか?  私は読書が好きで毎日のように本を読んでいますが、村山早紀さんの小説『桜風堂ものがたり』を読んで、今まで以上に本を大切にしたくなりました。  著者だけでなく、書店員さんや本に関わっている多くの人たち …

有川浩『植物図鑑』は少女漫画好きにおすすめの恋愛小説

 少女漫画はお好きですか?  私はどちらかといえば苦手です。読むと恥ずかしい気持ちになるからですが…。  有川浩さんの小説『植物図鑑』もそうでした。主人公たちのベタ甘な恋愛模様にちょっと引いてしまったんですよね。  とは …

小野寺史宜『ひと』感想/あなたの大切なものは何ですか?

 あなたにとって大切なものは何ですか?  お金や車、学歴や地位、家族などいろいろあると思います。なかでも私が大切にしているのは自由です。  たとえば、他人を自分の思い通りに動かそうとする人がいますよね。行きたくもない場所 …

畠中恵『ぬしさまへ』は若だんなの大人になりたい想いに感動する小説

(※『ぬしさまへ』表紙より)  畠中恵さんの小説『ぬしさまへ』。  『しゃばけ』シリーズ第2弾の本作は、病弱で両親や妖怪たちから甘やかされて育った若だんなが大人になりたいと強く願う物語です。読めば自分も頑張ろうと思えるこ …

仕事に人生をかけてる?塩田武士『騙し絵の牙』は大泉洋をあてがきした小説

(※『騙し絵の牙』表紙より)  仕事に人生をかけてますか?  私はかけていません。仕事の悩みは星の数ほどありますが、どれも「叱られたくない!」というネガティブな感情からスタートしています。  「成し遂げたいことがある」な …

垣谷美雨『姑の遺品整理は、迷惑です』感想/距離感よりも大切なもの

 人との距離感を大切にしていますか?  私はどちらかというと、お節介焼きなので、どうしても人との距離感が近くなりすぎることがあります。それで嫌な思いもしてきたので…。  そんな性格を嫌っていたのですが、垣谷美雨さんの小説 …

本城雅人『崩壊の森』/ソ連という国についてどれだけ知っていますか?

 ソ連という国についてどれだけ知っていますか?  私は共産主義であるソ連に対して、なんとなく恐ろしいイメージを持っていましたが、『崩壊の森』を読んで、その恐ろしさが倍増しました。  私が想像していた以上に恐ろしい国なんで …

『土佐堀川』は自分の悩みがちっぽけに思える小説

(※『土佐堀川』表紙より)  古川智映子さんの小説『土佐堀川』。  NHK連続テレビ小説「あさが来た」の原作で、広岡浅子さんの生涯を描いた物語です。読めば自分の悩みがちっぽけに思えること間違いなし!?  今回は、『土佐堀 …