webstation plus

 『魔王』から50年後の世界を描いた小説『モダンタイムス』。前作とはガラリと変わって、そのストーリーに惹き込まれ、最後まで一気に読みました。残酷なのに面白い小説です。

 誰もが運命に流されている

 物語の主人公はシステムエンジニアの渡辺拓海。彼はとても恐ろしい妻がいるのに浮気をしました。

 その結果、妻が雇った暴力業の男に指を切られかけるのですが、渡辺にとっては、これが初めての経験ではありませんでした。以前にも、妻に浮気を疑われ、恐ろしい目にあっています。

 それにも関わらず、なぜ彼は浮気をしたのでしょうか。それは、浮気相手との出会いが運命的だったからです。ダメだとわかっているのに、流されてしまったんですよね。

 世の中にも流れがある

 個人にも流れがあるように、世の中にも大きな流れがあります。

 たとえば、学校教育。昔は「詰め込み教育」と言われるほど、とにかく勉強することを推奨されていましたが、それではダメだと「ゆとり教育」が生まれました。

 ところが、それからしばらくすると、「ゆとり教育」はダメだと言われ、今ではもっと勉強しなさいと叫ばれていますよね。

 このように世の中は右や左にゆらゆらしながら進んでいます。

 流れに乗った人間がリーダーシップを発揮する

 では、それぞれの時代の教育者はどうだったのでしょうか。

 「もっと勉強しなさい!」「詰め込んで勉強しても意味がない!」「もっと勉強しなさい!」なんて時代にあった主張をしている人がほとんど。同じ人が主張を変えていることもよくあります。

 まるで国の方針に迎合するかのように叫んでいますが、そうやって時代の流れに乗った人だけがもてはやされるんですよね。

 大きく考えれば、ヒトラーやムッソリーニもそうなのかもしれません。流れにのって独裁者という立場を築きました。

 今回の物語では永島丈がそう。彼はある事件をキッカケに英雄として崇められるようになりましたが、その事件をネットで検索すると、なぜか恐ろしい目にあうことに。その理由は…。

 正義は権力者によって作り変えられる

 真実が明らかになるのを恐れている人物がいたからです。彼はあるシステムを使って真実を暴こうとする人たちを次々と殺していきました。

 つまり、正義は権力者によってどうにでも作り変えられるということ。

 第二次世界大戦中の日本でも、天皇や戦争を批判する人たちが次々と牢屋に放り込まれました。天皇陛下バンザイ、戦争バンザイと叫ばなければ極悪人に仕立てあげられたのです。

 しかも、そうして捕まった無実の人たちを警察は痛めつけたんですよね。仕事だから当然だと言わんばかりに。

 そんな悪事を働いているのに仕事だからと言い訳をしている奴らに対して渡辺の妻は…。

 悪いことをしても痛みを感じない奴は許さない

 と、徹底的に戦います。私もそんな強い存在でありたいって思える物語なんですよね。

 大きな流れには逆らえなくても、目の前にある小さな流れくらいは変えていきたい、そうして世界を少しでも良くしていきたい…そんな気持ちになれる小説です。

 伊坂幸太郎さんの小説『モダンタイムス』。おすすめです。

 関連記事

誰のために仕事をしている?/知念実希人『ひとつむぎの手』感想

 誰のために仕事をしていますか。  私は自分と家族のために仕事をしていますが、知念実希人さんの小説『ひとつむぎの手』の主人公・平良祐介は違いました。  自分のためと言いながらも、何よりも患者のために仕事をするんですよね。 …

普通って何?村田沙耶香『コンビニ人間』は自分らしく生きる女性を描いた小説

(※『コンビニ人間』表紙より)  2016年に芥川賞を受賞した小説『コンビニ人間』。  普通とは何か?自分らしく生きるとはどういうことか?など、いろいろ考えさせられる物語です。あまりの面白さに一気読みしてしまうこと間違い …

犯人は誰!?米澤穂信『愚者のエンドロール』は探偵がいないミステリー小説

(※『愚者のエンドロール』表紙より)  米澤穂信さんの小説『愚者のエンドロール』。  前作『氷菓』に続く古典部シリーズ第2弾の本作は、2年F組の先輩たちが自主制作したミステリー映画の謎に迫る物語です。読めば驚きの結末が! …

ミステリーのようなホラー小説はお好きですか?/芦沢央『火のないところに煙は』感想

 子どもの頃、夏休みになるとテレビでホラー特集を見ていました。そんな懐かしい記憶を思い出させてくれた小説が芦沢央さんの『火のないところに煙は』。  ラストは呆気ない終わり方でしたが、短編ホラー小説としては楽しめました。 …

図書館はそれほど安全な場所じゃない/有川浩『別冊図書館戦争1』感想

 図書館と聞くと安全なイメージがありますよね。  しかし、図書館は誰でも利用できるので、それほど安全な場所ではありません。むしろ、安心している分だけ余計に危険かもしれないんですよね。  有川浩さんの小説『別冊図書館戦争1 …

無駄なことでも誰かの役に立つかもしれない/伊坂幸太郎『フィッシュストーリー』感想

 無駄なことはやめようと思っていませんか。  もちろん、本当に無駄なことはやめた方がいいですが、無駄に思えても一生懸命にやったことは、めぐりめぐって誰かの役に立つかもしれません。  そんな想いにさせてくれた小説が伊坂幸太 …

売れっ子になるための道のりは険しい/ビートたけし『キャバレー』感想

 売れっ子になりたいですよね。  私はブログで売れたいと思っていますが、そうでなくても、仕事で、ハンドメイドで、YouTubeで売れたいと思っている人は大勢いると思います。  では、どうすれは売れっ子になれるのでしょうか …

人の話を鵜呑みにするな/伊坂幸太郎『夜の国のクーパー』感想

 戦争に敗れたとある国の物語。それが伊坂幸太郎さんの小説『夜の国のクーパー』です。  相変わらず謎の生物や個性的なキャラクターが登場しますが、視野を広く持たないと簡単に人に騙されることがわかる物語なんですよね。何度も驚か …

想像以上の成果を出してる?/知念実希人『祈りのカルテ』感想

(※『祈りのカルテ』表紙より)  仕事で想像以上の成果を出していますか。  私は残念ながら想像を下回る成果しか出せていません。なぜなら、計画通りの行動しかしていないからです。  新しいことに挑戦するとき、リスクはつきもの …

なぜ、バレエの世界は嫉妬と愛憎が渦巻くのか?秋吉理香子『ジゼル』感想

(※『ジゼル』表紙より)  秋吉理香子さんの小説『ジゼル』。  創立15周年を迎えた東京グランド・バレエ団が、これまで封印してきた「ジゼル」の公演を決定したことで、次々と悲劇が起こる物語です。  東野圭吾さんの小説『眠り …