webstation plus

 子どもに自由を与えていますか?

 ここで言う自由とは、好き放題に甘やかすことではなく、子どもの意思を尊重することです。そのせいで、子どもがツライ思いをすることになっても、力の限り応援していく…。

 原田マハさんの小説『奇跡の人』は、不自由な暮らしをしていた主人公のれんが、教育を受けて自由を手にするまでの奇跡を描いた物語です。

 三重苦に苦しむ主人公に与えられた境遇は…

 物語の舞台は、明治時代の青森。主人公の介良(けら)れんは、ヘレンケラーと同じく「目が見えない、耳が聞こえない、口がきけない」という三重苦に悩まされていました。

 しかし、両親はそんな彼女を獣のように扱います。広大な屋敷の奥深くに閉じ込め、まともな食事も与えず、お風呂にだってほとんど入れませんでした。

 さらに、誰からも愛情を注いでもらえなかった彼女は、人との接し方がわからず、突然暴れ出すことがありましたが、そんな彼女に父や使用人たちは、愛情ではなくムチを与えました。

 彼女が少しでも暴れると父はすぐに平手打ちをし、使用人たちは隠れて彼女を痛めつけます。爪から血が流れ出るような仕打ちはごく普通のことでした。

 そんな彼女の元に一人の女性が現れます。その女性とは…。

 愛情を注げば人は誰でも成長できる

 岩倉使節団随行の留学生としてアメリカに渡り、自由の大切さを学んだ女性・去場安(さりばあん)でした。

 安はれんと会ってすぐに、彼女を救いたいという気持ちでいっぱいになりました。境遇の酷さに衝撃を受けたからです。

 その日から安は彼女に付きっ切りで教育を始めました。噛みつかれたり、引っ掻かれたりしても、根気強く向き合います。

 こうして、安の愛情をいっぱい受けたれんは、「はい」と「いいえ」という意思表示ができるようになったことをきっかけに、お箸を使ってご飯が食べられるようになったり、同年代の子どもと遊べるようになりました。

 ところが、れんの成長した姿をみた両親は、突然甘やかしはじめるんですよね。「もうこれで十分じゃないか」と安の教育を中断させたのです。

 そんな両親に向かって安は…。

 教育とは子どもの自由を広げること

「確かに、れんは、見違えるほどおとなしくなりました。けれど、それは、男爵や奥方さま、この家の大人たちにとって、都合よく振る舞ってくれる子供に変わった、というだけのことです。あなたさまも、奥方さまも、ご自分たちの娘御に、この世界の何も見せず、何も聞かせず、しゃべらせようともしていない。ただ、お人形を膝に載せて可愛がっているようなものではありませんか」

 と怒ります。お人形のような暮らしでは、本当の自由、すなわち自分らしく生きているとは言えないからです。

 そこで両親は、れんに選ばせることにしました。安の厳しい教育を受け続けるか、それとも両親との楽しい暮らしをするのかを。

 この結末は本書を読んでもらうとして、子どもにとって必要なのは、「甘やかし」ではなく「厳しくもあたたかい教育」です。

 そんな教育が出来れば、子供はきっと自分らしく育っていきます。親の想像を越える自分らしい人生を歩んでいくでしょう。

 関連記事

死ぬのと仕事辞めるのと難しいのはどっち?

(※『ちょっと今から仕事やめてくる』表紙より)  仕事頑張っていますか?  私も出来るだけ頑張っていますが、頑張りすぎて追い詰められ、自殺をする人が後を絶ちません。  もちろん、自殺をするまで頑張る必要はありません。逃げ …

犯人は誰!?米澤穂信『愚者のエンドロール』は探偵がいないミステリー小説

(※『愚者のエンドロール』表紙より)  米澤穂信さんの小説『愚者のエンドロール』。  前作『氷菓』に続く古典部シリーズ第2弾の本作は、2年F組の先輩たちが自主制作したミステリー映画の謎に迫る物語です。読めば驚きの結末が! …

性格の悪さを隠すとさらに性格が悪くなる理由

(※『ジーキル博士とハイド氏』表紙より)  性格の悪さを隠していませんか?  誰もが他人に良く見られたいという思いから、性格の悪さを隠し、自分の良さをアピールして生きていますが、悪い性格を隠せば隠すほど、さらに性格が悪く …

誰とでも対等に付き合ってる?/伊坂幸太郎『チルドレン』感想

 誰とでも対等に付き合っていますか?  私は対等に付き合っていると思っていましたが、伊坂幸太郎さんの小説『チルドレン』を読んで反省しました。自分より能力が劣っていると思っている人たちに対して、上から目線で接していることに …

有川浩『別冊図書館戦争2』/正々堂々と勝負できないのは性格が悪いから

 仕事でも、恋愛でも、趣味の世界でも正々堂々と勝負しない人っていますよね。  他人の成果を横取りしたり、悪口やデマを流したり、力でねじ伏せようとしたりと容赦ありません。  そんな人たちとはどう戦えばいいのでしょうか。 & …

今すぐ近所の食堂に通いたくなる小説/山口恵以子『食堂のおばちゃん』感想

(※『食堂のおばちゃん』表紙より)  外食していますか?  私は美味しい食事を取るために外食してきましたが、『食堂のおばちゃん』を読んでお店の人とコミュニュケーションを取るために外食するのもありかなと思うようになりました …

毒親とは人生をかけて闘う価値がある/山口恵以子『毒母ですが、なにか』感想

 毒親という言葉が広まりましたよね。このブログでも以前紹介しました。  このエントリにも書いたように、毒親に育てられた子どもは確実に不幸になります。だからこそ、毒親とは人生をかけて闘う価値があるのですが、毒親には子どもを …

愛情が足りない!?西加奈子『i(アイ)』は人の気持ちに寄り添いたくなる小説

(※『i(アイ)』表紙より)  人の気持ちに寄り添っていますか。  私は歳をとるにつれて、自分のことばかり考えるようになりました。東日本大震災の報道を見ても、どこか他人事です。  そんな私に人の気持ちに寄り添う大切さを思 …

普通って何?村田沙耶香『コンビニ人間』は自分らしく生きる女性を描いた小説

(※『コンビニ人間』表紙より)  2016年に芥川賞を受賞した小説『コンビニ人間』。  普通とは何か?自分らしく生きるとはどういうことか?など、いろいろ考えさせられる物語です。あまりの面白さに一気読みしてしまうこと間違い …

下村敦史『生還者』感想/ゴシップに踊らされるのは時間のムダ

 ゴシップに踊らされていませんか。  先日、コカイン疑惑で芸能界から引退した成宮寛貴さんが、芸能界に復帰するというフェイクニュースが飛び交いました。  この報道に多くの人が反応していましたが、私たちの人生にそれほど影響あ …