webstation plus

child_02

 『奇跡の人』をご存知だろうか。私は彼女の人生を絵本で知った。映画で観た記憶もある。彼女の名前はヘレン・ケラー。サリバン先生と共に「三重苦――目が見えない、耳が聞こえない、口が利けないという障害」を克服した文字どおり奇跡の人だ。

 明治時代の日本、青森にも「奇跡の人」がいた――という実話のようなフィクションが小説『奇跡の人』。彼女の名前は介良(けら)れん。れんは生後11ヶ月の頃に高熱にうなされて生死をさまようが、どうにか命だけは助かった。しかし、ヘレン・ケラーと同様に三重苦に悩まされることになる。

 6歳になったれんは介良家で獣のような扱いを受けていた。広大な屋敷の奥深く、誰の目にもつかない場所で隔離されていたのだ。まともなご飯を与えられることなどない。お風呂にだってほとんど入れてもらえなかった。

 もちろん、それだけではない。誰からも愛情を注いでもらえなかったれんは、突然暴れだすことが多かった。目が見えない、耳が聞こえない、口が利けないれんにとって、思い通りにならない出来事に、どう対応すればいいのかわからなかったからだ。しかし、父や使用人たちは彼女にきつくあたった。彼女が暴れると父はすぐに平手打ちをし、使用人たちは隠れて彼女を痛めつけた――爪から血が流れ出るような仕打ちはごく普通のことだった。

 そんな彼女のもとに、去場安(さりばあん)という女性があらわれる。安は、岩倉使節団随行の留学生としてアメリカに渡り、自由というこの世で最も尊いものを学んだ女性だ。

 いかなる人間であれ、いかなる性別であれ、決して失ってはならぬもの――それこそが自由だ。しかし、日本の女性にはそれがなかった。だから、安は「アメリカで学んだすべてのことを日本の女性に受け継いで欲しい」という想いを胸に日本に戻ってきた。そして、伊藤博文から受け取った手紙をキッカケにれんの先生となる。

 安はれんと会ってすぐに、彼女を救いたいという気持ちになった。れんに自由がなかったからだ。だから安は、れんのなかに眠る才能を開花させようと奮闘する。噛みつかれたり、引っ掻かれたりすることもしばしばだったが、安はあきらめなかった。根気強くれんと向き合った。その結果、れんは「はい」と「いいえ」という意思表示ができるようになった。さらには、お箸を使ってご飯を食べられるようになったり、同年代の子どもと遊べるようになっていった。

 このように、れんは急成長していったが、彼女の成長をみた両親の介入によって安の教育は中断されてしまう。「もうこれで十分じゃないか」というのだ。しかも、母はれんを甘やかせはじめた。

 安はあせった。これでは時間をかけてれんと向き合ってきたすべてがムダになってしまう。だから安は、怒りを込めてこう言い放った。

 「確かに、れんは、見違えるほどおとなしくなりました。けれど、それは、男爵や奥方さま、この家の大人たちにとって、都合よく振る舞ってくれる子供に変わった、というだけのことです。あなたさまも、奥方さまも、ご自分たちの娘御に、この世界の何も見せず、何も聞かせず、しゃべらせようともしていない。ただ、お人形を膝に載せて可愛がっているようなものではありませんか」

 とはいえ、当時の日本の女性たちは誰もがお人形のような暮らしを望んでいた。しかし、アメリカに留学していた安にとって、その暮らしは屈辱でしかなかった。そこには自由がないからだ。そして、「三重苦」のれんにとっての自由とは、知ることである。

 この世界を生きる限り、闇を照らす光があることを知る権利が、あの子にはある。
 人として生まれた限り、人に愛される資格が、あの子にもある。
 そして、いつかきっと、人を愛する気持ちが、あの子にも芽生えるはずなのだ。

 実際、「三重苦のれんにとって、もうこれで十分」という考えは親のエゴでしかなかった。れんは、もっと学びたかったのだ。自由を手にしたかったのだ――。

 安との暮らしを再会したれんは、その後、誰よりも努力し、勉強に励んで女学校へと進学する。さらに、安から英語を学び、ワシントンにある大学に入学した。ヘレン・ケラーがラドクリフ女子大学(現:ハーバード大学)に入学したのと同じように。

 さて、この物語からわかることは、子どもには自由に挑戦していく権利があるということ。そして、そうすることこそが、子どもの幸せにつながっているということである。たしかに、子どもがいじめられた場合など、親が全力で守る必要があるときもあるだろう。しかし、子どもが自分の道を進もうとしているときには、妨げてはいけない。甘やかせたり、口出ししたりして、進むことをためらわせてはいけない。

 むしろ、自信をもって歩んでいけるように、もっともっと遠くまで歩いていけるように励ましていくべきだ。そうすれば、子どもは怖れることなく、自分の道をどこまでも歩んでいくだろう。自由という名のチケットを手にして。

 関連記事

「表現の自由」は守るべきなのか?/有川浩『図書館戦争』

 私たち日本人は、昔から「表現の自由」を制限されて生きてきた。たとえば、江戸時代。江戸時代には、キリスト教や幕府批判が禁止され、出版物から言論にいたる「幅広い表現」が取締りの対象であった。実際、幕府の軍事体制を批判する内 …

宝くじに当選しても「幸せになれない人」とは/川村元気『億男』

 「宝くじで3億円が当たったら何がしたい?」――あなたは、この質問になんて答えるだろうか。もし、「世界一周旅行がしたい」「高級車が欲しい」「豪邸を建てたい」なんてごくありふれた答えしか浮かばないようなら、たとえ3億円を手 …

あなたの人生がつまらない理由/下村敦史『生還者』

 コカイン疑惑報道を受けて、芸能界から引退することを決められた成宮寛貴さん。彼は、母子家庭で育ち、中学生のときに母親を亡くした後、弟の面倒をみるなど苦労を重ねた末に芸能界で活躍されていましたが、写真週刊誌「FRIDAY」 …

「光」あるところには必ず「影」が存在する/百田尚樹『影法師』

 「光が多いところでは、影も強くなる」――と、ゲーテがいったように、光あるところには必ず影がつきまとう。しかし、私たちは光だけを追い求め、影の存在を否定してしまいがちだ。  たとえば、宝くじを買ったり、株やFXで一儲けし …

「好きなこと」をするには犠牲が伴う/東野圭吾『眠りの森』

 好きなことをするには、ある程度の「犠牲」がつきまとう。収入が減ったり、プライベートな時間が確保できなかったり、あるいは結婚や恋愛ができなかったり。それでも、「どうしてもやりたい!」と思える何かがあるのは、とても幸せなこ …

私たちは「いつかは必ず死ぬ」/伊坂幸太郎『死神の精度』

 私たち人間には、不快に感じる出来事があっても、最後に楽しい出来事があれば、その楽しさを優先的に思いだす性質がある。同様に、どれだけ楽しい出来事があっても、最後に悲しい出来事で終われば悲しさを思いだす。これが、心理学でい …

「対等な関係」ってどんな関係?/伊坂幸太郎『チルドレン』感想

 伊坂幸太郎さんの小説『チルドレン』は、家裁調査員という聞きなれない職業を目指す学生時代と、その職業に就いてからの出来事を描いた物語です。『サブマリン』という続編が出ているので、復習の意味もこめて再読したのですが、本当に …

成功の秘訣は「情熱」にあり/古川智映子『土佐堀川』

 スティーブ・ジョブズであれ、ラリー・ペイジであれ、イーロン・マスクであれ――彼らはどうして人々を驚かせるような結果を残すことができたのだろう。歴史に残るような偉業を成し遂げることができたのだろう。  結論からいえば、情 …

ほんの少し浮気に寛容になれる小説/『バイバイブラックバード』

 浮気をしている芸能人の報道をよく見かけるようになりました。ベッキーや乙武さん、矢口真里さんなどなど。  彼らは浮気の報道をされたあとも、何事もなかったかのようにテレビに出演されていますよね。ほんとスゴイです。私なら恥ず …

辞める勇気をくれる小説『ちょっと今から仕事やめてくる』

 昨年、電通の新入社員が過労自殺した事件が話題になりましたよね。この事件をキッカケに電通のブラック企業っぷりが次々と明かされていますが、この事件に限らず、仕事が原因で自殺をする人が後を絶ちません。  では、なぜ彼らは自殺 …