webstation plus

 「どうしても実現したい!」と思うことが見つかったとき、どうしていますか?

 「事前準備をしてから」「もう少し社会経験を積んでから」「十分なお金を確保してから」…なんて、行動することを先延ばしにしていませんか?

 もし、そうだとしたら、考え方を変えた方がいいかもしれません。なぜなら、そのような考え方をしている限り、夢を実現することができないからです。

 夢の実現に必要な行動だけをとろう

 アメリカのジャーナリスト、スラリー・プロトニック氏が、あるビジネススクールの学生1500人を対象に調査した結果でも、「今すぐ行動すること」の大切さがわかりました。

 プロトニック氏は、「今すぐ夢を追いかけるか?それとも先に経済的な安定に役立つ職業を選ぶか?」という質問を学生にしたそうです。すると、1245人もの学生が「経済的な安定を確保してから夢を追いかける」と回答したのですが、そのなかで後に大富豪になれたのは、わずか1人でした。

 一方で、「今すぐ夢を追いかける」と回答した255人のうち、実に100人もの学生が経済的に成功を収めていたのです。この結果からも、今すぐ夢の実現に向けて行動することが大切だとわかりますよね。

 しかし、夢の実現に向けて目標を掲げても、最初の一歩でつまずく人が多いのも事実。それは、「何らかの問題が起きる」ということを想定できていないので、問題に直面した途端に諦めてしまうからです。

 また、「目標を掲げても達成できなかった」という経験を繰り返していると、「目標」=「達成できない難しいこと」と脳が認識してしまい、行動できなくなります。

 そこで、本:『ストーリー思考で奇跡が起きる』が提案しているのが、ストーリー思考という考え方。目標が達成できないと悩んでいる方にオススメの考え方です。

 ストーリー思考とは?

 簡単に言えば、映画や小説の主人公のように行動することです。

 あるテーマを実現するために行動を起こす、問題が起きるのはストーリーを面白くするため、問題が起きてもまわりに助けてもらいながら解決していく…などなど、自分が主人公になったつもりで行動を起こしていくんですね。そうすれば、夢が実現できるそうです。

 より具体的には、次の3つのステップを実践することになります。

1. 「テーマ」を決める

 テーマとは登りたい山のこと。漫画『ONE PIECE』の主人公・ルフィでいえば、「海賊王になる!」ということでしょうか。

 ソフトバングの孫正義会長も、テーマを決める重要性を認識しており、次のように語っています。

 「登りたい山を決める。これで人生の半分が決まります。だけど、登りたい山を決めていない人、腹の底から決められていない人が、実は99%もいるのです。99%の人がしっかりと腹の底から自分の登るべき山を、自分の夢、自分の志を決めきれていません」

 そうはいっても、どうしてもテーマが決められない人もいるでしょう。そんな人は、「――からの脱却」というフレーズで考えてみてはどうでしょうか。たとえば、「英語が話せない自分からの脱却」「太っている自分からの脱却」などなど。

 はじめは小さいテーマかもしれませんが、徐々に大きくしていけば、いずれは大きな山に登り切ることができます。そのため、あまり意気込まずに決めてしまいましょう。

2. 「イベント」を起こす

 テーマが決まったら次はイベントです。具体的には、次の三つが重なる出来事を起こしましょう。

  1. テーマの達成に近づく出来事
  2. 強制力がある出来事
  3. 人が関係してくる出来事

 たとえば、英語が話せるようになりたいのなら、参考書を購入するのではなく、英会話教室の予約を取ること。これがイベントです。講師と約束することになるので、強制力が働き、乗り気じゃなくても足を運ぶようになるからです。

 さらに、可能であれば自分の想像を超えるくらいのイベントに挑戦してみましょう。たとえば、著名人に会いにいってみるとか。そうすれば、ほぼ100%に近い確率で門前払いされるでしょうが、それでも行動を起こしたという事実が残り、その後は必ず新たな展開が待っています。

3. 「ストーリーボード」を書く

 次に、日々の自分の行動を振り返って、テーマ達成に向けて行動できているかを確認します。そのために、株価チャートのような「ストーリーボード」を書くんですね。

 たとえば、「英語が話せるようになる」がテーマなら、「英会話スクールに入会」で+2ポイント、「リスニングをさぼった」で-1ポイントというように、テーマ達成に向けた行動をチャートにしていきます。

 もちろん、上下させる幅は自分基準でOK。ただし、結果よりもイベントを起こすことを重視すること。失敗したとしても、問題が起きたとしても、前に進もうと行動したことは+ポイントをつけるようにするんですね。

 そうすれば、失敗や問題が起きても、諦めることなく行動し続けることができます。

 最後に

 ストーリー思考とは、「テーマ」を決めて、「イベント」を起こしながらテーマの実現に向けて行動していくこと。そして、日々の行動を「ストーリーボード」に書くことで見える化し、その行動がテーマの実現に向かっているか?を見直すことで客観的に自分を評価しようという考え方です。

 私たちはどうしても失敗や問題に直面すると、ネガティブ思考に陥ってしまいますが、そうではなく行動し続けることが大切なんだと。失敗や問題に直面するのは当たり前のことなんだと教えてくれる思考法です。

 もし、「目標を立てても達成できない!」と悩んでいるのなら試してみてはどうでしょうか。特に、イベントの三条件を満たすように行動すれば、まわりの人たちも自然と助けてくれるようになるはず。仲間を増やしながら行動していくと、失敗や問題も楽しく乗り越えていけますからね。

 関連記事

自分らしく生きるために必要な力/『直感力』

 私たちは「お昼ご飯」から「結婚相手」にいたるまで、さまざまなことを自由に選択することができる。しかし、「お昼ご飯」でも「結婚相手」でも、すべての選択肢を検討することなどできない。そんなことをしていては、どれだけ時間があ …

なぜ、速読に挑戦してもほとんどの人が失敗してしまうのか?

 あなたの時間は限られている。だから他人の人生を生きたりして無駄に過ごしてはいけない。  とは、スティーブ・ジョブズの言葉ですが、この言葉どおり私たちの人生には限りがあります。そこで、本を読む必要に迫られている人たちや多 …

東大物理学者が教える「考える力」の鍛え方

 最近、年度末ということもあり、来年度にやる仕事内容を整理しているのですが、「考える力が足りていない!」と上司から叱られています。  とはいえ、私としては精一杯考えているつもり。このギャップを埋めるにはどうすればいいの? …

なかなか疲れが取れないのはなぜ?/今すぐできる疲れの取り方

 しっかり寝たのに、まったく疲れがとれない…。なぜ? 「年をとったから?」 「体力がなくなったから?」 「サプリメントを飲んでいないから?」  答えはどれも「NO!」です。結論からいえば、血のめぐりが悪くなっているからな …

あなたはどちらのタイプ?「賢明な人」or「単純な人」

 世の中には、「賢明な人」と「単純な人」の2種類が存在する――と、大阪大学社会経済研究所の大竹文雄教授は言います。  ここでいう「賢明な人」とは、目標を掲げ、その目標をやり切ると周りに宣言し、コミットする人のこと。もしく …

ネガティブ思考をやめる方法/『脳を最高に活かせる人の朝時間』

 私たちは本当に多くのことを考えている。「お昼ご飯は何を食べようか」「仕事が終わってから何をしようか」など、いつも何かを考えている。しかし、そのおよそ8割がネガティブな内容であることが、研究結果によって明らかになった。も …

大人になっても英語が話せない人がまずやるべきこと

 英語でプレゼンできますか?  私はできません。先日も英語でプレゼンをする機会があったのですが、「英語が話せない」という理由で断り、先輩に代わっていただきました。はぁ、情けない…。  もちろん、このままではダメですよね。 …

報われない努力は今すぐやめ、報われる努力をしよう

 「努力」には、「報われる努力」と「報われない努力」があります。  まず、「報われない努力」とは、才能もないのに、その才能を伸ばそうと必死になって努力すること。  たとえば、バレーボールの元全日本代表選手である大林素子さ …

脳科学者がつきとめた「運が良くなる」3つの方法

 仕事でも、お金でも、恋愛でも、「運のいい人」っていますよね。それほど頑張っているわけでもないのに、結果を出しているわけでもないのに、出世したり、お金持ちだったり、異性にモテたり…と、遠くから眺めているだけで羨ましくなる …

「本を読む」だけでは結果は出ない/『お金を稼ぐ読書術』

 あなたは、なぜ、読書をするのだろうか。もし、単なる情報収集のために読書をしているようなら、もったいないことをしている。なぜなら、読書は「考える」という行為を通じて、はじめて価値が生み出せるからだ。  そもそも、情報収集 …