webstation plus

font_01

 夢を追いかけるか、それとも経済的な安定をとるか。あなたはどちらの道を選ぶだろうか。もし、後者を選択するようなら――今すぐ、考え方を変えたほうがいい。

 アメリカのジャーナリストであるスラリー・プロトニックは、あるビジネススクールの学生1500人を対象に、「今すぐ夢を追いかけるか?それとも先に経済的な安定に役立つ職業を選ぶか?」という質問をした。その結果、1245人もの学生が「経済的な安定を確保してから夢を追いかける」と答えたのだが――そのなかで、大富豪になれたのはわずかひとり。一方で、「今すぐ夢を追いかける」と答えた255人のうち、実に100人もの学生が後に経済的な大成功を収めている。

 この結果から、「経済的な安定よりも、今すぐ夢を追いかけること」が成功への第一歩であることがわかるが、仮にその一歩を踏み出せたとしても、次の一歩でつまづく人が多い。なぜだろう。

 それは「目標を立てて、それを達成しようという思考」(目標達成思考)に問題がある。優秀な人たちはさておき、それができない私たちにとっては「目標そのもの」が次の一歩を踏みだす障害になっている可能性があるのだ。

 たとえば、目標を立ててから1週間が過ぎ、2週間、3週間と経過しときに、あなたはその目標を達成したいと心から思えているだろうか。いつまでたってもチェックが入らないToDoリストが増えていたり、スケジュールの大幅な見直しを迫られたりと、目標達成がどんどん遠のいていないだろうか。

 もし、そうだとしたら、「目標達成」を目指すのはやめて、「目的達成」を目指してみてはどうだろう。

 たとえば、「英語が話せるようになりたい」のなら、なぜ英語が話せるようになりたいのか――この理由こそが目的である。外国に住みたい、旅行に行きたい、アメリカ人の彼氏・彼女が欲しい…などなど、いろいろな目的があるだろうが、それを達成することを目指すのである。すると、仮に英語が話せなくても――目的を達成できればそれでOK。つまり、無駄な努力をしないということでもある。

 では、どうすれば「目的達成」ができるようになるのだろう。結論からいえば、次の5ステップを実践することだ。

  1. 「テーマ」を決める
  2. 「イベント」を起こす
  3. 「ストーリーボード」を書く
  4. 「種」をまく
  5. 「見直し」をする

 「テーマ」とは目的のこと。特にこれといったテーマがみつからないのなら、「~からの脱却」というフレーズに置き換えてみるといいだろう。「太っている自分から抜け出したい」「英語が話せない自分からの脱却」などなど。

 「イベント」とは、「テーマ達成に近づく出来事」「強制力がある出来事」「人が関係してくる出来事」のことだ。たとえば、英語が話せるようになりたいのなら、参考書を買うよりも、英会話教室の予約をとるほうが大きなイベントといえる。英会話教室には「人が関係」しており、講師との約束の時間があるので「強制力」が働くからだ。

 そして、毎日の行動がテーマ達成に近づいているかどうかを判断するために「ストーリーボード」を書く。間単にいえば、株価チャートのように、テーマ達成に近づいているかどうかを見える化するのである。ちなみに、上下させる幅は自分基準でOK。「英会話スクールに入会」したなら+2ポイント、「リスニングをさぼった」なら-1ポイントというように決めればいい。

 このように、「テーマ」を決めて「イベント」を起こして目的達成をめざすわけだが、大きなイベントを起こす前には必ず事前準備(「種まき」)が必要だ。もちろん、イベントを起こしたあとには、望ましい結果が得られているかを「見直す」必要がある。すなわち、「種まき」→「イベント」→「(ストーリーボードを使った)見直し」というサイクルを繰り返すことが目的達成に近づくサイクルである(ストーリー思考ともいう)。

 もし、目標達成ができないと悩んでいるのなら、思い切って目的達成思考、すなわちストーリー思考を用いてみてはどうだろうか。そうすれば、今よりも充実した毎日が過ごせるかもしれない。

 関連記事

なぜ、優秀な社員が「追い出し部屋」に追い込まれるのか

 『切り捨てSONY』を読み終えるまでは、「リストラ部屋(追い出し部屋)に追いやられた人=仕事ができない人」だと思っていました。  しかし、そうではない人たちも大勢いるんですよね。すなわち、優秀な人たちも「リストラ部屋」 …

エンジニアとして生き残るには/『How Google Works』

 「グーグルが成功した最大の理由の一つは、事業計画が実はまったく計画らしくなかったことにある」と、グーグルの会長であるエリック・シュミット氏は言う。  実際に、グーグルでは、財務予想や収入源に関する議論などしない。ユーザ …

「グーグルの働き方」が当たり前の時代がやってくる

 グーグルの社員は、実力がある人たちばかりだと言われていますよね。たとえば、35歳でグーグルに転職し、グーグルマップに写真を組み込むプロジェクトを牽引した徳生健太郎さんは、  「グーグルに入社したときは、本当に衝撃を受け …

no image
2030年には50%の仕事がなくなる/スマートマシンと共存する方法

 「スマートマシン」という言葉をご存知でしょうか。スマートマシンとは、自己学習機能を備え、自立的に行動する電子機械のことを指しています。人口知能を実装したロボットやドローン、自動走行車などがそうです。  このスマートマシ …

生き残るために必要なのは「変化」/『これからの世界で働く君たちへ』

 日本の大企業が苦しんでいる。たとえば、東芝。昨年の9月に不正会計問題が表面化し、2248億円の水増しをしていたと発表した東芝だったが、つい先日、他にも7件の水増しをしていたことが判明した。その額なんと58億円。少しでも …

リストラされやすい「無難な人」の特徴とその対策法

 自分の頭で考え、自分なりのスタイルで仕事をする姿勢。それが決定的に欠けている人が多い。私を含めた多くの人は、世間の変化に合わせて、社内の空気を読み、自分より「できる人」のマネをしているだけ――。  しかし、世間の変化や …

「必要とされる人」になろう/『ローマ法王に米を食べさせた男』

 この世界には3種類の人間が存在する。それは、「いてはいけない人」、「いてもいなくてもいい人」、そして「いなくてはならない人」だ。  できることなら、「いなくてはならない人」「必要とされる人」になりたい――と、誰もがそう …

つまらない人は職を失い、面白い人に仕事とお金が集まる時代に

 子どもの頃、「バカだなぁ」と笑っていた出川哲朗さんが、大人になるにつれて実はスゴイ人だということがわかり、反対に憧れを抱いていた大企業のサラリーマンが、実はいくらでも代わりが利く仕事をしているという事実を、大人になった …

ビジネス書を100冊読んでも99%の人が成功者になれない

 私たちは、なぜ読書をするのでしょうか。  「自己投資になるから」「想像力がつくから」「センスが磨かれるから」「本質を見抜く力が養えるから」「日本語力が上がるから」「教養が身につくから」「面白いから」「現実逃避になるから …

これからの日本で生き残る方法/『吉本芸人に学ぶ生き残る力』

 経営再建を進めるシャープは、台湾メーカーの鴻海精密工業(ホンハイ)に買収される方向で検討を進めている。この買収が成立すれば、シャープも立ち直れるかもしれない。しかし、今回の件でホンハイの会長は、私たち日本人に怖ろしい事 …