webstation plus

(※『ストーリー思考で奇跡が起きる』表紙より)


 「どうしても実現したい夢」が見つかったとき、どうしていますか?

 「事前準備をしてから」「もう少し社会経験を積んでから」「十分なお金を確保してから」…なんて、行動することを先延ばしにしていませんか?

 もし、そうだとしたら、考え方を変えたほうがいいかもしれません。行動を先延ばしにするほど、夢の実現も遠のいていくからです。

 最短経路を選択することが夢を実現する近道!?

 アメリカのジャーナリスト、スラリー・プロトニック氏が、あるビジネススクールの学生1500人を対象に調査したところ、「今すぐ行動すること」が夢の実現に重要な要素であることがわかりました。

 プロトニック氏は、「今すぐ夢を追いかけるか?それとも先に経済的な安定に役立つ職業を選ぶか?」という質問を学生にしたそうです。すると、1245人もの学生が「経済的な安定を確保してから夢を追いかける」と回答しました。そのなかで後に大富豪になったのはわずか1人。

 一方で、「今すぐ夢を追いかける」と回答した255人のうち、実に100人もの学生が経済的な成功を収めていました。この結果から、今すぐ夢の実現に向けて行動することの大切さがわかりますよね。

 しかし、夢の実現に向けて目標を掲げ、計画を立てても、最初の一歩でつまづく人が多いのも事実。それは、「問題が起きる」ことを想定せずに計画を立てているからです。問題に直面したとき、挫折を味わうことになるからですね。

 そこで、考え方を変える必要が出てくるわけです。キーワードは『ストーリー思考』。

 ストーリー思考とは?

 わかりやすく言うと、映画や小説の主人公のように行動することです。

 あるテーマを実現するために行動を起こす、問題が起きるのはストーリーを面白くするためだと考える、問題が起きても諦めずにまわりの協力を得るなどして解決策を模索していく…など、自分が主人公になったつもりで行動を起こしていく思考法です。

 具体的には、次の3つのステップを実践することになります。

1. 「テーマ」を決める

 テーマとは登りたい山のこと。漫画『ONE PIECE』の主人公・ルフィでいえば、「海賊王になる!」ことがそうです。

 ではなぜ、テーマを決めることが大切なのでしょうか。それは、登りたい山を決めないと一歩も進むことができないからです。ソフトバングの孫正義会長も、テーマを決める重要性について、次のように語っています。

「登りたい山を決める。これで人生の半分が決まります。だけど、登りたい山を決めていない人、腹の底から決められていない人が、実は99%もいるのです。99%の人がしっかりと腹の底から自分の登るべき山を、自分の夢、自分の志を決めきれていません」

 とはいえ、どうしてもテーマを決めきれない方もいるでしょう。そんな方にオススメなのが、「――からの脱却」というフレーズを使う方法。「英語が話せない自分からの脱却」「太っている自分からの脱却」など、望ましい自分の姿をゴールに設定するのです。

 もちろん、これは登りたい山そのものではありません。しかし、小さい山を登り続けていけば、いずれは大きな山に辿り着けるはず。映画や小説の主人公たちのように、途中で目的地が変わっても挑戦し続けることが大切なんですね。

2. 「イベント」を起こす

 テーマが決まったら次はイベントです。ここで言う「イベント」とは、次の三つの条件が重なる出来事です。

  1. テーマの達成に近づく出来事
  2. 強制力がある出来事
  3. 人が関係してくる出来事

 英語が話せるようになりたいのなら、参考書を買うよりも、英会話教室の予約を取ること。講師と約束することで(人が関係してくる出来事)、強制力が働き、たとえ乗り気でなくても行動しやすくなるからです。

 さらに、自分の想像を超えるくらいのイベントに挑戦してみるのもいいでしょう。著名人に会いに行くのもその一つ。もちろん、門前払いされる可能性が高いですが、それでも行動を起こしたという事実が、次の展開につながります。

3. 「ストーリーボード」を書く

 テーマを決め、イベントに挑戦したら、その結果を「ストーリーボード」に記載しましょう。日々の行動を振り返って、テーマ達成に近づいているかどうかを確認するためです。

 具体的には、株価チャートのようなものを作成します。「英語が話せるようになる」がテーマなら、「英会話スクールに入会」で+2ポイント、「リスニングをサボった」で-1ポイント…というように、行動をチャート化してきます。

 上下させる幅は自分基準でOK。ただし、結果よりも行動を重視すること。たとえ失敗したとしても、問題が大きくなったとしても、前に進もうと行動したことを+ポイントにするのですね。

 そうすれば、失敗や問題が起きても、諦めることなく行動しやすくなります。

 最後に

 ストーリー思考とは、「テーマ」を決めて、「イベント」を起こしながら行動していき、日々の行動を「ストーリーボード」に書いて見える化、客観的に自分を評価しようという考え方です。

 私たちは失敗や問題に直面するとネガティブ思考に陥りがちですが、そうではなく行動し続けることが大切なんだと教えてくれる思考法です。

 もし、これまでのやり方で夢が達成できなかったのなら、試してみてはどうでしょうか。本:『ストーリー思考で奇跡が起きる』もあわせて読んでみてください。

 関連記事

部下が育たないのは上司の責任!?リーダーに必要な3つの要件

 部下が思うように育たないことを悩んでいませんか。  私はよく悩んでいます。一緒に仕事をしている人が同じような失敗をしたり、無駄な仕事を繰り返しているからです。しかし、その原因が上司である私にあるのだとしたら…。  そこ …

ビジネス書を100冊読んでも99%の人が成功者になれない

 私たちは、なぜ読書をするのでしょうか。  「自己投資になるから」「想像力がつくから」「センスが磨かれるから」「本質を見抜く力が養えるから」「日本語力が上がるから」「教養が身につくから」「面白いから」「現実逃避になるから …

「仕事ができない人」が「できる人」になる方法/『仕事をしたつもり』

 毎日忙しく仕事をしている。まわりもそれを認めていて、非難する人はいない。それなのに、成果がでない。なぜだろう。  結論からいえば、いまの業績の8割以上は、働いているうちの2割程度であげることができ、残り8割の時間は、ほ …

リストラされやすい「無難な人」の特徴とその対策法

 自分の頭で考え、自分なりのスタイルで仕事をする姿勢。それが決定的に欠けている人が多い。私を含めた多くの人は、世間の変化に合わせて、社内の空気を読み、自分より「できる人」のマネをしているだけ――。  しかし、世間の変化や …

「グーグルの働き方」が当たり前の時代がやってくる

 グーグルの社員は、実力がある人たちばかりだと言われていますよね。たとえば、35歳でグーグルに転職し、グーグルマップに写真を組み込むプロジェクトを牽引した徳生健太郎さんは、  「グーグルに入社したときは、本当に衝撃を受け …

つまらない人は職を失い、面白い人に仕事とお金が集まる時代に

 子どもの頃、「バカだなぁ」と笑っていた出川哲朗さんが、大人になるにつれて実はスゴイ人だということがわかり、反対に憧れを抱いていた大企業のサラリーマンが、実はいくらでも代わりが利く仕事をしているという事実を、大人になった …

「仕事がつまらない」ときの対処法は3つしかない

 仕事がつまらない。そんな状況に陥ったとき、私たちが取れる対処法は3つしかありません。 転職する 仕事以外の何かにのめりこむ 目の前にある仕事で実績をつくる  まず、一つ目の「転職する」という選択ですが、「仕事がつまらな …

なぜ、優秀な社員が「追い出し部屋」に追い込まれるのか

 『切り捨てSONY』を読み終えるまでは、「リストラ部屋(追い出し部屋)に追いやられた人=仕事ができない人」だと思っていました。  しかし、そうではない人たちも大勢いるんですよね。すなわち、優秀な人たちも「リストラ部屋」 …

中途半端な努力はムダ!?勝利を手に入れるための法則

(※『ハードワーク』表紙より)  2015年のラグビーワールドカップ。日本は、優勝候補の南アフリカに勝利しました。  しかし、前評判は日本が負けて当然だと誰もが思っていました。南アフリカの通算成績は25勝4敗で過去2回も …

no image
2030年には50%の仕事がなくなる/スマートマシンと共存する方法

 「スマートマシン」という言葉をご存知でしょうか。スマートマシンとは、自己学習機能を備え、自立的に行動する電子機械のことを指しています。人口知能を実装したロボットやドローン、自動走行車などがそうです。  このスマートマシ …