webstation plus

 田舎に帰っていますか。

 私は都会で暮らしてきたので、田舎と呼べる場所はありませんが、重松清さんの小説『みんなのうた』を読んで、田舎暮らしの大変さが少しだけわかりました。

 田舎と聞くと自然に囲まれた良いイメージをもっていましたが、それだけではないんですよね。

 なぜ田舎暮らしをしたくないのか

 物語の主人公は東大受験に3回失敗したレイコさん。彼女は都会で暮らすことを夢みていましたが、夢破れ、東京から田舎の梅郷に帰ることになりました。

 その帰り道に偶然出会ったのが幼馴染のイネちゃんです。

 イネちゃんは、レイコさんとは真逆のタイプで、高校一年生で家出をして東京で結婚していましたが、夫を東京に残して子供と二人で田舎に帰ろうとしていました。

 レイコさんは、そんな活動的なイネちゃんを避けようとしますが、田舎暮らしにすぐに馴染んだ彼女に振り回されるんですよね。

 では、なぜレイコさんは田舎暮らしを嫌っていたのでしょうか。

 それはプライベートがないからです。噂話がすぐに広まるなど、多くの人から監視されているように感じて、疲れるからです。

 とはいえ、田舎暮らしをしている人たちも、のんきに他人のことを詮索しているわけではありませんでした。

 なぜなら…。

 田舎には若者が暮らしたいと思える魅力がない?

 田舎には若者が住みたいと思えるほどの魅力あるものがありません。そのため、梅郷で育った若者も、どんどん都会に出ていきました。

 その象徴がこいのぼりです。昔は梅郷にも多くの子供たちがいたので、5月になると多くのこいのぼりが泳いでいましたが、今ではほとんど見かけなくなりました。

 もちろん、実質的な悩みもあります。農業で生計を立てていた人たちが歳をとったので、田んぼを耕すことができなくなったのです。

 梅郷に残っているのは、大学受験に失敗するなどして、都会で暮らすことができなかった人たちばかりです。とはいえ、その多くは60歳を過ぎています。

 そこで若者に何とか梅郷に残ってもらおうと、カラオケ店を作ったり、こいのぼりをたくさんひるがえしたりして活性化をはかっているわけですが、それだけでは難しいんですよね。

 だからこそ、余計にレイコさんたち若者のプライベートを監視して、動向を伺ってしまうわけですが…。

 田舎の魅力は人間のあたたかさ

 レイコさんの家族は、梅郷に残って欲しいと思っていましたが強制しませんでした。

 東京に3年間もお金を出して行かせてあげたレイコさんに、「梅郷に残れ!」という権利はあるはずなのにです。

 それは、「自分の人生は自分で決めるべきだ」という想いをもっていたからでした。

 そんな家族のあたたかい気持ちに触れたレイコさんは、少しずつ梅郷で暮らすのも良いかも…って思うようになるんですよね。

 つまり、田舎の強みとは、人間のあたたかさなんだと思います。そんなあたたかな気持ちで若者と接することができれば、もしかすると田舎も活性化できるのかもしれません。

 ◆

 重松清さんの小説『みんなのうた』。読めば、田舎暮らしの大変さと家族のあたたかさに心動かされる物語です。

 気になった方は、ぜひ読んでみてください。

 関連記事

原田マハ『本日は、お日柄もよく』は言葉の力を信じたくなる物語

 言葉には世界を変える力があります。  たとえば、2008年のアメリカ合衆国大統領選挙で、バラク・オバマが民主党の候補者に選ばれたのは、言葉の力を使ったからでした。  当時、次の大統領候補として最も呼び声が高かったのは、 …

知念実希人『ひとつむぎの手』感想/誰のために仕事をしていますか?

 誰のために仕事をしていますか?  私は自分と家族のために仕事をしていますが、私のように考えて仕事をしている人は多いと思います。  しかし、知念実希人さんの小説『ひとつむぎの手』の主人公は違いました。自分のためと言いなが …

読書が好きじゃなくても本が読みたくなる小説ーpart7

(※『ビブリア古書堂の事件手帖7 ~栞子さんと果てない舞台~』表紙より)  読書していますか?  『ビブリア古書堂の事件手帖』シリーズもついに7巻目。とうとう完結です。  栞子さんの母が家を出て行った理由が明らかになり、 …

普通って何?村田沙耶香『コンビニ人間』は自分らしく生きる女性を描いた小説

(※『コンビニ人間』表紙より)  2016年に芥川賞を受賞した小説『コンビニ人間』。  普通とは何か?自分らしく生きるとはどういうことか?など、いろいろ考えさせられる物語です。あまりの面白さに一気読みしてしまうこと間違い …

原田マハ『奇跡の人』感想/教育の目的は子どもの自由を広げること

 子どもに自由を与えていますか?  ここで言う自由とは、好き放題に甘やかすことではなく、子どもの意思を尊重することです。そのせいで、子どもがツライ思いをすることになっても、力の限り応援していく…。  原田マハさんの小説『 …

読書は優雅なもの!?東野圭吾『素敵な日本人』は意外性にあふれたミステリー小説

(※『素敵な日本人』表紙より)  短編はお好きですか。  私は小説に驚きや感動、励ましのようなものを求めているので、物語の世界観にどっぷり浸れて、イッキ読みできる長編を好んでいました。  今もその思いは変わりませんが、東 …

東野圭吾『どちらかが彼女を殺した』は読者の推理力が試される物語

 推理していますか?  私はミステリーが好きでよく読んでいますが、あまり推理をせずに物語を追いかけてきました。  しかし、東野圭吾さんの小説『どちらかが彼女を殺した』では推理せざるを得なくなったんですよね。容疑者である二 …

東野圭吾『ラプラスの魔女』感想/「存在意義がない人」などこの世に存在しない

 自分の視点で他人を評価していませんか?  たとえば、「あの人は役に立つ人だ」とか、「あの人には何を任せてもダメだ」なんて評価しがちですが…。実はこの世界には「存在意義がない人」なんて誰もいません。  そんな当たり前のこ …

忍者は残酷!?『忍びの国』は家庭環境の影響力に驚かされる小説

(※『忍びの国』表紙より)  和田竜さんの小説『忍びの国』。  織田信長の次男・信雄(のぶかつ)が伊賀忍者たちに煽られ、信長の忠告を無視して伊賀に攻め込む物語です。読めば家庭環境や育った環境の影響力に驚くこと間違いなし! …

有川浩『別冊図書館戦争2』感想/性格が悪い人ほど正々堂々と勝負しない

 仕事でも、恋愛でも、趣味の世界でも正々堂々と勝負しない人っていますよね。  他人の成果を横取りしたり、ありもしない悪口やデマを流したり、負けそうになると強引に力でねじ伏せようとしたりと容赦ありません。  では、このよう …