webstation plus

 田舎に帰っていますか。

 私は都会で暮らしてきたので、田舎と呼べる場所はありませんが、重松清さんの小説『みんなのうた』を読んで、田舎暮らしの大変さが少しだけわかりました。

 田舎と聞くと自然に囲まれた良いイメージをもっていましたが、それだけではないんですよね。

 なぜ田舎暮らしをしたくないのか

 物語の主人公は東大受験に3回失敗したレイコさん。彼女は都会で暮らすことを夢みていましたが、夢破れ、東京から田舎の梅郷に帰ることになりました。

 その帰り道に偶然出会ったのが幼馴染のイネちゃんです。

 イネちゃんは、レイコさんとは真逆のタイプで、高校一年生で家出をして東京で結婚していましたが、夫を東京に残して子供と二人で田舎に帰ろうとしていました。

 レイコさんは、そんな活動的なイネちゃんを避けようとしますが、田舎暮らしにすぐに馴染んだ彼女に振り回されるんですよね。

 では、なぜレイコさんは田舎暮らしを嫌っていたのでしょうか。

 それはプライベートがないからです。噂話がすぐに広まるなど、多くの人から監視されているように感じて、疲れるからです。

 とはいえ、田舎暮らしをしている人たちも、のんきに他人のことを詮索しているわけではありませんでした。

 なぜなら…。

 田舎には若者が暮らしたいと思える魅力がない?

 田舎には若者が住みたいと思えるほどの魅力あるものがありません。そのため、梅郷で育った若者も、どんどん都会に出ていきました。

 その象徴がこいのぼりです。昔は梅郷にも多くの子供たちがいたので、5月になると多くのこいのぼりが泳いでいましたが、今ではほとんど見かけなくなりました。

 もちろん、実質的な悩みもあります。農業で生計を立てていた人たちが歳をとったので、田んぼを耕すことができなくなったのです。

 梅郷に残っているのは、大学受験に失敗するなどして、都会で暮らすことができなかった人たちばかりです。とはいえ、その多くは60歳を過ぎています。

 そこで若者に何とか梅郷に残ってもらおうと、カラオケ店を作ったり、こいのぼりをたくさんひるがえしたりして活性化をはかっているわけですが、それだけでは難しいんですよね。

 だからこそ、余計にレイコさんたち若者のプライベートを監視して、動向を伺ってしまうわけですが…。

 田舎の魅力は人間のあたたかさ

 レイコさんの家族は、梅郷に残って欲しいと思っていましたが強制しませんでした。

 東京に3年間もお金を出して行かせてあげたレイコさんに、「梅郷に残れ!」という権利はあるはずなのにです。

 それは、「自分の人生は自分で決めるべきだ」という想いをもっていたからでした。

 そんな家族のあたたかい気持ちに触れたレイコさんは、少しずつ梅郷で暮らすのも良いかも…って思うようになるんですよね。

 つまり、田舎の強みとは、人間のあたたかさなんだと思います。そんなあたたかな気持ちで若者と接することができれば、もしかすると田舎も活性化できるのかもしれません。

 ◆

 重松清さんの小説『みんなのうた』。読めば、田舎暮らしの大変さと家族のあたたかさに心動かされる物語です。

 気になった方は、ぜひ読んでみてください。

 関連記事

適量を知ることが自分らしく生きる秘訣/柚木麻子『BUTTER』感想

 首都圏連続不審死事件をご存知ですか。多くの男性を虜にして多額の経済的援助を引き出すことに成功した女性・木嶋早苗さんが犯した殺人事件です。  しかし、彼女は若くもなく、美しくもなく、スリムな体型でもありませんでした。そん …

結果よりもプロセスを大切に/伊坂幸太郎『残り全部バケーション』感想

 「歩いても、走っても、飛んでも結果が変わらないのなら、飛びたいだろうが!」  そんなセリフを吐くドジなチンピラが主人公の小説が伊坂幸太郎さんの『残り全部バケーション』です。物語のすべてが語られないので、空白を埋めたくて …

読書が好きじゃなくても本が読みたくなる小説ーpart3

(※『ビブリア古書堂の事件手帖3 ~栞子さんと消えない絆~』表紙より)  読書していますか?  私は『ビブリア古書堂の事件手帖―栞子さんと奇妙な客人たち』を読んでから、他の本を放り出して『ビブリア古書堂の事件手帖』シリー …

知念実希人『ひとつむぎの手』/誰のために仕事をしているの?

 誰のために仕事をしていますか。  私は自分と家族のために仕事をしていますが、知念実希人さんの小説『ひとつむぎの手』の主人公・平良祐介は違いました。  自分のためと言いながらも、何よりも患者のために仕事をするんですよね。 …

家族のことを大切に思ってる?/伊坂幸太郎『AX アックス』感想

 家族のことを大切に思っていますか。  私は誰よりも家族を大切にしていると自負していましたが、伊坂幸太郎さんの小説『AX アックス』を読んで少し考えが変わりました。家族思いの殺し屋に衝撃を受けたからです。  殺し屋なのに …

伊坂幸太郎『死神の浮力』/サイコパスと闘えるのはサイコパスだけ?

 サイコパスっていますよね。彼らは良心を持たないので、好き放題に振舞っています。  たとえば、多くの人を殺したにも関わらず少年法に守られて今も平然と暮らしている殺人鬼。彼は成人してからも被害者家族を侮辱するような本を出し …

伊坂幸太郎『キャプテンサンダーボルト』/リスクを取れば一発逆転できるかも

 一発逆転したいと思ったことありませんか。  私は、仕事が予定通りに進まなかったときに思います。特に最近は一発逆転したいことばかり…。  では、どうすれば一発逆転できるのでしょうか。  リスクを取るしかない   …

ビートたけし『キャバレー』/売れっ子になるための道のりは険しい

 売れっ子になりたいですよね。  私はブログで売れたいと思っていますが、そうでなくても、仕事で、ハンドメイドで、YouTubeで売れたいと思っている人は大勢いると思います。  では、どうすれは売れっ子になれるのでしょうか …

浅田次郎『黒書院の六兵衛』感想/意志の力が世界を動かす

 私たちは誰もがまわりの影響を色濃く受けていますよね。  たとえば、今勤めている会社が大規模なリストラを断行するなんて噂が流れたら、誰もがじっとしていないでしょう。転職先を探したり、リストラ対象に自分が入っていないか確認 …

池井戸潤『不祥事』感想/魅力的な女性の特徴とは?

 小説やドラマを観ていると、「本当に素敵な人だなぁ…」と心を持っていかれそうになる登場人物に出会うことがあります。  たとえば、ドラマ『トリック』に出演されていた仲間由紀恵さん。本当にキレイな方なのにユーモアあふれるキャ …