webstation plus

(※『みんなのうた』表紙より)


 田舎に帰ってますか。

 私はもともと都会と呼ばれる場所で育ったので田舎はありませんが、重松清さんの小説『みんなのうた』を読んで田舎で育った人たちの苦労が少しだけわかりました。

 読めば、家族の温かさに感動すること間違いなし!?

 今回は『みんなのうた』のあらすじとおすすめポイントを紹介します。

 『みんなのうた』のあらすじ

 東大受験に3回失敗したレイコさんは、夢破れて東京から田舎の梅郷に帰ることになりました。

 その帰り道で一緒になったのが幼馴染のイネちゃん。イネちゃんは、レイコさんとは真逆のタイプで、高校一年生で家出をして東京で結婚。今では夫を東京に残したまま子どもと二人で梅郷に帰ろうとしています。

 レイコさんは、そんなイネちゃんを避けようとしますが、田舎暮らしに先に馴染んだイネちゃんに振り回されることに。

 さらに、個性豊かな家族や田舎の人たちとのコミュニケーションを通して、「田舎から抜け出したい」という思いだけで東大を目指してきたレイコさんの考えが変わっていきます。そして最後は――。

 感動間違いなしの物語です。

 『みんなのうた』のおすすめポイント

1. 心がチクっとする短編集

 『みんなのうた』は、全6章で構成された短編集と見せかけた長編小説です。

 レイコさん、イナちゃん、レイコさんの弟など、物語の中心となる人物を変えながらレイコさんとイナちゃんの田舎暮らしが描かれていくんですよね。

 なかでもおすすめなのが、『泳げ、こいのぼり』、『フルサトガエル』、『エラジンさん』。

 それぞれ簡単に紹介していきます。

『泳げ、こいのぼり』

 レイコさんの弟・タカツグはカラオケ店の店長。そのカラオケ店に毎日70歳を超えた服部さん夫婦がやってきます。

 しかし、彼らはクリームソーダを注文して部屋に入ると、歌うことなく時間がくるまで座ったままでした。一体どうして?

 そんな服部さん夫婦が、地域活性化プロジェクト「こいのぼりを空にひるがえらせよう」に協力したいと言います。

 そこでレイコさんとイネちゃんがこいのぼりを借りに家まで行ったところ――。

 服部さん夫婦がクリームソーダを飲む理由に感動すること間違いなし!?

『フルサトガエル』

 イネちゃんの夫が東京から梅郷にやってきました。イネちゃんを迎えに来たのです。

 しかし、イネちゃんは夫に会おうとしませんでした。その理由は――。

 イネちゃんの決断に心がチクっとする物語です。

『エラジンさん』

 梅郷に突然、「絶対反対」という看板が立ちました。しかし、誰が何に反対しているのかまったくわかりません。

 気味悪くなったレイコさんが家族に相談したところ、サブちゃんという60歳を過ぎた気の良いおじさんが立てたことがわかりました。なぜ、サブちゃんは看板を立てたのか!?

 最後に涙が止まらなくなる物語です。

2. 田舎暮らしのツラさがわかる

 田舎で暮らす人たちの悩みは、若者が田舎から都会に出て行くことでした。

 その象徴がこいのぼり。昔は梅郷にも多くの子どもがいたので、5月になるとそこら中にこいのぼりがひるがえっていましたが、今ではほとんど見かけなくなりました。それだけ子どもが少なくなったのです。

 もちろん、実質的な悩みもあります。農業で生計を立てていた人たちが歳をとったので、田んぼを耕すことができなくなくなりました。

 梅郷に残っているのは、大学に行けなかったサブちゃんのような人たちばかり。そんな彼らが歳をとった人たちに代わって農作業をするのですが、サブちゃん自身も60歳を過ぎています。

 そこで何とかして若者を梅郷に残そうと、カラオケ店を作ったり、こいのぼりをたくさんひるがえしたりして活性化をはかろうとしているわけですね。

 もちろん、夢破れたレイコさんにも梅郷に残って欲しいと誰もが思っていますが――。

 田舎で暮らす人たちの悩みに共感できる物語です。

3. 家族の温かさに感動

 レイコさんの家族は、梅郷に残って欲しいとレイコさんに伝えますが、一方で、「自分の人生は自分で決めるべきだ」という想いをもっていました。

 そこで、彼らはレイコさんの意見を何よりも尊重します。そんな想いに触れたレイコさんは――。

 最後に感動が待っている物語です。

 最後に

 重松清さんの小説『みんなのうた』。読めば、家族の温かさに感動すること間違いなし!?

 気になった方は、ぜひ読んでみてください。

 関連記事

厳しい現実に立ち向かうには哲学とユーモアが必要/伊坂幸太郎『アヒルと鴨のコインロッカー』感想

 アパートに引っ越してきた大学生が隣の住人から「一緒に本屋を襲わないか?」と誘われて始まる物語。そんな意味不明な幕開けをする小説が伊坂幸太郎さんの『アヒルと鴨のコインロッカー』です。  物語全体もかなり現実離れしているの …

普通って何?村田沙耶香『コンビニ人間』は自分らしく生きる女性を描いた小説

(※『コンビニ人間』表紙より)  2016年に芥川賞を受賞した小説『コンビニ人間』。  普通とは何か?自分らしく生きるとはどういうことか?など、いろいろ考えさせられる物語です。あまりの面白さに一気読みしてしまうこと間違い …

東野圭吾『探偵ガリレオ』は科学的な視点で事件を解決するミステリー小説

(※『探偵ガリレオ』表紙より)  東野圭吾さんの小説『探偵ガリレオ』。  警視庁捜査一課の草薙俊平が、帝都大学理工学部の准教授・湯川学とともに科学的な視点で事件を解決していくミステリー小説です。読めば、湯川准教授に挑戦し …

人に嫌われない生き方も悪くないかもしれない/伊坂幸太郎『あるキング』感想

 天才野球少年に次々と無理難題が押し寄せてくる物語。それが伊坂幸太郎さんの小説『あるキング』。  最後まで何を伝えたいのかよくわからない物語でしたが、なんとなく感じ取れたのは、人に嫌われない生き方も悪くないかもしれないっ …

『小太郎の左腕』は出世の代償は高くつくことを教えてくれる小説

(※『小太郎の左腕』表紙より)  和田竜さんの小説『小太郎の左腕』。  山奥でひっそりと暮らす小太郎が、戸田家の名将・林半右衛門(はやし はんえもん)によって戦場に連れ出され、圧倒的な力を発揮する物語です。読めば、出世の …

読書が好きじゃなくても本が読みたくなる小説ーpart4

(※『ビブリア古書堂の事件手帖4 ~栞子さんと二つの顔~』表紙より)  読書していますか?  今、私は『ビブリア古書堂の事件手帖』シリーズにハマりにハマっています。続きが気になって朝5時に起きて読むほどに――。  ではな …

愛情が足りない!?西加奈子『i(アイ)』は人の気持ちに寄り添いたくなる小説

(※『i(アイ)』表紙より)  人の気持ちに寄り添っていますか。  私は歳をとるにつれて、自分のことばかり考えるようになりました。東日本大震災の報道を見ても、どこか他人事です。  そんな私に人の気持ちに寄り添う大切さを思 …

変わり者が少女を救う/瀬尾まいこ『そして、バトンは渡された』感想

 最初の数ページがつまらないと本を閉じたくなりますよね。  本屋大賞2019で見事1位に輝いた小説『そして、バトンは渡された』がそうだったのですが、我慢強く飛ばし読みをしていくと、突然、面白くなりました。  最 …

考えろ考えろマクガイバー、考えなきゃ騙されるぞ/伊坂幸太郎『魔王』感想

 最後まで読み切ってもストーリーがよくわからない小説。それが伊坂幸太郎さんの『魔王』。  登場人物のセリフを追いかけていくと、いろいろ考えさせられるんですけどね。  魔王って誰のこと?  タイトルにもなっている …

恋愛ものが苦手な人にこそ読んでほしい小説/伊坂幸太郎『アイネクライネナハトムジーク』感想

 恋愛小説はお好きですか。  私はどちらかと言えば苦手で、これまであまり読んでこなかったのですが、伊坂幸太郎さんの作品ということもあって読んでみました。  結果、心配していたのがバカらしくなるくらい面白かったです。恋愛小 …