webstation plus

(※『真夏の方程式』表紙より)


 東野圭吾さんの小説『真夏の方程式』。

 仕事で玻璃ヶ浦(はりがうら)にやってきた湯川准教授が小学五年生の恭平と出会い、思わぬ事件に巻き込まれる物語です。読めば感動すること間違いなし!?

 今回はガリレオシリーズ第6弾『真夏の方程式』のあらすじとおすすめポイントを紹介します。

 『真夏の方程式』のあらすじ

 玻璃ヶ浦で海底からレアメタルなどの鉱物を掘り出そうとする企業・デスメック。

 そのアドバイザーとして呼ばれた湯川は、電車で出会った少年・恭平の伯父が経営する旅館に泊まることにしました。

 しかし、その翌日。宿泊客が死体となって発見されます。最初は事故と思われましたが、その後の調べで他殺の可能性が。

 湯川が自らの意思でこの事件の謎に迫る!?

 『真夏の方程式』のおすすめポイント

1. 子どもと向き合う湯川准教授が魅力的

 恭平は、「大人たちは何の根拠もなく、子どもとは秘密を共有できないと思っている」と大人に不信感を抱いていました。

 伯父の家に預けられたのも、両親の仕事の都合。恭平の意見を聞く振りはしますが、嫌がったところで行くしかありません。

 そんな恭平の前に、彼を一人の大人として扱ってくれる男性が現れます。それが湯川准教授。

 宿泊客が亡くなったときも、誰もそれを教えてくれませんでしたが、湯川だけが教えてくれました。

 その後も、湯川は科学の面白さを教えたり、ペットボトルロケットで海底を一緒に見たり、宿題を手伝ったりと恭平と真正面から向き合います。

 そんな湯川准教授が魅力的な物語です。

2. 過去と現在の殺人事件がリンクする!?

 湯川と同じ旅館に泊まった宿泊客が殺された事件は、意外な方向へと進んでいきます。

 彼は堤防から落ちて死んだと思われていましたが、死因は一酸化炭素中毒によるもの。しかも、元刑事で16年前に起こった殺人事件の真相を追いかけていました。

 過去と現在の事件が繋がる!?

3. ラストに感動のセリフが!?

 今回の作品では、湯川准教授は自ら事件解決に乗り出します。これまで警察に協力するのを渋っていたのに、なぜ今回は自ら動き出したのでしょうか。

 それは、

誰かの人生がねじ曲げられようとしている

 からでした。そして全ての謎が解けたとき、彼はこんなセリフを言います。

どんな問題にも答えが必ずある。だけどそれをすぐに導き出せるとはかぎらない。人生においてもそうだ。今すぐ答えを出せない問題なんて、これから先、いくつも現れるだろう。そのたびに悩むことに価値がある。しかし焦る必要はない。答えを出すためには、自分自身の成長が求められている場合も少なくない。だから人間は学び、努力し、自分を磨いていかなきゃいけない。

 さらに、この後に続くセリフで感動すること間違いなし!?

 最後に

 東野圭吾さんの小説『真夏の方程式』。読めば感動すること間違いなしの物語です。

 気になった方は、ぜひ読んでみてください。

 こちらのエントリでも紹介しています。

 関連記事

忍者は残酷!?『忍びの国』は家庭環境の影響力に驚かされる小説

(※『忍びの国』表紙より)  和田竜さんの小説『忍びの国』。  織田信長の次男・信雄(のぶかつ)が伊賀忍者たちに煽られ、信長の忠告を無視して伊賀に攻め込む物語です。読めば家庭環境や育った環境の影響力に驚くこと間違いなし! …

他人に勝つことよりも自分に負けないことが大切な理由

(※『道誉なり』表紙より)  私たちが住む世界には、権力やお金、名誉などをかけた闘いが星の数ほどあります。  身近なところで言えば、会社での出世争いや住んでいる場所での格付け争い、あるいはSNS上での知名度争いなどがそう …

読書が好きじゃなくても本が読みたくなる小説―part2

(※『ビブリア古書堂の事件手帖 2 栞子さんと謎めく日常』表紙より)  読書していますか?  この前のエントリで『ビブリア古書堂の事件手帖―栞子さんと奇妙な客人たち』を紹介しましたが、今回はその続き『ビブリア古書堂の事件 …

心に闇がある人ほど光を演出する!?/東野圭吾『マスカレード・イブ』

(※『マスカレード・イブ』表紙より)  誰もが自己顕示欲を持っていますよね。出世したかったり、モテたかったり、贅沢な暮らしをしたかったりと、人と比べてスゴイと思われるような生活に憧れています。  しかし、その欲求の裏側に …

伊坂幸太郎『ジャイロスコープ』はこれまでの伊坂作品とはひと味違う短編小説

(※『ジャイロスコープ』表紙より)  伊坂作品の特徴といえば、至るところに散りばめられた伏線がすべて回収されていくところですよね。  これは短編でも長編でも同じです。読了後には必ずスッキリ感が味わえます。  しかし、『ジ …

ピースをはめるような快感が味わえる小説/伊坂幸太郎『ラッシュライフ』

(※『ラッシュライフ』表紙より)  パズルはお好きですか。  私は子どもの頃からパズルが大好きで、1000ピースとか2000ピースのパズルをよくしていました。しかし、最近は仕事が忙しくてなかなかできないんですよね。  と …

『まく子』は思春期のモヤモヤした記憶を思い出せる小説

(※『まく子』表紙より)  西加奈子さんの小説『まく子』。  少し不思議なお話ですが、思春期の頃に感じていた「大人になりたくない!」という気持ちや、変化を受け入れる勇気がなくてモヤモヤしていた記憶が思い出せる小説です。最 …

自分の弱さに嫌気がさしたときに読んで欲しい小説/西加奈子『おまじない』

(※『おまじない』表紙より)  自分の弱さが嫌になることありませんか?  私はよくあります。上司に「休ませてください」と直接言いづらくて、メールで連絡したり、プレゼンの前日に緊張して眠れなかったり、スマホのゲームに夢中に …

これで最後!?東野圭吾『禁断の魔術』は科学よりも大切なものがあることを教えてくれる小説

(※『禁断の魔術』表紙より)  科学を何よりも信じていませんか。  私は信じていました。科学的な根拠があることが、何よりも正しいことだと考えていました。  しかし、東野圭吾さんの小説『禁断の魔術』を読んで少し考えが変わり …

誰もが宗教に関わっている!?今村夏子『星の子』は新興宗教にハマった家族を描いた小説

(※『星の子』表紙より)  宗教は自分には関係のないものだと思っていませんか。  私は思っていました。洗脳された人が、怪しいものを買ったり、変な行動を取ったりするものだと思っていました。  しかし、今村夏子さんの小説『星 …