webstation plus

(※『真夏の方程式』表紙より)


 東野圭吾さんの小説『真夏の方程式』。

 玻璃ヶ浦(はりがうら)に仕事で出かけた湯川准教授が小学五年生の恭平と出会い、思わぬ事件に巻き込まれる物語です。読めば感動すること間違いなし!?

 今回はガリレオシリーズ第6弾『真夏の方程式』のあらすじとおすすめポイントを紹介します。

 『真夏の方程式』のあらすじ

 玻璃ヶ浦で海底からレアメタルなどの鉱物を掘り出そうとする企業・デスメック。

 そのアドバイザーとして呼ばれた湯川は、電車で出会った少年・恭平の伯父が経営する旅館に泊まることにしました。

 しかし、その翌日。もうひとりの宿泊客が死体となって発見されます。最初は事故と思われましたが、その後の調べで他殺の可能性が。

 湯川が自らの意思でこの事件の謎に迫る!?

 子どもと向き合う湯川准教授が魅力的

 恭平は「大人たちは何の根拠もなく、子どもとは秘密を共有できないと思っている」と大人に不信感を抱いていました。

 伯父の家に預けられたのも、両親の仕事の都合。恭平の意見を聞く振りはしますが、嫌がったところで行くしかありません。

 そんな恭平の前に、彼を一人の大人として扱ってくれる男性が現れます。それが湯川准教授。

 宿泊客が亡くなったときも、誰もそれを教えてくれませんでしたが、湯川だけが教えてくれました。

 その後も、彼は科学の面白さを教えたり、ペットボトルロケットで海底を一緒に見たり、宿題を手伝ったりと恭平と真正面から向き合います。

 そんな湯川准教授が魅力的!?

 過去と現在の殺人事件がリンクする!?

 もうひとりの宿泊客が殺された事件は、意外な方向へと進んでいきます。

 彼は堤防から落ちて死んだと思われていましたが、死因は一酸化炭素中毒によるもの。しかも、元刑事で16年前に起こった殺人事件の真相を追いかけていました。

 過去と現在の事件が繋がる!?

 ラストに感動のセリフが!?

 なぜ湯川准教授は自ら事件解決に乗り出したのでしょうか。それは、

誰かの人生がねじ曲げられようとしている

 からでした。そして全ての謎が解けたとき、彼はこんな心に響くセリフを言います。

どんな問題にも答えが必ずある。だけどそれをすぐに導き出せるとはかぎらない。人生においてもそうだ。今すぐ答えを出せない問題なんて、これから先、いくつも現れるだろう。そのたびに悩むことに価値がある。しかし焦る必要はない。答えを出すためには、自分自身の成長が求められている場合も少なくない。だから人間は学び、努力し、自分を磨いていかなきゃいけない。

 さらに、この後に続くセリフで感動すること間違いなし!?

 最後に

 東野圭吾さんの小説『真夏の方程式』。読めば感動すること間違いなしの物語です。

 気になった方は、ぜひ読んでみてください。

 こちらのエントリでも紹介しています。

 関連記事

こだわりを持って生きている?小川洋子『人質の朗読会』は不思議なのに心に残る小説

(※『人質の朗読会』表紙より)  小川洋子さんの小説『人質の朗読会』。  地球の裏側にある村で反政府ゲリラの人質になった8名は、暇つぶしに朗読を始めますが、いつの間にか自分の過去と向き合い、真剣に朗読しあうようになりまし …

ちょっと切ない物語!?米澤穂信『氷菓』は高校が舞台の青春ミステリー小説

(※『氷菓』表紙より)  米澤穂信さんの小説『氷菓』。  高校に入学したばかりの4人が古典部に入部し、日常のちょっとした謎を解いていく青春ミステリー小説です。読めば、少し切ない気持ちになること間違いなし!?  今回は『氷 …

『農ガール、農ライフ』は厳しい現実に立ち向かう勇気をくれる小説

(※『農ガール、農ライフ』表紙より)  垣谷美雨さんの小説『農ガール、農ライフ』。  「今の仕事がキツイから農業でも始めようかなぁ」「退職後に農業でも始められたらいいなぁ」と漠然と考えている人たちに、厳しい現実を教えてく …

『みかづき』は塾教育の歴史が楽しみながら学べる小説

(※『みかづき』表紙より)  森絵都さんの小説『みかづき』。  小学校の用務員として働く大島吾郎が、新たに塾を立ち上げようと考える赤坂千秋と出会い、塾講師として、経営者として奮闘する物語です。読めば塾教育の歴史が楽しみな …

春ちゃんが結婚!?『ねこのばば』は魅力あるキャラクターが多数登場する時代小説

(※『ねこのばば』表紙より)  畠中恵さんの小説『ねこのばば』。  しゃばけシリーズ第3弾の本作は、魅力あるキャラクターが多数登場する時代小説です。ついに若だんなの幼馴染・春ちゃんが結婚する!?  今回は『ねこのばば』の …

犯人を追いつめるだけじゃない!?東野圭吾『虚像の道化師』は心に残る小説

(※『虚像の道化師』表紙より)  東野圭吾さんの小説『虚像の道化師』。  ガリレオシリーズ第7弾の本作は、犯人を追い詰めるだけじゃない短編ミステリーが多数用意されています。きっと心に残る短編に出会えるはず!?  今回は『 …

人の心も科学!?東野圭吾『ガリレオの苦悩』は心に響く言葉が満載の小説

(※『ガリレオの苦悩』表紙より)  東野圭吾さんの小説『ガリレオの苦悩』。  今作から新たに加わった女性刑事・内海薫の登場により物語の幅が広がったミステリー小説です。読めば湯川准教授の言葉が心に響くこと間違いなし!?   …

病弱でも強くなれる!?『しゃばけ』は妖怪が活躍するミステリー小説

(※『しゃばけ』表紙より)  10年ほど前に買った畠中恵さんの小説『しゃばけ』。  久しぶりに読みましたが、病弱なのに難題に立ち向かう若だんなの姿に感動しました。読めば自分も頑張ろうと思えること間違いなし!?  今回は『 …

離婚はイヤ!?滝口悠生『茄子の輝き』は妻を大切にしようと思える小説

(※『茄子の輝き』表紙より)  滝口悠生さんの小説『茄子の輝き』。  数年前に妻と離婚した男性があれこれ過去を振り返る物語です。読めば「妻を大切にしよう!」と思うこと間違いなし!?  今回は『茄子の輝き』のあらすじとおす …

泣けて笑える物語!?ビートたけし『アナログ』は母への愛情を綴った恋愛小説

(※『アナログ』表紙より)  ビートたけしさんの小説『アナログ』。  メールやLINE、SNSなどで、いつでも繋がっていられる時代に、あえて連絡先を交換せずにアナログな関係でいる男女の物語です。読めば、母親への愛情に涙す …