webstation plus

(※『真夏の方程式』表紙より)


 東野圭吾さんの小説『真夏の方程式』。

 仕事で玻璃ヶ浦(はりがうら)にやってきた湯川准教授が小学五年生の恭平と出会い、思わぬ事件に巻き込まれる物語です。読めば感動すること間違いなし!?

 今回はガリレオシリーズ第6弾『真夏の方程式』のあらすじとおすすめポイントを紹介します。

 『真夏の方程式』のあらすじ

 玻璃ヶ浦で海底からレアメタルなどの鉱物を掘り出そうとする企業・デスメック。

 そのアドバイザーとして呼ばれた湯川は、電車で出会った少年・恭平の伯父が経営する旅館に泊まることにしました。

 しかし、その翌日。宿泊客が死体となって発見されます。最初は事故と思われましたが、その後の調べで他殺の可能性が。

 湯川が自らの意思でこの事件の謎に迫る!?

 『真夏の方程式』のおすすめポイント

1. 子どもと向き合う湯川准教授が魅力的

 恭平は、「大人たちは何の根拠もなく、子どもとは秘密を共有できないと思っている」と大人に不信感を抱いていました。

 伯父の家に預けられたのも、両親の仕事の都合。恭平の意見を聞く振りはしますが、嫌がったところで行くしかありません。

 そんな恭平の前に、彼を一人の大人として扱ってくれる男性が現れます。それが湯川准教授。

 宿泊客が亡くなったときも、誰もそれを教えてくれませんでしたが、湯川だけが教えてくれました。

 その後も、湯川は科学の面白さを教えたり、ペットボトルロケットで海底を一緒に見たり、宿題を手伝ったりと恭平と真正面から向き合います。

 そんな湯川准教授が魅力的な物語です。

2. 過去と現在の殺人事件がリンクする!?

 湯川と同じ旅館に泊まった宿泊客が殺された事件は、意外な方向へと進んでいきます。

 彼は堤防から落ちて死んだと思われていましたが、死因は一酸化炭素中毒によるもの。しかも、元刑事で16年前に起こった殺人事件の真相を追いかけていました。

 過去と現在の事件が繋がる!?

3. ラストに感動のセリフが!?

 今回の作品では、湯川准教授は自ら事件解決に乗り出します。これまで警察に協力するのを渋っていたのに、なぜ今回は自ら動き出したのでしょうか。

 それは、

誰かの人生がねじ曲げられようとしている

 からでした。そして全ての謎が解けたとき、彼はこんなセリフを言います。

どんな問題にも答えが必ずある。だけどそれをすぐに導き出せるとはかぎらない。人生においてもそうだ。今すぐ答えを出せない問題なんて、これから先、いくつも現れるだろう。そのたびに悩むことに価値がある。しかし焦る必要はない。答えを出すためには、自分自身の成長が求められている場合も少なくない。だから人間は学び、努力し、自分を磨いていかなきゃいけない。

 さらに、この後に続くセリフで感動すること間違いなし!?

 最後に

 東野圭吾さんの小説『真夏の方程式』。読めば感動すること間違いなしの物語です。

 気になった方は、ぜひ読んでみてください。

 こちらのエントリでも紹介しています。

 関連記事

どんなことでも逆転できる!?阿部和重&伊坂幸太郎『キャプテンサンダーボルト』は一発逆転の物語

(※『キャプテンサンダーボルト 上』表紙より)  一発逆転したいと思ったことありませんか。  私は、仕事が予定通りに進まなかったときに思っています。特に最近は一発逆転したいことばかり…。  阿部和重さんと伊坂幸太郎さんの …

本当の恋をしていますか?知念実希人『崩れる脳を抱きしめて』は心揺さぶられる恋愛ミステリー小説

(※『崩れる脳を抱きしめて』表紙より)  知念実希人さんの小説『崩れる脳を抱きしめて』。  研修医の碓氷蒼馬(うすい そうま)が、脳に爆弾を抱える弓狩環(ゆがり たまき)と出会い、恋に落ち、そして彼女の死の謎に迫る恋愛ミ …

『子育てはもう卒業します』は自分らしく生きようと思える小説

(※『子育てはもう卒業します』表紙より)  垣谷美雨さんの小説『子育てはもう卒業します』。  3人の女性の青春時代から中年になるまでの人生を描いた小説です。読めば「子ども優先で生きるのはやめ、自分らしく生きよう」と思うこ …

若だんなに勇気づけられる!?畠中恵『うそうそ』は他人を犠牲にしても利益を得ようとする人たちを描いた小説

(※『うそうそ』表紙より)  畠中恵さんの小説『うそうそ』。  しゃばけシリーズ第5弾の本作は、相変わらず病弱な若だんなが箱根で誘拐事件、天狗の襲撃、止まらない地震などの厄介ごとに巻き込まれる物語です。  読めば、若だん …

畠中恵『ぬしさまへ』は若だんなの大人になりたい想いに感動する小説

(※『ぬしさまへ』表紙より)  畠中恵さんの小説『ぬしさまへ』。  『しゃばけ』シリーズ第2弾の本作は、病弱で両親や妖怪たちから甘やかされて育った若だんなが大人になりたいと強く願う物語です。読めば自分も頑張ろうと思えるこ …

読書が好きじゃなくても本が読みたくなる小説―part2

(※『ビブリア古書堂の事件手帖 2 栞子さんと謎めく日常』表紙より)  読書していますか?  この前のエントリで『ビブリア古書堂の事件手帖―栞子さんと奇妙な客人たち』を紹介しましたが、今回はその続き『ビブリア古書堂の事件 …

視野が狭くなっているときにおすすめの小説/伊坂幸太郎『SOSの猿』

(※『SOSの猿』表紙より)  常識にとらわれたり、自分の考えに固執したり、思い込みが激しいせいで失敗したことありませんか。  そんなときは、一度落ち着いて読書に挑戦してみるのもいいかもしれません。物事を多角的に眺められ …

理不尽な目にあっても救いがあるかもと思える小説/伊坂幸太郎『首折り男のための協奏曲』感想

 生きていると理不尽な出来事に遭遇することってありますよね。そんなとき、どうすることも出来なくて落ち込んでしまいがちですが、しばらく耐えれば救われるかもと思える物語があります。  それが伊坂幸太郎さんの小説『首折り男のた …

人と対等に付き合ってる?伊坂幸太郎『チルドレン』は口達者な家裁調査官が奇跡を起こす物語

(※『チルドレン』表紙より)  人と対等に付き合っていますか?  私は対等に付き合っていると思っていましたが、伊坂幸太郎さんの小説『チルドレン』を読んで反省しました。障害のある人たちを「可愛そう」という視点で見ていること …

ゴシップ記事は読まないに限る/伊坂幸太郎『陽気なギャングは三つ数えろ』感想

 陽気なギャングシリーズもついに3作目。今回のギャングたちは銀行強盗をすることなく、三流記者に脅され、追い詰められていきます。  ほんと読んでいてムカつく物語ですが、現実にも『陽気なギャングは三つ数えろ』に出てくるような …