webstation plus

(※『真夏の方程式』表紙より)


 東野圭吾さんの小説『真夏の方程式』。

 仕事で玻璃ヶ浦(はりがうら)にやってきた湯川准教授が小学五年生の恭平と出会い、思わぬ事件に巻き込まれる物語です。読めば感動すること間違いなし!?

 今回はガリレオシリーズ第6弾『真夏の方程式』のあらすじとおすすめポイントを紹介します。

 『真夏の方程式』のあらすじ

 玻璃ヶ浦で海底からレアメタルなどの鉱物を掘り出そうとする企業・デスメック。

 そのアドバイザーとして呼ばれた湯川は、電車で出会った少年・恭平の伯父が経営する旅館に泊まることにしました。

 しかし、その翌日。宿泊客が死体となって発見されます。最初は事故と思われましたが、その後の調べで他殺の可能性が。

 湯川が自らの意思でこの事件の謎に迫る!?

 『真夏の方程式』のおすすめポイント

1. 子どもと向き合う湯川准教授が魅力的

 恭平は、「大人たちは何の根拠もなく、子どもとは秘密を共有できないと思っている」と大人に不信感を抱いていました。

 伯父の家に預けられたのも、両親の仕事の都合。恭平の意見を聞く振りはしますが、嫌がったところで行くしかありません。

 そんな恭平の前に、彼を一人の大人として扱ってくれる男性が現れます。それが湯川准教授。

 宿泊客が亡くなったときも、誰もそれを教えてくれませんでしたが、湯川だけが教えてくれました。

 その後も、湯川は科学の面白さを教えたり、ペットボトルロケットで海底を一緒に見たり、宿題を手伝ったりと恭平と真正面から向き合います。

 そんな湯川准教授が魅力的な物語です。

2. 過去と現在の殺人事件がリンクする!?

 湯川と同じ旅館に泊まった宿泊客が殺された事件は、意外な方向へと進んでいきます。

 彼は堤防から落ちて死んだと思われていましたが、死因は一酸化炭素中毒によるもの。しかも、元刑事で16年前に起こった殺人事件の真相を追いかけていました。

 過去と現在の事件が繋がる!?

3. ラストに感動のセリフが!?

 今回の作品では、湯川准教授は自ら事件解決に乗り出します。これまで警察に協力するのを渋っていたのに、なぜ今回は自ら動き出したのでしょうか。

 それは、

誰かの人生がねじ曲げられようとしている

 からでした。そして全ての謎が解けたとき、彼はこんなセリフを言います。

どんな問題にも答えが必ずある。だけどそれをすぐに導き出せるとはかぎらない。人生においてもそうだ。今すぐ答えを出せない問題なんて、これから先、いくつも現れるだろう。そのたびに悩むことに価値がある。しかし焦る必要はない。答えを出すためには、自分自身の成長が求められている場合も少なくない。だから人間は学び、努力し、自分を磨いていかなきゃいけない。

 さらに、この後に続くセリフで感動すること間違いなし!?

 最後に

 東野圭吾さんの小説『真夏の方程式』。読めば感動すること間違いなしの物語です。

 気になった方は、ぜひ読んでみてください。

 こちらのエントリでも紹介しています。

 関連記事

人の話を鵜呑みにするな/伊坂幸太郎『夜の国のクーパー』感想

 戦争に敗れたとある国の物語。それが伊坂幸太郎さんの小説『夜の国のクーパー』です。  相変わらず謎の生物や個性的なキャラクターが登場しますが、視野を広く持たないと簡単に人に騙されることがわかる物語なんですよね。何度も驚か …

有川浩『シアター!2』感想/悪意ある批判には作品を殺す力がある

 本を読んでいると、たまに自分の好みとあわない物語に出会うことがあります。  そんなとき、私は出来るだけ批判めいた内容を書かないように気をつけていますが、それでも相手を傷つけてしまうことがあるんですよね。  もちろん、悪 …

考えろ考えろマクガイバー、考えなきゃ騙されるぞ/伊坂幸太郎『魔王』感想

 考える力がないと強い言葉を使う人たちに騙されてしまう。そんなテーマを描いた小説が伊坂幸太郎さんの『魔王』です。  最後まで読み切ってもストーリーはよくわかりませんが、登場人物たちのセリフに、いろいろ考えさせられる物語な …

悪い奴らに対抗するにはどうすればいい?/伊坂幸太郎『フーガはユーガ』感想

 悪い奴らに対抗するにはどうすれば良いのでしょうか。もちろん、瞬間移動しかありませんよね。  そんな特殊能力を持った双子が、極悪非道の人間と戦う姿を描いた小説が、伊坂幸太郎さんの『フーガはユーガ』。内容的にはつらい話ばか …

森見登美彦『熱帯』感想/小説には魔法をかける力がある

 小説を読んでいますか?  私は社会人になってから小説を読むようになりましたが、今ではカバンの中に何冊も入れて持ち歩かないと不安になるほどハマっています。  では、なぜそれほどハマったのかというと、小説には魔法をかける力 …

秋吉理香子『ジゼル』感想/バレエの世界は嫉妬と愛憎が渦巻いている

 仕事で、嫉妬したり、愛情を注いだり、憎しんだりしていますか?  私はどちらかと言えば感情を大きく動かしながら仕事と向き合っていますが、秋吉理香子さんの小説『ジゼル』を読んでバレエダンサーたちの情熱に衝撃を受けました。 …

浅田次郎『黒書院の六兵衛』感想/意志の力が世界を動かす

 私たちは誰もがまわりの影響を色濃く受けていますよね。  たとえば、今勤めている会社が大規模なリストラを断行するなんて噂が流れたら、誰もがじっとしていないでしょう。転職先を探したり、リストラ対象に自分が入っていないか確認 …

好きなことを仕事にするのは本当に幸せなのか?東野圭吾『眠りの森』感想

(※『眠りの森』表紙より)  人生を捧げてもいいと思えるほどの「好きなこと」がありますか。  収入が減っても、プライベートな時間がなくなっても、結婚や恋愛が出来なくても、やりたいと思えること。  そんな何かを持っている人 …

なぜ私たちはアナログな人間関係を求めるのか?/ビートたけし『アナログ』感想

(※『アナログ』表紙より)  メールやLINE、SNSでどれだけやりとりをしても、なぜだか寂しい…。そんなことありませんか。  それは私たちがアナログな世界で生きているからです。多くのものがデジタル化されるほど、私たちは …

伊坂幸太郎『キャプテンサンダーボルト』/リスクを取れば一発逆転できるかも

 一発逆転したいと思ったことありませんか。  私は、仕事が予定通りに進まなかったときに思います。特に最近は一発逆転したいことばかり…。  では、どうすれば一発逆転できるのでしょうか。  リスクを取るしかない   …