webstation plus

 解決できない問題で悩むのは時間のムダだと思っていませんか?

 私はそう思っていましたが、東野圭吾さんの小説『真夏の方程式』を読んで考えが変わりました。

 たとえ解決できない問題だとしても、問題によっては人生をかけて悩み続けることに価値があることに気づけたんですよね。

 湯川准教授の優しさに涙なしでは読めない物語です。

 湯川と同じ旅館に泊まった男性が死体で発見される!?

 では、あらすじから。

 物語は、恭平という少年が夏休みを利用して玻璃ヶ浦にある伯母一家が経営する旅館に向かうところから始まります。

 恭平はその途中の電車で居合わせた老人から携帯電話を使うなと理不尽に怒られましたが、このとき彼を助けたのが湯川准教授でした。

 湯川は、玻璃ヶ浦の海底からレアメタルなどの鉱物を掘り出そうとする企業・デスメックのアドバイザーとして呼ばれていたのです。

 そして、恭平少年との出会いがキッカケで、彼の伯母一家が経営する旅館に泊まることにしたのですが…。

 その翌日。もう一人の宿泊客が堤防下の岩場で死体となって発見されます。最初は転落死と思われましたが、その後の調べで他殺の可能性が浮かび上がってきました。

 それだけでなく、亡くなったのは塚原という名の元警察官で、16年前に彼が殺人犯として逮捕した仙波英俊の消息を探していることがわかります。

 さらに、これまで積極的に捜査に協力したことのない湯川が、なぜかこの事件に首を突っ込み、自らの意志で事件を解決しようと動きはじめました。

 その理由は…。

 悩むことに価値がある

誰かの人生がねじ曲げられようとしている

 からでした。ネタバレになるので、あまり詳しくは書きませんが、この事件の背景には驚くような過去とトリックが隠されていたのです。

 しかも、この事件のトリックは解けば良いというものではありませんでした。単純に謎を解き明かすだけでは、湯川が言うように誰かの人生がねじ曲げられてしまいます。

 そこで湯川はこれまで非協力的だった捜査に自ら乗り出したんですよね。

 さらに、湯川は事件の謎を明らかにした後、ある人物にこんなセリフを言います。

どんな問題にも答えが必ずある。だけどそれをすぐに導き出せるとはかぎらない。人生においてもそうだ。今すぐ答えを出せない問題なんて、これから先、いくつも現れるだろう。そのたびに悩むことに価値がある。しかし焦る必要はない。答えを出すためには、自分自身の成長が求められている場合も少なくない。だから人間は学び、努力し、自分を磨いていかなきゃいけない。

 さらにこの後にも感動のセリフが続くのですが、ネタバレになるので気になった方は、実際に読んでみてください。

 湯川の優しさに涙なしでは読めない物語

 とにかく、東野圭吾さんの小説『真夏の方程式』は、たとえ解決できない問題だとしても、問題によっては人生をかけて悩み続けることに価値があることを教えてくれる物語です。

 それだけでなく、子供嫌いな湯川が恭平から「はかせ」と呼ばれて彼と仲良くなっていく姿が微笑ましくなる物語としても、

 最後に驚きの結末が待っているミステリーとしても、湯川の優しさに涙なしでは読めない物語としても楽しめるので…。

 気になった方は、ぜひ読んでみてください。

おすすめのまとめ記事はこちら

 関連記事

北川恵海『ちょっと今から仕事辞めてくる』は自殺をするくらいなら仕事を辞めたほうが良いと思える物語

 頑張って仕事していますか?  私は出来るだけ頑張って仕事をしているつもりですが、世間を見渡すと、仕事を頑張りすぎて追い詰められ、自殺をする人が後を絶ちません。  もちろん、自殺をするまで頑張る必要はありませんが、頭では …

東野圭吾『禁断の魔術』感想/科学よりも大切にすべきものがある!?

 科学を何よりも重要なものだと思っていませんか?  私はエンジニアとして仕事をしているので、科学的な根拠がないことをあまり信じていませんが…。  言い換えると、科学的な根拠が何よりも重要だと考えていましたが、東野圭吾さん …

東野圭吾『探偵ガリレオ』は科学的で論理的な推理が楽しめるミステリー小説

 科学的で論理的な物語はお好きですか?  私は技術者として働いているので、毎日のように科学的で論理的な会話を繰り広げていますが、東野圭吾さんの小説『探偵ガリレオ』は、そんな私でも「すごい!」「面白い!」と思えるトリックが …

東野圭吾『希望の糸』は子供の存在の大きさに衝撃を受ける物語

 子供を大切にしていますか?  もちろん、子供が産まれない方や産まない方がいるのは知っていますが、東野圭吾さんの小説『希望の糸』を読んで、私たちの人生における子供が占める割合の大きさに衝撃を受けました。  私にも二人の子 …

伊坂幸太郎『魔王』は考える力を失った人たちの恐ろしさがよくわかる物語

 誰かの意見に流されていませんか?  私は何でも「なぜ?」と考えるクセがあるので、あまり世間の風潮に流されていないと思いますが、伊坂幸太郎さんの小説『魔王』を読んで、考える力を失った人たちの恐ろしさがよくわかりました。 …

三上延『ビブリア古書堂の事件手帖5』感想/他人の話を鵜呑みにすると痛い目に遭う!?

 他人の話を鵜呑みにしていませんか?  私はよく他人の話を鵜呑みにしていますが、三上延さんの小説『ビブリア古書堂の事件手帖5』を読んで、他人の話を鵜呑みにしていると痛い目に遭うことに気づきました。  友人や知人だけでなく …

伊坂幸太郎『砂漠』は自分を信じてもう一度頑張ってみようと思える物語

 学生時代は真面目に勉強してきましたか?  私は多くの大学生と同じように、バカ騒ぎをして過ごしてきたので、真面目に勉強してきたとは口が裂けても言えませんが、そんな私だからこそ、伊坂幸太郎さんの小説『砂漠』を読んで懐かしい …

病弱でも強くなれる!?畠中恵『しゃばけ』は妖怪が活躍するミステリー小説

(※『しゃばけ』表紙より)  10年ほど前に買った畠中恵さんの小説『しゃばけ』。  久しぶりに読みましたが、病弱なのに難題に立ち向かう若だんなの姿に感動しました。読めば自分も頑張ろうと思えること間違いなし!?  今回は『 …

柚木麻子『本屋さんのダイアナ』感想/「現実を愛せない人」に幸せは訪れない

 今の生活を楽しんでいますか?  実は、私たちが苦しんだり、悩んだりするのは、今、目の前にある現実を受け入れられないときですが、残念ながら現実を愛せない人に幸せは訪れません。  そんな思いにさせてくれた小説が柚木麻子さん …

浅田次郎『おもかげ』感想/愛される人と愛されない人のちがい

 人から愛されていますか?  私はどちらかといえば愛されていると思いますが、もし、家族からあまり好かれていない、友人も少ない、自分のことをわかってくれる人が誰もいないと感じているようなら、今すぐ生き方を変えた方がいいかも …