webstation plus

 自分の意見や考えを大切にしていますか?

 私はどうしても他人の顔色を窺ってしまうので、不本意でも他人の意見に従ってしまうことがありますが…。

 そう考えると、百田尚樹さんのメンタルってすごいですよね。

 思ったことをすぐ口にする性格だからでしょうが、すごい頻度でマスコミに叩かれたり、SNSで炎上したりしています。それにも関わらず、まったくへこたれていません。

 もちろん、百田さんのこういった性格については賛否両論あるでしょうが、「自分の意見や考えを発言する強さ」は見習うべきだと思います。

 そうすれば、今よりもずっと楽に生きらそうですよね。

 人間関係で悩むのは贅沢なこと!?

 私たちの悩みを紐解くと、その多くが人間関係の悩みに行きつきます。嫌いな人たちと時間を共有するのは、とてもツライことです。

 とはいえ、ある意味では、人間関係で悩めるのは贅沢なことなんですよね。

 今から70年ほど前まで、日本は戦争をしていました。仕事どころか明日の命さえわからない状況です。そんな状況では人間関係で悩むことなんてできません。

 もちろん、これは極端な例ですが、私たちは必要以上に人間関係で悩み苦しんでいるように思います。

 そこで、どうすれば必要以上に人間関係で悩まずにいられるのか、メンタルが強い人なら誰もが知っている3つの事実を紹介していきます。

 1. 他人の目を気にする人ほど好かれない

 他人から嫌われたくないので、言いたいことがいえない…。そんなことありませんか。

 もしそうだとしたら、考え方を変えましょう。実は、他人に好かれようとすればするほど、信念がない人間だと思われて、逆に嫌われてしまうからです。

 たとえば、フルポン村上さん。彼は他人の目を意識してカッコつけてばかりいますが、その姿を見ればみるほど好意がもてなくなります。

 一方で、狩野英孝さんのように笑われても、バカにされても、自分を丸ごと出している人の方が好意がもてますよね。

 もちろん、自分の意見や考えを明らかにしても嫌われることもあるでしょう。しかし、どうせ嫌われるなら、自分の意見や考えを大切にしたほうが良いと思いませんか。

 2. 批判や失敗を恐れるほど成功から遠ざかる

 失敗を恐れて行動できない、他人に負けるくらいなら挑戦したくない…って思うことありますよね。

 しかし、他人に負ける可能性があるからこそ、その敗北がツラくて苦しいからこそ、勝利が楽しくて心地良いものになるのです。

 たとえば、ジャンケン。友達と暇つぶしにジャンケンをしても、まったく面白くないですよね。では、1万円を賭けた勝負ならどうでしょうか。

 スーパーマリオやテトリスなどのテレビゲームもそうです。「頑張ってもなかなか上手くいかない」からこそ夢中になれるんですよね。

 もちろん、人生だって同じです。常に敗北が潜んでいるからこそ、リスクのある戦いだからこそ、面白く感じるわけです。

 つまり、「敗北や失敗があるから楽しいんだ!」と決めて挑戦することが大切なんですよね。たとえ負けたとしても、次は勝てるかもしれませんからね。

 以下のエントリでも「失敗を受け入れた方が得する理由」を書いています。参考にしてください。

 3. 後悔する暇があるなら新しい一歩を踏み出そう

 先ほどの話とも関連しますが、失敗したときや痛い目にあったときは、「こんなことなら挑戦しなければ良かった」って思いますよね。

 私もこれまで数え切れないほどの失敗と後悔をしてきましたが、どれだけ後悔しても得られるものはありませんでした。

 囲碁棋士の世界でも同じです。「タイトルに無縁の囲碁棋士」と「タイトル保持者」とで、失敗に対する考え方が大きく違うそうです。

 タイトルに無縁の囲碁棋士は、失着を打つとしばらく後悔するそうです。そのせいで待ち時間が少なくなったり、失着を活かす手はないかと変にこだわったりして、どんどん深みにハマっていきます。

 一方のタイトル保持者は、失着を打っても、それは忘れて、現在の局面でベストな手を見出そうとします。その結果、失着による影響が少なくなり、勝率が高まるそうです。

 これは私たちの日常生活に照らし合わせても同じです。後悔は一瞬で終わらせて、「今出来ること」に目を向けていきたいですね。

 誰でも強いメンタルになれる

 今回は、百田尚樹さんの本『鋼のメンタル』を参考に、メンタルが強い人なら誰もが知っている3つの事実を紹介してきました。

 そんな私も、昔は人前で発表するとき、手や足が震えてとまらないほど緊張する性格でした。

 しかし、今回の内容を理解したうえで、発表を繰り返してきた結果、いつの間にかそれほど緊張しなくなりました。それだけでなく、自分の意見や考えを堂々と言えるようになったんですよね。

 つまり、メンタルは鍛えることができるのです。

 もし、メンタルが弱いなぁ…と感じているようなら今回紹介した3つの事実を踏まえて行動してみてはどうでしょうか。

 関連記事

説得力を高める3つの要素/『ツカむ!話術』

 なぜ、アメリカ人は「自己主張」がうまくできるのだろう。自分の発言に説得力をもたせ、相手に聞く耳をもってもらえる。人の心を惹きつけ、動かしていける――。なぜ、そんな話術を身につけているのだろうか。  結論からいえば、子ど …

悩みの原因は自分にあった!?問題解決のヒント34

 生きていると悩みがつきませんよね。仕事が上手くいかない、時間が足りない、もっとお金が欲しい…などなど、次々と悩みが増えていきます。  しかし、このように悩んだり苦しんだりしているのは、信じているものが間違っているからだ …

いじめはいじめている側が100%悪い!?心の弱い人間を相手にするのはやめよう

 いじめが後を絶ちませんよね。  小学校や中学校でいじめられて自殺をする人も大勢いますが、今では社会人になっても、いじめられて自殺をする人がいます。  それだけいじめが大きな問題になっていますが、いじめをするような心の弱 …

プレゼンで想いが伝わらない…そんなときは「語彙力」を鍛えよう!?

 「他人よりも頑張っているのに評価されない!?」って思ったことありませんか?  斬新なアイデアを説明しても、なぜか反応が悪かったり、交渉の場でプレゼンをしてもうまく伝わらなかったり…。  もし、そんな心当たりがあるような …

結婚運がない人がやってしまいがちな3つの勘違い

 先日、知り合いのおじさんから、こんな話を聞きました。  「最近、娘が結婚したんやけど、ほとんど旦那の言うことに従ってるみたいやねん。自分の意見と旦那の意見が一致しないときもあるやろ?そのときは、旦那の意見を自分の意見と …

「英語が話せない…」と悩んでいる方へ

 英語でプレゼンできますか?  私はできません。先日も英語でプレゼンをする機会があったのですが、「英語が話せない」という理由で断り、先輩に代わっていただきました。  もちろん、このままではダメですよね。先輩にも迷惑がかか …