webstation plus

 百田尚樹さんのメンタルってすごいですよね。

 思ったことをすぐ口にする性格だからでしょうが、すごい頻度でマスコミに叩かれたり、SNSで炎上したりしています。それにも関わらず、まったくへこたれていません。

 もちろん、百田さんのこういった性格については賛否両論あるでしょうが、「自分の信念を貫く強さ」は見習うべきだと思います。そうすれば、今よりもずっと楽に生きらそうですよね。

 人間関係で悩むのは贅沢なこと!?

 私たちの悩みを紐解くと、その多くが人間関係の悩みに行きつきます。嫌いな人たちと時間を共有するのは、とてもツライことです。

 とはいえ、ある意味では、人間関係で悩めるのは贅沢なことなんですよね。

 今から70年ほど前まで、日本は戦争をしていました。仕事どころか明日の命さえわからない状況です。そんな状況では人間関係で悩むことなんてできません。

 もちろん、これは極端な例ですが、私たちは必要以上に人間関係で悩み苦しんでいるように思います。

 そこで、どうすれば必要以上に人間関係で悩まずにいられるのか、メンタルが強い人なら誰もが知っている3つの事実を紹介していきます。

 1. 他人の目を気にする人ほど好かれない

 他人から嫌われたくないので、言いたいことがいえない…。そんなことありませんか。

 もしそうだとしたら、考え方を変えましょう。他人に好かれようとすればするほど、信念がない人間だと思われるからです。

 たとえば、フルポンの村上さん。彼は他人の目を意識してカッコつけてばかりいますが、その姿を見ればみるほど好意をもてなくなっていきます。

 反対に、狩野英孝さんのように笑われても、バカにされても、自分を丸ごと出している人の方が好感がもてます。

 もちろん、自分の意見や考えを明らかにすれば嫌われることもあるでしょう。しかし、どうせ嫌われるなら、自分の意見や考えを大切にしたほうが得だと思いませんか。

 2. 批判や失敗を恐れるほど成功から遠ざかる

 失敗を恐れて行動できない、他人に負けるくらいなら挑戦したくない…って思うことありますよね。

 しかし、他人に負ける可能性があるからこそ、その敗北がツラくて苦しいからこそ、勝利が楽しくて心地良いものになるんです。

 たとえば、ジャンケン。友達と暇つぶしにジャンケンをしても、まったく面白くないですよね。では、1万円を賭けた勝負ならどうでしょうか。

 スーパーマリオやテトリスなどのテレビゲームもそうです。「頑張ってもなかなか上手くいかない」からこそ夢中になれます。

 もちろん、人生だって同じです。常に敗北が潜んでいるからこそ、リスクのある戦いだからこそ、面白く感じるわけです。

 つまり、「敗北や失敗があるからこそ楽しいんだ!」と決めて挑戦した方が得なんですよね。たとえ今回は負けたとしても、次は勝てるかもしれませんよ。

 3. 後悔する暇があるなら新しい一歩を踏み出そう

 先ほどの話とも関連しますが、失敗したときや痛い目にあったときは、「こんなことなら挑戦しなければ良かった」って思いますよね。

 私もこれまで数え切れないほど後悔してきましたが、まったく得られるものはありませんでした。後悔しても何も変わらないからです。

 プロの囲碁棋士の世界では、「タイトルに無縁の囲碁棋士」と「タイトル保持者」とで、失敗に対する考え方が大きく違うそうです。

 タイトルに無縁の囲碁棋士は、失着を打つとしばらく後悔します。そのせいで待ち時間が少なくなったり、失着を活かす手はないかと変にこだわったりして、どんどん深みにハマっていきます。

 一方のタイトル保持者は、失着を打っても、それは忘れて、現在の局面でベストな手を見出そうとします。その結果、失着による影響が少なくなり、勝率が高まるそうです。

 だからこそ、後悔は一瞬で終わらせて、「今出来ること」に目を向けていきたいですね。

 誰でも強いメンタルになれる

 私は人前で発表するとき、手や足が震えてとまらないほど緊張する性格でした。

 しかし、今回の内容を理解したうえで、発表を繰り返してきた結果、いつの間にかそれほど緊張しなくなりました。つまり、メンタルは鍛えることができるのです。

 もし、メンタルが弱いなぁ…と感じているようなら今回紹介した3つの事実を頭に叩き込んでみてはどうでしょうか。今よりもずっと強くなれますよ。

 関連記事

仕事ができない人ができる人になる方法/無駄な仕事は「やったフリ」で乗り切ろう!?

 仕事の成果を出していますか?  実は、多くの人は毎日忙しそうに仕事をしていますが、ほとんど成果が出ていません。まわりからも頑張りを認められているのに、非難されているわけでもないのに、成果を出せていないんですよね。  そ …

不幸な境遇でも幸せに生きる方法

(※『雨の日も、晴れ男』表紙より)  「私はなんて不幸なんだ!」と嘆いていませんか?  そんな方にオススメの本が水野敬也さんの『雨の日も、晴れ男』。次々と襲いかかってくる不幸にもめげず、明るく前向きに生きる主人公に共感で …

脳科学者がつきとめた「運が良くなる」3つの方法

 仕事でも、お金でも、恋愛でも、「運のいい人」っていますよね。それほど頑張っているわけでもないのに、結果を出しているわけでもないのに、出世したり、お金持ちだったり、異性にモテたり…と、遠くから眺めているだけで羨ましくなる …

「痩せられない」&「時間がない」人にオススメの処方箋

 「痩せたいのに痩せられない」「忙しすぎて自分の時間がまったくもてない」という悩みを抱えていませんか?しかし、これらを改善しようと思っても、なかなか思うようにはいきませんよね。それは、私たちの想定外のところに原因があるか …

「ありのまま」か「なるがまま」か/ぶれない心を育てる方法

 前回、「悩みを解決したいのなら、悩みから逃げるのではなく、徹底的に悩みぬこう」というエントリを書きましたが、今回は前回と少し視点を変えて悩みについて考えてみたいと思います。  心理学者であるアルフレッド・アドラーは、「 …

「早起き」に挫折した人がとるべきたった一つの行動

 「早起きした方がいいですよ!」と主張している本には、大抵「夕方以降にカフェインを取ってはいけません。寝つきが悪くなるからね」と書かれています。しかし、私は寝る直前にコーヒーを飲んでも、一瞬で深い眠りにつけるんですよね。 …

「自己否定」をやめれば幸せになれる/がんばらない成長論

 がんばって努力して、勉強して、学んで、訓練して…。そうしないと「成長できない」と思っていませんか。私はそう思ってがんばってきました。うまくいかないのは「自分のがんばりが足りない」からだと考えてきました。  しかし、心屋 …

「自分らしく生きたい」と思っているなら絶対に鍛えておきたい能力

 「自分らしく生きたい」と思っても、まわりに振り回されてばかり…なんてことありませんか。  実は、その要因のひとつに「直観力」が鍛えられていないことが挙げられます。  私たちは「お昼ご飯」から「結婚相手」に至るまで、さま …

35歳から始まる「第二の人生」を楽しむためのチェックリスト5つ

 35歳という年齢は、第二の人生のスタート地点だといわれています。  たとえば、仕事。「転職35歳限界説」が巷でささやかれているように、35歳を過ぎると転職のハードルが高くなり、よほどスゴイ専門性があるか、もしくはマネジ …

今日の運勢よりもよく当たる!?「あなたの決断」は10秒前に決まっていた

 今日の運勢を気にしている人って多いですよね。  私はどちらかと言えば、気にしていない方ですが、それでも良い運勢だと言われると悪い気はしません。  とはいえ、今日の運勢は当たることもあれば外れることもあります。私たちの決 …