webstation plus

(※『数学ガールの秘密ノート/式とグラフ』表紙より)


 数学は得意ですか。

 私は学生の頃は得意だったのですが、社会人になってからは苦手意識が強くなりました。複雑な数式が理解できなくなってきたからです。

 そこで中学レベルから勉強し直そうと思い、『数学ガールの秘密ノート/式とグラフ』を読むことにしました。簡単な数式だけでなく、少し難しい問題までわかりやすく説明されているので、苦手意識が強かった私でも楽しく学べるんですよね。

 今回は、数学に苦手意識を持っている人にぜひ読んで欲しい本『数学ガールの秘密ノート/式とグラフ』のおすすめポイントを紹介します。

 『数学ガールの秘密ノート/式とグラフ』のおすすめポイント

1. 忘れていた定義が思い出せる

 突然ですが、「恒等式」とは何か覚えていますか。

どんな数を入れても、常に成り立つ等式のこと

 です。たとえば、「\((a+b)(a-b) = a^2-b^2\)」は、「\(a\)」や「\(b\)」にどんな数を入れても式が成り立ちますよね。

 このような定義を改めて思い出すことができます。

 他にも「比例とは?」「反比例とは?」など、式とグラフに関する定義が盛りだくさん。ぜひ、楽しみながら数学の定義を思い出してください。

2. 式とグラフ(図形)の基本的な考え方が学べる

 先ほどの問題「\((a+b)(a-b) = a^2-b^2\)」について、もう一度考えてみましょう。

 ここで、\(a=100, b=2\)とすると、「\(102*98 = 10000-4\)」と計算することができます。「\(102*98\)」を暗算するのは大変ですが、「\(10000-4\)」なら暗算できますよね。

 このように、これまで何気なく眺めていた恒等式にも「このような意味もあったのか!?」と驚きながら学ぶことができます。

 他にも、「\((a+b)(a-b)\)」は辺「\(a+b\)」と辺「\(a-b\)」からなる長方形の面積と考えられますが、一方で「\(a^2-b^2\)」は辺「\(a\)」の正方形と辺「\(b\)」の正方形の面積の差と捉えることもできます。

 数式を図形(もしくはグラフ)として捉える基本的な考え方が学べるのでおすすめです。

3. 何のために数式を学ぶのかがわかる

 たとえば、次のような「つるかめ算」は方程式を立てなくても解くことができます。

・ツルとカメが合わせて5匹います。
・ツルとカメの足の数を合わせると16本になります。
・ツルとカメはそれぞれ何匹ずついるでしょうか。

 しかし、次のような連立方程式を立てて解くことに意味があるのです。

\begin{eqnarray} \left\{ \begin{array}{l} x + y = 6 \\ 2x + 4y = 16 \end{array} \right. \end{eqnarray}

 なぜなら、簡単な問題をベースに難しい問題に挑戦できる方法を学ぶことができるからです。

 本書には、他にも数式で解く必要性を教えてくれる問題が盛りだくさん。ぜひ、実際に読んで数学の面白さに触れてみてください。

 最後に

 結城浩さんの『数学ガールの秘密ノート/式とグラフ』。読めば、数学が苦手な人でも数学に興味が持てること間違いなし!?

 気になった方は、ぜひ読んでみてください。

 関連記事

当たり前のことから始めよう!?『数学ガールの秘密ノート/整数で遊ぼう』

(※『数学ガールの秘密ノート/整数で遊ぼう』表紙より)  「数学をもう一度学び直そう!?」と思って読みはじめた本『数学ガールの秘密ノート』。  第2弾の本作は、前作より少し難しくなっていますが、数学マジックなど楽しく学べ …