webstation plus

(※『母性』表紙より)


 数日前に湊かなえさんの小説『未来』を読んで「面白くない!」という感想を書いたので、改めて湊さんの面白い小説に出会いたいと思い『母性』を読みました。

 結果、書き出しから惹きつけられ、『未来』とは比べものにならないほど面白かったです。一気読みするほどに。

 そこで今回は、湊かなえさんの小説『母性』のおすすめポイントを紹介します。

 『母性』のおすすめポイント

1. この世には2種類の女性がいることがわかる

 この世には2種類の女性がいます。それは母と娘。ただし、子どもを産んだからといって誰もが母になれるとは限りません。

 たとえば、子どもよりも自分の気持ちを優先するお母さんっていますよね。誰かに褒めて欲しくて、子どもが頑張ったことでも、まるで自分のおかげでそれが達成できたかのように話すお母さんです。

 他にも、子どもが何も言っていないのに、「こう言ってたよ」と子どもの気持ちを勝手に代弁したり、手出し・口出しが過ぎるお母さんもそうです。

 なぜそんなことをするかといえば、他人から褒めて欲しいから。子どもよりも自分が注目されたいからです。

 そんな親に育てられたらどうなるのか――これが本書のテーマ。あまりにもリアルに描かれているので恐怖すら感じます。

 では、ある女性が母か娘かを見極める方法はあるのでしょうか。

 本書では、娘でいたい女性は「子どもをできる限り、大切に育ててきた」などと大げさな表現をすると書かれています。

 本当に愛情を込めて育ててきた人は、普通のことをしてきたと言いますよね。肉じゃがやサバの味噌煮などの手料理を毎日作ってる人が「おふくろの料理を作ってきた」と言わないのと同じです。

 しかし、インスタント食品とか三食ろくに食べさせてない親に限っておふくろの味をとか栄養バランスのとれたメニューをとか言い出します。

 だからこそ、「私は子どもに愛情込めて育ててきた」などと言い出す女性に出会ったら要注意。母親になれていない女性だからです。

 本書を読めば娘のままでいる人が子育てをすることの恐ろしさがわかります。

2. 娘でいたい母に育てられるとどうなるのか?

 では、そんな自分のことしか考えない母に育てられた子どもはどうなるのでしょうか。

 実はグレるのはマシな方で、悪いケースだと、とても良い子であろうとするそうです。本書の娘のように、なんとしてでも母から愛されようと極端に親の言うことを聞く子に育ってしまうんですね。

 表面上は勉強もできて、正義感も強く、母親思いの良い子に見えますが、実態は自分がない虚ろな存在。母親に好かれるためだけに行動しているので、「こうしたい」という想いがありません。

 そのため、自分で考える力がつかず、将来どうなっていきたいのか考えることさえできなくなります。さらに悪化すると、母のためなら他人に酷いことをしても心が痛みません。

 一生懸命に母を想って生きているだけに可哀想ではありますが、これでは子どもが自分の人生が生きられるはずがありません。

 母が大人になりきれていないと、子どもが不幸になることがわかる物語です。

3. 娘に育てられた子どもは一生不幸なのか?

 では、そんな状態に陥った子どもは一生不幸なのでしょうか。

 本書では極端な出来事を経験することで変わっていく姿が示されています。人生が180度ひっくり返るほどの衝撃的な出来事です。

 人は誰もが現状維持を望んでいます。それを大きく変えるには、それ以上の出来事に遭遇するしかないのかもしれません。

 どれほど衝撃的な出来事なのかは、実際に読んでみてください。

 最後に

 湊かなえさんの小説『母性』。

 これから母親になろうとしている人、すでに母親になっている人にぜひ読んでほしい物語です。気になった方は、ぜひ読んでみてください。

 関連記事

『みかづき』は塾教育の歴史が楽しみながら学べる小説

(※『みかづき』表紙より)  森絵都さんの小説『みかづき』。  小学校の用務員として働く大島吾郎が、新たに塾を立ち上げようと考える赤坂千秋と出会い、塾講師として、経営者として奮闘する物語です。読めば塾教育の歴史が楽しみな …

本当の恋をしていますか?知念実希人『崩れる脳を抱きしめて』は心揺さぶられる恋愛ミステリー小説

(※『崩れる脳を抱きしめて』表紙より)  知念実希人さんの小説『崩れる脳を抱きしめて』。  研修医の碓氷蒼馬(うすい そうま)が、脳に爆弾を抱える弓狩環(ゆがり たまき)と出会い、恋に落ち、そして彼女の死の謎に迫る恋愛ミ …

モラトリアムから抜け出せてる?東野圭吾『卒業』感想

(※『卒業』表紙より)  モラトリアムから抜け出せていますか。  もし、「友人と過ごす時間がいちばん楽しい」と感じているようなら、子どもから大人に移行する橋渡し期間(=モラトリアム)から抜け出せていない証拠。今すぐ考え方 …

人と対等に付き合ってる?伊坂幸太郎『チルドレン』は口達者な家裁調査官が奇跡を起こす物語

(※『チルドレン』表紙より)  人と対等に付き合っていますか?  私は対等に付き合っていると思っていましたが、伊坂幸太郎さんの小説『チルドレン』を読んで反省しました。障害のある人たちを「可愛そう」という視点で見ていること …

視野が狭くなっているときにおすすめの小説/伊坂幸太郎『SOSの猿』

(※『SOSの猿』表紙より)  常識にとらわれたり、自分の考えに固執したり、思い込みが激しいせいで失敗したことありませんか。  そんなときは、一度落ち着いて読書に挑戦してみるのもいいかもしれません。物事を多角的に眺められ …

人の心も科学!?東野圭吾『ガリレオの苦悩』は心に響く言葉が満載の小説

(※『ガリレオの苦悩』表紙より)  東野圭吾さんの小説『ガリレオの苦悩』。  今作から新たに加わった女性刑事・内海薫の登場により物語の幅が広がったミステリー小説です。読めば湯川准教授の言葉が心に響くこと間違いなし!?   …

毎日が勝負!?池井戸潤『ルーズヴェルト・ゲーム』は会社と野球部の逆転劇を描いた小説

(※『ルーズヴェルト・ゲーム』表紙より)  毎日、闘っていますか。  私は闘っていません。会社に行って「今」という時間をやり過ごしているように思います。目の前の仕事に追われて、流されている感じ。  しかし、池井戸潤さんの …

春ちゃんが結婚!?畠中恵『ねこのばば』は魅力あるキャラクターが多数登場する時代小説

(※『ねこのばば』表紙より)  畠中恵さんの小説『ねこのばば』。  しゃばけシリーズ第3弾の本作は、魅力あるキャラクターが多数登場する時代小説です。ついに若だんなの幼馴染・春ちゃんが結婚する!?  今回は『ねこのばば』の …

自分の弱さに嫌気がさしたときに読んで欲しい小説/西加奈子『おまじない』

(※『おまじない』表紙より)  自分の弱さが嫌になることありませんか?  私はよくあります。上司に「休ませてください」と直接言いづらくて、メールで連絡したり、プレゼンの前日に緊張して眠れなかったり、スマホのゲームに夢中に …

何度も挫折しそうになった小説/湊かなえ『未来』感想

(※『未来』表紙より)  湊かなえさんの小説『未来』。 『告白』から10年。湊ワールドの集大成!  と帯にも書かれていたので期待して読んだのですが、途中で何度も挫折しかけました。  今回はその理由について書いてみたいと思 …