webstation plus

(※『母性』表紙より)


 数日前に湊かなえさんの小説『未来』を読んで「面白くない!」という感想を書いたので、改めて湊さんの面白い小説に出会いたいと思い『母性』を読みました。

 結果、書き出しから惹きつけられ、『未来』とは比べものにならないほど面白かったです。一気読みするほどに。

 そこで今回は、湊かなえさんの小説『母性』のおすすめポイントを紹介します。

 『母性』のおすすめポイント

1. この世には2種類の女性がいることがわかる

 この世には2種類の女性がいます。それは母と娘。ただし、子どもを産んだからといって誰もが母になれるとは限りません。

 たとえば、子どもよりも自分の気持ちを優先するお母さんっていますよね。誰かに褒めて欲しくて、子どもが頑張ったことでも、まるで自分のおかげでそれが達成できたかのように話すお母さんです。

 他にも、子どもが何も言っていないのに、「こう言ってたよ」と子どもの気持ちを勝手に代弁したり、手出し・口出しが過ぎるお母さんもそうです。

 なぜそんなことをするかといえば、他人から褒めて欲しいから。子どもよりも自分が注目されたいからです。

 そんな親に育てられたらどうなるのか――これが本書のテーマ。あまりにもリアルに描かれているので恐怖すら感じます。

 では、ある女性が母か娘かを見極める方法はあるのでしょうか。

 本書では、娘でいたい女性は「子どもをできる限り、大切に育ててきた」などと大げさな表現をすると書かれています。

 本当に愛情を込めて育ててきた人は、普通のことをしてきたと言いますよね。肉じゃがやサバの味噌煮などの手料理を毎日作ってる人が「おふくろの料理を作ってきた」と言わないのと同じです。

 しかし、インスタント食品とか三食ろくに食べさせてない親に限っておふくろの味をとか栄養バランスのとれたメニューをとか言い出します。

 だからこそ、「私は子どもに愛情込めて育ててきた」などと言い出す女性に出会ったら要注意。母親になれていない女性だからです。

 本書を読めば娘のままでいる人が子育てをすることの恐ろしさがわかります。

2. 娘でいたい母に育てられるとどうなるのか?

 では、そんな自分のことしか考えない母に育てられた子どもはどうなるのでしょうか。

 実はグレるのはマシな方で、悪いケースだと、とても良い子であろうとするそうです。本書の娘のように、なんとしてでも母から愛されようと極端に親の言うことを聞く子に育ってしまうんですね。

 表面上は勉強もできて、正義感も強く、母親思いの良い子に見えますが、実態は自分がない虚ろな存在。母親に好かれるためだけに行動しているので、「こうしたい」という想いがありません。

 そのため、自分で考える力がつかず、将来どうなっていきたいのか考えることさえできなくなります。さらに悪化すると、母のためなら他人に酷いことをしても心が痛みません。

 一生懸命に母を想って生きているだけに可哀想ではありますが、これでは子どもが自分の人生が生きられるはずがありません。

 母が大人になりきれていないと、子どもが不幸になることがわかる物語です。

3. 娘に育てられた子どもは一生不幸なのか?

 では、そんな状態に陥った子どもは一生不幸なのでしょうか。

 本書では極端な出来事を経験することで変わっていく姿が示されています。人生が180度ひっくり返るほどの衝撃的な出来事です。

 人は誰もが現状維持を望んでいます。それを大きく変えるには、それ以上の出来事に遭遇するしかないのかもしれません。

 どれほど衝撃的な出来事なのかは、実際に読んでみてください。

 最後に

 湊かなえさんの小説『母性』。

 これから母親になろうとしている人、すでに母親になっている人にぜひ読んでほしい物語です。気になった方は、ぜひ読んでみてください。

 関連記事

子どもに愛情を注ごうとする親ほど毒親になる!?/山口恵以子『毒母ですが、なにか』感想

(※『毒母ですが、なにか』表紙より)  少し前に毒親という言葉が流行りましたよね。以前、このブログでも紹介しましたが、毒親に育てられると子どもは確実に不幸になります。  ところが、毒親と呼ばれる人たちは、実は子どもに愛情 …

東野圭吾『予知夢』は科学談義が面白いミステリー小説

(※『予知夢』表紙より)  東野圭吾さんの小説『予知夢』。  警視庁捜査一課の草薙俊平が、帝都大学理工学部の准教授・湯川学とともに科学的な視点で事件を解決していくミステリー小説です。前回紹介した『探偵ガリレオ』の続編。今 …

『死神の精度』は暗くて重いテーマを明るく描いた小説

(※『死神の精度』表紙より)  伊坂幸太郎さんの小説『死神の精度』。  「死」をテーマにした物語なので暗くて重い雰囲気になると思っていましたが、読めば明るく楽しい気分になれること間違いなしの小説です。  今回は『死神の精 …

お金を稼いで幸せになる方法

(※『億男』表紙より)  お金があれば幸せになれると思っていませんか。  しかし、どれだけお金があっても幸せになれるとは限りません。家庭が崩壊してしまった億万長者や牢屋に入ることになった成金たちのニュースを見ていると、ま …

理不尽な目にあったときは流れに身を任せよう/伊坂幸太郎『グラスホッパー』感想

(※『グラスホッパー』表紙より)  ひどくてツライ、重くてしんどい。そんな状況に追い込まれたことありませんか? ・必死になって仕事をしても上司から怒られる ・家族から理不尽に責められる ・義理の両親からいろいろ口出しされ …

性格の悪さを隠すとさらに性格が悪くなる理由

(※『ジーキル博士とハイド氏』表紙より)  性格の悪さを隠していませんか?  誰もが他人に良く見られたいという思いから、性格の悪さを隠し、自分の良さをアピールして生きていますが、悪い性格を隠せば隠すほど、さらに性格が悪く …

悲しすぎて爽やかな気持ちになれる小説/伊坂幸太郎『アヒルと鴨のコインロッカー』感想

(※『アヒルと鴨のコインロッカー』表紙より)  悲しい出来事ってありますよね。最近の台風や地震でツライ思いをした方も多いのではないでしょうか。  伊坂幸太郎さんの小説『アヒルと鴨のコインロッカー』に登場する人物たちもその …

仕返しするのはダメ?伊坂幸太郎『サブマリン』は少年犯罪について考えたくなる小説

(※『サブマリン』表紙より)  伊坂幸太郎さんの小説『サブマリン』。  以前、紹介した『チルドレン』の続編で、家裁調査官の陣内と武藤が無免許運転で人を轢き殺した少年の謎に迫る物語です。読めば、少年犯罪についてあれこれ考え …

盗人にもモラルがあった!?池波正太郎『鬼平犯科帳(1)』は正義と悪がごちゃ混ぜになった小説

(※『決定版 鬼平犯科帳(1)』表紙より)  池波正太郎さんの小説『鬼平犯科帳(1)』。  大きくみると鬼平が悪者を退治するという構成の物語ですが、盗人にもモラルがある者やそうでない者がおり、盗人同士でも闘いを繰り広げる …

春ちゃんが結婚!?畠中恵『ねこのばば』は魅力あるキャラクターが多数登場する時代小説

(※『ねこのばば』表紙より)  畠中恵さんの小説『ねこのばば』。  しゃばけシリーズ第3弾の本作は、魅力あるキャラクターが多数登場する時代小説です。ついに若だんなの幼馴染・春ちゃんが結婚する!?  今回は『ねこのばば』の …