webstation plus

(※『母性』表紙より)


 数日前に湊かなえさんの小説『未来』を読んで「面白くない!」という感想を書いたので、改めて湊さんの面白い小説に出会いたいと思い『母性』を読みました。

 結果、書き出しから惹きつけられ、『未来』とは比べものにならないほど面白かったです。一気読みするほどに。

 そこで今回は、湊かなえさんの小説『母性』のおすすめポイントを紹介します。

 『母性』のおすすめポイント

1. この世には2種類の女性がいることがわかる

 この世には2種類の女性がいます。それは母と娘。ただし、子どもを産んだからといって誰もが母になれるとは限りません。

 たとえば、子どもよりも自分の気持ちを優先するお母さんっていますよね。誰かに褒めて欲しくて、子どもが頑張ったことでも、まるで自分のおかげでそれが達成できたかのように話すお母さんです。

 他にも、子どもが何も言っていないのに、「こう言ってたよ」と子どもの気持ちを勝手に代弁したり、手出し・口出しが過ぎるお母さんもそうです。

 なぜそんなことをするかといえば、他人から褒めて欲しいから。子どもよりも自分が注目されたいからです。

 そんな親に育てられたらどうなるのか――これが本書のテーマ。あまりにもリアルに描かれているので恐怖すら感じます。

 では、ある女性が母か娘かを見極める方法はあるのでしょうか。

 本書では、娘でいたい女性は「子どもをできる限り、大切に育ててきた」などと大げさな表現をすると書かれています。

 本当に愛情を込めて育ててきた人は、普通のことをしてきたと言いますよね。肉じゃがやサバの味噌煮などの手料理を毎日作ってる人が「おふくろの料理を作ってきた」と言わないのと同じです。

 しかし、インスタント食品とか三食ろくに食べさせてない親に限っておふくろの味をとか栄養バランスのとれたメニューをとか言い出します。

 だからこそ、「私は子どもに愛情込めて育ててきた」などと言い出す女性に出会ったら要注意。母親になれていない女性だからです。

 本書を読めば娘のままでいる人が子育てをすることの恐ろしさがわかります。

2. 娘でいたい母に育てられるとどうなるのか?

 では、そんな自分のことしか考えない母に育てられた子どもはどうなるのでしょうか。

 実はグレるのはマシな方で、悪いケースだと、とても良い子であろうとするそうです。本書の娘のように、なんとしてでも母から愛されようと極端に親の言うことを聞く子に育ってしまうんですね。

 表面上は勉強もできて、正義感も強く、母親思いの良い子に見えますが、実態は自分がない虚ろな存在。母親に好かれるためだけに行動しているので、「こうしたい」という想いがありません。

 そのため、自分で考える力がつかず、将来どうなっていきたいのか考えることさえできなくなります。さらに悪化すると、母のためなら他人に酷いことをしても心が痛みません。

 一生懸命に母を想って生きているだけに可哀想ではありますが、これでは子どもが自分の人生が生きられるはずがありません。

 母が大人になりきれていないと、子どもが不幸になることがわかる物語です。

3. 娘に育てられた子どもは一生不幸なのか?

 では、そんな状態に陥った子どもは一生不幸なのでしょうか。

 本書では極端な出来事を経験することで変わっていく姿が示されています。人生が180度ひっくり返るほどの衝撃的な出来事です。

 人は誰もが現状維持を望んでいます。それを大きく変えるには、それ以上の出来事に遭遇するしかないのかもしれません。

 どれほど衝撃的な出来事なのかは、実際に読んでみてください。

 最後に

 湊かなえさんの小説『母性』。

 これから母親になろうとしている人、すでに母親になっている人にぜひ読んでほしい物語です。気になった方は、ぜひ読んでみてください。

 関連記事

死ぬのと仕事辞めるのと難しいのはどっち?

(※『ちょっと今から仕事やめてくる』表紙より)  仕事頑張っていますか?  私も出来るだけ頑張っていますが、頑張りすぎて追い詰められ、自殺をする人が後を絶ちません。  もちろん、自殺をするまで頑張る必要はありません。逃げ …

正反対な二人だからこそ面白い!?/東野圭吾『マスカレード・ホテル』

(※『マスカレード・ホテル』表紙より)  自分とは正反対の人って嫌ですよね。  几帳面な人が片付けが出来ない人にイライラするように、頭の回転が速い人が遅い人をバカだと思うように、自己中心的な人が優しい人を優柔不断と決めつ …

自分らしさなんて追い求めるものじゃない

(※『地球星人』表紙より)  自分らしく生きていますか?  私は自分らしく生きていると思っていましたが、村田沙耶香さんの小説『地球星人』を読んで「自分らしさとは何なんだろう」と考えるようになりました。  というよりも、む …

病弱でも強くなれる!?畠中恵『しゃばけ』は妖怪が活躍するミステリー小説

(※『しゃばけ』表紙より)  10年ほど前に買った畠中恵さんの小説『しゃばけ』。  久しぶりに読みましたが、病弱なのに難題に立ち向かう若だんなの姿に感動しました。読めば自分も頑張ろうと思えること間違いなし!?  今回は『 …

読書は優雅なもの!?東野圭吾『素敵な日本人』は意外性にあふれたミステリー小説

(※『素敵な日本人』表紙より)  短編はお好きですか。  私は小説に驚きや感動、励ましのようなものを求めているので、物語の世界観にどっぷり浸れて、イッキ読みできる長編を好んでいました。  今もその思いは変わりませんが、東 …

なぜ、バレエの世界は嫉妬と愛憎が渦巻くのか?秋吉理香子『ジゼル』感想

(※『ジゼル』表紙より)  秋吉理香子さんの小説『ジゼル』。  創立15周年を迎えた東京グランド・バレエ団が、これまで封印してきた「ジゼル」の公演を決定したことで、次々と悲劇が起こる物語です。  東野圭吾さんの小説『眠り …

これで最後!?東野圭吾『禁断の魔術』は科学よりも大切なものがあることを教えてくれる小説

(※『禁断の魔術』表紙より)  科学を何よりも信じていませんか。  私は信じていました。科学的な根拠があることが、何よりも正しいことだと考えていました。  しかし、東野圭吾さんの小説『禁断の魔術』を読んで少し考えが変わり …

犯人は鉄壁!?東野圭吾『聖女の救済』は聖女が隠し持つ決意に驚愕する小説

(※『聖女の救済』表紙より)  東野圭吾さんの小説『聖女の救済』。  子どもができないという理由で離婚を告げられた女性が完全犯罪を成し遂げようとする物語です。読めば聖女の胸に秘められた決意に驚愕すること間違いなし!?   …

モラトリアムから抜け出せてる?東野圭吾『卒業』感想

(※『卒業』表紙より)  モラトリアムから抜け出せていますか。  もし、「友人と過ごす時間がいちばん楽しい」と感じているようなら、子どもから大人に移行する橋渡し期間(=モラトリアム)から抜け出せていない証拠。今すぐ考え方 …

『のぼうの城』はリーダーシップとは何かを教えてくれる小説

(※『のぼうの城 上』表紙より)  和田竜さんの小説『のぼうの城』。  約二万の大軍を率いる石田三成と五百の軍勢を率いる成田長親(なりた ながちか)の戦を描いた物語です。読めば「リーダーシップとはこういうことだったのか! …