webstation plus

 他人と距離をとって生きていませんか?

 もちろん、人によって適切な距離はあるので、ある程度距離を置くことは悪くありませんが、自ら人と関わろうとせずに生きるのは勿体ないように思うんですよね。

 瀬尾まいこさんの小説『傑作はまだ』を読めば、できるところからでも、人と関わっていこうと思えますよ。

 他人にまったく興味がない主人公

 物語の主人公は、作家の加賀野正吉。彼は若い頃に永原美月という綺麗な女性と関係を持ち、子供が産まれていましたが、25歳になる息子とは一度もあったことがありませんでした。

 なぜなら、正吉は美月のことを「見た目だけで中身が空っぽの女」だと軽蔑し、結婚したいと思わなかったからです。もちろん、美月もそんな正吉の性格を知って幻滅しました。

 そこで、正吉が毎月の養育費10万円を送る代わりに、子育てをするのは美月と役割分担することに決めるんですよね。

 正吉が息子である智のことを知る機会は、月に一度送られてくる写真だけでした。

 ところが突然、25歳になった智が家にやってきて、しばらく住ませて欲しいというのです。

 今、アルバイトをしているローソンが正吉の家の近くにあるから…という理由なのですが、正吉は困惑しました。他人とコミュニュケーションを取らずに生きてきたからです。

 息子にコミュニケーションの取り方を教えてもらう父親

 正吉は人間の奥底にある弱い部分や、嫌らしい部分、自己嫌悪や自尊心、そういうものを際立たせる小説を書くのが得意でした。

 また、彼自身も他人をそのような目で見ることが多く、人と関わらないように生きてきました。

 自治会にも入っていないし、近所に誰が住んでいるのかも知りません。会話をするのは、担当の編集者くらいでした。

 ところが、息子の智は、他人とのコミュニケーションを積極的に取るんですよね。

 正吉の家に住むようになってすぐに自治会に入ったり、出会って間もないコンビニの店長に誕生日プレゼントを贈ったり、地域の秋祭りに参加したりと積極的に人と関わっていきます。

 すぐに近所の人たちとも仲良くなり、野菜や果物などを贈り合う関係になっていました。

 そんな智と一緒に住むようになった正吉は、はじめは智にさえ興味を持っていませんでしたが、徐々に人と触れあうようになり、コミュニケーションを取る楽しさを覚えていきます。

 さらに、その影響は小説にも現れるようになりました。暗くてジメジメしたものばかり書いていた正吉でしたが、そんな物語のなかにも希望が見出せるようになるんですよね。

 しかし、正吉の思いとは裏腹に、智は突然家に帰ると言い出します。なぜなら…。

 世界は優しさで溢れている

 この続きは実際に本書を読んでもらうとして、正吉は智との生活を通してあることに気づきました。

 それは、

 誰かと近づけば、傷つくことも傷つけてしまうこともある。自分のペースどおりに進めないし、何気ない相手の振る舞いに不安に駆られることもある。自分がどう思われているのかが気にかかり、それと同時に誰も俺なんか見ていないんだと自意識の強さに恥ずかしくなる。自分の価値がどれくらいなのか無意味なことばかりうかがっては、優越感や劣等感に襲われる。
 一人で過ごしていれば、そういう醜いものすべてを切り捨てられる。ストレスも嫌らしい感情も生まれない心は、綺麗で穏やかだ。しかし…。

 からあげクンを一個おまけしてもらえる、そんな小さな、だけど心の底から生まれる喜びは、一人では絶対に味わえないことに気付くんですよね。

 だからこそ、彼はこれまでの自分を反省して、積極的にコミュニケーションを取るようになります。

 瀬尾まいこさんの小説『傑作はまだ』を読めば、正吉のように今よりも積極的に人と関わっていこうと思えますよ。

 関連記事

伊坂幸太郎『ガソリン生活』/いじめをする人間にはアイデアがない

 最近、いじめの話題が多いですよね。もちろん、いじめをしている人間が100%悪いのですが、それだけでなく彼らには決定的に足りない能力があります。  それはアイデアを生み出す力。楽しい遊びを生み出す力がないので、いじめをし …

東野圭吾『希望の糸』は子供の存在の大きさに衝撃を受ける物語

 子供を大切にしていますか?  もちろん、子供が産まれない方や産まない方がいるのは知っていますが、東野圭吾さんの小説『希望の糸』を読んで、私たちの人生における子供が占める割合の大きさに気づき、衝撃を受けました。  私にも …

東野圭吾『ガリレオの苦悩』は他人頼みではなく自分から動き出そうと思える物語

 仕事でもプライベートでも趣味でも、何かアクションを起こすのは他人に促されてからになっていませんか?  もちろん、誰にでもそういうところはありますが、東野圭吾さんの小説『ガリレオの苦悩』を読んで、できるだけ自分から動き出 …

読書が好きじゃなくても本が読みたくなる小説ーpart3

(※『ビブリア古書堂の事件手帖3 ~栞子さんと消えない絆~』表紙より)  読書していますか?  私は『ビブリア古書堂の事件手帖―栞子さんと奇妙な客人たち』を読んでから、他の本を放り出して『ビブリア古書堂の事件手帖』シリー …

有川浩『別冊図書館戦争1』感想/図書館はそれほど安全な場所じゃない

 図書館と聞くと安全なイメージがありますよね。  しかし、図書館は誰でも利用できるので、それほど安全な場所ではありません。むしろ、安心している分だけ余計に危険かもしれないんですよね。  有川浩さんの小説『別冊図書館戦争1 …

原田マハ『奇跡の人』感想/教育の目的は子どもの自由を広げること

 子どもに自由を与えていますか?  ここで言う自由とは、好き放題に甘やかすことではなく、子どもの意思を尊重することです。そのせいで、子どもがツライ思いをすることになっても、力の限り応援していく…。  原田マハさんの小説『 …

病弱でも強くなれる!?畠中恵『しゃばけ』は妖怪が活躍するミステリー小説

(※『しゃばけ』表紙より)  10年ほど前に買った畠中恵さんの小説『しゃばけ』。  久しぶりに読みましたが、病弱なのに難題に立ち向かう若だんなの姿に感動しました。読めば自分も頑張ろうと思えること間違いなし!?  今回は『 …

伊坂幸太郎『シーソーモンスター』/対立はなくならない…ではどうする?

 なぜか出会った瞬間にイヤな気持ちになる人っていますよね。何がイヤなのかはわからないけれど、とにかく気分がムカムカしてくる人がいます。  そんな人がいる限り「対立」はなくなりませんが、ではどうすれば互いにとって良い関係が …

東野圭吾『探偵ガリレオ』は科学的で論理的な推理が楽しめるミステリー小説

 科学的で論理的な物語はお好きですか?  私は技術者として働いているので、毎日のように科学的で論理的な会話を繰り広げていますが、東野圭吾さんの小説『探偵ガリレオ』は、そんな私でも「すごい!」「面白い!」と思えるトリックが …

盗人にもモラルがあった!?池波正太郎『鬼平犯科帳(1)』は正義と悪がごちゃ混ぜになった小説

(※『決定版 鬼平犯科帳(1)』表紙より)  池波正太郎さんの小説『鬼平犯科帳(1)』。  大きくみると鬼平が悪者を退治するという構成の物語ですが、盗人にもモラルがある者やそうでない者がおり、盗人同士でも闘いを繰り広げる …