webstation plus

(※『マスカレード・ナイト』表紙より)


 一流と呼ばれる人たちは、異業種の仕事でもすぐにできるようになりますよね。

 たとえば、ホリエモン。ITという得意分野を活かしながら、食やエンタメ、ロケット事業などにも参入しています。

 ビートたけしさんや松本人志さんもそうです。お笑いだけでなく、映画監督やコメンテーター、小説家としても活躍されています。

 では、なぜ一流の人たちは異業種の仕事でもすぐに成果が出せるのでしょうか。

 東野圭吾さんの小説『マスカレード・ナイト』のあらすじとおすすめポイントを紹介しながら考えてみたいと思います。

 ※ビートたけしさんの小説もあわせてどうぞ

 『マスカレード・ナイト』のあらすじ

 練馬区で独居女性が殺害されます。通報してきたのは警察も通報者を特定できない匿名通報ダイアルでした。

 なぜ通報者は女性が殺害されたことを知っていたのか――誰もが不審に思うなか、警察庁に一通の手紙が届きます。そこにはホテル・コルテシア東京のカウントダウンパーティに犯人が現れると書かれていました。

 そこで再び新田がホテルクラークとなって潜入捜査をすることに。

 通報してきた人物は誰か、手紙の差出人は誰か、犯人は一体誰なのか――。今再び仮面舞踏会の幕が開きます。

※前作を読まれてない方はこちらから

シリーズ第1弾『マスカレード・ホテル』

シリーズ第2弾『マスカレード・イブ』

 『マスカレード・ナイト』のおすすめポイント

1. 前作よりもエンタメ性が強化

 物語の舞台は前作と同じホテル・コルテシア東京。ということで、怪しいお客様が次から次へと現れます。

 そんなお客様にコンシェルジュに昇進した尚美が接客するのですが、「お客様からの無理難題をどのように解決していくのか」が気になり、物語に惹き込まれていくんですよね。

 たとえば、あるお客様は「レストランを貸し切りにしてプロポーズをしたい」と要求してきます。一方で、そのプロポーズ相手からは「プロポーズは断りたいけれど、相手との関係は続けていきたい」と相談されます。どう考えても無理な話ですよね。

 他にも一目惚れした女性と食事をしたいとか、夫の誕生日に食品用サンプルのケーキを用意してほしいなど、次から次へと難題が押し寄せてきます。

 これらの難題に尚美はどう立ち向かうのか?

 犯人探し以外の謎解きも楽しめるミステリー小説です。

2. プロの仕事ぶりがよくわかる

 この物語の面白いポイントは、刑事の新田がホテルクラークの仕事をそつなくこなすところです。

 一方の尚美も刑事の仕事をよく理解しており、事件解決につながる助言をしていました。

 では、なぜ彼らは異業種の仕事に精通しているのでしょうか。

 それは互いの共通点をよく理解しているからです。

 ホテルクラークと刑事。「お客様を信頼する立場」と「疑う立場」。正反対で共通点がないように思えますが、共に人を見る目がなければ仕事になりません。

 たとえは、不倫をしていることを見抜けなければ、コンシェルジュとしてお客様のプライバシーを守ることが出来ないように、刑事としては犯人の動機を解き明かすことができません。

 つまり、違う職種でも共通点は多々あるのです。だからこそホリエモンやビートたけしさん、松本人志さんといった一流の人たちは異業種の仕事でも成果が出せるんですよね。

 何かひとつを極めることが一流への道だと教えれくれる物語です。

3. ラストで悲しい事実が明らかに

 あらすじでも紹介したように、独居女性が殺害されます。電気コードを使って感電死させられたのです。しかも彼女は妊娠していました。

 ところが、どれだけ捜査を進めても男性とお付き合いをしている形跡が見つかりません。その代わり、ボーイッシュな服装を好んでいた彼女の部屋から多くのロリータファッションが見つかりました。

 一体、どういうことなのか?

 一方で、匿名での情報提供者は明らかに犯人を知っています。それにも関わらず、犯人を特定する手がかりは教えてくれません。教えてくれるのは犯人が現れる場所だけ――。

 これらの謎が解き明かされたとき、悲しい事実が浮かび上がってきます。脅くこと間違いなしの物語です。

 最後に

 東野圭吾さんの小説『マスカレード・ナイト』。読めば、ミステリーとエンタメ系の謎解きに惹きこまれるだけでなく、自分も何かのプロになろうと思えること間違いなし!?

 気になった方は、ぜひ読んでみてください。

 関連記事

お金を稼いで幸せになる方法

(※『億男』表紙より)  お金があれば幸せになれると思っていませんか。  しかし、どれだけお金があっても幸せになれるとは限りません。家庭が崩壊してしまった億万長者や牢屋に入ることになった成金たちのニュースを見ていると、ま …

知念実希人『ひとつむぎの手』感想/誰のために仕事をしていますか?

 誰のために仕事をしていますか?  私は自分と家族のために仕事をしていますが、私のように考えて仕事をしている人は多いと思います。  しかし、知念実希人さんの小説『ひとつむぎの手』の主人公は違いました。自分のためと言いなが …

男性の欲望が丸裸に!?東野圭吾『恋のゴンドラ』はミステリー要素が強い恋愛小説

(※『恋のゴンドラ』表紙より)  男性の欲望とは何でしょうか。  もちろん、複数の女性と関係を持つことです。江戸城に大奥があったのも、一夫多妻制を認めている国があるのも、星の数ほど風俗店があるのも、多くの男性が複数の女性 …

伊坂幸太郎『アヒルと鴨のコインロッカー』は厳しい現実に立ち向かうには哲学とユーモアが必要だと思える物語

 哲学とユーモアを持って生きていますか?  私は自分なりの哲学を持って生きていますが、もっと深めていきたいと思って読書に励んでいます。ユーモアはお笑い好きなので少しは身についていると思うのですが…。  伊坂幸太郎さんの小 …

有川浩『図書館内乱』/身近な人ほど人間関係は難しい

 人間関係って難しいですよね。  親子や兄弟、夫婦や親友など身近な人ほどお互いの意見を尊重する必要があります。そうしないと、すぐに破綻するからです。  それにも関わらず、身近な人ほど「こう考えているはずだ」と相手の気持ち …

東野圭吾『沈黙のパレード』感想/法律はいつも正しいわけではない!?

 法律を守って生きていますか?  もちろん私は法律を守って生きていますが、東野圭吾さんの小説『沈黙のパレード』を読んで、法律は時によって無力であるだけでなく、加害者を守る武器にもなることに気づきました。  久しぶりのガリ …

小川糸『ツバキ文具店』は手紙のあたたかさに気づかせてくれる物語

 手紙を書いてますか?  私は手紙を書いた記憶が思い出せないくらい手紙を書いていません。字が下手なのも要因のひとつですが、それ以上に多くのことがメールで済ませられるので必要性を感じないんですよね。  しかし、小川糸さんの …

米澤穂信『クドリャフカの順番』は期待とは絶望的な差から生まれるものだとわかる物語

 誰かに期待して生きていますか。  私は多くのことを誰かに期待しているところがありますが、米澤穂信さんの小説『クドリャフカの順番』を読んで、自分では実現できないからこそ、他人に期待してしまうことに気づきました。  そのた …

普通って何?村田沙耶香『コンビニ人間』は自分らしく生きる女性を描いた小説

(※『コンビニ人間』表紙より)  2016年に芥川賞を受賞した小説『コンビニ人間』。  普通とは何か?自分らしく生きるとはどういうことか?など、いろいろ考えさせられる物語です。あまりの面白さに一気読みしてしまうこと間違い …

伊坂幸太郎『シーソーモンスター』感想/嫁姑問題を解消するには自分をさらけ出して向き合うしかない!?

 嫁姑問題って大変ですよね。  私も結婚してしばらくは毎日泣きそうになりながら嫁姑問題と向き合っていましたが、伊坂幸太郎さんの小説『シーソーモンスター』を読んで、それらの日々が懐かしく思い出されました。  どれだけ努力を …