なぜ一流の人たちは異業種の仕事でもすぐに成果を出せるのか?/東野圭吾『マスカレード・ナイト』感想

おすすめ小説

(※『マスカレード・ナイト』表紙より)

 一流と呼ばれる人たちは、異業種の仕事でもすぐにできるようになりますよね。

 たとえば、ホリエモン。ITという得意分野を活かしながら、食やエンタメ、ロケット事業などにも参入しています。

 ビートたけしさんや松本人志さんもそうです。お笑いだけでなく、映画監督やコメンテーター、小説家としても活躍されています。

 では、なぜ一流の人たちは異業種の仕事でもすぐに成果が出せるのでしょうか。

 東野圭吾さんの小説『マスカレード・ナイト』のあらすじとおすすめポイントを紹介しながら考えてみたいと思います。

 ※ビートたけしさんの小説もあわせてどうぞ




スポンサーリンク

 『マスカレード・ナイト』のあらすじ

 練馬区で独居女性が殺害されます。通報してきたのは警察も通報者を特定できない匿名通報ダイアルでした。

 なぜ通報者は女性が殺害されたことを知っていたのか――誰もが不審に思うなか、警察庁に一通の手紙が届きます。そこにはホテル・コルテシア東京のカウントダウンパーティに犯人が現れると書かれていました。

 そこで再び新田がホテルクラークとなって潜入捜査をすることに。

 通報してきた人物は誰か、手紙の差出人は誰か、犯人は一体誰なのか――。今再び仮面舞踏会の幕が開きます。

※前作を読まれてない方はこちらから

シリーズ第1弾『マスカレード・ホテル』

シリーズ第2弾『マスカレード・イブ』

スポンサーリンク

 『マスカレード・ナイト』のおすすめポイント

1. 前作よりもエンタメ性が強化

 物語の舞台は前作と同じホテル・コルテシア東京。ということで、怪しいお客様が次から次へと現れます。

 そんなお客様にコンシェルジュに昇進した尚美が接客するのですが、「お客様からの無理難題をどのように解決していくのか」が気になり、物語に惹き込まれていくんですよね。

 たとえば、あるお客様は「レストランを貸し切りにしてプロポーズをしたい」と要求してきます。一方で、そのプロポーズ相手からは「プロポーズは断りたいけれど、相手との関係は続けていきたい」と相談されます。どう考えても無理な話ですよね。

 他にも一目惚れした女性と食事をしたいとか、夫の誕生日に食品用サンプルのケーキを用意してほしいなど、次から次へと難題が押し寄せてきます。

 これらの難題に尚美はどう立ち向かうのか?

 犯人探し以外の謎解きも楽しめるミステリー小説です。

2. プロの仕事ぶりがよくわかる

 この物語の面白いポイントは、刑事の新田がホテルクラークの仕事をそつなくこなすところです。

 一方の尚美も刑事の仕事をよく理解しており、事件解決につながる助言をしていました。

 では、なぜ彼らは異業種の仕事に精通しているのでしょうか。

 それは互いの共通点をよく理解しているからです。

 ホテルクラークと刑事。「お客様を信頼する立場」と「疑う立場」。正反対で共通点がないように思えますが、共に人を見る目がなければ仕事になりません。

 たとえは、不倫をしていることを見抜けなければ、コンシェルジュとしてお客様のプライバシーを守ることが出来ないように、刑事としては犯人の動機を解き明かすことができません。

 つまり、違う職種でも共通点は多々あるのです。だからこそホリエモンやビートたけしさん、松本人志さんといった一流の人たちは異業種の仕事でも成果が出せるんですよね。

 何かひとつを極めることが一流への道だと教えれくれる物語です。

3. ラストで悲しい事実が明らかに

 あらすじでも紹介したように、独居女性が殺害されます。電気コードを使って感電死させられたのです。しかも彼女は妊娠していました。

 ところが、どれだけ捜査を進めても男性とお付き合いをしている形跡が見つかりません。その代わり、ボーイッシュな服装を好んでいた彼女の部屋から多くのロリータファッションが見つかりました。

 一体、どういうことなのか?

 一方で、匿名での情報提供者は明らかに犯人を知っています。それにも関わらず、犯人を特定する手がかりは教えてくれません。教えてくれるのは犯人が現れる場所だけ――。

 これらの謎が解き明かされたとき、悲しい事実が浮かび上がってきます。脅くこと間違いなしの物語です。

スポンサーリンク

 最後に

 東野圭吾さんの小説『マスカレード・ナイト』。読めば、ミステリーとエンタメ系の謎解きに惹きこまれるだけでなく、自分も何かのプロになろうと思えること間違いなし!?

 気になった方は、ぜひ読んでみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました